「読み込む」の意味とは?使い方や類語・敬語・英語表現を例文解説

読み込む
目次

読み込むの意味とは?

読み込むの意味とは?

「読み込む」は、「パソコンのデータや画像を読み込む」などの場面でよく使われますが、他にも「熟読する」や「詩歌を詠む」などの意味でも使われます。物事を深く理解する、読み取るという意味でも使われています。「読込む」と「み」を省いた書き方も使われます。「読み込む」のもつそれぞれの意味を詳しく紹介します。

「読み込む」の意味1:データを読み取る

「データを読み取る」は、パソコンに保存された画像や動画、またはファイルやCD-ROMなどに保存されている情報を取り出して開く、読み上げるという意味合いで使われます。また、パソコンの外にあるデータをパソコン内部に取り込む、開くという意味もあります。この場合は「読み込む」と同じ意味で「書き込む」が使われることもあります。パソコン内に保存されているものを開く、パソコン外の情報を取り入れるの両方のシーンで用いられます。

「読み込む」の意味2:熟読する

「読み込むには、「熟読する」という意味もあります。本や論文など文章に書かれている意図を正確に把握するために、何度も繰り返し読んで内容を理解するイメージです。文章のすみずみまで読むだけでなく、方向性や意味を完全に解釈できている様子をいいます。読解という言葉の意味にも通じるでしょう。

「読み込む」の意味3:詩歌に入れて詠む

「詩歌に入れて詠む」という意味でも、「読み込む」が使われます。城や寺院などの名所や土地または人の名前などを詩歌に入れて読み込みます。「詩歌に読み込む」の場合は、読むの字を変えて「詠み込む」や「詠み入れる」と表記することもあり、詩や歌の中に名称を入れ込むという意味で使われます。

読み込むの読み方

読み込むの読み方

「読み込む」は、「よみこむ」と読みます。「読」は訓読みです。

読み込むの由来・語源

読み込むの由来・語源

「読み込む」にはとくに由来はないようです。語源は、「読む」が文章や言葉、資料などを目視して「読む」、また文章だけではなく状況や相手の気持ちなどを読むという意味もあります。「読む」に、「込」の終止形である「込む」がついて「読み込む」になります。「込む」には、「詰まる」「中に入る」「同じ状態をずっと続ける」という意味があります。2つの語が合わさることで、「ずっと読み続ける」「深く掘り下げて読み解く」といった意味に変わります。「ファイルを読み込む」で使われる場合も、中に入って開くというニュアンスで使われます。

読み込むの類義語・言い換え

読み込むの類義語・言い換え

「読み込む」の類義語や言い換える言葉を紹介します。「読み込む」とほぼ同じ意味で使える言葉や、「読み取る」以外の言葉では意味が通じない状況などもあります。それぞれの言葉の意味を詳しく解説します。

読み取る

「読み取る」は読んで感じとる、取り込む、理解するという意味があります。「当事者の気持ちを読み取る」などと使われますが意味は「読み込む」と同じです。また「データを読み取る」などの使い方もできます。「読み取る」を使うと、データや画像などの内容を理解する、認識するという意味が強くなります。また、「読み込む」にはデータを開くのほかに外から取り込んで保存する意味がありますが、「読み取る」は保存するときには使いません。

じっくり読む

「じっくり読む」「熟読する」なども「読み込む」の類義語です。文章を詳しく読んで書かれた内容を理解する、正しく読み解くなどの意味があります。「専門書を熟読する」などと使われます。また「耽読する」(たんどくする)も「読み込む」と同じく、文献や書物を一生懸命読むという意味があります。

取り込む

「データを読み取る」の類語として、「取り込む」があります。「取り込む」には、ほかから取ってきて中に入れるという意味があるので、「パソコンにデータを取り込む」「画像を取り込む」などと使われます。「文章を読み込む」の類語として「取り込む」を使うと意味が通じませんが、「データを読み込む」の代わりに「取り込む」を使ってもほとんど同じ意味で解釈できます。

ロードする

「ロードする」も「データを読み込む」の類語として使えます。「ロードする」は英語の「load」が派生して、そのままカタカナ語として使われています。「loed」は英語では荷物を積むという意味がありますが、「ロードする」はデータを読み込むというニュアンスで使われます。「リロードする」は、再読み込みをするという意味になります。

「読み込む」の英語表現

「読み込む」の英語表現

英語での「読み込む」に該当する表現はいくつかあります。日本語の「読み込む」と同じように一つの単語でいくつかの意味を持ち、さまざまなシーンで使われるものもあります。また、読むという意味でも特定の状況でのみ使われる表現もあります。それぞれの言葉の意味もあわせて紹介します。

read

英語の「read」は、読むという意味です。本や雑誌、電子書籍を読むという意味で使うほかに、データを読み込む、スキャナーで読み込むなどデータやメモリを読み込むといった意味でも、「read」は使われます。「データを開く」場合は「open」が使われる場合もあり、「読み込む」の意味で使われるときは「read」の後ろに「in」をつけて「read in」として使われることもあります。「in」がつくことで、中に入る、取り込むというニュアンスが強まります。

load

「load」は、「読み込む」の意味があります。カタカナ英語として日本で定着している「ロードする」と同じ意味です。データを読み込む、取り入れるという意味で使われます。ダウンロードは、読み込んで「down」落とす、というニュアンスなので、パソコンやコンピューターなどにデータやアプリを落とし込むという意味で使われます。「read」は本を読む、データを読むなど両方に使えますが、「load」は、データを読み込むときの意味にしか使いません。

「読み込む」と「読み取る」の違い

「読み込む」と「読み取る」の違い

「読み込む」と「読み取る」の違いはどこにあるのでしょうか。「読み込む」には、コンピューターやパソコンに保存してあるデータを取り込んで開く、コンピューターの外部にあるデータをパソコンやファイルに取り入れて保存するという両方の意味があります。しかし「読み取る」の場合は、データを読む、スキャナーなどで読んで分析するという意味はありますが、データを保存するの意味はないので使われません。

「読み込む」の反対語は?

「読み込む」の反対語は?

「読み込む」の反対語は「書き出す」です。「書き出す」には「書き始める」という意味もありますが、大切な部分を書いて取り出す、書き出した部分を発表する、公表するという意味があります。「読み込む」が中に取り入れて保存する意味があるのとは反対で、中にあるものを別に取り出す意味があります。「書き起こす」も同じように、文章を別の場所に書き出す、書き写すという意味です。

「読み込む」の使い方と例文集

「読み込む」の使い方と例文集

「読み込む」の使い方と例文集を紹介します。

読み込むの使い方 

「読み込む」は、「本や文献をじっくり読む」「データを取り込むまたは読み取る」という意味で使われることが多く、前後で使われる単語や状況などで意味を判断できます。「読み込む」には「データを保存する」意味もあります。また本や文献を読むだけではなく、「人の気持ちを読む」「物事の流れや未来の状況などを読む」などにも「読み込む」は使われます。

読み込むの例文1

「データを取り込む」の意味で使われる例文を紹介します。

  • 先日送ったデータは、全国のアンケートを収集して地域別にまとめてあるので、かなり容量が大きく読み込むのに時間がかかるかもしれません。

読み込むの例文2

「熟読する、じっくり読む」の意味で使われる例文を紹介します。

  • 入学テストには長文の読解力問題が必ず出される。だから、長文問題が出題されたらまずは落ち着いてじっくり読み込むことが大切。答えはすべて長文の中にあるからできれば2回、3回と読むといいだろう。

入学テストには長文の読解力問題が必ず出される。だから、長文問題が出題されたらまずは落ち着いてじっくり読み込むことが大切。答えはすべて長文の中にあるからできれば2回、3回と読むといいだろう。

まとめ

「読み込む」は、データを取り込む、熟読するなどの意味があります。前後に使われる名詞や文章全体を読むと、どのような意味で使われているのか判断できるでしょう。データの場合は、パソコン内部のデータを読み込み開くという意味と外部のデータを取り込んで保存する意味でも使えます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる