「ハレーション」の意味とは?類語・例文を解説!「halation」との違いも

ハレーション
目次

「ハレーション」の意味とは?

「ハレーション」の意味とは?

「ハレーション」は使用する場面によって意味が異なる単語です。

もともとは、カメラ用語としてよく使用されていたのですが、現代では別の意味として使われるケースも多いでしょう。

この項目では、「ハレーション」が持つ意味をひとつずつ解説していきます。

英単語としての意味

「ハレーション」を英語表記すると「halation」です。
英単語としての意味は「強い光が当たるのが原因で起こる白いぼやけ」です。
名詞として使用し、のちほど解説するカメラ用語の意味と同じであると捉えてよいでしょう。

ビジネス用語としての意味

ビジネス用語では「大きな衝撃を起こす」を意味します。
とくに、この影響は悪い意味で捉えるケースが多く「周囲に悪い影響を与える」と考えるのが適切でしょう。

カメラ・色彩用語としての意味

「ハレーション」が日本で使われるようになったのは、カメラ用語である「ハレーション」がきっかけです。カメラレンズに太陽光が入り込み、画面の一部分だけが白くぼやける現象を示します。

また、ここからつながって、色彩用語としても「ハレーション」は使用されており、目がチカチカするほどの不快感を発生させる「彩度の高い色の組み合わせ」を指します。

したがって、デザインの世界では「ハレーション」を避けるべきとされているのです。

美容用語としての意味

美容業界でも、この単語は使われています。とくに美容師が使用しており、パーマをしたあとに髪の毛がチリチリになる状態を「ハレーション」と呼んでいるのです。

パーマは強い熱を髪の毛に与えて形状を変化させる施術ですので、パーマする人の髪質によっては、「ハレーション」も十分起こりうるでしょう。

医療用語としての意味

最後に、医療用語での意味です。こちらは、カメラ用語にも似ていますが、「CT写真などの撮影をする際に、体内に含まれていた金属が反射してしまい、写真が鮮明に写らない」を意味します。体内に含まれる金属とは、ボルトやインプラント・銀歯のことです。

医療用語としては、頭部や脳の写真を撮影する歯科業界で使用されるケースが多いでしょう。

「ハレーション」の類義語・言い換え

「ハレーション」の類義語・言い換え

「ハレーション」とカタカナ語で聞くと聞き慣れないかもしれませんが、日本語の類義語や言い換えを聞けばイメージも湧きやすいです。この記事では、代表的な3つの類義語を紹介します。

光暈

光暈は「こううん」と読みます。意味は「物事の状態がはっきりしなくなってしまうこと」です。

つまり、「写真を見て光暈が生じている」といえば、「ハレーションが起きている」と同義語ですね。

あやふや

「あやふや」も、光暈と同様に「物事の様子がはっきりしなくなる状態」を示しています。

カメラ業界で使用する「ハレーション」と近い意味ではあるものの、「あやふや」は抽象的な場面でも使用されるため、「ハレーション」よりも使う機会は多いでしょう。人に対しても「あなたの話している内容はあやふやだ」と指摘することもありますよね。

悪影響

そして、「悪影響」はビジネスで使用するときの「ハレーション」を言い換えた言葉です。悪影響は「周囲に悪い力を及ぼす」ですよね。

「ハレーション」も悪い意味として使われるため「悪影響」と言い換えが可能な場面では、使ってもよいでしょう。

「ハレーション」と「halation」の使い分けは?

「ハレーション」と「halation」の使い分けは?

「ハレーション」には多くの意味がある一方、「halation」は基本的にひとつの意味で使用されています。

では、実際に「ハレーション」と「halation」を使うときには、どうやって使い分けをすればよいのでしょうか。それぞれの表記を使う場面で解説していきます。

「ハレーション」を使う場面

まずは、「ハレーション」を使う場面の例です。

・職場での会議
・美容室でのパーマ時

ビジネス場面と美容師が使うカタカナ表記は、日本国内で独自に使用される単語のため、海外で「halation」と話しても伝わらない可能性があるでしょう。

カメラ・色彩・医療用語で「ハレーション」を使いたいのであれば、もちろん使っても問題はありません。迷ったときは、幅広い意味で使用が可能なカタカナ語を使いましょう。

「halation」を使う場面

一方「halation」を使用する場面は、限られています。たとえば以下の場面で使用されると考えられるでしょう。

・カメラで撮影した写真をチェックするとき
・デザイナーのデザインチェック時
・歯科医院(病院)でのレントゲン撮影時

英単語での「halation」はあくまでも「光が入ってぼやける現象」がベースになっています。そのため、それに関わる場面でないと「halation」と書いても伝わらないかもしれません。

したがって、ビジネス場面や美容用語として、この単語を使う際にはカタカナ語にするか別の英単語をえらびましょう。

「ハレーション」の使い方と例文集

「ハレーション」の使い方と例文集

では、ここからは「ハレーション」と英単語の「halation」を実際に使用するときの例文を見ていきましょう。

カタカナ語で使用する「ハレーション」には多くの意味があるため、ここでは「悪影響」を示すビジネス用語の例を取り上げます。会話形式でいくつか紹介します。

ビジネス場面での使い方

ビジネス場面での会話3つです。

(例1)
上司A:さっきのB君の言い方は、良くないと思うぞ。あれではチーム内に「ハレーション」を引き起こしかねない。
部下B:申し訳ありません。

(例2)
営業担当者C:取引先から○○に不良品が多いとクレームが入り、注文をキャンセルしたいと申し出がありました。
商品開発担当者D:このままだと「ハレーション」が生じるかもしれない。他の取引先にも早く良品を持ってお詫びにいかなくては。

(例3)
E:この資料、最終チェックしていたら重要な数値が間違っていたよ。ただでさえ業績悪化の対策会議で悪い数値報告だったのに、危ないところだった。
同僚F:見直してよかったね。明日の会議でそのまま出していたら、ますます「ハレーション」が大きい状態になっていたかも。

ビジネス場面では、ひとつのミスが大きな影響を生む場合に使用されるケースが多いですね。

英語表現での使い方

次に英語表記である「halation」を含んだ会話を紹介します。

(例1)
カメラマンA:This photo is blurred by a halation.
この写真、「ハレーション」でぼやけていますよ。
カメラマンB:Where is it?
どこですか?

(例2)
C:That angle looks like it would let in some light.
そのアングルだと光が入りそう。
友人D:I use a lens that prevents halation light, so it’s not a problem.
「ハレーション光」を防ぐレンズを使っているから、問題ないよ。

(例3)
医療機器メーカーE:We propose electronic endoscopes equipped with an automatic dimming function to prevent halation.
「ハレーション」を防ぐために、自動調光機能を搭載した電子内視鏡を提案しています。
顧客F:That’s a feature we’d love to see included.
それはぜひとも搭載してほしい機能ですね。

「halation」はカメラ業界や医療場面での使用機会が多いため、写真に光が入ってしまったときに活用するのがよいですね。

「ハレーション」が生じるときの具体例

「ハレーション」が生じるときの具体例

最後に「ハレーション」が生じるときの具体例をもう少し詳しく見てみましょう。この記事では、カメラ・デザイン・ビジネス業界に絞って紹介します。

カメラ業界での具体例

カメラ業界では「ハレーション」に加えて、「ハレーション」と似ている現象の「フレア」に注意しながら写真を撮影します。

「ハレーション」は、カメラレンズに直接太陽光が入り、光がそのまま写真に反映されてしまう現象です。写真には、白っぽいぼやけが部分的に発生します。

一方で「フレア」は、同じ光でもレンズやカメラ本体に反射することで発生する余分な光を指し、写真は全体的に白っぽく、ふんわりとした印象となるでしょう。

通常は「ハレーション」「フレア」を発生させないように、アングルを調整したり、レンズの前に紙をかざして光が入らないようにしたりします。しかし、写真のシャープさを軽減したいときや、ソフトな雰囲気にしたいときには、あえて「ハレーション」や「フレア」を取り入れるケースもあるのです。

デザイン業界での具体例

デザイン業界では、明度差が少なく彩度が高い色同士を組み合わせることを「ハレーション」と呼び、デザインを設計する際にはなるべく避けるべきといわれています。

また、色彩用語の「ハレーション」であれば、「リープマン効果」と言い換えも可能です。

「ハレーション」を生じさせる色の組み合わせとしては、「同じ明るさの赤と青」をイメージするとわかりやすいでしょう。パッと見たときのインパクトは強いものの、ずっと見ていると目がチカチカしてきますし、伝えたい情報もわかりにくくなります。

「ハレーション」を抑えたいときには、使用する色に明度差をつけたり、色の間に明度差のある別の色で境界線を作ったりして対策するとよいでしょう。

ビジネス業界での具体例

ビジネス業界では、例文でも見たように、ミスが発生したときや周囲にも迷惑をかけるほどの影響が生まれたときに「ハレーション」を使用します。

小さなミスが社内を揺るがすほどの大きな問題に発展したり、チーム内の空気を悪くしたりなど、「ハレーション」を引き起こす要因は日常に潜んでいるのです。

ただし、人によっては「ハレーション」を「悪影響」ではなく、「大きな影響」と捉えるケースもあります。ビジネス場面では悪い意味で使用される可能性が高いものの、違う意味で使用する人もまれにいますので、文脈から聞き分けて判断しましょう。

まとめ

「ハレーション」は幅広い意味のある単語です。使用する業界によって全く意味が異なりますので、うまく使い分けをしていくことが重要ですね。とくにビジネス場面では、どの人にも「ハレーション」を引き起こす可能性がありますので、ミスを発生させないよう緊張感を持って日々の業務に励みましょう。

ハレーション

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる