「読む」の敬語表現と使い方とは?尊敬語・謙譲語・丁寧語、言い換え表現も

読む
目次

「読む」の尊敬語

「読む」の尊敬語

「読む」の尊敬語は、「読まれる」と「お読みになる」です。「お読みになられる」は誤りとなります。

読まれる

「読まれる」は「読む」の尊敬語です。ただし、受け身の「読まれる」と同じ表現なので、次に紹介する「お読みになる」を使った方が誤解なく伝わります。

・社長が本を読まれています。(尊敬語)
・多くの人に読まれている本です。(受け身)

・この資料をすでに読まれましたか?(尊敬語)
・この資料は全員に読まれましたか?(受け身)

このように同じ表現となってしまいます。

お読みになる

「お読みになる」も「読む」の尊敬語です。敬語表現である「お~になる」の形をした尊敬語となります。

・こちらの本はお読みになりましたか?
・お客さまからお手紙が届きましたが、お読みになりますか?
・資料は課長がお読みになっています。
・部長が本をお読みになっています。

「お読みになる」は丁寧語「ます」とあわせて使うことが多い表現です。

お読みになられる、は誤り

「お読みになられる」は二重敬語の誤用表現なので注意しましょう。「読まれる」と「お読みになる」の2つが混同した形になっています。

二重敬語とは、1つの単語に同じ種類の敬語が2つ以上ついていることを指します。「お読みになられる」の場合、「読む」に「れる・られる」の尊敬語と、「お~になる」の尊敬語がついてしまった状態です。

このほかにも、「お見えになられました」や「お召し上がりになられますか?」、「おっしゃられる」などもよくある二重敬語の間違いとなります。尊敬語「お~になる」と尊敬語「れる・られる」を1つの単語に混同させないように注意しましょう。

「読む」の謙譲語

「読む」の謙譲語

「読む」の謙譲語は、「拝読する」と「読まさせていただく」です。ここでは、「読む」の謙譲語と、よくある誤り、拝読と拝見の違いなどを解説していきます。

拝読する

「拝読する」は「読む」の謙譲語です。「拝読する」は、自分の動作をへりくだっていう謙譲語で、尊敬語ではないので注意しましょう。

・本を拝読しました。
・これから資料を拝読します。

このように丁寧語「ます」とあわせて使うことが多い表現です。

読まさせていただく

「読まさせていただく」も「読む」の謙譲語として使われています。正確には、「読ませてもらう」の謙譲語なので、誰かから読むものをもらったときや、許可を得て読むときに使える表現です。

・もらった手紙を読まさせていただきました。
・いただいた参考書をしっかり読まさせていただきました。

「読まさせていただく」は、読んで当然のものや、自ら読んだものについて言及するときには使えないので注意しましょう。

拝読いたします・拝読させていただきます、は誤り

「拝読いたします」と「拝読させていただきます」は誤りです。ともに二重敬語になっているからです。「拝読いたします」は、謙譲語「拝読する」と謙譲語「~いたす」の二重敬語、「拝読させていただきます」は、謙譲語「拝読する」と謙譲語「~させていただく」の二重敬語となります。

ただし、ビジネスシーンで「拝読いたします」は頻繁に使われている表現です。文法的には誤っていますが、一般的に浸透していることもあり、違和感を覚えない人も多くいます。とはいっても、誤りだと知っていて不快に感じる人もいるので、正しい敬語表現である「拝読します」を使うようにしましょう。

拝読と拝見の違い

「拝読」と「拝見」の違いは、「読む」か「見る」の違いのほかに、「拝見」の方が広い意味で使われます。「拝読」は「読む」の謙譲語であり、「拝見」は「見る」の謙譲語です。「拝読」は読む行為を示し、文章に対してのみ使われる一方で、「拝見」は見る行為を示し、絵や写真はもちろん文章に対しても使われます。

また「拝見」には、「見る」、「読む」、「目を通す」のほかに、「理解する」といったニュアンスも含まれています。そのためメールや手紙、利用の内容を「確認し理解した」ことを伝えたいときに、「拝見しました」と表現できます。

・社長が出版した本拝見しました。
・参考資料をさっそく拝見しました。
・募集内容を拝見し応募いたしました。

一方で「拝読しました」の場合は、読んだ行為までしか伝えられません。

「読む」の丁寧語

「読む」の丁寧語

「読む」の丁寧語は、「読みます」です。「読みました」が過去形、「読みますか」が疑問形となります。

また、目上の人に「読んだこと」について述べるとき、「読む」の謙譲語である「拝読しました」や「読まさせていただきました」を使うことは正しいですが、相手が書いたものや作ったもの、相手から受け取ったものではない場合には、丁寧語「読みました」を使う場合も多くあります。

「拝読」は本来、相手が書いた作ったあるいは、相手からもらったものを読むときに使うのが適切だからです。「いただいたお手紙拝読しました」、「昨日新聞を読みました」などと使い分けられるとベターです。

「読んでください」の尊敬語

「読んでください」の尊敬語

「読んでください」の尊敬語は、「お読みください」です。目上の人に何かを読んで欲しいシチュエーションはよくありますよね。とっさに「読んでください」といえば、命令口調のようで不快に思われる恐れもあるので、ここで「お読みください」のフレーズを定着させておきましょう。

また、「ご拝読ください」は誤りです。「拝読する」は尊敬語ではなく、「謙譲語」です。謙譲語に「ご」をつけても尊敬語にはなりません。「ご拝読ください」といってしまうと高確率で不快感を抱かれる恐れがあるので気を付けてくださいね。

「読んでください」の類義語・言い換え

「読んでください」の類義語・言い換え

「読んでください」には多くの類義語・言い換え表現があります。ここでは、「読んでください」の言い換え表現を5つ紹介します。シチュエーションに応じて使い分けましょう。

ご確認ください

「ご確認ください」は「読んでください」の言い換え表現です。内容を確認して欲しいことを伝えれば、遠まわしに読んで欲しいことも伝えられます。また、「ご確認ください」は、「お手元をご確認ください」などと読むもの以外にも使えます。

ご一読ください

「ご一読ください」も「読んでください」の言い換え表現です。「一読」は軽く全体を読むことを意味しますが、「ご一読ください」は、さっと全体を読んで欲しいときだけでなく、じっくりと読んで欲しいときにも使えます。

ご覧ください/ご高覧ください

「ご覧ください」と「ご高覧ください」も「読んでください」の言い換え表現です。「ご覧」は「見る」の敬語表現、「ご高覧」は「ご覧」をより丁寧にした表現となります。「ご覧ください」、「ご高覧ください」は読むもの以外にも、見るもの全般についてお願いするときに使えます。

ご査収ください

「ご査収ください」も「読んでください」の言い換え表現です。「査収」の意味は、よく確かめて受け取るです。「ご査収ください」は、読むことと、受け取ることを同時にお願いできる便利な表現となります。たとえば、メールの添付ファイルを確認して欲しいときに「資料を添付しておりますのでご査収ください」などと使える表現です。

お目通しください

「お目通しください」も「読んでください」の言い換え表現です。「お目通しください」は、「目を通す」の敬語表現となります。「目を通してください」といえば、少し雑な印象を与えてしまうので、「お目通しください」といいましょう。

まとめ

「読む」の敬語表現には、「読まれる、お読みになる(尊敬語)」、「拝読する、読まさせていただく(謙譲語)」、「読みます(丁寧語)」があります。また、「読んでください」の尊敬語は「お読みください」となります。ビジネスシーンで何かを「読む」ことや、目上の人に何かを「読んで欲しい」シチュエーションは多くありますよね。不自然な敬語を使ってしまって不快感を抱かれることがないように、ここで「読む」の正しい敬語表現を身に付けておきましょう。

読む

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる