「ともすれば」の意味とは?使い方や類語、英語表現をわかりやすく例文解説

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「ともすれば」という言葉は古めかしく聞こえるかもしれません。あまり日常的には使いませんよね。しかし、ビジネスシーンでは、取引先との交渉などで使われます。今回は、そんな「ともすれば」の使い方や類語を例文とともに紹介します。

    目次

    「ともすれば」のそもそもの意味とは?

    「ともすれば」のそもそもの意味とは?

    「ともすれば」は日常で使うことはあまりないかもしれません。しかし、いざ使うときに、間違った意味で使わないように見ていきましょう。

    「ともすれば」は「場合によっては」

    「ともすれば」は「ともすると」同じ意味で使われます。「場合によっては」「どうかすると」という、しばしばそうなる傾向がある様を表します

    「ともすれば」の語源

    そんな「ともすれば」は平安時代から使われているといわれています。平安時代に作られたとされる、「竹取物語」にも使われています

    かぐや姫が月に帰る際に、「ともすれば、人間にも月を見ては、いみじく泣き給ふ」という一文があります。これを現代語訳すると、「しばしば、(かぐや姫は)人の間(人がいないとき)に、月を見ては、ひどくお泣きになった。」という意味であり、やはり人がいないときには、月を見て泣きがちであるという「傾向」を表す語として、用いられています。

    「ともすれば」の使い方

    「ともすれば」の使い方

    「ともすれば」は未来で起こりうることを推量し、可能性を表す言葉です。意味としては「場合によっては、もしかしたら」という言葉に似ていますが、「ともすれば」はネガティブな結果が予想される場合に使われることが多いです

    今回はさまざまなシーンを想定して、「ともすれば」の意味や使い方をご紹介します。是非、参考にして正しく使ってみてください。

    ネガティブなニュアンスがある

    「ともすれば」の使うシートですが、日常の会話やビジネスシーンでは、起こってほしくないことが起こりうるというネガティブな意味で使うことが多いです

    例えば、待ち合わせの時間に遅れてしまいそうになった場合に、乗るはずのバスや電車の時間に間に合わないという、後々に悪い影響が出るかもしれない状況を示唆します。

    解決策を考える

    「ともすれば」というのは悪い結果が考えられるときに使いますが、ビジネスシーンでは、その解決策をあわせて提示するとスムーズな交渉になります

    解決策も提示することで、ネガティブな内容だとしても、マイナスに捉えられることはなくなり、会話も進めやすくなります。

    外部とのスケジュール確認にも使う

    さらに、取引先といった相手とのスケジュールをあわせる際にも、どのようなことが起こりうるかを考慮して、交渉する場合もよく用いられます

    例えば、早すぎる納期を指示された際には、予期せぬミスも起こる可能性が高まります。これでは取引先も困るので、「ともすれば、ミスも多くなってしまう恐れがあります。」と一言添え、スケジュール調整を行うことが重要です。

    「ともすれば」を使った例文

    「ともすれば」を使った例文

    それでは実際に使う例文を見ていきましょう

    日常生活で使う場合
    ・遠くの空から黒い雲が流れてくる。ともすれば、雨が降るかもしれない。
    ・受験勉強がはかどらない。ともすれば、志望校に受からないだろう。
    ・明日は休日なので、ともすれば、昼頃まで寝てしまうかもしれない。
    ・はやく医者に診せないと、ともすれば、手遅れになるかもしれない。

    ビジネスシーンで使う場合
    ・スケジュールを再考しなければならない。ともすれば、計画が中止になる可能性がある。
    ・企画を見直さないと、ともすれば、大きなトラブルが起きるかもしれない。
    ・ともすれば、企画が中止になってしまうので、全体の問題点を洗い出すべきだ。
    ・来月もこの売上を続くと、ともすれば、赤字になるでしょう。

    「ともすれば」の類義語・言い換え

    「ともすれば」の類義語・言い換え

    「ともすれば」には、さまざまな類語や言い換えがあります。特に、「ややもすれば」という語は「ともすれば」ととても似ていますが、細かい違いがあります

    しっかりそれぞれの意味を理解して、正しく使えるようにしておきましょう。

    「ややもすれば」との違い

    「ややもすれば」は放任しておくとそのような状態になりやすいさまを表し、「ともすれば」と同様にネガティブな場面で使われます。「ともすれば」とほとんど同じ意味ですが、使い方が少し違います。

    「ややもすれば」の場合は「ともすれば」よりも物事がそうなりやすいという傾向の程度が強いです。「ともすれば」は「もしかすると、起こるかもしれない」といった程度ですが、「ややもすれば」は「ちょっとしたことでも、何か起こってしまうかもしれない」というニュアンスです。

    ・初心者はややもすれば無茶をしてしまう。
    ・慣れてくると、ややもすれば事故につながる。

    「もしかして」

    類語の一つとしては「もしかして」があります。「もしかして」は後ろに「かもしれない」などの仮定推量を伴う語で、断言はできないが、可能性が十分にあるというニュアンスです。また、実現性の低いものを推量するときに用います

    ・もしかすると、雪が降るかもしれない。
    ・もしかすると、運動会は中止になってしまう。

    「ひょっとすると」

    「ひょっとすると」は「ひょっとしたら」と同じ意味で、予想外のことが起きた際に驚きを含む表現です。実現できるかわからないものを推量するときに使います。また、「ともすれば」とは違って、ネガティブな場合だけではなく、ポジティブな場合でも使えます

    ・ひょっとすると、負けるかもしれない。
    ・ひょっとすると、この方法ならば上手くいくかもしれない。

    類義語を使った例文

    類義語を使った例文

    他にも、類語表現があるので、そちらも例文を見て、押さえておきましょう

    「ともすると」の例文

    まず、「ともすると」の例文を紹介します
    ・ともすると、明日の運動会は中止になるかもしれない。
    ・この問題を解決しなければならない。ともすると、企画は全て失敗するかもしれない。

    その他の表現を使った例文

    他の言い換えを使った例文を紹介します
    ・あるいは、来月は忙しいかもしれない。
    ・もしかしたら、寝坊してしまうかもしれない。
    ・情報が伝達していない可能性がある。

    「ともすれば」の対義語

    「ともすれば」の対義語

    「ともすれば」がある物事対して、起こりうることを表しているので、その対義語は予想を完全に否定する表現です。対義語には「ありえない」、「決してない」などがあり、どれも「ともすれば」のような可能性を示すものを否定する意味合いがあります

    ・このスケジュールで失敗することはありえない。
    ・あの人が嘘をつくことは決してない。
    ・明日までにこの資料を仕上げることは不可能だ。

    「ともすれば」の英語表現

    「ともすれば」の英語表現

    現代では、英語でメールすることも珍しくはありません。そんなときでも、苦労しないようにここで「ともすれば」の英語表現を覚えておきましょう。

    助動詞の「may」や「might」

    「ともすれば」は推量の語なので、英語では「may」、「might」など可能性を表す語で英訳できます。一般に、「might」のほうが起こる可能性が低いです。

    ・The event might be cancelled because of the rain tomorrow.
    ・You may fail if you don’t make sure the plan.

    副詞の「perhaps」「maybe」

    また、副詞の「perhaps」や「maybe」も同じように「ともすれば」の英語表現として使えます。

    ・Maybe it is going to be rainy tomorrow.
    ・we might get some ideas perhaps.

    まとめ

    「ともすれば」は主に、ネガティブな可能性がある場合に使われます。特に、ビジネスシーンではスケジュールや解決策を提示する際に用いると会話や商談もスムーズに行えます。また、類語や言い換えも豊富で覚えておいて損はないでしょう。

    なかなか実生活では使わない「ともすれば」ですが、メールや書面などで使う場面はよくあります。ぜひ今回の記事を参考にして、間違った使い方をしないように気をつけてください。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる