プライマリーの意味とは?ビジネスや医療での例文や英語・反対語も解説

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    医療現場やビジネスシーンで使用される「プライマリー」には2つの意味があり、場面によって意味が異なります。そこで今回は、プライマリーの意味や由来・使いかを徹底解析。ビジネス・医療シーンにおける「プライマリー」の言語表現を詳しく紹介します。

    目次

    「プライマリー」の意味は?

    「プライマリー」の意味は?

    「プライマリー」には、大きく分けて2つの意味があります。どちらも似たような意味を表しますが、2つの意味を把握することで、文章や会話を深く理解できます。

    基本的な・初歩的な・最初の・一番目の

    「プライマリー」の1つ目の意味は「基本的な・初歩的な・最初の・一番の」です。例えば、小学校・初等学校は英語で「プライマリースクール」というように、いくつかの選択肢がある中から最初に選ばれるものを表すときに使用されます。IT業界でもプライマリーが使用され、「1つ目の・最初の・第一の」といった意味を表します。

    主要な・主な

    2つ目に「主要な・主な」という意味があります。例えば、「プライマリーサーバー」は、「メインの・主要な」サーバーを意味します。このときの「プライマリー」はカタカナ語として使用されることがほとんどです。どちらの意味で使用されているかを判断する際の重要なポイントになります。

    参照:Weblio辞書「プライマリー」

    「プライマリー」の由来・語源は英語の「primary」

    「プライマリー」の由来・語源は英語の「primary」

    「プライマリー」の語源は、英単語である「primary」から由来しています。「primary」には、「初期の・最初の・原始的な」と「主な・主要な・基本の・根本の」という意味があります。いくつか選択肢がある中で「最初に選ばれるもの」や「主に選ばれるもの」を表す場合に使用され、日本語と同様の意味を表す英単語です。

    例文

    ・primary education:初等教育
    ・primary business:主な事業

    「プライマリー」の対義語は?

    「プライマリー」の対義語は?

    「プライマリー」の対義語には、「セカンダリー」が主に使用されています。では詳しく見ていきましょう。

    セカンダリー・ターシャリー・クォータリー

    「プライマリー」の対義語としてよく使用される言葉が「セカンダリ―(secondary)」です。「セカンダリ―」は「2番目の・予備の・予備的な」という意味があり、「プライマリー」とセットで使用することがほとんどです。

    他にも、「3番目」を意味する「ターシャリー(teriary)」、「4番目」を意味する「クォータリー(quaternary)」などがあります。IT業界では、語尾の「ry」の発音を「リー」ではなく「リ」と省略して表記する場合がほとんどですが、同様の意味を表します。

    ビジネスでの「プライマリー」と「セカンダリー」

    ビジネス、特にIT業界において「プライマリー」は、ほとんどの場合「セカンダリ―」とセットで使われます。1つしかないものに対して「1番目の、1つ目の」とは言わないため、「プライマリー」を使用するときは、必然的に「2番目」もあるのです。そのため、「プライマリー」と「セカンダリ―」はセットで覚えてくようにしましょう。

    例文

    ・発行市場とはセカンダリーマーケットではなく、プライマリーマーケットのことである。
    ・プライマリーシステムとセカンダリ―システムは基本的な構造は同じだ。

    「プライマリー」の使い方と例文

    「プライマリー」の使い方と例文

    「プライマリー」はどのように使われるのか?「プライマリー」の使い方について詳しく解説します。

    「最初の・1番目の」の意味の「プライマリー」

    「最初の・1番目の・初等の」を意味する「プライマリー」は、英語で名詞として扱われることが多いです。例えば「プライマリースクール」は英国では小学校を意味し、「最初の・一番の」というニュアンスで用いられます。他にも「プライマリーコイル」「プライマリーキャッシュ」の「プライマリー」は「一次」を意味しどちらも名詞です。

    例文

    ・友人の子供は、イギリスのプライマリースクールに通っている。
    ・昨日、新しいプライマリーコイルを取り付けた。

    「主要な・主な」の意味の「プライマリー」

    「主要な・主な」を意味する「プライマリー」は、形容詞であることがほとんどです。もともと「プライマリー」は形容詞であり、「プライマリーマーケット(主要市場)」や「プライマリーカラー(基本の色・三原色)」のように、名詞を修飾する役割をもっています。

    例文

    ・プライマリーカラーを使用してホームページのデザインを考えた
    ・紹介したいほどおすすめのプライマリーサロンがある

    ビジネスにおける「プライマリー」の言語表現

    ビジネスにおける「プライマリー」の言語表現

    「プライマリー」には、さまざまな言語表現があります。その中でも以下では、ビジネスシーンで利用される「プライマリー」の言語表現を紹介します

    プライマリーバランス

    「プライマリーバランス」とは、「国や自治体などの基礎的財政収支」のことをいいます。一般会計において、総裁入額から国債発行等(借金)を引いた額と、総歳出から国債費等を引いた額のバランスを表したものです。
    「プライマリーバランス」がプラス(黒字):国債発行に頼らず、国民の税負担のみで国民生活に必要な費用がまかなえている状態
    「プライマリーバランス」がマイナス(赤字):国債発行に頼らないと支出がまかなえない状態
    近年の日本では、プライマリーバランスがマイナス(赤字)の状態が続いています。

    例文

    ・政府は、2029年にプライマリーバランスがプラスになると見込んでいる。
    ・今年もプライマリーバランスの目標値を達成する。

    プライマリーデータ

    「プライマリーデータ」とは、自分たちで独自に調査したデータをのことをいいます。「独自データ・自社データ」ともいい、独自・自社で調査・収集した他にはないデータです。一方で、他の機関などによってすでに公表されている統計データや調査データを「セカンダリーデータ」といいます。

    例文

    プライマリーデータを元に、新商品を開発する。
    プライマリーデータを収集する際には、どのようなデータを知りたいかを明確にすることが大切です。

    プライマリーディーラー

    「プライマリーディーラー」とは、正式に「国債市場特別参加者」といいます。政府から直接証券を購入できる会社のことで、購入した証券を他人に販売することで証券の販売代理店として役割を果たします

    「プライマリーディーラー」は、主に銀行や証券会社や生命保険会社であり、流動性が低い特定銘柄への追加入札や他の買い手が参加できない非競争入札、国債市場について話し合う「国債市場特別参加者会合」に出席することが可能。一方で、販売代理店であるからには、最低限の仕入れが必要で、「すべての国債の入札において、発行予定額の4%以上に相当する額を応札する」ことが義務付けられています。

    例文

    ・先月、A証券会社がプライマリーディーラーを離脱したというニュースが飛び込んできた。
    ・次の会合で、プライマリーディーラーと財務省との議論が行われる。

    医療における「プライマリー」の言語表現

    医療における「プライマリー」の言語表現

    「プライマリー」はビジネスのみならず、医療業界でもよく使用される言葉です。以下では、医療業界における「プライマリー」の言語表現を紹介します。

    プライマリーケアドクター

    「プライマリケアドクター」とは、一般診療を行うドクターのことをいいます。「プライマリーケアドクター」は、小児科・内科・産婦人科・家庭医学科と、幅広い研修を受けており、プライマリードクターが専門医の診療が必要だと判断した際に、専門医を紹介するという仕組みになっています。

    例文

    ・プライマリーケアドクターは、医療システムへの入り口である。
    ・この病院のプライマリーケアドクターは、優しい人で安心できた。

    プライマシーナーシング

    「プライマリーナーシング」とは、「主治看護師制」のことで、多くの医療機関で採用されている一般的な看護方式です。入院から退院まで、一人の患者を一人の看護師が一貫して担当し、看護計画の立案や評価を行います。専門性を発揮して主体的に動けるため、看護師にとってやりがいのある看護方式です。

    プライマリーケア

    「プライマリーケア」とは、一般診療のことをいいます。一般診療とは、内科・小児科・家庭医学科・産婦人科の総称で、大きな病院で行われる専門的な診療とは異なり、身近な医者が、患者のあらゆる不調を対処する幅広い診療のことです。
    「プライマリーケア」を行う医者を「プライマリーケアドクター」といいます。

    例文

    ・患者が最初に行う診療はプライマリーケアである。
    ・プライマリーケアを施した後、専門医の診療が必要だと判断した。

    プライマリーヘルスケア

    「プライマリーヘルスケア」とは、健康であることを基本的人権として、すべての人々が健康でいられるよう、地域住民が主体的かつ平等にアプローチしていく活動をいいます。全ての人の健康を達成する過程においては、住民の主体的性や自己決定権が保障され、科学的根拠に基づいて住民自らの力で総合的解決を行う保健活動です。体の不調に対して単に病名を与えるのではなく、その原因となっている心・社会・地域の健康の解決に取り組みます。「プライマリー」が最初・初等・一次を意味することから、まさに地域における第一段階的な保健活動として使用される言葉です。

    例文

    ・発展途上国において、プライマリーヘルスケアは重要である。
    ・コロナ禍こそプライマリーヘルスケアのアプローチが必要だ。

    まとめ

    ビジネスや医療の分野でよく使用されている「プライマリー」。ビジネス分野では、特にIT業界や金融業界においてよく使用され、いずれも2つの意味合いがあり、「1つ目の物事・主要な物事」を表す言葉です。2番目・予備を意味する「セカンダリ」とセットで使用されることが多く、プライマリーとあわせて覚えておくことをおすすめします。プライマリーの意味や使い方はもちろん、言語表現もあわせて覚え、文章や相手の話す内容への理解を深めましょう。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる