「韻を踏む」の意味と使い方|「ダジャレ」との違いや類語、英語表現を例文解説

韻を踏む
目次

「韻を踏む」の意味とは

「韻を踏む」の意味とは

「韻を踏む」とは、同じ音(韻)やフレーズを特定の場所に繰り返して使用することです。ラップや歌詞、詩の中で使われることが多く、同じ音(韻)やフレーズを繰り返すことで心地よい響きをもたらし、耳に残る深い印象を与える手法です。

「韻を踏む」の読み方

この場合の「韻」は訓読みの「いん」と読み、「韻を踏む」は「いんをふむ」と読みます。「韻」には、「美しい響き、音、おもむき」といった意味があります。

「韻を踏む」の由来・語源

私たちが使っている言葉には全て歴史や由来があります。「韻を踏む」の歴史をひもといていくと、中国の漢詩である「絶句」のルールにたどり着くといわれています。「絶句」とは、起承転結の形式をもつ漢詩で、5文字からなる五言と7文字からなる七言のこと。

五言では「承」と「結」に、七言では「起」「承」「結」に音(韻)を合わせるルールがあり、この文化が日本にも伝わったとされています。

また、「踏む(履む)」には「足で上から押さえる」という意味の他に「決まったやり方に従って行う」という意味があります。

このような由来から、古代中国の音(韻)のルールを手本として言葉を組み立てることを「韻を踏む」というようになったのです。

「韻を踏む」種類とは

「韻を踏む」方法としては4つの種類「脚韻(きゃくいん)」「頭韻(とういん)」「母韻(ぼいん)」「子韻(しいん)」があります

・脚韻……語尾や文末に同じ音(韻)の言葉を繰り返すこと
・頭韻……語頭や文頭に同じ音(韻)の言葉を繰り返すこと
・母韻……言葉の中の母音「a.i.u.e.o」の並びを合わせて繰り返すこと
・子韻……言葉の中の子音(母音「a.i.u.e.o」以外)の並びを合わせて繰り返すこと

なお上記のうち子韻は、日本語ではあまり多く見られません。

「韻を踏む」ことで得られる効果

「韻を踏む」には「リズミカルに聞こえる」「興味や関心を引き寄せる」という2つの効果があります。

リズミカルに聞こえる

「韻を踏む」ことで音が繰り返され、言葉にリズムがうまれることにより、リズミカル聞こえるようになります。また耳なじみがよくなり心地よい言葉に聞こえ、深い印象を与える効果があります

そのためビジネスシーンでもこの効果を利用したキャッチフレーズや標語、コマーシャルなどが作られ、消費者の印象づけに一役買っています。

興味や関心を引き寄せる

さらにビジネスシーンでは「ザイオンス効果」という心理学理論を取り入れている企業も多くあります。「ザイオンス効果」とは、対象となる人やモノに対して、繰り返し接することで好印象をもつ心理効果をいいます。

対象商品を繰り返し目にすることによって消費者の印象をよくし、購買意識を高める効果があるとされています。この効果は、ポーランド出身の心理学者でロバート・ボレスワ・ザイアンス氏が明らかにした心理学理論です。

「韻を踏む」ことには「ザイオンス効果」と同じように人に興味や関心を引き寄せる効果があります

「韻を踏む」の使い方と例文

「韻を踏む」の使い方と例文

これまでも「韻を踏む」手法は、ラップや歌詞、詩、キャッチフレーズなどに使用されることが多いと述べてきましたが、ここからは「韻を踏む」という言葉の使い方や例文を紹介します

「韻を踏む」の使い方・韻の踏み方

前述のとおり「韻を踏む」とは、同じ音(韻)を繰り返すことです。韻を踏む場合、言葉と言葉の響きは近ければ近いほどよいといわれています。一方で、言葉の意味や内容は、かけ離れているほど面白くなります。つまり「意外性の協調」を表現することで印象的な言葉を作り出せるのです

例として「開運」という言葉で見てみましょう。「開運(kaiun)」「採寸(saisun)」「配分(haibun)」「大群(taigun)」「ハイフン(haifun)」これらの言葉の響きはとても似ていますが、意味や内容が全く違う組み合わせの言葉です。このような言葉を紡ぐことで面白い韻になります。

「韻を踏む」を使った例文

ここでは「韻を踏む」という言葉の活用例を見てみましょう。

・この詩は、ここで「韻が踏まれて」いるね。
・「韻を踏む」ことでインパクトのあるキャッチフレーズを考えるべきだ。
・この歌詞の「韻の踏み方」がかっこいい。
・このグループには、最高の「韻が踏める」ラッパーがいるらしい。

このように言葉を変格させて文章に組み込んで活用していきます。難しい言葉ではないので、日常でも簡単に取り入れて使用できる言葉です。

「韻を踏む」の類義語・言い換え

「韻を踏む」の類義語・言い換え

「韻を踏む」の類義語には「韻を押す(いんをおす)」や「押韻(おういん)」があります。どちらも意味は「韻を踏む」と同じです。同じ音(韻)や、似ている音(韻)の言葉を一定の部分に繰り返して使うことで、言葉にリズムを作り、耳に残る心地よい響きの言葉を作り出す手法を意味します。

「韻を踏む」と「ダジャレ」の違い

「韻を踏む」と「ダジャレ」の違い

「韻を踏む」は音(韻)を使って言葉を紡いで遊ぶ言葉あそびの一種です。さらに言葉あそびには、日本の文化に溶け込んでいる「ダジャレ」があります。同じ言葉あそびですが、双方に違いはあるのでしょうか。詳しく紹介します。

「ダジャレ」の意味とは

「ダジャレ」とは、同じ音で違う意味の言葉を組み合わせる言葉あそびです。つまり、同音異義の言葉を組み合わせてユーモラスに表現するあそびです。

「ダジャレ」は江戸時代にはすでに存在し、「人を笑わせる気の利いた言葉」という意味の「洒落」に「意味がない、くだらない」という意味の「駄」を合わせ、駄洒落(ダジャレ)という言葉になったといわれています。

「韻を踏む」と「ダジャレ」の違い

「韻を踏む」も「ダジャレ」も言葉あそびのひとつですが、それぞれの目的には大きな違いがあります

「韻を踏む」は、同じ音(韻)の言葉を特定の場所に配置して言葉を重ねることで、心地よい言葉のリズムを作り出すことが目的です。それに対して「ダジャレ」は、同音意義の言葉を重ねて二重の意味を持たせることにより、ユニークで面白い言葉を作り出すことが目的なのです。

このように大きな違いがあるのですが、「ダジャレ」が「韻を踏む」こともあります。「アルミ缶の上にあるミカン」という「ダジャレ」は「アルミ缶(arumikan)」と「あるミカン(arumikan)」が同音異語の言葉であると同時に、同じ音(韻)を繰り返しています。

「韻を踏む」を英語でいうと?

「韻を踏む」を英語でいうと?

「韻を踏む」を英語ではどのように表現するのでしょうか。4つの種類の「韻」、「脚韻」「頭韻」「母韻」「子韻」の英語表記についても詳しく紹介します。

「韻」を英語でいうと「rhyme」

ラップで使われる音楽用語「rhyme(ライム)」は韻を踏む手法の一つです。rhymeは複数の意味をもつ単語です。名詞で「韻」、他動詞で「(話を)押韻させる」、動詞で「韻を踏む」という意味があります。動詞としても名詞としても使えます

名詞としてrhymeを使う場合の「韻を踏む」は「create a rhyme」や「step on the rhyme」と表現します。また「脚韻」「頭韻」「母韻」「子韻」を英語では下記のように表現します。
・脚韻……end rhyme
・頭韻……alliteration
・母韻……assonance
・子韻……consonance

英語で「韻を踏む」コツ

韻を踏んでいる英語の歌詞を例にして、英語で「韻を踏む」コツを紹介します。

If you give me just one night.
You’re gonna see me in a new light.
To meet you underneath the moonlight.

John Mayerの楽曲「New Light」の一節です。「night」「light」「moonlight」とわかりやすい韻を踏んでいて、響きのよいリズムになっています。日本語では「母韻」の響きをそろえた言葉で韻を踏みますが、英語では「母韻」と「子韻」の響きをそろえ、「韻」だとわかるくらい短い言葉を紡ぐことがコツです

まとめ

韻を踏んだ言葉は、大好きな曲の歌詞に潜んでいたり、日々見ているコマーシャルの中に潜んでいたり、ふと目にするスローガンだったり……意外にも日常生活の中に溶け込み、印象的なリズムを放ちながら私たちに語りかけています。耳に残るフレーズは印象的で、無意識に頭の中で繰り返されることもしばしばです

身近な言葉の中で「韻」を見つけ、言葉あそびを楽しんでみるのはいかがでしょうか?ぜひ、お気に入りの韻を踏んだ言葉を見つけてみてください。

韻を踏む

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる