「どおりで」の意味とは?「どうりで」との違いや類語・英語・中国語・韓国語も紹介

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「どおりで」の意味を知っていますか?実は「どおりで」と「どうりで」にはしっかりとした違いがあり、多くの人が混同してしまっているのです。ここでは「どおりで」の意味や類語、英語、中国語、韓国語を紹介します。

    目次

    「どおりで」の意味とは?

    「どおりで」の意味とは?

    「どおりで」とは「同じように」という意味です。「どおりで」は単体では意味をなさず、接尾語としてなんらかの単語の後ろにつくことで意味をなします。たとえば、「予想どおりで」「いつもどおりで」「従来どおりで」などのように使います。

    「どおりで」の漢字の書き方

    「どおりで」の漢字の書き方

    「どおりで」は漢字で「通りで」と表記します。「通り」にはたくさんの意味がありますが、「同じ状態・方法であること」という意味ももっていることによって、「通りで」と書かれるのです。

    「どおりで」の類義語・言い換え

    「どおりで」の類義語・言い換え

    ここでは「どおりで」の類義語・言い換えについて紹介します。「どおりで」はシチュエーションによっては言い換えるべき単語です。よって、類義語・言い換えを知らないままにしているといざというときに焦ってしまいます。ビジネスマンとしてはぜひ頭に入れておきたい言葉ですので、しっかりと覚えておきましょう。

    「どおりで」の類義語1「と同じように」

    「どおりで」の類義語1つ目は「と同じように」です。「同じ」は「同様であるさま」「区別がないさま」を表現しており、「ように」は「比較して同じものであること」を指し示しています。

    例文:昔と同じように私たちは河川敷で花火をした。

    「どおりで」の類義語2「変わらないまま」

    「どおりで」の類義語2つ目は「変わらないまま」です。「変わらない」は「ある時点から変化がない」ことを表現しており、「まま」は「ある状態や動作が保たれている状態」を表しています。

    例文:あなたはどうか変わらないままでいてください。

    「どおりで」の類義語3「そのままで」

    「どおりで」の類義語3つ目は「そのままで」です。「そのまま」とは「ある状態のままで変化がないこと」を指しています。

    例文:以前とそのままで山頂には売店があった。

    「どおりで」と「どうりで」の違い

    「どおりで」と「どうりで」の違い

    「どおりで」に似た言葉に「どうりで」があります。音が非常に似ているため混同されがちなのですが、「どうりで」は「どおりで」とはまったく違う意味をもった言葉です。ここでは「どおりで」と「どうりで」の違いを解説します。正しく「どうりで」を知ることで、適切に「どおりで」と使い分けができるようになりましょう。

    「どうりで」の意味

    「どうりで」は「ある事象について思い当たることがある様子」「そうなることがわかっていた様子」を意味する言葉です。「どうりで〇〇だと思った」「どうりで〇〇なわけだ」などといって、「そうなることはわかっていた」「そうなる原因はわかっていた」という意味を表現します。

    「どうりで」の漢字の書き方

    「どうりで」は漢字で「道理で」と書きます。「道理」とは「ものごとの正しい道筋」「筋が通っていること」などを意味する言葉。単体では「商売の道理」など「〇〇の道理」といった使い方をされます。

    「どおりで」と「どうりで」の違い

    「どおりで」と「どうりで」の違いは前述のように「意味」にあります。具体的には「どおりで」が「変わらない様子」を指し示すのに対して、「どうりで」は「そうなることがわかっていた様子」を指すのです。音が非常に似ていることと、どちらも間違った表現ではないことから混同されて使われがちですので、特にメールなどで文字にするときには誤った使い方をしないように注意しましょう。

    「どうりで」での例文

    「どうりで」を使った例文は以下のとおりです。

    ・すぐに壊れてしまった。どうりで安いわけだ。
    ・窓が開いているじゃないか。どうりで寒いわけだ。
    ・こんなことに金を使っているのか?どうりで金がないわけだ。
    ・裏で賄賂を渡しているだって?どうりでおかしいと思った。
    ・彼は今日熱があるらしいよ。どうりで顔色が悪いと思った。

    「どおりで」の使い方と例文集

    「どおりで」の使い方と例文集

    「どおりで」の意味や「どうりで」との違いを知っていても、実際に使えなければ意味がありません。ここでは「どおりで」の使い方、注意点、例文を紹介します。「どおりで」を間違ったまま使っていると社会人としてとても恥ずかしいことになります。間違えを誰かに指摘される前に、しっかりと「どおりで」の使い方を身につけておきましょう。

    「どおりで」の使い方1「〇〇どおりで」

    「どおりで」の使い方1つ目は「〇〇どおりで」です。「〇〇どおりで」と表現することによって、「〇〇と同じように」という意味を表せます。「どうりで」と混同してしまうので、「通りで」と漢字で表記したほうがわかりやすいです。

    「どおりで」の使い方2「〇〇とおりで」

    「どおりで」の使い方2つ目は「〇〇とおりで」です。「〇〇とおりで」と表現しても「〇〇どおりで」と意味も漢字表記も変わりません。「とおり」と濁らずに発音することは珍しく、「とおりで」と発音する表現には「そのとおりで」などが挙げられます。

    「どおりで」の使い方3「〇〇どおりに」

    「どおりで」の使い方3つ目は「〇〇どおりに」です。「〇〇どおりに」としても意味は変わらず「〇〇と同じように」という意味です。「〇〇どおりに〇〇する」の形をとることがほとんどです。

    「どおりで」を使用するときの注意点

    「どおりで」を使うときには「間違って表記しない」ことに注意しましょう。話し言葉として「どおりで」を使っているときには「どうりで」と間違ったとしても音が似ているため問題はありません。しかし、メールや文書などで「どおりで」を使うときに「どうりで」と間違ってしまうと、内容を誤認されやすくなります。漢字で表記するか、漢字でどう書くのかを思い出すとミスをなくせますので、注意しておきましょう。

    「どおりで」の例文

    「どおりで」を使う例文は以下のとおりです。

    ・予想どおりで今日の夕食はハンバーグだった。
    ・彼のテクニックは噂どおりのものですね。
    ・今日は朝寝坊をしてしまったが、いつも通りに朝食を食べた。
    ・従来通りのやり方ではこの先はやっていけないと思います。
    ・マニュアル通りにやっていけばすべてがうまくいきます。

    「どおりで」を他の言語でいうと?

    「どおりで」を他の言語でいうと?

    「どおりで」をほかの言語で表現できますか?グローバル化が進んでいる現代においては英語を始め、さまざまな言語で最低限の会話をすることが求められます。ここではほかの言語での「どおりで」の表現方法を紹介。頭に入れておくことによって、海外のクライアント対応もできるようになります。「どおりで」のほかの言語でのいいかたを覚えて、ワンランク上のビジネスマンになりませんか?

    「どおりで」の英語表現

    「どおりで」を英語で表現するときには「as」を使います。たとえば、「as the rumors say」で「噂どおりで」などと表現します。

    例文1:As expected, it was sunny today.(予想どおりで今日は晴れた。)
    例文2:As the rumors say, he’s a great player.(噂どおりで彼はいいプレイヤーだ。)
    例文3:As usual, I had curry for lunch.(いつも通り、昼食にはカレーを食べた。)
    例文4:I arrived at the station at 10:00 as promised.(約束どおり10時に駅に到着した。)
    例文5:I hit a home run today, as I declared.(宣言どおり私は今日ホームランをうった。)

    「どおりで」の中国語表現

    「どおりで」を中国語で表現するときには「按照」を使います。たとえば、「按照谣传(噂どおり)」「按照预想(予想どおり)」などと表現します。

    例文1:他按照谣传是好的人(彼は噂通りいい人だ。)
    例文2:我要按照规定办事(私はルールどおりに従った。)

    「どおりで」の韓国語表現

    「どおりで」を韓国語で表現するときには「대로」を使います。たとえば、「예상대로(噂どおり)」「예상대로(予想どおり)」などと表現します。

    例文1:그녀는 소문대로 좋은 사람이다(噂どおり彼女はいい人だ。)
    例文2:예상대로 오늘의 저녁 식사는 카레이다(予想どおり今夜はカレーだ。)

    まとめ

    「どおりで」は「同じように」という意味です。似ている言葉に「どおりで」がありますが、どちらも正しい表現であり、まったく意味の違う言葉。メールなどの文章にするときに間違って使ってしまうとミスが非常に目立つので、気をつけて使うようにしましょう。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる