「ブラフ」の意味とは?語源や使い方、類語・英語表現、「嘘」との違いも解説

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「ブラフ」という言葉の意味を知っていますか?「ブラフをかける」という使い方でよく聞く言葉ですが、意味をわかっていないとビジネスマンとしての信頼を失ってしまうことも。ここでは「ブラフ」の意味と使い方を紹介します。しっかりと覚えておきましょう。

    目次

    「ブラフ」の意味とは?

    「ブラフ」の意味とは?

    「ブラフ」とは「ハッタリ」「こけおどし」「相手の行動を止めるための嘘の行動や言動」を意味しています。ビジネスやポーカー、麻雀などでも多く使われる言葉。特にビジネスシーンにおいては重要な場面で力を発揮する言葉ですので、確実に覚えておきましょう。

    「ブラフ」の由来・語源

    「ブラフ」の由来・語源

    「ブラフ」の由来・語源はオランダ語で「自慢する」という意味をもつ「boast」です。オランダ語の「boast」が英語の「bluff」となり、日本に「ブラフ」という言葉をもたらしました。「ブラフ」は名詞としては「絶壁」という意味。そこから「状況にそぐわない行動」というニュアンスを経て、「ハッタリ」「こけおどし」という現在の意味で使われるようになりました。

    「ブラフ」の類義語・言い換え

    「ブラフ」の類義語・言い換え

    ここでは「ブラフ」の類義語・言い換えを紹介。実は「ブラフ」と言っていないだけで、「ブラフ」に相当する行動は日常に溢れています。また、「ブラフ」の類義語・言い換えを理解することによって、相手が「ブラフ」をしているのかどうかが見分けられるようになるかも。「ブラフ」の類義語・言い換えは確実に押さえておきましょう。

    「ブラフ」の類義語1「虚勢をはる」

    「ブラフ」の類義語1つ目は「虚勢をはる」です。「虚勢」とは「見せかけの言動や動作の活気」のことを指しています。実際はそのような活気はないはずなのに、自分を大きくみせようとして行う「言動や動作」をみたら「虚勢をはっている」と思いましょう。

    例文:彼は虚勢をはって威張り始めた。

    「ブラフ」の類義語2「背伸びする」

    「ブラフ」の類義語2つ目は「背伸びする」です。「背伸び」とは単に「できるだけ背丈を伸ばすこと」という意味もありますが、「ブラフ」の類義語としては「実力以上のことをしようとすること」を意味します。つまり、一般的な「背伸びする」と同じように「自分を通常よりも大きくみせること」に相当するのです。

    例文:彼は背伸びをしてウイスキーを頼んだ。

    「ブラフ」の類義語3「見栄を張る」

    「ブラフ」の類義語3つ目は「見栄を張る」です。「見栄」とは「見た目」や「見た目を意識して実際よりもよく見せようとすること」を意味しています。つまり「見た目を繕う」という意味。また、「見栄を張るひと」「その態度」を指して「見栄っ張り」という名詞で表現することもあります。

    例文1:彼女の前では見栄を張りたいのが男の性だ。
    例文2:彼は非常に見栄っ張りな性格なので、いつもあることないことを自慢して歩いている。

    「ブラフ」の類義語4「誇張する」

    「ブラフ」の類義語4つ目は「誇張する」です。「誇張」とは「実際よりも大袈裟に表現すること」を指しています。同じ漢字を使う言葉としては「誇大」がありますが、こちらも「実際以上に大きくみせる」という意味をもちます。

    例文1:彼は誇張して事件の内容を話した。
    例文2:誇大広告に騙されて、科学的根拠もないサプリメントを購入した。

    「ブラフ」の類義語5「こけおどしをする」

    「ブラフ」の類義語5つ目は「こけおどしをする」です。「こけおどし」とは漢字で「虚仮威し」と書き、「見栄を張っているが中身がないこと」「頭の鈍いひとを騙す浅はかな手段」といった意味をもちます。

    例文:彼はこけおどしの言葉を並べて私たちを牽制した。

    「ブラフ」の類義語6「ハッタリをかける」

    「ブラフ」の類義語6つ目は「ハッタリをかける」です。「ハッタリ」とは「相手を威圧するための大袈裟な言動や態度」のこと。「ハッタリをきかせる」という使い方もされます。

    例文1:彼は私たちにハッタリをかけ、見事に騙してみせたのでした。
    例文2:ハッタリをきかせた彼の言動は私たちを混乱させた。

    「ブラフ」と「嘘」の違い

    「ブラフ」と「嘘」の違い

    「ブラフ」と「嘘」の違いは「そこにどんな意図があるのか」と「なにによって自分を大きくみせるか」です。具体的には「ブラフ」は「自分を有利にしたいという意図」があり「言動や態度によって」行われます。それに対して「嘘」は「相手が傷つかないようにという意図」のように自分本位でない場合があり、「主に言葉によって」行われます。「ブラフ」も「嘘」も根底にある意味は一緒ですが、シチュエーションによって言い換えができたりできなかったりしますので、気をつけて使いましょう。

    「ブラフ」の使い方と例文集

    「ブラフ」の使い方と例文集

    「ブラフ」の意味や由来を知っていても、具体的にどのように使うのかがわからなければ意味がありません。ここでは「ブラフ」の使い方、注意点、例文を紹介します。間違ったまま「ブラフ」を使っていると相手に誤解させてしまうかもしれません。真実なのに「ブラフ」だと勘違いされるなどあってはならないこと。「ブラフ」の使い方は確実にマスターしておきましょう。

    「ブラフ」の使い方1「ブラフをかける」

    「ブラフ」の使い方1つ目は「ブラフをかける」です。「かける」にはたくさんの意味や使い方がありますが、ここでは「計画的にたくらんで相手を陥れる」という意味。「罠にかける」などと同じ使い方です。

    「ブラフ」の使い方2「ブラフを張る」

    「ブラフ」の使い方2つ目は「ブラフを張る」です。ここでの「張る」には「大きくみせようとして膨らませる」や「見た目を飾る」というニュアンスが含まれています。「見栄を張る」と同じ使い方をされており、どちらも「外見を飾ることで自分を実際より大きくみせる」という意味をもっているのです。

    「ブラフ」の使い方3「ブラフ合戦」

    「ブラフ」の使い方3つ目は「ブラフ合戦」です。「合戦」とは「激しく戦っている様子」を表現している言葉。つまり「ブラフ合戦」とは「自分も相手もブラフを言い、激しく争っている」という意味になります。

    「ブラフ」を使用するときの注意点

    「ブラフ」を使うときには「使う頻度」や「ブラフだとバレてしまうこと」に注意しましょう。なぜなら、使用頻度が多すぎたり、バレてしまうと信頼を失ったりしてしまうから。たとえばビジネスシーンにおいて「ブラフ」をかけたもののバレてしまった場合。その場にいたクライアントや取引先からは信頼を失ってしまうことは明白です。「ブラフ」を使うときには「使いすぎないこと」「絶対にバレないこと」を意識しておきましょう。

    「ブラフ」の例文

    「ブラフ」を使った例文は以下のとおりです。

    ・ブラフを張ったが見透かされてしまった。
    ・ブラフをかけたことによって契約を勝ち取った。
    ・競合にブラフ合戦を仕掛けたがあえなく大敗した。

    状況別の「ブラフ」の意味と使い方

    状況別の「ブラフ」の意味と使い方

    ここでは状況別に「ブラフ」の使い方を紹介します。「ブラフ」はビジネスやポーカー、麻雀においてはよく使われるもの。知らないままにしているといつのまにか「ブラフ」にかけられてしまうかもしれません。その予防のためにも状況別の「ブラフ」の使い方や意味は頭に入れておきましょう。

    ビジネスにおける「ブラフ」

    ビジネスにおける「ブラフ」は「自分を大きくみせること」を意味し、商談や契約ではよく見かけます。たとえば「実際にはプログラミングはかじった程度だが契約をとるために実力を装う」など。この「ブラフ」によって自分を追い込み、実力以上の結果を残したり、通常よりも早いスピードで成長できたりすることもあります。

    ポーカーにおける「ブラフ」

    ポーカーおける「ブラフ」は「強いカードを持っているようにみせること」を意味しています。目線の動きや表情、言葉、掛け金などで相手の心理を巧みに操り、自分が弱いカードであるにもかかわらず相手を降ろせたら「ブラフ」は成功です。

    ボードゲームにおける「ブラフ」

    ボードゲームにおける「ブラフ」は「商品の名前」です。「ブラフ」という名前のボードゲームがあります。サイコロの目を予想するゲームで、最後までサイコロを失わずに手元にあったひとが勝ちです。

    麻雀における「ブラフ」

    麻雀における「ブラフ」もポーカーと同じように「嘘の手で相手を脅すこと」を意味します。麻雀は非常にランダム性の高いゲームですが、「ブラフ」を使うことによって実力勝負にもっていけることも。実際には目線、鳴き方、捨て牌の「ブラフ」をはります。

    「ブラフ」を英語でいうと?

    「ブラフ」を英語でいうと?

    「ブラフ」を英語で表現すると「bluff」となります。「bluff」の発音を直接カタカナにして日本語に取り入れたのが「ブラフ」であるため、発音は「ブラフ」のまま。「bluff」には「騙す」以外にも「絶壁の」「ぶっきらぼうな」という意味があります。

    例文:Bluffing is very important in poker.(ポーカーにおいてブラフは非常に重要です。)

    まとめ

    「ブラフ」は「自分のことを大きくみせて相手のことを脅す」という意味。ビジネスやゲームにおいては頻繁に行われることで、非常に使い勝手がいいです。しかしながら、「ブラフ」を使いすぎてしまうと多くのひとからの信頼を失うことに。「ブラフ」を使うのはほどほどにしておきましょう。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる