「もとい(元い)」の意味・使い方|「改め」との違い、漢字・類語、英語表現を例文解説

もとい
目次

「もとい」の意味

「もとい」の意味

ビジネスシーンなどでも多用される「もとい」とはどのような意味なのでしょうか。

「もとい」の意味は「間違いを訂正する」

「もとい」の意味は直前の言葉を取り消して訂正する意味合いで使われる言葉です。間違った発言をしまった後に「もとい」を挟んでから訂正する言葉を入れることでスムーズに会話を進行できます。

「もとい」の語源と漢字

「もとい」の語源と漢字

「もとい」の語源は有力な説がいくつかあります。その中でも2つ紹介します。

「もとい」の語源とは

・昔の軍隊の号令で「元へ戻れ」」という意味で使われていた「もとへ」が変化して「もとい」になった説
・お相撲さんの髪形である髷(まげ)を結びなおす際に用いられていた紐や糸である、元結(もとゆい)の間違いを直すという意味から派生して「もとい」になったという説
いずれも現在使われている「もとい」の意味とあまり変わりません

「もとい」の漢字表記

「もとい」の漢字表記は、語源となった「元へ」や「元結」と同じ元という漢字を用いて「元い」と書きます。しかし文章を書くときに間違えた際すぐに書き直せば済むため、書き言葉で「もとい」が使われることはあまりありません。基本的に「もとい」は話し言葉で用いられます。パソコンで「もとい」と入力しても「元い」と出てくることはありません。のでご注意ください。

「もとい」と「もとえ」は同じ?

「もとい、~」と「もとえ、~」が同じ意味で使えると思っている人がいますが、これは誤りです。語源が「もとへ」であるため「もとえ」のほうが正しく感じてしまわれがちですが、正しい意味で使えるのは「もとい」のみなので気を付けましょう。

「もとい」のシーン別使い方と例文

「もとい」のシーン別使い方と例文

「もとい」はその間違いを訂正できるという性質上、複数の意味で使われることがあります。ちょっとした間違いでも相手に不快な思いをさせてしまわないよう、シーン別で上手に使い分けましょう。

話している最中に間違いを正す使い方

基本的に最も使われる使い方です。ビジネスシーンでは誰もが避けたい言い間違いですが、人間誰しも、間違えてしまうことはあります。そんなときに「もとい」を上手に使うことで会話が途切れることなく円滑にコミュニケーションがとれます。使い方としては間違った発言をしてしまったときに、前に戻して言い直すというイメージです。

例文は以下の通りです。
・会議は今日の7時から、もとい8時から行う予定です。
・明日の天気は雪、もとい雹(ひょう)らしいですよ。
・山田課長は休み、もとい出張です。
・この計画を担当している倉山さん、もとい村山さんはどちらにいらっしゃいますか?
・こんにちは、もといこんばんは。

皮肉やジョークを込めた使い方

「もとい」は言い間違いを直すだけではなく、意図的に用いることでうっかり間違った風を装い、ジョークのニュアンスを含ませられます。しかし皮肉ともとれる使い方なので相手に悪い印象を与えかねませんので、もし使うのであれば気心の知れた相手同士で使うようにしましょう。

例文は以下の通りです。
・経理部のAさんはケチ…もとい倹約家だ。
・Bさんは媚びを売る、もとい上司の機嫌を取るのが上手なのね。
・Cさんはアニメオタク…もといアニメに詳しい方です。

表現を強調する使い方

日本語特有の言い回しで、「AではなくBだ!」のようにAを否定してからBと断言することで、強い強調の意図を表せます。

例文は以下の通りです。
・そのミスの責任は私、もといあなたにあるのではないですか?
・実家では天使、もといクロという柴犬を飼っています。
・この成功は数百万円、もとい数千万円以上の利益を会社にもたらすだろう。

「もとい」の類義語・言い換え

「もとい」の類義語・言い換え

「もとい」の類語には、ではなく・改め・というより・いえなどがあります。

言い間違いを正す際に使える言い回し

一番よく用いられる間違いを訂正する意味で、同じように使える表現を紹介します。

ではなく

「ではなく」前に言ったことを訂正してほかのことを言いたいときに使える表現で、「もとい」とほとんど同じ使い方ができる表現です。しかも「Aさん、24…ではなく25歳の誕生日おめでとうございます!」のように言葉をつなげて訂正できるため、「もとい」のようにスムーズに間違いを訂正できます。

例文は以下の通りです。
・この仕事の締め切りは来週の水曜日、ではなく再来週の水曜日です。

改め

「改め」はニュアンスは少し異なりますが、言い間違えを訂正できる言葉です。

例文は以下の通りです。
・鈴木課長、改め鈴木部長、この資料に目を通していただいてもよろしいですか?

強調する際に使える言い回し

強調する意味の「もとい」と同じように使える表現を紹介します。

というより

「というより」は「AというよりはBではないですか?」というように、Bをより強調できる表現です。少しカジュアルな表現なので、目上の方に使うことはあまり好まれません。ある程度気軽に会話できる相手などに使いましょう。

例文は以下の通りです。
・この映画、見ごたえががあったというよりただ無駄に長いだけじゃなかった?

いえ

「いえ」は前の言葉を訂正して後の言葉に断言する意味をもつため、日本語特有の言い回しである強調を表せます。「いえ」は丁寧な表現であるため、フォーマルなシーンでも使用できます。ビジネスシーンではこちらのほうが好んで使われます。

例文は以下の通りです。
・このコンペで勝つのはあなた、いえ私です!

「もとい」と「改め」のニュアンスの違い

「もとい」と「改め」のニュアンスの違い

「もとい」も「改め」もAをBに言い換える表現で使われます。しかし、「改める」は前にあったものを変えるという点では「もとい」と同じですが、前の文を否定するという意味は込められていません。

ニュアンスとしては「もとい」が言ったことを訂正して新しく言い直すことに対して、「改め」は直前に行ったことを別の言葉で言い換えるもので、前の文を否定する意図は含まれません。なので、単純に前の言葉を取り消して訂正したいのであれば「もとい」を、単純に単語を言い換えるだけなのであれば「改め」を使うようにしましょう。

「もとい」の英語表現

「もとい」の英語表現

英語で間違いを訂正したり、言い直したりしたい場合は「Let me correct.」や「I mean」などが使えます。「correct」は「訂正する」という意味の単語で、「Let me correct.」は「訂正させて(訂正します)」という意味になります。

例文は以下の通りです。
・Today’s meeting is scheduled to start at 1:00am … Let me correct. At1:00pm.
和訳 今日の会議の開始時刻はは午前1時の予定…もとい午後1時の予定です。

また、「I mean」は「(間違ったけど)私が本当に言いたいのは」という気持ちを表したいときに使います。例文は以下の通りです。
・I want to travel to America later this yaer, I mean Canada.
和訳 今年中にアメリカに旅行に行きたいなぁ…じゃなくてカナダ。
ただし、ビジネスシーンでは「I mean」は少しフランクな表現という認識なので「Let me correct」のほうがフォーマルなシーンで使うことに適しています。

まとめ

・「もとい」は直前の言葉を取り消して訂正する意味であること
・語源は「元へ戻る」、「間違えを元に戻って直す」という意味からであること
・もといの使われ方には、「間違えを訂正する」、「意図的に間違った風を装ってジョークのニュアンスを持たせる」、「言葉を強調する」の3つの使われ方があること
・「もとい」と「改め」ではニュアンスが異なり、単純に前の言葉を取り消して訂正したいのであれば「もとい」を、単純に単語を言い換えるだけなのであれば「改め」が適していること
・英語では「I mean」か「Let me correct」が同じ意味として使えること
間違いをしないようにすることが一番ですが、誰でも間違ってしまいます。そこで焦らずに「もとい」を使ってスムーズな訂正ができれば、心の余裕が生まれ十分なパフォーマンスを出せるようになるでしょう。

もとい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる