「スタンス」の意味とは?ビジネスでの使い方や由来・類語も例文紹介

スタンス

「スタンス」の意味を知っていますか?実は3つもの意味をもつ言葉なのです。この記事では「スタンス」の意味・由来・使い方・類語を解説。また「スタンスミス」との関係も紹介します。ビジネスでも使う言葉ですので、覚えておきましょう。

目次

「スタンス」の意味とは?

「スタンス」の意味とは?

「スタンス」の意味を知っていますか?実は「スタンス」とは3つも意味がある言葉なのです。ここでは「スタンス」の3つの意味について解説します。「スタンス」はすべての意味を理解していないと、聞いたときに間違って解釈しかねないもの。しっかりと意味を覚えることで、コミュニケーションを間違いなく遂行できるようになりましょう。

「スタンス」の意味1「態度」や「立場」

「スタンス」の意味1つ目は「態度」や「立場」です。「〇〇としてのスタンス」などの使い方をするもので、「〇〇」には特になんらかの役割を入れます。ビジネスシーンにおいては、基本的にこの意味として「スタンス」が使われています。

「スタンス」の意味2「構え」や「足の位置」

「スタンス」の意味2つ目は「構え」や「足の位置」です。これはスポーツにおける「スタンス」としてよく使われる言葉。具体的には野球・ゴルフ・テニスなどにおいて使うことが多いです。「〇〇スタンス」と表現して、何か特別な構えを言い表すこともあります。

「スタンス」の意味3「足場」

「スタンス」の意味3つ目は「足場」です。「足場」としての「スタンス」はロッククライミングにおいて使われています。つまり、ロッククライミングでは専門用語として「足場」のことを「スタンス」と呼ぶのです。

「スタンス」の由来・語源

「スタンス」の由来・語源

「スタンス」の由来・語源は英語にあります。日本語と同じように「構え」「姿勢」などを表す英単語の「stance」をそのままカタカナにして「スタンス」としているのです。このように英語をカタカナにすることによってそのまま日本語に取り入れているケースはたくさんあります。

「スタンス」の類義語・言い換え

「スタンス」の類義語・言い換え

ここでは「スタンス」の類義語・言い換えを紹介します。「スタンス」は英語由来の言葉です。よって、使うことを嫌ったり、そもそも意味が理解できなかったりするひとがたくさんいます。そのようなひとたちに話を伝えるために「スタンス」の類義語・言い換えは大事なのです。相手に伝わりやすく話すことはコミュニケーションのマナー。社会人としてしっかりとマナーを身につけておきましょう。

「スタンス」の類義語1「立場」

「スタンス」の類義語1つ目は「立場」です。「立場」とは「立っているところ」「そのひとが置かれている立場や境遇」などを表している言葉。「態度」や「立場」を表している「スタンス」と言い換えられる言葉です。

例文:私たちはどれほど大きくなっても基本的な立場を弁える必要がある。

「スタンス」の類義語2「姿勢」

「スタンス」の類義語2つ目は「姿勢」です。「姿勢」とは「構えかた」「心構え」「態度」を表す言葉。「スタンス」の「構え」「態度」という2つの意味と共通しており、「立場」よりも広い範囲で「スタンス」と言い換えられる言葉です。

例文:彼の野球に対する姿勢は誰もが認めている。

「スタンス」の類義語3「観点」

「スタンス」の類義語3つ目は「観点」です。「観点」とは「ものごとを見たり考えたりするときの立場」のことを指しています。つまり、「スタンス」の「態度」「立場」という意味に共通したものをもっているのです。

例文:教育という観点からこの現場を見ると、非常に間違っているように感じる。

「スタンス」の類義語4「スタンドポイント」

「スタンス」の類義語4つ目は「スタンドポイント」です。「スタンドポイント」とは英語の「standpoint」を由来としている言葉。「立脚地」「観点」「見地」と意味をもっています。英語由来の言葉ですので、意味を知らないひとがいる可能性が高いことも頭に入れておきましょう。

例文:いままでとは違うスタンドポイントからものごとを考えることで、より多角的な思考ができるようになる。

「スタンス」の類義語5「ポイントオブビュー」

「スタンス」の類義語5つ目は「ポイントオブビュー」です。「ポイントオブビュー」も英語由来の言葉で、「point of view」という英単語を由来としています。意味は「スタンドポイント」と同じで「観点」「見地」など。こちらも一般的に使われているものではないため、意味がわからないひともいることを理解しておきましょう。

例文:いままでとは違うポイントオブビューからものごとを考えることで、より多角的な思考ができるようになる。

「スタンス」の使い方と例文集

「スタンス」の使い方と例文集

「スタンス」の意味や類義語を知っていても、実際にどのようにして使うのかがわからなくては意味がありません。ここでは「スタンス」の使い方、使うときの注意点、例文について解説します。「スタンス」は分野によって意味も使い方も変わってくる言葉。ここではビジネスシーンにおける「スタンス」に絞って徹底的解説していきます。

「スタンス」の使い方

「スタンス」はビジネスにおいては「姿勢」「立場」「やる気」という意味で使われることがほとんど。具体的には「私はこういうスタンスで仕事をしています」や「この案件に関してはこのようなスタンスで臨むといい」のように使います。ビジネスの場には必ずといっていいほど出現する言葉ですので、確実に押さえておきましょう。

「スタンス」を使用するときの注意点

「スタンス」を使うときには「態度が悪いことには使わない」ことに注意しておきましょう。「スタンス」は「スタンスが悪い」「スタンスが大きい」というような使い方はしないのです。どうしてもそのような意味を表現したいときには「態度が悪い」「態度が大きい」と、日本語を使って表現するのがベター。「スタンス」を間違った使い方で使わないように気を付けておきましょう。

「スタンス」の例文

「スタンス」を使った例文は以下のとおりです。

・仕事に対する彼のスタンスには誰もが感心している。
・中立なスタンスからの意見をお願いいたします。
・彼はスタンスを広くすることによってタイミングを取りやすくしている。
・彼女はスタンスが狭いため、安定しない状態でラケットを振っている。
・ロッククライミングではスタンスをどこに取るかが非常に重要だ。

「スタンス」を英語でいうと?

「スタンス」を英語でいうと?

「スタンス」を英語で表現すると「stance」となります。これは日本語の「スタンス」の由来となった英単語であり、発音はそのまま「スタンス」です。具体的な使い方は以下のとおり。

例文:I would like to hear your opinion from your personal stance, not from the Chief.(チーフではなく、個人のスタンスから意見をお聞きしたいです。)

「スタンス」に似た言葉

「スタンス」に似た言葉

「スタンス」には似た言葉として「スタンスミス」というものがあります。ここでは「スタンス」と「スタンスミス」との関係性について解説。「スタンスミス」を「スタンスの間違い」だと思っていると恥ずかしいことになってしまいます。確実に両者の関係性を押さえて、恥ずかしい間違いをしないようにしましょう。

「スタンスミス」は「スタンス」と関係ない

「スタンスミス」と「スタンス」にはなんの関係もありません。一見、「スタンスを間違ってしまったこと」を「スタンスミス」と呼ぶのかと思ってしまいますが、そのような表現をすることはありません。「スタンスミス」と「スタンス」の間にはまったくもって関連性がありませんので、気を付けておきましょう。

「スタンスミス」は靴の名前

「スタンスミス」は靴の名前です。アディダスから発売されているもので、初めは1970年代にテニスシューズとして登場しました。「スタンスミス」という名前は実在したテニスプレーヤーから取られいます。現代では「スニーカーの定番」といっても過言ではないほど、たくさんのひとから愛されています。

まとめ

「スタンス」とは「態度」「姿勢」「足場」などのたくさんの意味をもつ言葉。使われている意味は分野によって異なり、ビジネスにおいては特に「態度」「立場」という意味で使われています。しかしながら、「スタンスが悪い」や「スタンスが大きい」という表現はしないことに注意。そのような意味を伝えたい場合には、純粋に「態度が悪い」「態度が大きい」と表現するようにしましょう。

スタンス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる