「ヒアリング」の意味や使い方とは?類語・英語、「ヒヤリング」や「リスニング」との違いも

ヒアリング
目次

「ヒアリング」の意味とは?

「ヒアリング」の意味とは?

「ヒアリング」の意味を知っていますか?実は「ヒアリング」は日常会話で使われる場合とビジネスシーンで使われる場合で意味が異なります。ここでは「ヒアリング」のそれぞれの場面における意味を紹介。ビジネスにおいて「ヒアリング」は非常に重要です。意味を間違ったまま捉えていると重大なミスにつながりますので、正しく覚えておきましょう。

「ヒアリング」の一般的な意味

「ヒアリング」は一般的には「外国語を聞いて理解すること」や「公聴会」という意味で使われます。「公聴会」とは「重要事項の決定のために公的機関が関係者や学識者などから意見を集める会」のこと。後者の意味はあまりなじみのないものですので、確実に押さえておきましょう。

「ヒアリング」のビジネス的な意味

「ヒアリング」はビジネスシーンにおいてはほとんど「聞き取り」「情報収集」の意味として使われています。ビジネスにおける「ヒアリング」は市場調査・クライアントのニーズ調査などで使われ、非常に重要な役割を占めています。

「ヒアリング」の由来・語源

「ヒアリング」の由来・語源

「ヒアリング」は英語の「hearing」を由来・語源としています。「hearing」をそのままカタカナに直したものが「ヒアリング」です。ほかにも英語をカタカナにした日本語は多く、「スマートフォン」「サッカー」「スイミング」などがあります。

「ヒアリング」の類義語・言い換え

「ヒアリング」の類義語・言い換え

ここでは「ヒアリング」の類義語・言い換えについて紹介します。「ヒアリング」は英語からきていることもあり、意味を正しく理解していないひとや使うこと好まないひともいます。しかし、「ヒアリング」の類義語・言い換えを覚えていれば問題ありません。「ヒアリング」の類義語・言い換えを覚えて、誰とでも「ヒアリング」について話せるようになりましょう。

「ヒアリング」の類義語1「インタビュー」

「ヒアリング」の類義語1つ目は「インタビュー」です。「インタビュー」とは「取材を目的として人と会って話を聞くこと」を指しています。話を聞くための理由が明確にある点が特徴です。

例文:海外で有名なサッカー選手へのインタビューを依頼したが断られた。

「ヒアリング」の類義語2「質問」

「ヒアリング」の類義語2つ目は「質問」です。「質問」とは「わからないことや疑問に思っていることを問うて聞くこと」を意味しています。ビジネスシーンにおける「ヒアリング」では「質問」が多くされます。

例文:お客様のニーズを知るべく、私はたくさんの質問を投げかけた。

「ヒアリング」の類義語3「取材」

「ヒアリング」の類義語3つ目は「取材」です。「取材」とは「記事や作品の題材・材料をある物事や事件から集めること」を指しています。よって「取材」の意味は「聞く」という行動に限定されていません。

例文:将来的には神話に取材した記事を書きたいと思っている。

「ヒアリング」の類義語4「聞き取り」

「ヒアリング」の類義語4つ目は「聞き取り」です。「聞き取り」とはしばしば「ヒアリング」の日本語訳ともされ、「詳しく話を聞くこと」「外国語を聞いて理解すること」という意味。「聞き取り調査」などの形でよく使われています。

例文:東京都在住の1,000人を対象にして聞き取り調査を行った。

「ヒアリング」の類義語5「有識者会議」

「ヒアリング」の類義語5つ目は「有識者会議」です。「有識者会議」とは「各界を代表する識者が集まってある議題に対して幅広い視点から議論する会議」。「公聴会」を意味とする場合の「ヒアリング」において類義語とされています。

例文:新しい法案について有識者会議を開いた。

「ヒアリング」と「ヒヤリング」の違い

「ヒアリング」と「ヒヤリング」の違い

「ヒアリング」と「ヒヤリング」にはまったく違いはありません。辞書においても同義であることが認められています。ビジネスシーンにおいても、目上のひとと話す場合においてもどちらを使ってもOKです。

「ヒアリング」と「リスニング」の違い

「ヒアリング」と「リスニング」の違い

「ヒアリング」と似たような言葉に「リスニング」があります。多くのひとは「ヒアリング」と「リスニング」を区別しないまま使いがち。しかし、「ヒアリング」と「リスニング」には明確な違いがあるのです。ここでは「ヒアリング」と「リスニング」の違いを解説します。間違ったまま使っていると恥ずかしいので、いまのうちに覚えておきましょう。

「ヒアリング」と「リスニング」は意識の違い

「ヒアリング」と「リスニング」には「聞く意識」の違いがあります。具体的には「ヒアリング」は「意識せずとも耳に入ってくるもの」で、「リスニング」は「意識して聞いているもの」を指します。

「ヒアリング」と「リスニング」の使い分け例

「ヒアリング」と「リスニング」の使い分け例は以下のとおりです。

・聴覚異常を検査するテスト:「ヒアリングテスト」
・英語の聞き取りテスト:「リスニングテスト」

「ヒアリング」の使い方と例文集

「ヒアリング」の使い方と例文集

「ヒアリング」の意味や類義語を知っていても、実際に使えなければ意味がありません。知っていることと実際に使えることは話が違います。ここでは「ヒアリング」の使い方と例文を紹介。実際にどんなシチュエーションで「ヒアリング」を知り、実生活でも「ヒアリング」を使えるようになりましょう。

「ヒアリング」の使い方

「ヒアリング」は「ヒアリングする」という使い方が多く用いられます。「ヒアリング」はビジネスシーンや英語分野においてたくさん使われる言葉。ビジネスでは「情報収集」、英語分野では「聞き取り」との使い方をされることを頭に入れておきましょう。

「ヒアリング」の例文

「ヒアリング」を使った例文は以下の通りです。

・お客様の意見をヒアリングして、今後のサービスに活かしたい。
・就職活動のために支援センター職員のヒアリングを受けた。
・ヒアリングすることで見えていなかったニーズが見えるようになった。

「ヒアリング」を英語でいうと?

「ヒアリング」を英語でいうと?

ビジネスにおいて「ヒアリング」を英語で使っていませんか?実はそれはやってはいけないことなのです。ここでは「ヒアリング」の英語表現とビジネスシーンにおける「ヒアリング」について解説します。英語でお客様へ応対するときに「ヒアリング」を使っていると相手を誤解させる可能性があります。英語での「ヒアリング」の使い方は、確実に身につけておきましょう。

「ヒアリング」は英語で「hearing」

「ヒアリング」は英語にすると「hearing」です。「hearing」は名詞で「聞くこと」「聴聞会」などの意味をもちます。動詞としては「hear」となり、「聞こえる」「聞く」という動作を表します。

例文1:He lost his hearing.(彼は聴力を失った。)
例文2:Do you hear?(聞こえますか?)

ビジネスで「hearing」を使うのはNG

ビジネスにおいて「hearing」を使うのはやめましょう。なぜなら、英語の「hearing」には日本語の「ヒアリング」のように「聞き取り」や「情報収集」といった意味がないから。たとえば「we will do hearing(ヒアリングします)」と伝えたいときには「We will ask the cliant few question(いくつか質問します)」に言い換えます。英語では「hearing」ではなく「ask」を使いましょう。

「ヒアリング」を含む表現

「ヒアリング」を含む表現

ここでは「ヒアリング」を含むよく使われている表現を紹介します。「ヒアリング」は特にビジネスや英語分野において使われる言葉。よって、英語やビジネス関連の複合語には「ヒアリング」が含まれていることがよくあります。しっかりと頭に入れておくことによって、いざというときに理解できないことを防ぎましょう。

「ヒアリングシート」とは?

「ヒアリングシート」とは、「お客様の要望などを聞き出すための質問表」のようなもの。事前に準備をしてヒアリングに臨むことで聞き忘れの防止などの効果があります。ビジネスマンとしては覚えておくべき言葉ですので、確実に頭に入れておきましょう。

「ヒアリングマラソン」とは?

「ヒアリングマラソン」とは、アルクが販売している「英会話教材」です。「英語を身につけるために1000時間のヒアリングする」もので、英語教材ランキングの英会話部門で1位を獲得しています。

「ヒアリングループ」とは?

「ヒアリング」とは、「難聴の方の聞こえをサポートする設備」のこと。「磁気ループ」とも呼ばれていて、補聴器人工内耳と連動して聞こえをサポートしてくれます。

まとめ

「ヒアリング」は一般的には「聞き取り」「公聴会」の意味ですが、ビジネスシーンにおいては「情報収集」の意味で使われます。「ヒアリング」はビジネスにおいて非常に重要なものです。よって「ヒアリングシート」などもビジネスマンとしては知っていたい言葉。ぜひマスターして、社会人としてのレベルアップを果たしましょう。

ヒアリング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる