「トピック」の意味や使い方とは?類語・英語表現を例文解説!「トピックス」についても

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「トピック」の意味を知っていますか?たくさんの広い意味で使われている言葉ですが、理解していない人もしばしば。ここでは「トピック」の意味や使い方、「トピックス」との違い、類語・英語について解説します。しっかり覚えておきましょう。

    目次

    「トピック」の意味とは?

    「トピック」の意味とは?

    「トピック」の意味を知っていますか?似ている言葉に「トピックス」もあります。ここでは「トピック」と「トピックス」の意味について解説。ビジネスシーンにおいて多用される言葉ですので、意味を間違っていると恥ずかしいことになるかもしれません。「トピック」は社会人として確実に押さえておきたい言葉です。

    「トピック」の意味

    「トピック」は「論題」「話題になる事柄」「話題」などを意味する言葉です。テレビ番組やニュースでもよく使われる言葉で、さまざまな分野において使われています。会社でも使うことが多い言葉ですので、「トピック」の意味は覚えておきましょう。

    「トピックス」の意味

    「トピックス」とは「トピック」の複数形を意味するものです。しかしながら、日本では厳密に区別されておらず、ほとんどの場合において「トピック」と同じ意味を表します。

    「トピック」の由来・語源

    「トピック」の由来・語源

    「トピック」の由来・語源は古代ギリシャ語にあります。古代ギリシャ語を語源としたラテン語に「topica」というものがあり、それが「topic」として英語に入ってきました。その英語をカタカナにしてそのまま日本語に取り入れたものが「トピック」。このように英語の発音をそのままカタカナにして日本語に取り入れるケースはたくさんあります。

    「トピック」の類義語・言い換え

    「トピック」の類義語・言い換え

    ここでは「トピック」の類義語・言い換えを紹介します。「トピック」は英語からきている言葉なので、なかには使うことを好まないひとや意味を理解していないひともいるかもしれません。しかし、「トピック」の類義語・言い換えを頭に入れておけば問題なし。社会人としてさまざまな状況に対応するためにも「トピック」の類義語・言い換えは覚えておきましょう。

    「トピック」の類義語1「主題」

    「トピック」の類義語1つ目は「主題」です。「主題」とは「中心となる題目」「芸術作品における核となる思想内容」という意味があります。主に会議などにおいて「トピック」と言い換えて使われます。

    例文:この作品の主題は母から子への強い愛情です。

    「トピック」の類義語2「題目」

    「トピック」の類義語2つ目は「題目」です。「題目」とは「作品などにおける標題」「研究などで問題に取り上げる事柄」のことを指します。また仏教用語として日蓮宗で唱える「南無妙法蓮華経」のことを指したり、「お題目」の形をとって「口先だけで実際には行動しないこと」を指したりするのです。

    例文:同じ題目でもその作品を手がけるひとによって大きな違いが生まれる。

    「トピック」の類義語3「話題」

    「トピック」の類義語3つ目は「話題」です。「話題」は「文章や会話などの中心的な材料」「話のネタ」という意味。多くは日常会話や情報番組などで使われます。

    例文:その頃の学生の話題といえば「恋愛」のほかになかった。

    「トピック」の類義語4「テーマ」

    「トピック」の類義語4つ目は「テーマ」です。「テーマ」とは「行動や創作などの根底にある考え」のことを指しています。ビジネスシーンにおいては会議などでよく使われる言葉です。

    例文:本日の会議のテーマは我が社の商品開発におけるコスト削減についてです。

    「トピック」の類義語5「サブジェクト」

    「トピック」の類義語5つ目は「サブジェクト」です。「サブジェクト」は「主題」「題目」「主意」を意味する言葉。また、メールにおける「表題」を表すものともされます。英単語である「subject」をそのままカタカナにして日本語に取り入れたもので、これは「トピック」と同じです。

    例文:本作品のサブジェクトは「絶望」です。

    「トピック」の使い方と例文集

    「トピック」の使い方と例文集

    「トピック」の意味や類義語を知っていても、実際に使えなければ何の意味もありません。ここでは「トピック」の具体的な使い方、注意点、例文を紹介。「トピック」の使い方をマスターすると、ビジネスの場において活躍できます。正しく覚えて、実生活に活用しましょう。

    「トピック」の使い方

    「トピック」は「話題」「話のタネ」「論題」という意味でビジネスシーンでよく使われます。日常会話から情報番組、重要なビジネスシーンにまでさまざまな分野で使われる言葉です。「トピック」を使えるタイミングを知っておけば、あらゆる状況で役に立ちます。

    「トピック」を使用するときの注意点

    「トピック」を使う際には「使う相手と状況」に注意しましょう。なぜなら、英語を語源としている言葉なので使用を好まないひとや、なかには意味を理解していないひとがいるかもしれないから。「トピック」を使ってはいけない場面だと判断したならば、ほかの言い換え表現を使うことをおすすめします。

    「トピック」の例文

    「トピック」を使った例文は以下のとおりです。

    ・今回の会議のトピックは社会業務の外注化に関してです。
    ・この映画のトピックは昨今問題になっている地球温暖化だ。
    ・私は毎朝スマホで気になるトピックをチェックしている。
    ・雑誌に取り上げられるトピックはいつでも時代の最先端だ。
    ・本討論会のトピック は女性専用車両についてです。

    「トピック」を英語でいうと?

    「トピック」を英語でいうと?

    「トピック」を英語でいうと「topic」となります。類義語として前述した「テーマ」や「主題」は「theme」「subject」などと違う英語をとるので注意しましょう。

    例文1:The topic of this meeting is global warming.(本会議の話題は地球温暖化です。)
    例文2:The theme of this work is “love”.(この作品の主題は「愛」だ。)
    例文3:Please don’t go off subject.(話の主題から逸れるのはやめてください。)

    ほかの「トピック」の使われ方

    ほかの「トピック」の使われ方

    ほかの「トピック」を含む言葉の意味を知っていますか?ここでは「トピック」を含むほかの言葉を紹介します。「トピック」は広い分野で使われる意味をしているため、たくさんの分野における大事なものの名前につくことが多いです。「トピック」が含まれているほかの言葉を知っているだけで、社会人としてのレベルが上がりますよ。

    「TOPIX(トピックス)」とは?

    「TOPIX(トピックス)」とは「Tokyo Stock Price Index」の略で、「毎日の時価総額を指数化したもの」です。市場の景気を測る指標として使われていて、東証一部上場のすべての日本企業を対象としており、昭和43年(1968)1月4日の時価総額を基準としています。「株価」に関する言葉ですので、ビジネスマンとしてはぜひ覚えておきたい言葉のひとつです。

    「TOPIK(トピック)」とは?

    「TOPIK(トピック)」とは「韓国語能力試験」のこと。大韓民国政府(教育省)が認定・実施する唯一の韓国語(ハングル)試験。国語(ハングル)の普及、留学・就職などへの活用を目的として、世界70カ国以上で実施されています。近年の韓国ブームによって、よく名前を聞くようになりましたが「話題」を意味する「トピック」とは関係ありませんので、注意しましょう。

    「トピックセンテンス」とは?

    「トピックセンテンス」とは「英語のライティングにおいてパラグラフの最初に書くべきもの」です。役割は違いますが、英語の「段落」に相当する「パラグラフ」には書き方のルールが決まっています。そのルールにおいて最初に書くべきとされているのが「トピックセンテンス」。具体的にはパラグラフの最初に「このパラグラフではこのような主張をします」と結論を書くものです。

    「トピックモデル」とは?

    「トピックモデル」とは現在研究が進んでいる「テキストマイニングの手法」のこと。具体的には「文書内の各単語がトピック固有の確率分布にしたがって出現する」と想定したうえで、「そのトピックが何か」「どのトピックと関連性があるか」を解析するのです。記事のレコメンド、流行の把握、翻訳の精度向上などに貢献します。

    まとめ

    「トピック」とは「話題」「主題」などの意味がある言葉で、ビジネスシーンにおいてもよく使われます。しかしながら、横文字を使うことを嫌うひともなかにはいるので、使うときには注意が必要です。また「トピック」は「トピックス」などの形を取りながらさまざまな分野において使われます。何を意味している「トピック」なのかを意識しながら使いましょう。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる