「リマインダー」の意味とは?使い方と類語・英語もわかりやすく例文解説

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「リマインダー」は、今やビジネスシーンに必須の機能です。「リマインダー」の意味や言葉の使い方、類語や英語表現を例文付きでわかりやすく解説します。また、「リマインダー」の機能についてもかんたんに紹介しましょう。

    目次

    「リマインダー」の意味とは?

    「リマインダー」の意味とは?

    「リマインダー」の意味は、2つあります。もともとの意味と、そこから派生した意味の2つです。どんな意味なのか見ていきましょう。

    「リマインダー」の意味(1)思い出させる「こと」や「もの」

    「リマインダー」のもともとの意味は、思い出させる「こと」や「もの」です。たとえば思い出の品や形見、記念品などのことを指していいます。

    「リマインダー」の意味(2)備忘のためのソフトウエアの機能

    「リマインダー」は、現代ではこの2番目の意味のほうが広く認知されています。たとえば、あらかじめ自分が設定した時間にスマートフォンのメールやアラームなどで通知して、スケジュールやタスクを忘れないようにする機能のことです。パスワードリマインダーと呼ばれるものもあります。これは、パスワードを忘れてしまった際に自分で登録した「秘密の質問」の答えを入力すると、ユーザー確認をしてパスワードのヒントをくれる機能です。

    「リマインダー」の語源と「リマインド」との違い

    「リマインダー」の語源と「リマインド」との違い

    「リマインダー」のそもそもの語源や、「リマインダー」と「リマインド」の違いを紹介します。「リマインダー」と「リマインド」は混同して使われることが多いので、違いを覚えておきましょう。

    「リマインダー」の語源は「reminder」

    「リマインダー」の語源は、英語の名詞「reminder」です。「reminder」の意味は、「リマインダー」と同様に思い出の品や形見、記念品の意味のほか、催促や暗示、合図、注意など記憶を助ける工夫という意味もあります。また、催促状や注意書などの書類を指していうこともあります。

    「リマインダー」と「リマインド」の違いは?

    「リマインダー」と「リマインド」の違いは、「リマインダー」が名詞、「リマインド」が動詞であることです。品詞が違うと、使い方が違ってきます。「リマインド」は、思い出させる、思い起こさせる、気づかせるという意味で使われます。

    「リマインダー」の使い方・例文

    「リマインダー」の使い方・例文

    「リマインダー」は、ビジネスシーンで以前から非常によく使われている機能です。しかし、「リマインダー」という言葉自体は比較的新しいので、まだビジネスパーソン全体にしっかり浸透しているとはいえません。また、「リマインダー」と「リマインド」を混同しているビジネスパーソンも見受けられます。「リマインダー」の正しい使い方を解説し、例文を紹介しましょう。

    「リマインダー」の使い方

    「リマインダー」は名詞なので、いわゆる「てにをは」の助詞を付けて使います。使うのは、主にスケジュール管理をするシーンです。「てにをは」を付けると、次のような文章になります。
    ・「リマインダー」で確認する
    ・「リマインダー」に予定を入れる
    ・「リマインダー」を設定する
    ・「リマインダー」は便利だ

    「リマインダー」と「リマインド」の例文

    「リマインダー」と「リマインド」は同じ言葉の名詞と動詞なので、多少間違った使い方をしても意味は伝わります。しかし、取引先へのプレゼンテーションや他社の社員も加わった会議などフォーマルなビジネスシーンでは、言葉遣いの間違いから信用を落とす可能性もないとはいえません。以下の例文を参考に、正しい使い方を覚えておきましょう。

    【例文】(リマインダー)
    ・〇〇社との打ち合わせの日程が決まったので、「リマインダー」に予定を入れました。
    ・会議は〇日だったと思いますが、「リマインダー」で確認してください。

    【例文】(リマインド)
    ・△△社の返事が遅れているので、リマインドメールを送りました。
    ・非常に重要な会議なので、リマインドが必要です。

    「リマインダー」を使用する際の注意点

    「リマインダー」を使用する際の注意点

    「リマインダー」を使用する際には、注意点があります。「リマインダー」は比較的新しい言葉で、ビジネスパーソン全体には浸透していないことを先ほど述べました。そうすると、上司やベテランの先輩社員に「リマインダー」の言葉を使っても、何のことかわからないという可能性があります。「リマインダー」の言葉を知らなそうな相手には、「リマインダー」を別の言葉に言い換えましょう。以下は、前章の「リマインダー」の例文に言い換え語を当てはめた例です。

    【例文】(リマインダーの言い換え)
    ・〇〇社との打ち合わせの日程が決まったので、「月間予定表」に予定を入れました。
    ・会議は〇日だったと思いますが、「スケジュール表」で確認してください。

    「リマインダー」の種類は?

    「リマインダー」の種類は?

    「リマインダー」には、さまざまな種類があります。大きく2つにわけると、デジタルの「リマインダー」とアナログの「リマインダー」です。それぞれどういったものなのか、見ていきましょう。

    デジタル機器で使用する「リマインダー」機能

    デジタル機器で使用する「リマインダー」機能のメリットは、スケジュールの変更時に対応がしやすいことです。また、手帳のように毎年買い替えせずにすんだり、一から入力しなくてもコピー&ペーストできたりするのも便利です。職場同僚や家族ともスケジュールの共有ができるので、いちいちメールや電話で確認しなくてすみます。では、デジタル機器を使った代表的な「リマインダー」機能を持つ「iPhoneアプリ」と「Googleカレンダー」を見てみましょう。

    iPhoneアプリの「リマインダー」

    近年iPhoneアプリの「リマインダー」機能は非常に進化しています。iOS 13 以降の「リマインダー」アプリでは、「リマインダー」に添付ファイルやサブタスクを追加できます。サブタスクの追加とは、たとえば旅行の際の「リマインダー」に持ち物リストを追加するといったことです。また、設定した日時だけでなく設定した場所に近づくと通知が送られるようになりました。「リマインダー」を共有リストに入れておけば、上司や部下に「リマインダー」を割り当てることも可能です。

    Googleカレンダーの「リマインダー」

    Googleカレンダーの「リマインダー」機能は、現在のところ非公開のためほかの人との共有はできません。しかし、Googleカレンダーにはさまざまな便利な機能があります。たとえば、目標を達成するための「ゴール」の設定です。資格取得のために、試験日まで毎週何時間学習に当てるか設定すると、スケジュールが自動生成されます。Gメールとの連携で、メール上の予定をカレンダーに自動生成してくれる機能も画期的です。また、「リマインダー」の完了まで毎日通知してくれる機能があるので、忙しいビジネスパーソン向きだといえます。

    アナログな道具で使用する「リマインダー」機能

    アナログな道具の「リマインダー」とは、以前からある方法で、手帳に予定を書き込むことや電話で「明日は○時集合なのでよろしくお願いします」などと直接伝えることです。職場のホワイトボードなども、同僚とスケジュールの共有ができるアナログな「リマインダー」といえます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

    手帳やホワイトボードの「リマインダー」

    デジタル機器のカレンダーが登場する以前は、ビジネスパーソンの「リマインダー」はもっぱら自分の手帳や職場のホワイトボードでした。たとえば顧客と次回訪問日の約束をした際は、まず自分の手帳に書き込んで、帰社後に職場のホワイトボードに書き込むといった具合です。手帳と筆記用具をカバンから出して予定を書き込むのは、デジタル機器に予定を入力するよりも手間や時間がかかります。また、iPhoneアプリの「リマインダー」なら自分が入力したのと同時に同僚ともスケジュール共有が可能に。帰社してもう一度同じことをホワイトボードに書き込むのは二度手間になります。

    ただし、デジタル機器の「リマインダー」機能を利用しているビジネスパーソンも、手帳など紙媒体の「リマインダー」機能を併用して使っている人が少なくないという調査があります。これは、デジタルデータの破損に備えてバックアップを取るという意味からです。

    電話の「リマインダー」

    電話の「リマインダー」は、相手が予定を把握しているかどうかが明確に確認できるので、ときにはデジタル機器を超えるメリットがあります。ただ、かけた電話に相手が出てくれなければ「リマインダー」の意味がありません。また、相手が非常に忙しいときにかけてしまうなど、相手の状況がわからないために迷惑をかける心配があります。近年はビジネスシーンでLINEが使われることが増えたので、LINEの「既読」機能やメールの開封確認機能で、相手が「リマインダー」のメッセージを読んだかどうか確認できるでしょう。

    「リマインダー」の英語表現「reminder」の使い方・例文

    「リマインダー」の英語表現「reminder」の使い方・例文

    「リマインダー」の語源の章で述べたように、「リマインダー」の語源である「reminder」の意味は、「リマインダー」と同様に思い出の品などのほか、催促や暗示、合図、注意などです。「reminder」は、次の例文のように使います。

    【例文】
    ・This is a reminder for tomorrow’s event.(これは明日のイベントのリマインダーです。)
    ・I will send you a reminder just in case.(念のためにリマインダーを送ります。)

    まとめ

    「リマインダー」の意味や使い方、類語・英語を、例文も使ってわかりやすく解説しました。デジタル機器にしろアナログな道具にしろ、忙しいビジネスパーソンにはスケジュール管理を助けてくれる「リマインダー」機能が必須です。自分に合った「リマインダー」機能を使って、ビジネスをスムーズに進めましょう。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる