「わざわざ」は間違った敬語?言い換えとビジネスでの例文

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「わざわざありがとうございます」など、「わざわざ」という表現をよく使いますよね。しかし「わざわざ」を聞いたとき、不快感を覚えた経験がある方もいるのではないでしょうか。「わざわざ」の意味とビジネスシーンでの正しい使い方・英語表現を解説します。

    目次

    「わざわざ」の意味とは

    「わざわざ」の意味とは

    遠くから来てくださったお客さんに向かって、または相手に何かをしてもらったときに「わざわざありがとうございます」とあいさつしますよね。この「わざわざ」とは具体的にどういう意味か説明できますか?まずここでは「わざわざ」が持つ2つの意味と語源についてわかりやすく解説します。

    そのことだけのために特別に何かを行うこと

    「わざわざ」の1つ目の意味は、そこまでする義務はないが、自分の能力や時間などを使って相手のために特別なことをすることです。相手に好意を持って、プラスアルファなことをしてあげたとき、相手もそれを喜んでいる場合に使える表現です。

    しなくてもいいことを故意にすること

    「わざわざ」の2つ目の意味は、普段ならしなくてもいいことを故意にすることです。この2つ目の意味で使う場合は、相手に好意を持って行動したのが相手は迷惑に感じているときや、そもそも悪気を持って相手を困らせるようなことをしたときです。

    語源は「態態し」

    「わざわざ」を漢字で書くと「態態」です。古い言葉の「態態し(わざわざし)」から由来しており、本来は現代の「わざとらしい」と同様に否定的な意味で使われていた表現だそうです。漢字の「態」はものの様子を意味するので、「わざとそのような様子にする」という風に理解すると覚えやすいですね。

    「わざわざ」を使うときの注意点

    「わざわざ」を使うときの注意点

    「わざわざ」は一般的に使われる表現ではありますが、シーンによって使い方に注意する必要があります。

    自分に対しては「わざわざ」を使わない

    ときどき自分の行動に対して「わざわざ」を使う人を見かけますよね。「忙しいけどわざわざ来てあげたんだから」など、聞くと少しイライラしませんか?

    自分の行動に対して「わざわざ」を使うことは文法的に間違いではありませんが、相手に不快感を与える可能性が非常に高く、上から目線のように感じられます。特にビジネスシーンでは自分の行動に対して「わざわざ」を使わないようにしましょう。

    ビジネス上で使用してもOK

    もちろん「わざわざ」は俗語や間違った表現ではないので、ビジネスシーンで使っても大丈夫です。相手が自分のために時間や能力を使ってしてくれたことに対する感謝を込めて「わざわざありがとうございます」と言ってみてください。ただ「ありがとうございます」と言うときより、深い感謝の気持ちが相手に伝わるでしょう。

    失礼な場合があるので、使用場面・表現には注意を

    「わざわざ」に否定型の表現を付けると相手の行為を迷惑と感じているニュアンスを与えますので、気を付けましょう。「わざわざお越しいただかなくて結構です」など、冷たい印象を与えますのでビジネスシーンで使うことは避けた方がいいですね。

    「わざわざ」の代わりに使える表現

    「わざわざ」の代わりに使える表現

    相手に感謝を表す「わざわざ」と似たようなニュアンスを持つ言葉には何があるでしょうか。「わざわざ」の類似語を3つ紹介します。

    せっかく

    「せっかく」は無理をして相手のために努力する様子や、その様子をありがたく思う様を意味します。漢字では「折角」と書き、昔の漢書で「立派な鹿の角を折るような快挙」と表現されたことから、難しいことに尽力することを「せっかく」と表現するようになったと言われています。

    ご丁寧に

    「ご丁寧に」は、相手が自分のために細かいところまで気を配ったり、礼儀正しい言動をしてくれたことに対する感謝を表す表現です。主に「ご丁寧にありがとうございます」の形で使われます。

    「ご」を抜いて「丁寧に」と使う場合もあります。むしろ「ご丁寧に」に嫌みのニュアンスを感じる方もいるようですが、一般的には丁寧語の接頭辞である「ご」を使って「ご丁寧に」と言った方が無難でしょう。

    お忙しいところ

    「お忙しいところ」はクッション言葉として、相手が自分のためにわざわざ時間をかけてくれたことに対する感謝を表す表現です。相手に何かお願いをするとき、相手の貴重な時間を取ってしまうことに対する申し訳なさを表すときにも使えます。

    「わざわざ」と類似表現の例文

    「わざわざ」と類似表現の例文

    では「わざわざ」とその3つの類義表現を使って例文をいくつか紹介します。

    「わざわざ」の例文

    次は「わざわざ」の例文です。

    ・本日は遠方からわざわざお越しいただき、ありがとうございます。席までご案内します。
    ・お忙しいのに、わざわざ書類を届けに来てくださったのですね。おかげさまで書類を期限内に提出できました。
    ・みなさんがわざわざ早朝から会場にご集合くださったおかげで、明日のイベントの準備が早めに終わりました。本当にありがとうございます。
    ・友達に入院していることを伝えたら、仕事帰りにわざわざお見舞いに来てくれた。
    ・欲しいものがあり、休日の早朝からわざわざ遠くのお店まで足を運んだが、あいにくの休業日だった。
    ・東京に来た際にはわざわざホテルを探さず、ぜひうちに泊まってください。

    類似表現の例文

    「せっかく」と「ご丁寧に」、そして「お忙しいところ」の例文も見てみましょう。

    ・せっかく美味しい料理をたくさん作ってくださったのに、主賓が発熱してパーティがキャンセルされてしまいました。申し訳ありません。
    ・今回はせっかく大阪まで来てくださいましたし、できるだけいろいろなスポットを巡りましょう。
    ・毎回ご丁寧にアドバイスをいただき、ありがとうございます。いつも参考にさせていただいています。
    ・お忙しい中、ご丁寧にイベントを準備していただきありがとうございます。おかげさまで、イベントを成功させられました。
    ・お忙しいところ申し訳ありませんが、現在レンタル中の機材を本日中にお返しいただけると幸いです。
    ・お忙しいところ何度も留守電を入れてしまい、申し訳ありません。お手隙の際で大丈夫ですので、折り返しお電話いただけると幸いです。

    「わざわざ」の英語表現

    「わざわざ」の英語表現

    英語圏でも「わざわざ」のようなニュアンスを持つ言葉を使っているか、気になりませんか?次に「わざわざ」に該当する英語表現とその例文を紹介します。

    on purposeとespecially

    「わざわざ」を英語で表現するといろいろな言葉がありますが、代表的なのが「on purpose」と「especially」です。

    「on purpose」は故意に、わざとという意味で、「わざわざ」の否定的な意味と似ています。相手が困ることを知りながらも、わざと何かを行ったニュアンスの表現です。

    「especially」は特に、特別に、とりわけという意味で、日本語のビジネスシーンで使う「わざわざ」の意味に似ています。相手のために普通はやらなくてもいいことを特別にやってあげる場合に使える表現です。

    他にも「all the way(あえて)」や「take trouble(わざわざ~する)」などの表現も日本語の「わざわざ」にニュアンスが似ています。

    例文

    では「on purpose」と「especially」の例文を紹介します。

    ・He made a car crash on purpose.
     彼はわざと交通事故を起こした。
    ・Did you get a bad score on an examination on purpose?
     試験でわざと悪い点数を取ったの?
    ・These shoes are made especially for you.
     この靴はあなたのために特別に作られたものです。
    ・Mom made a chocolate cake especially for my birthday.
     お母さんは私の誕生日のために特別にチョコレートケーキを作ってくれた。

    まとめ

    「わざわざ」には「相手に好意を持って通常以上のことをしてあげる」、そして「悪気を持って故意に相手を困らせるようなことをする」の2つの意味があります。ビジネスシーンで主に使われるのは前者の意味です。

    「わざわざ」をビジネスシーンで使う場合は、相手に失礼にならないよう、今回紹介した内容をぜひ活用してみてください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる