「リベラル派」の意味と使い方とは?「保守派」「左翼」との違いは?

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    政治ニュースや選挙活動において「リベラル派」「保守派」「右翼・左翼」という言葉を耳にします。それぞれの意味や違い、主張を説明できますか?有権者が投票する際に必要となる知識なので、この機会にしっかりと理解しておきましょう。

    目次

    「リベラル派」の意味とは?

    「リベラル派」の意味とは?

    「リベラル派」とは、自由主義に基づいた考え方で、多様性を支持する人のことです。「自由主義者」「リベラリスト」と呼ぶこともあります。

    「リベラル派」という言葉の概念は曖昧で、使う人や時代、使用する文脈などによって意味合いが変わってきます。日本において「リベラル派」という言葉は、政治的な立場を表す際に使うことが多いです。特に、伝統的な政治の在り方を変革しようとする考え方を持つグループを指します。

    「リベラル派」は革新派のこと

    「リベラル派」は、旧来の風習や伝統にしばられることを是としないことから、「革新派」「進歩主義」とも呼ばれます。そして「リベラル派」に対するのが、「保守派」です。

    広辞苑を引いてみると、「リベラル」の意味は「自由主義的。個人の自由、個性を重んずるさま」です。「保守」の意味は「旧来の風習・伝統を重視し、それを保存しようとすること」とあります。

    日本の政党では、日本共産党や社会民主党、立憲民主党が「リベラル派」といわれています。「保守派」の主な政党は自由民主党で、「リベラル派」の考え方とは逆の、伝統や秩序を重んじて守ろうとする立場です。なお、両者の間の「中道派」には、公明党と国民民主党が存在します。

    「リベラル」の由来はラテン語の「liberal(自由な)」から

    「リベラル」とは英単語の「liberal」をカタカナ表記したものです。その語源となるのが、制限や制約のないという意味のラテン語の「liber」です。

    日本では「リベラル」の対義語は「保守」といわれることが一般的ですが、英語の意味においては「パターナル(権威主義)」のほうが反対の意味により近いです。

    「リベラル派」の主張とは?

    「リベラル派」の主張とは?

    「リベラル派」の思想の中心は、それまで抑圧されてきた人々を解放して自由を拡大しようというものです。

    日本の「リベラル派」には護憲派が多く、そのため憲法改正に反対する傾向にあります。具体的な主張は、戦後において平和主義の土台となっている憲法9条を守るという立場を表明することです。そのほか、共謀罪法に反対、原発ゼロを目指す、夫婦別姓に賛成、総理大臣をはじめ政治家の靖国神社公式参拝に反対などの考えを持っています。

    個人の権利や多様な価値観を尊重

    「リベラル派」の思想には、個人の権利や多様な価値観の尊重もあります。すべての個人が自由に生き方を選択できることを重視します。そのため、日本の「リベラル派」は夫婦別姓に賛成するなど、一人一人の権利や多様な価値観を尊重する考えを主張しています。

    これまで成功を収められなかった人は自己責任論で片付けられてきましたが、「リベラル派」はこうした競争社会における弱者へのセーフティネットとなる政策を提言しています。例えば、失業者や障害者、後期高齢者への保障の充実、一部の富裕層にのみ有利な社会構造の改革などです。

    共助、共生などの助け合いが大事

    「リベラル派」は共助や共生など、助け合いの精神を尊重するという傾向もあります。一方、「保守派」は国の秩序や愛国心、自己責任を主張しています。

    そのため「保守派」は国の権限を強める共謀罪法などに賛成し、一方「リベラル派」はこのような考えは個人の人権を犯しかねないという懸念から反対し、両派は対立しています。

    「リベラル派」が皆同じ考えを持っているわけではない

    「リベラル派」といえど、皆が同じ考えを持っているわけではありません。「リベラル派」自体が曖昧な言葉で、線引きが明確にできないからです。そのため、個々の考え方は微妙に違います。例を挙げると、「保守派」の元首相・小泉純一郎は、「原発ゼロ」を主張したことで知られています。

    「リベラル派」も「保守派」も幅広い区分でしかなく、傾向を表す程度のものだと考えておきましょう。政党や立場に限らず、個々の主張や立場は複雑に入り組んでいることもあります。選挙の際は、候補者の発言から自分の関心のある政策に対する賛否をしっかりと分析し、共感できる人に投票するようにしましょう。

    「リベラル派」と「保守派」「左翼」との違いは?

    「リベラル派」と「保守派」「左翼」との違いは?

    自由主義に基づき、多様性を重視する思想が「リベラル派」、伝統や秩序を重んじるのが「保守派」です。では「左翼」はどのような主義を持っているのでしょうか?

    政治において「左翼」は「より平等な社会を目指すため、社会変革を支持する層」を指します。つまり、人が本来持っている「人権」を尊重し、支配や抑圧、上下の身分、差別をなくし、「自由」「平等」を目指す考えです。「左翼」に対する考え方を持つのが「右翼」です。「右翼」は「伝統」を重視し「多少の弊害があっても、長く続いてきた秩序はかんたんに変えられるものでなく、変えるべきでもない」という考えを持っています。

    「保守派」は憲法改正に積極的

    「保守派」の多くは、憲法改正について肯定的な意見を持っています。他国から攻撃される可能性、海外に派遣された自衛隊員の自衛権などを理由に、「保守派」は日本が正式に攻撃力のある軍隊を持つことを当然と考えています。それに対し、反戦主義である「リベラル派」は戦争放棄の核となる憲法9条の現状維持を望んでいます。

    「保守派」は選択的夫婦別姓に反対

    「保守派」は、伝統的な慣習に対して厳守の立場を示します。そのため、夫婦別姓や同性婚について反対しています。「保守派」は国の体制維持を目標に掲げているので、伝統を壊すような考え方には嫌悪感を抱きやすいのがその理由です。

    その反面、多様性・自由主義を支持する「リベラル派」は、夫婦別姓や同性婚において当人たちの幸福を優先的に考えます。伝統的な価値観、古くからの体制に欠点があった場合、変革を厭わない傾向にあり、また、異なる価値観や民族にも寛容な姿勢を示します。伝統が邪魔になっていると判断した場合、「リベラル派」は社会制度の撤廃、再構築を求めるため、「リベラル派」と「保守派」は対立しやすい傾向にあるというわけです。

    「リベラル」は「左翼」の一種ともいわれる

    現代日本において、「リベラル派」はしばしば政治支配や抑圧、上下の身分に反対する「左翼」「左派」と混同して語られることが多いです。しかし「リベラル派」は単に個人の活動や信条において国家の介入することを防ごうとする考えを持つ人のことで、「リベラル」の本当の意味では「左翼」の思想と直接的な関係はないとされています。

    また、「リベラル派」「保守派」「左翼」の定義は難しく、具体的にどのような思想を掲げるかは、その個人や国、時代などによって大きく異なります。

    「リベラル派」とされる政党や芸能人

    「リベラル派」とされる政党や芸能人

    「リベラル派」とされる政党や芸能人を紹介します。

    「リベラル派」とされる政党

    日本の政党で「リベラル派」に属するのは、日本共産党や社会民主党です。そして2020年9月に再出発した立憲民主党も「リベラル派」と位置づけるのが一般的です。社会主義、共産主義ほど「左」よりの考えではないものの、「やや左寄り」に属するのが「リベラル派」といわれています。

    日本の政党政治において、「リベラル派」は「保守派」の政党が暴走しないよう監視する役目を担っています。日本では2012年以来、「保守派」の自由民主党政権が続いています。「保守派」だけが独占する国会では、偏った価値基準の政策ばかりが施行される危険性があります。そこで、逆の視点からの意見を提言するという目的において、「リベラル派」の存在意義は大きいといえるでしょう。

    「リベラル派」とされる芸能人

    「リベラル派」とされる芸能人は多いです。俳優の渡辺謙は「集団的自衛権反対の立場から一人も兵士が戦死しないで70年を過ごしてきたこの国。どんな経緯で出来た憲法であれ僕は世界に誇れると思う、戦争はしないんだと」と集団的自衛権を認める安全保障関連法案に反対する考えをTwitterで発信しました。

    また、スタジオジブリの宮崎駿は「安倍(総理)は、憲法の解釈を変えた偉大な男として歴史に残りたいと思っているはずだが、愚劣なことだ」と安倍政権を批判しました。ビートたけしも集団的自衛権について「貧しくとも憲法を守る平和な日本を、みんなで頑張ってやるべき」と憲法改正に反対意見を述べています。

    「リベラル派」の使い方と例文集

    「リベラル派」の使い方と例文集

    「リベラル派」の使い方と例文集を紹介します。

    「リベラル派」を使用するときの注意点

    「リベラル派」は自由主義者という意味ながら、現在はほぼ政治的な場面でしか使われていません。本来の意味である「自由」を表したいときは、「フリー」や「フリーダム」という言葉を使いましょう。

    また、「酒の席で政治・宗教の話をしてはいけない」というタブーがあるように、政治における主義や信念はデリケートな話題の代表例です。それらを引き金とした衝突が起きることも珍しくなく、近年ではSNSで政治的な議論が始まると「炎上」してしまうことも頻繁に起こっています。多様性が叫ばれる現代において、「リベラル派」「保守派」に限らず、他人の意見を真っ向から否定したり、極端な意見を主張したりすることは避けるのが賢明でしょう。

    「リベラル派」を使った例文

    「リベラル派」を使った例文を紹介します。
    「リベラル派」を「政治的に穏健な革新をめざす立場をとるさま」で用いる場合
    ・我が国の大統領は有名なリベラルな政治家といえます。
    ・「リベラル派」と「保守派」の思想は違いますが、多様な考えを尊重しなくてはなりません。
    ・今度の選挙では「リベラル派」の勢力が優勢です。
    「リベラル派」を「因習などにとらわれないさま」で用いる場合
    ・息子の学校は「リベラルな校風」で知られています。

    まとめ

    「リベラル派」の意味や使い方のほか、「保守派」「左翼」との違いについて解説しました。「リベラル派」の政党や政治家でも政治・経済・文化における主張は時代に応じて変化し、考え方も各人によって幅があります。そのため、選挙前は候補者の主張によく耳を傾けましょう。そして、有権者の権利である選挙権を適切に行使するようにしてください。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる