「ご迷惑をおかけして」など「ご迷惑」の意味と使い方|類語や謝罪例文を紹介

ご迷惑をおかけして申し訳ございません

ビジネスシーンでは謝罪しなければならない場面があります。本記事では、よく使う「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」を中心に謝罪の例を紹介します。場面に応じて適切な謝罪の表現を使えるよう、確認してください。

目次

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の意味

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の意味

よく使われる謝罪の言葉、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の意味を解説します。「迷惑」と「申し訳ない」それぞれの意味も確認してください。

意味

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は、「相手に不利益を与えたことに対する謝罪の意」を表します。「ご迷惑」と「おかけして」、さらに「ございません」と敬語表現を使っている、丁寧な謝罪です。目上の方に謝罪するさいに使います。

「迷惑」の意味

「ご迷惑」は、「迷惑」に丁寧語の「お(御)」をつけた敬語表現です。「迷惑」の意味は、「ある行為によって、他の人が不快になったり、迷惑を受けたりすること」。「迷惑をかける」や「迷惑する」などといいます。「どうしたらよいのかわからず、戸惑う」意味もありますが、謝罪するときの「迷惑」とは違います。

「申し訳ない」の意味

まず、「申し訳」の意味は、「言い訳」や「弁解」です。「申し訳ない」で、「言い訳のしようもない」や「弁解できない」を表します。「ございません」は「ない」の丁寧語なので、「申し訳ございません」は「申し訳ない」の敬語表現です。

「ご迷惑」を使った謝罪の例文

「ご迷惑」を使った謝罪の例文

「ご迷惑」を使った謝罪の例文を挙げます。迷惑をかけている状況、相手によってふさわしい謝罪の仕方があります。

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」

目上の方への謝罪で、すでに終わったことに対しては「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」といいます。かなり丁寧な敬語表現です。例文を挙げます。

・運営のミスで混乱が生じてしまいました。御社にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。
・この度は、弊社の担当者が失礼いたしました。ご迷惑をおかけして、まことに申し訳ございません。

「ご迷惑をおかけしております」

「ご迷惑をおかけしております」は、現在も迷惑をかけている状態が続いている場合に使います。「ご迷惑」と「おかけして」、さらに「おります」と敬語表現なので、目上の方に対しての謝罪です。「申し訳ない」と直接的な謝罪の文言はありませんが、謝罪のニュアンスを含んでいます。より謝罪の気持ちを示すには、「ご迷惑をおかけしております」のあとに、「お詫び申し上げます」など謝罪の言葉を続けます。例文を挙げます。

・運行再開のめどは立っておりません。お客様にはご迷惑をおかけしております。
・現在、サーバーの不具合でHPをご覧になれない状態が続いております。ご利用のお客様にはご迷惑をおかけしております。

「ご迷惑をおかけしますが、お願いします」は不適当

「ご迷惑をおかけしますが、お願いします」は不適当

「ご迷惑をおかけしますが、お願いします」は、これから迷惑や手間をかけるときに使います。これから発生するであろう迷惑に、あらかじめお詫びを伝えておく表現です。間違った表現ではありませんが、「迷惑だとわかっていることを頼む」や「迷惑なことを押し付ける」ニュアンスで受け取られる場合があります。ビジネスでは使わない方が無難です。「迷惑」の内容を具体的に述べ、謝罪やお願いの意を伝えるのがおすすめです。「ご迷惑をおかけしますが、お願いします」を言い換えた例文を挙げます。

・私事ではございますが、来週はお休みをいただきます。ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。
・環境保護のため、袋の無料配布を終了いたしました。ご理解のほど、お願いします。

謝罪に使う「ご迷惑」の類義語・言い換え表現

謝罪に使う「ご迷惑」の類義語・言い換え表現

謝罪に使える「ご迷惑」の類語を紹介します。いずれも「ご迷惑をおかけして」の「ご迷惑」との言い換えが可能です。

「ご面倒」

「ご面倒(ごめんどう)」は「面倒」の敬語表現で、「わずらわしいこと」や「手間がかかって解決が容易でないこと」、または「世話」や「見苦しいこと」を表します。「ご面倒をおかけして申し訳ございません」など、「ご迷惑」との言い換えが可能です。他人に手間をかけたり、わずらわしいことに巻き込んでしまったりした場合に使います。ほぼ「ご迷惑」と同じですが、「ご面倒」には「不快な思いをさせる」ニュアンスは含まれません。

「お手数」

「お手数」は「おてすう」とも「おてかず」とも読みます。「手数」の丁寧語「お」をつけた形です。意味は「何かものごとをするのに必要な作業、動作」、または「他人のため、ことさらにかける手間」。謝罪のさいは、「他人のための手間」の意味です。自分のための対応を依頼する、自分のミスなどで相手に余分な作業が発生した場面で使います。「お手数をおかけして申し訳ございません」と、「ご迷惑」との言い換えが可能。「お手数」の場合は、「お手数をおかけしますが、お願いします」の言い回しも問題ありません。「ご面倒」の「不快な思いをさせる」ニュアンスは含まれません。

「お手間」

「ものごとをするのに費やす時間、労力」を表す「手間」に、丁寧語「お」をつけたのが「お手間(おてま)」です。「お手数」同様、自分のために何らかの対応や作業が生じた場合に使います。作業や労力だけでなく、時間をとらせることを謝罪したい場合は「お手間」が適しています。「お手間をおかけして申し訳ございません」ではなく、「お手間を取らせてしまい、申し訳ございません」の言い回しが自然です。「ご迷惑」のうち、労力と時間に焦点を当てたのが「お手間」です。

「ご厄介」

「厄介」の敬語表現「ご厄介(ごやっかい)」は、「面倒なこと」や「扱いに手間がかかり、わずらわしいこと」、ほかには「だれかの世話になること」などの意味で使います。たとえば、自分の失敗で他人にわずらわしい手間が生じた場合の謝罪。「お手数」や「お手間」よりも、「ご面倒」に近い表現です。「ご厄介をおかけして申し訳ございません」と、「ご迷惑」同様の言い回しをします。ビジネスシーンで使う頻度は低めです。

「ご不便」

「ご不便(ごふべん)」は「不便」の敬語表現で、意味は「役に立たない」や「都合が悪い」です。自分のせいで、相手が困ったり不都合が生じたりした場合の謝罪に使います。謝罪は「ご不便をおかけして申し訳ございません」と、「ご迷惑」と同じ言い回しです。

「ご心配」

「先行きを気にして心を悩ませること」や「気がかり」を表す「心配」に、丁寧語「お(御)」を付けたのが「ご心配(ごしんぱい)」です。手間や労力ではなく、不安など心理的負担を与えた場合の謝罪に使います。「ご心配をおかけして申し訳ございません」と、「ご迷惑」と同様の使い方です。ただし、心理的負担に「ご迷惑」の「不快な思い」は含まれません。

「申し訳ございません」の類義語・言い換え

「申し訳ございません」の類義語・言い換え

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の「申し訳ございません」と言い換えられる、謝罪表現を挙げます。

「お詫び申し上げます」

「お詫び申し上げます(おわびもうしあげます)」は、相手を敬って述べる謝罪の言葉です。「詫び」の意味は、「謝罪の言葉」。「お詫びします」よりも「お詫び申し上げます」のほうが、丁寧な印象になります。「謹んでお詫び申し上げます」だと、より丁寧で深く謝罪する表現です。「お詫び」を使い、「お詫びの言葉もございません」ともいいます。

「弁解の余地もございません」

「弁解の余地もございません(べんかいのよちもございません)」は、「申し訳ございません」とほぼ同じ意味です。「弁解」の意味は「言い訳をすること」、「余地」は「さらに何かをおこなう余裕、ゆとり」。自分に非があることを認め、言い訳などできないと謝罪する表現です。

「陳謝いたします」

「陳謝いたします(ちんしゃいたします)」の「陳謝」は、「事情を述べて深く謝る」意味です。そのため、謝罪する理由を述べる必要があります。たとえば「この度は弊社の情報流出事件により、お客様にご不安を与えたことを陳謝いたします」などといいます。「心より陳謝いたします」もよく使う言い回しです。

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の英語表現

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の英語表現

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の英語表現を紹介します。相手と場面に応じて使い分けるのがポイントです。

「sorry」

「sorry」を使い、「I am terribly sorry that I troubled you.」と表現します。「trouble」が「ご面倒」にあたります。「terribly」を使うと、より深い謝罪の表現になります。

「apologize」

「apologize」を使い、「I apologize for the inconvenience this may cause.」といいます。「sorry」よりもあらたまった謝罪表現になるため、ビジネスシーンでは「apologize」が一般的です。「inconvenience」は、「不便」を表します。「ご迷惑をおかけして」なら「trouble」、「ご不便をおかけして」は「inconvenience」です。

まとめ

本記事では謝罪の表現「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」について、解説しました。場面に応じて表現を使い分け、適切な謝罪ができるようにしたいですね。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる