「見る」の敬語表現とは?尊敬語・謙譲語・丁寧語とビジネスでの使い方・例文

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    物事を目で認識するという意味で、日常生活でもよく使われる「見る」という言葉、目上の方に対しては「見る」以外にどういう表現を使えるでしょう。「見る」の敬語表現から例文、そして英語表現まで詳しく説明します。

    目次

    「見る」の意味とは

    「見る」の意味とは

    「見る」は日常生活で広範囲に使われる言葉です。しかし、いざ意味を聞かれると説明が難しいですよね。「見る」の敬語表現について勉強する前に、まずは「見る」の意味と漢字表記などについて説明します。

    目で物事をとらえる

    「見る」とは視覚を使いものの存在・形・様子・内容などをとらえるという意味です。この「視覚で物を認識する」という意味から派生し、何かを検討する、調べる、判断する、占うなど、さまざまな意味を持っている言葉でもあります。

    基本的には「見る」または「みる」と表記しますが、それぞれの意味を強調するために「観る」や「診る」、「看る」などの表記をすることもあります。

    「観る」は映画などを意識してめでとらえること

    視覚でものを認識するという意味の場合、「観る」という表記も使います。「観る」は「見る」より使い方が限定的で、主に映画やTVなどを意識して目でとらえるという意味で使われます。ものをじっくり観察、または鑑賞するというニュアンスが強いです。

    例えば、同じパンダをみた場合でも、ただ目に入ってくるパンダを認識しただけなら「パンダを見た」と書き、自分の意志でパンダをじっくり観察したなら「パンダを観た」という書き方ができるでしょう。

    「見る」の敬語表現

    「見る」の敬語表現

    「見る」の敬語表現について、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分けて説明します。

    尊敬語は「ご覧になる」「見られる」

    尊敬語は主語に対して敬意を表す表現を言います。主に目の上の方に対して、その方を立てるときに使います。「見る」の尊敬語は「ご覧になる(ごらんになる)」と「見られる」です。

    謙譲語は「拝見する」「見せていただく」

    謙譲語は話者である自分を下げ、相手に敬意を表す表現です。「見る」の謙譲語は「拝見する(はいけんする)」そして「見せていただく」です。

    丁寧語は「見ます」「見せてください」

    丁寧語は言葉のとおり、丁寧な表現で聞く相手に敬意を表す表現です。敬語の基本ともいえる「です/ます」が丁寧語に属します。「見る」の丁寧語には「見ます」と「見せてください」があります。

    「見る」の敬語表現 例文

    「見る」の敬語表現 例文

    今度は「見る」の敬語表現を使った例文を紹介します。

    「ご覧になる」「見られる」の例文

    次は「ご覧になる」と「見られる」の例文です。

    ・昨日お渡しした企画書、ご覧になりましたか。
    ・今見られている食器はとても人気が高く、当店の在庫は残り1つです。

    「拝見する」「見せていただく」の例文

    次は「拝見する」と「見せていただく」の例文です。

    ・申し訳ありませんが、写真付きの身分証を拝見してもよろしいでしょうか。
    ・ご参考までに、去年使用した教材を見せていただけませんか。

    「見ます」「見せてください」の例文

    次は「見ます」と「見せてください」の例文です。

    ・今夜はゆっくり夕食を楽しみながらTVを見ます。
    ・前年度の予算案とその実績を見せてください。

    それぞれのビジネスメール例文の紹介

    今度はそれぞれの表現をビジネスメールで使用する際の例文を紹介します。

    ・ご覧になる/見られる

    いつもお世話になっております。
    (株)〇〇の田中でございます。

    先日お送りしました提案書はご覧になりましたか。
    お忙しいところ恐縮ですが、見られましたらご一報いただけると幸いです。

    ・拝見する/見せていただく

    初めての連絡で失礼致します。
    〇〇建築デザインチームの大崎と申します。

    先日、建築デザインアワードに出品された林様の作品、拝見しました。
    大変すばらしく、弊社のコンセプトとも一致する部分が多い作品かと存じます。

    お忙しいところ申し訳ありませんが、一度打ち合わせをさせていただけませんでしょうか。
    その際に林様のポートフォリオを見せていただき、詳細をお話しできればと思っております。

    ・見ます/見せてください

    お世話になっております。人事部の木村です。

    先日ご提出いただいた通勤ルート確認書について、再度確認させていただく部分があり、連絡しました。

    お手隙の際で結構ですので、グーグルマップでキャプチャーした通勤ルートを見せていただけませんか。
    その時に現在お持ちの定期券も併せて見せていただけると幸いです。

    「見る」の変形表現とその敬語表現

    「見る」の変形表現とその敬語表現

    「見る」は動詞の基本形として、さまざまな形で活用できます。「見る」を活用した表現とその敬語表現についてかんたんに説明します。

    「見せる」と「お見せする」

    「見せる」は相手に見えるようにする、または表情などを表して相手にわかるようにするという意味です。「見せる」は自分の行動に対して使うので、敬語表現は謙譲語の「お見せする」です。動詞に丁寧語の接頭辞「お」を付け、語尾に「する」を付けることで謙譲語表現にしています。自分より目上の人に何かを披露するというイメージです。

    (例文)
    ・亡くなったおばあちゃんに私の晴れ着姿をお見せできなくて、とても残念です。
    ・彼は新しく導入したプログラムの使い方を後輩に見せた。

    「見てもらう」と「ご覧いただく」

    「見てもらう」は「見る」に「もらう」を付けて、医師に診察してもらうときなど、相手に何かを見せて、診断や助言などを得たいときに使う表現です。「見てもらう」は自分の意志で相手に何かを見せることですので、敬語表現は「ご覧いただく」という謙譲語です。「見ていただく」という表現も使えます。

    (例文)
    ・最近腰が痛いな。近いうちにお医者さんに見てもらうことにするか。
    ・一度こちらの作品をご覧いただきたいのですが、ご都合はいかがでしょうか。

    「拝見させていただく」はNG

    「拝見させていただく」は二重敬語ですので、使わない方がいいでしょう。「拝見する」だけでも謙譲の意味を持つ敬語表現ですが、それにさらに「いただく」という謙譲語を付けているためです。

    「拝見させていただく」の代わりに「拝見する」または「見せていただく」を使うようにしましょう。

    「見る」を英語にすると?

    「見る」を英語にすると?

    「見る」は日本語でもさまざまな意味で使われていますが、英語でも「見る」の意味を持つ言葉は1つではありません。英語の「見る」に該当する代表的な表現を3つ紹介します。

    look

    「look」はただ視野に入ってきたものを認識するよりは、自分の意志である方向に目を向けるというニュアンスの言葉です。「look at」という形で使うことが多く、文脈によっては日本語で「見える」と訳した方が自然な場合があります。
    「look for」と書くと、~を探すという意味です。

    (例文)
    ・You look so gorgeous today. Are you going to the party?
     あなた今日とても美しいね。あのパーティに行くの?
    ・I was just looking at the picture for a while.
     私はしばらくあの写真を見ていただけです。

    watch

    「watch」は何か動きや変化がある対象を意識して観察するという意味です。映画やTV番組、スポーツ競技などを見る場合、よく使われる表現です。
    他にも警戒するという意味も含んでおり、「watch out!」は気を付けてという意味です。

    (例文)
    ・I watched the soccer match and had some chill time.
     私はサッカー競技を見て、少しゆっくり時間を過ごしました。
    ・The police watched the suspect’s car.
     警察は容疑者の車を見張った。

    see

    「see」は視野に入ってくるものを認識するという意味です。日本語で「見える」と訳されることもありますが、lookやwatchとは違い、見る主体の意志が込められているかは重要ではありません。
    seeは他にも誰かと会う、理解するという意味も持っています。「I see」で、わかった/理解したという意味です。

    (例文)
    ・Can you see the statue over there?
     あそこにある像が見える?
    ・I saw her last night at a supermarket.
     ゆうべスーパーマーケットで彼女に遭遇した。

    まとめ

    「見る」は視覚でものを認識する意味のほか、調べる、検討するなどさまざまな意味で使われる表現です。敬語表現も「ご覧になる」や「見せていただく」など、複数あります。

    この機会に「見る」のさまざまな意味と、敬語表現の正しい使い方を覚えてくださいね。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる