続柄の意味とは?父・父の弟などの書き方や英語表現を徹底解説

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    公的書類でよく目にする「続柄」という言葉。書類によっては「続柄」「あなたとの続柄」と書いてあることがあり、混乱したこともあるのではないでしょうか?ここでは「続柄」の意味や書き方について徹底的に解説していきます。

    目次

    「続柄」の読み方

    「続柄」の読み方

    「続柄」の正しい読み方を知っていますか?実は多くの人が「続柄」の読み方を間違っているのです。ここでは「続柄」の正しい読み方を徹底的に解説いたします。間違ったままの読み方をしていては、ビジネスシーンで悪い印象をもたれてしまうことも。しっかりと覚えて、社会人としてのレベルアップを果たしましょう。

    「続柄(ぞくがら)」は正しい読み方ではない

    多くの人は「続柄(ぞくがら)」と読んでいますが、これは間違いです。一般的に「続柄(ぞくがら)」と読まれているため、そのまま使っていてもおかしくはないでしょう。しかし、正しい読み方を覚えておくことで他の社会人たちと差別化を図れます。「続柄」の正しい読み方は確実に押さえておきましょう。

    「続柄(つづきがら)」が正しい読み方

    「続柄」の正しい読み方は「続柄(つづきがら)」です。「続柄(ぞくがら)」は「続柄(つづきがら)」の俗っぽい呼び方。多くの人が間違えたまま読んでいるので、「続柄(つづきがら)」と読めるようになっておきましょう。

    「続柄」の意味とは?

    「続柄」の意味とは?

    「続柄」は「関係性」を意味しています。基本的には親族間の関係性を表すもので、続柄をみることによって親族の関係がすっかりわかるようになっています。住民票や確定申告などで記入する欄があります。

    参照:Weblio辞書「続柄」

    「続柄」と「あなたとの続柄」の違い

    「続柄」と「あなたとの続柄」の違い

    公的な書類を記入していると「続柄」と「あなたとの続柄」というものに出会うでしょう。この2種類の違いを把握していないと、公的な書類の記入を間違ってしまうかもしれません。
    2つの違いは「誰を中心とした関係性か」です。「続柄」は代表者を中心としたあなたとの関係性。「あなたとの続柄」はあなたを中心とした関係性を指しています。
    たとえば、父親との関係性を表す際には以下のように表します。

    ・続柄:子
    ・あなたとの続柄:父

    この2つを勘違いして書いてしまうと、まったく違った関係性になってしまうので、確実に覚えておきましょう。

    公的書類の「続柄」

    公的書類の「続柄」

    さまざまな公的書類に「続柄」を書く欄があります。しかし、その書類によって「続柄」の書き方が違います。ここでは代表的な公的書類を挙げて、その書類を書くうえでの「続柄」の書き方を解説します。公的書類は絶対に間違いが許されない書類です。間違いなく覚え、公的書類に不備を残さないようにしましょう。

    住民票の「続柄」

    住民票とは「市区町村の住民について個人を単位とし、氏名・生年月日・性別・世帯主との続柄・住所・本籍などの事項を記載する公簿」。何か公的な手続きの際に「住民票が必要です」と言われたことがあるのではないでしょうか?

    住民票の「続柄」で最も注意すべきは子どもに対する書き方。以前までは「長男」「二男」「三女」と記載することになっていましたが、現在は性別等に関わらず「子」との記載でOK。子どものプライバシーへの配慮で、このような記載方式になっています。

    税金関係の「続柄」

    税金関係の書類の「続柄」において気を付けなくてはならないのが、「続柄」と「あなたとの続柄」の違いについてです。税金関係の書類では「続柄」「あなたとの続柄」の両方において記載する可能性がある書類がありますので、しっかりと違いを理解しておきましょう。「続柄」と「あなたとの続柄」の違いについては前述の通りですが、以下にも記載しておきます。

    ・続柄:代表者を中心とした、あなたとの関係性
    ・あなたとの続柄:あなたを中心とした関係性

    年末調整の「続柄」

    年末調整とは「給与所得の源泉徴収義務者が、年末に1年間の給与総額から所得税額を算出し、源泉徴収分との過不足を精算すること」。年末調整の書類においては、「世帯主」や「扶養親族」等との「あなたとの続柄」を記載する必要があります。

    その際の「あなたとの続柄」の記入例は以下の通り。
    ・あなたが世帯主:本人
    ・父が世帯主:父
    ・義理の父が世帯主:義父
    ・母が世帯主:母
    ・義理の母が世帯主:義母
    ・夫が世帯主:夫
    ・妻が世帯主:妻

    確定申告の「続柄」

    確定申告とは「所得税・法人税などのように、一定期間内に累積した所得に対して課される租税について、納税義務者が課税期間の終了後、その期間中の課税標準および税額を税務署長に申告すること」。確定申告の書類においては、「世帯主」「世帯主との続柄」を記載する必要があります。年末調整における「あなたとの続柄」とは違って、世帯主を中心としたあなたとの関係性を書く必要がある点に注意しましょう。

    その際の「世帯主との続柄」の記入例は以下の通り。
    ・あなたが世帯主:本人
    ・父が世帯主:子
    ・母が世帯主:子
    ・義理の父が世帯主:息子の嫁、息子の妻など
    ・義理の母が世帯主:息子の嫁、息子の妻など
    ・夫が世帯主:妻
    ・妻が世帯主:夫

    「続柄」を英語でいうと?

    「続柄」を英語でいうと?

    「続柄」を英語で表すと「relationship」となります。「続柄」を表す「relationship」は以下のように使いましょう。

    ・Relationship with husband.(夫との続柄)
    ・What kind of personal relationship do you and the man have?(あなたとその男性はどのような続柄ですか?)

    「続柄」の書き方

    「続柄」の書き方

    正しい「続柄」の書き方を知っていますか?公的書類を書く際に「続柄」の書き方を調べる人は多く、ほとんどの人が正しい書き方をマスターできていません。ここでは正しい「続柄」の正しい書き方を解説いたします。基本的な範囲を網羅していますので、これさえしっかり読めば大丈夫。「続柄」の書き方に悩むことはなくなるでしょう。

    本人や配偶者の「続柄」

    本人や配偶者との「あなたとの続柄」を書く際には以下のように書きましょう。

    ・本人の「続柄」:本人
    ・夫の「続柄」:夫
    ・妻の「続柄」:妻

    また法律においては「内縁関係」と呼ばれている「事実婚」の場合は以下のように書きましょう。しかし、この記載方法は届出をすることによって住民票では可能になりますが、戸籍では記載不可ですので注意してください。

    ・事実婚の夫:夫(未届)
    ・事実婚の妻:妻(未届)

    兄弟や姉妹の「続柄」

    兄弟や姉妹との「あなたとの続柄」を書く際には以下のように書きます。書き方はそのままですが、兄が何人いたとしても「兄」と記載することに注意しましょう。

    ・兄:兄
    ・弟:弟
    ・姉:姉
    ・妹:妹

    また、義理の兄弟や姉妹の場合は「誰の兄弟/姉妹なのか」も記載します。以下のように記載しましょう。

    ・義理の兄:夫(妻)の兄
    ・義理の弟:夫(妻)の弟
    ・義理の姉:夫(妻)の姉
    ・義理の妹:夫(妻)の妹

    両親の「続柄」

    両親との「あなたとの続柄」を書く際には以下のように書きましょう。

    ・父親:父
    ・母親:母
    ・義父:夫(妻)の父
    ・義母:夫(妻)の母

    祖父母の「続柄」

    祖父母との「あなたとの続柄」を書く際には以下のように書きましょう。「祖父」「祖母」のような記載ではないことに注意してください。

    ・祖父:父(母)の父
    ・祖母:父(母)の母

    おじやおばの「続柄」

    おじやおばとの「あなたとの続柄」を書く際には以下のように書きましょう。「伯父(叔父)」「伯母(叔母)」のような記載ではないことに注意してください。

    ・おじ:父(母)の兄(弟)
    ・おば:父(母)の姉(妹)

    子どもや孫の「続柄」

    子どもや孫との「あなたとの続柄」を書く際には以下のように書きましょう。住民票では子どもを以下のように「子」と記載しますが、戸籍上では「長女」「二女」「三女」と記載しますので、注意してください。

    ・自分の子ども:子
    ・再婚相手の子供:夫(妻)の子

    その他の人の「続柄」

    さまざまな要因によっては、ここまでで紹介していない関係性の人との続柄を記載する可能性があります。その際の「あなたとの続柄」では、以下のように書くようにしましょう。

    ・子どもの夫(妻):子の夫(妻)
    ・いとこの子供・はとこ:縁故者
    ・他人:同居人

    まとめ

    社会人になれば、住民票やお金関係の書類などの公的書類に触れる機会が多くなります。その際にほとんどの書類に記載する必要があるのが「続柄」です。公的書類には間違いが許されないので、しっかりと「続柄」の書き方を覚え、これからは書き方に迷わないようにしましょう。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる