「プロファイリング」の意味とは?使い方と類語・やり方もわかりやすく解説

プロファイリング
目次

「プロファイリング」の意味とは?

「プロファイリング」の意味とは?

「プロファイリング」とは、過去のデータを分析することで、規則性や法則性を導き出す手法を意味します。洋画や海外ドラマに接する機会が多い方にとっては耳なじみのある言葉ですが、犯罪捜査に特化したものと解釈されやすい技法でもあります。実際はビックデータを解析・分析するものでもあり、ビジネスにおいてもさまざまな分野で利用されています。

統計学と行動心理学に基づいた犯人像の分析方法

「プロファイリング」とは、行動心理学や統計的なデータに基づいて、犯人像を分析・推測する方法のことを指します。アメリカの警察機関のひとつであるFBI(連邦捜査局)が犯人像を推定する際に用いる手法であり、異常性のある凶悪犯罪において有効な方法といわれています。「プロファイリング」を行うには、犯罪捜査の経験と行動科学の知見が必要になります。

行動や人物像を分析・推測すること

「プロファイリング」は、ある人物の行動や性質など、人物像を分析・推測することを意味します。消費者や顧客、市場の属性や特徴、行動履歴を収集して分析することで、今後の行動パターンや購買傾向を予測し、マーケティング戦略に役立てる手法を「顧客プロファイル分析」といいます。この手法を用いて、ターゲット顧客を明確にするのが目的です。

「プロファイリング」の由来・語源

「プロファイリング」は、英語の「profiling」を語源としたカタカナ語です。「profile」は、日本でもなじみの和製英語「プロフィール」ではなく、「プロファイル」と発音するのが正しく、「横顔」「輪郭」「個人情報」「注目」「分析結果」「略歴」などの意味がある単語です。日本で「プロフィール」となったのは、フランス語の「profil」を語源としたためです。

「プロファイリング」の使い方と例文

「プロファイリング」の使い方と例文

「プロファイリング」は、日常会話ではあまり頻出する言葉ではありませんが、日常生活やビジネスにおいても、役立てられるスキルです。「プロファイリング」の言葉の使い方と「プロファイリング」を使った例文を紹介します。

プロファイリングを行う

「プロファイリング」は「プロファイリングを行う」といった使い方をします。「プロファイリングを行う」は、犯罪捜査やソフトウェア開発での性能分析、マーケティングの分野で用いられる表現です。
・犯人像を推定し、次の犯行を予測するためにプロファイリングを行う。
・アプリケーションの品質向上のために、解析ツールを使ってプロファイリングを行う。

プロファイリングする

「プロファイリング」は「プロフィリングを行う」と同じニュアンスを含む「プロファイリングする」「プロファイリングをする」といった表現もできます。
・顧客プロファイリングをして、消費者や市場のニーズを明確に理解することが大切だ。
・プロファイリングすることで、対象とする人物像を詳細に描くことが可能になる。

遺伝子プロファイリング

「プロファイリング」は、「遺伝子プロファイリング」のように、医療の分野においても用いられる言葉です。タンパク質を作るための情報を運ぶ設計図「メッセンジャーRNA」を測定する研究方法のことをいいます。
・遺伝子プロファイルに基づいた治療に効果があるというエビデンスがない。
・遺伝子プロファイリングのおかげで、病気や肥満のリスクが軽減した。

「プロファイリング」の類義語・言い換え

「プロファイリング」の類義語・言い換え

「プロファイリング」は、専門的な分野において使用される言葉と思われがちですが、日頃よく聞く表現に言い換えて使うことも可能です。類義語・言い換え表現として「アナライズ」や「分析」「推理する」「人物像を描き出す」などが挙げられますが、それぞれ意味やニュアンスが若干異なります。

アナライズ・分析

「プロファイリング」の類義語・言い換え表現に、「アナライズ」「分析」などがあります。「アナライズ」は「分析する・解析する」を意味する「analyze」のカタカナ語で、対象や目的は限定せずに分析や解析を行うことを指します。「アナライズ」「分析」は、データや数字による分析だけでなく、文章の精査や精神分析といった意味合いもあります。

推理する・人物像を描き出す

「プロファイリング」を別の表現で表すと、「推理する」「人物像を描き出す」と言い換えられます。「推理する」とは、わからない物事について考察し、謎や状況を明らかにすること、現在の状況から今後起こりうることを推測することを指します。「人物像を描き出す」は、ある人物の状況や状態、性質を推理することを意味します。

「プロファイリング」のやり方とは?

「プロファイリング」のやり方とは?

さまざまな分野で活用できる「プロファイリング」ですが、犯罪捜査における「プロファイリング」とビジネスにおける「プロファイリング」の特徴を見ていきましょう。

犯罪捜査におけるプロファイリングのやり方

一般的な犯罪捜査では、集めた目撃情報や証拠品をもとに捜査を進めていきます。「プロファイリング」による犯罪捜査でも、やはり犯人像を絞り込むために必要なデータをまずは収集することから始まります。必要とされるデータには、人物の属性に関する情報ではなく、犯行現場の状況や場所、日時といったような、客観的な視点から犯人像を割り出せる情報のみ収集します。蓄積されたデータをもとにビックデータ解析を行い、より的確に犯人像を絞り込んでいきます。

ビジネスにおけるプロファイリングのやり方

「プロファイリング」は、犯罪捜査だけでなく、ビジネスにおいても応用がきく手法です。検索履歴や位置情報など集めた情報を「プロファイリング」することで、顧客の動向を把握して売れ筋商品を割り出したり、購入者の属性や特徴を明らかにしたりすることが可能です。これらのデータ分析の結果をもとにして、マーケティングの分野では販売戦略の立案や新商品の開発に役立てられています。ITビジネスの分野でも「プロファイリング」を用いて、さまざまなデータ分析を行っています。

「プロファイリング」には資格がある?

「プロファイリング」を行ううえで、特別な能力や資格の取得は必要ありません。ただ日常生活やビジネスにおいて応用できる資格に、「LABプロファイル」といったスキルがあります。その人の使う言葉や身振りから思考パターンを読み取って、言葉で心を動かす技術です。人材育成能力や指導力、マーケティング力、文章力など、さまざまな状況に対応できるスキルが身につく資格といわれています。

「プロファイリング」は職場環境改善や転職に役立つ

「プロファイリング」は、特定の職業のみで使われる技法ではなく、さまざま仕事で活用できますが、職場環境の改善や転職活動においても役立つ技法だとされています。今までの働き方や職場でのコミュニケーションのしかたなど、さまざまな視点からプロファイリングを行うことで、仕事内容や職場環境とのミスマッチを防ぐことが可能になります。職場での困りごとがあれば、事前に予測して対策を立てらえるのも利点といえます。また目に見えやすい形で自分の傾向や特徴を把握できるため、モチベーションや自尊心の向上につながります。

「プロファイリング」を勉強・学ぶには?

「プロファイリング」を勉強・学ぶには?

「プロファイリング」を学ぶ方法は、それぞれのビジネス分野によって異なります。前述したように、人の行動や言葉から心を動かすスキルを磨くには「LABプロファイル」といった資格を学ぶのが効果的です。一般的には「プロファイリング」に必要とされるのは、心理学や精神医学、社会学、文化人類学などの行動科学的知見です。ビジネスシーンにおいても、社内環境を改善し、社員のやる気を引き出すために「行動分析学」を導入する方法もあります。より理解を深めるうえで、「行動分析学」や「行動心理学」に関する書籍に触れてみてもいいかもしれません。

まとめ

「プロファイリング」とは、心理学や統計的データに基づき、犯人像や人物像を分析・推測する技法のことをいいます。犯罪捜査で使われるのはもちろん、マーケティングの分野や自己分析、環境改善、転職活動にも役立つ技術です。「プロファイリング」の特徴ややり方、勉強方法を参考に、「プロファイリング」の技術を活用して、仕事のステップアップを図りましょう。

プロファイリング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる