「初め」と「始め」の違いとは?意味や使い方、類語・英語表現・例文を紹介

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「はじめ」という言葉は、使う漢字に悩む人が多いです。しかし、きちんと意味を理解すれば「初め」と「始め」の使い方に悩む心配はありません。ここでは「初め」と「始め」それぞれの意味や使い方について解説していきます。

    目次

    「初め」と「始め」の意味とは?

    「初め」と「始め」の意味とは?

    会社でも日常生活でも文章を考えるときに、どちらの漢字を使うのが正しいのか悩む言葉がいくつかあります。特に「初め」と「始め」多くの人が使うときに迷う言葉でしょう

    しかし、言葉の意味をきちんと理解しておけば自信をもって文章を作成するときに使えます。

    「初め」と「始め」について、それぞれの意味を解説します。

    「初め」は順番

    「初め」の意味は、かんたんに説明すると「順番」を指す言葉です。時間的に早い段階で物事を行うことを表現するときに使います。

    序列の1番目や時期を「表現する」「伝える」場合などに用いられる言葉です。

    「始め」は開始

    「始め」の意味は、かんたんに説明すると「開始」です。物事がはじまることを表現するときに使います。

    物事が起こってから間もない状況を指すときに用いられる言葉です。

    「初め」と「始め」の類義語・言い換えは?

    「初め」と「始め」の類義語・言い換えは?

    「初め」や「始め」と似た意味を持つ言葉には、どんなものがあるのでしょう

    「初め」と「始め」の類義語や言い換えを紹介します。

    「初め」の類義語・言い換え

    「初め」の類義語や言い換えは、物事の1番目を指す言葉が当てはまります
    ・先頭、1番目、1回目、書初め、年初め
    ・最初、初期、当初、初級、初回、初日、初歩、起点
    上記のように、一番初めであると表現できる言葉が類義語といえます。

    「始め」の類義語・言い換え

    「始め」の類義語や言い換えは、物事が始まったことを指す言葉が当てはまります
    ・始まり、起こり、幕開け、仕事始め
    ・開始、出発、始動
    上記のように、物事の動きはじめであると表現できる言葉が類義語といえます。

    「初め」と「始め」対義語

    「初め」と「始め」対義語

    「初め」や「始め」の反対の意味を持つ言葉には、どんな言葉があるのでしょう

    「初め」と「始め」の対義語を紹介します。

    「初め」の対義語はない

    「初め」の対義語ですが、結論からいうと「初め」の反対の意味を持つ言葉はなく対義語がありません

    「末(すえ)」が対義語と思われがちですが、意味が「続いているものの端」となるため「初め」の対義語とは言い難いです。

    「初め」の対義語はありませんが、類義語の「月初」であれば「月末」のように反対の意味を持つ対義語が存在します。

    「始め」の対義語

    「始め」の対義語は物事が終了する意味を持つ「終わり」です

    「始め」は何かを動かすことを意味し、「終わり」は何かが止まることを意味しているので、「始め」の対義語にあてはまります。

    「初め」がつく言葉

    「初め」がつく言葉

    「初め」の類義語にもなる「初め」がつく言葉は意外に多いです

    ビジネスシーンでもよく使われる「初め」がつく言葉を紹介します。

    月初め

    「初め」がつく言葉の中で会社や企業に入ってから、よく使う言葉に「月初め」があります

    「月初め」とは、使われている漢字からもわかる通り「月の初め」です。

    「月初め」が忙しい時期である業種があったり、「月初め」に必ず会議を行う会社があったりと、ビジネスシーンではよく口にする言葉です。

    初めて

    「初め」がつく言葉の中でも、年齢問わずよく使われる言葉が「初めて」ではないでしょうか

    「初めて」とは、「今までに経験がない物事が起こるさま」です。また「(その事が)起きたことで改めて知る」ときにも使われます。

    「初めて」は、誰もが必ず体験し、日常でもよく使う言葉でしょう。

    「始め」がつく言葉

    「始め」がつく言葉

    「始め」がつく言葉も「初め」に負けず多いです

    社会人として知っておくとよい「始め」がつく言葉を紹介します。

    仕事始め

    社会にでて初めて耳にする「始め」がつく言葉は「仕事始め」ではないでしょうか

    「仕事始め」は、「仕事初め」と混同されがちですが、「初め」と「始め」の違いを理解していれば間違えずに使えます。

    「仕事始め」とは、仕事を開始する意味なので使うときには注意しましょう。

    始めに

    「始め」がつく言葉で、よく耳や目にする言葉が「始めに」ではないでしょうか

    「始めに」とは、「先に行っておく」ことを表現しています。何かをはじめるときに先に「やってほしい」・「読んでほしい」場合などに使う言葉です。

    ビジネスシーンでは、企画書の書き出しに入れたり、会議の冒頭で趣旨を伝えたりするために使われます。

    「始めに」は「はじめに」と書かれる場合も多く、「はじめに」のほうなじみのある人もいるでしょう。

    「初め」の使い方と例文

    「初め」の使い方と例文

    「初め」を文章などに使うには、どのように使うとよいのでしょうか

    「初め」の使い方と例文を紹介していきます。

    「初め」の使い方

    「初め」を文章などで使う場合は、意味の通り「何かが起こるとき」を伝える場合に使いましょう

    「初め」を使う場合「〇〇初め」のように添える言葉(副詞)として使用するケースが多いです。

    また「初めて〇〇した」のように使う場合もあります。自分が伝えたい内容に合った表現方法を使いましょう。

    「初め」の例文

    「初め」を使った例文を紹介していきます
    ・去年の初め頃は、成績がクラスで下から数えた方が早かった。
    ・明日は月初めなので、朝から会議の準備が必要だ。
    ・来月の初めには、注文していた商品が届く。

    「始め」の使い方と例文

    「始め」の使い方と例文

    「始め」を言葉として文章に入れる場合は、どのように使えばよいでしょうか

    「始め」を使う場合の使い方と例文を紹介していきます。

    「始め」の使い方

    「始め」を使う場合は、「何かを起こすとき」の意味に従って使用しましょう

    「始め」は、「〇〇始め」のように動詞に添えられる言葉として用いられるケースが多いです。

    また「始めた〇〇は」のように使われるときもあります。自分が伝えたい内容に沿って使い分けてもよいでしょう。

    「始め」の例文

    「始め」の使い分け方もわかる例文を紹介します
    ・試験勉強を始めたはずが、いつの間にか机に突っ伏して寝ていた。
    ・子どもが最近歩き始めたので、目が離せないと姉が笑顔で話していた。
    ・部長から、全国大会に向けて来週には練習を始めると連絡がきた。

    「初め」と「始め」の英語表現

    「初め」と「始め」の英語表現

    「初め」や「始め」の、それぞれの意味を表す英語表現はあるのでしょうか

    「初め」と「始め」の意味を表す英語表現について解説します。

    「初め」の英語表現

    「初め」を意味する英語表現は、「First」です

    「First」と同じく「最初」や「1番目」を意味するので、「初め」の英語表現と言えます。「Early」も「初期」を表す意味があるので、「初め」の英語表現に含めてもよいでしょう。

    英語表現での例文は下記になります。
    ・The impression when I met was a quiet person for the first time.
    (初めて会ったときの印象は、大人しい人でした。)

    「始め」の英語表現

    「始め」を英語表現する場合は、「Start」です

    「Start」には、そのまま「始める」の意味がありますし、「出発」などの意味もあるので「始め」の英語表現といえます。

    「Beginning」も「開始」や「始まり」などの意味を持つので「始め」の英語表現といえるでしょう。

    英語で表現した場合の例文は下記になります。
    ・Please speak the name at the beginning.
    (始めに名前を述べてください。)

    まとめ

    「初め」と「始め」の違いは、咄嗟に思い出せないケースも多いですが、言葉の意味を理解していれば、間違える心配はありません。

    スマートフォンやパソコンでの作業では、便利な機能が増えて必要な言葉を予測変換してくれたり、自動で漢字に変換してくれたりします。しかし、便利機能に頼っていては、ビジネスシーンで支障があるでしょう。

    いつでもスマートフォンやパソコンがある状態で書類作成できるとは限りません。必要なときに使いこなせるよう「初め」と「始め」の意味の違いや使い方は、自分の知識として身につけておきましょう

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる