「クリエイティビティ」の意味とは?類語や英語表現、ビジネスでの使い方や高める方法も解説

クリエイティビティ
目次

「クリエイティビティ」の意味とは?

「クリエイティビティ」の意味とは?

「クリエイティビティ」の正しい意味を知っていますか?実は「クリエイティビティ」には法律における意味もあるのです。ここでは「クリエイティビティ」の意味について解説します。正しく意味を知らないと正しく使えませんので、社会人としてしっかり覚えておきましょう。

一般的な「クリエイティビティ」の意味

一般的には「クリエイティビティ」の意味は「独創性」や「創造性」といったものです。つまり、ほかでは思いつかないようなアイデアやそれを形にできるスキルのことを「クリエイティビティ」というのです。

法律における「クリエイティビティ」の意味

法律における「クリエイティビティ」とは「著作権」のことです。「著作権」とは知的財産権のひとつ。かんたんにいえば「この著作物はあの著作者がもっているものだ」という権利です。

「クリエイティビティ」の由来・語源

「クリエイティビティ」の由来・語源

「クリエイティビティ」の由来・語源はもちろん英語の「creativity」です。英語をカタカナにして日本語に取り入れたものなので、発音もそのまま「クリエイティビティ」でOK。同じようにして英語をカタカナにして取り入れたものはほかにも「サッカー」「オフショア」「シャベル」などがあります。

「クリエイティビティ」の類義語・言い換え

「クリエイティビティ」の類義語・言い換え

ここでは「クリエイティビティ」の類義語・言い換えを紹介します。「クリエイティビティ」は人やものを褒めるときによく使うため、「クリエイティビティ」の類義語・言い換えを覚えておくとさまざまな覚悟から褒められるようになります。逆に褒め方がワンパターンだとわざとらしく聞こえて相手を不快にさせてしまうかも。「クリエイティビティ」の類義語・言い換えは確実に押さえておきましょう。

「クリエイティビティ」の類義語1「オリジナリティ」

「クリエイティビティ」の類義語1つ目は「オリジナリティ」です。「オリジナリティ」は「今まで誰も思いつかなかったもの」という意味。語源となっているのは英語の「originality」です。

例文:あの作品は非常にオリジナリティ溢れるものだった。

「クリエイティビティ」の類義語2「イノベーション」

「クリエイティビティ」の類義語2つ目は「イノベーション」です。「イノベーション」はオーストリアの経済学者であるヨーゼフ・シュンペーターが使った言葉で「新しいものを導入して新しい価値を生み出す」ことを指します。「クリエイティビティ」が社会に影響をもたらすと「イノベーション」になるイメージです。

例文:凝り固まった世界にイノベーションを起こしたいと強く思う。

「クリエイティビティ」の類義語3「ユニーク」

「クリエイティビティ」の類義語3つ目は「ユニーク」です。「ユニーク」とは「独特でほかにはないもの」という意味。「ユニークな数字」などと人やもの以外にも使えます。

例文:ピカソが描いたものはどれもユニークだった。

「クリエイティビティ」の類義語4「個性的」

「クリエイティビティ」の類義語4つ目は「個性的」です。「個性的」とは「人やものがほかにはない性質をもっている様子」を表す言葉。ときには皮肉まじりに使われることもあります。

例文:彼って少し個性的な髪型をしているよね。

「クリエイティビティ」の類義語5「見たことがない」

「クリエイティビティ」の類義語5つ目は「見たことがない」です。つまり「こんなものに出会ったのは初めてだ」という意味。よって、「クリエイティビティ」が指している「創造性」を指して褒めるときに使います。

例文:こんな作品は見たことがない!最高だ!

「クリエイティビティ」と「クリエイティブ」の違い

「クリエイティビティ」と「クリエイティブ」の違い

「クリエイティビティ」と「クリエイティブ」は「用法」が違います。「クリエイティビティ」と「クリエイティブ」の具体的な違いは「品詞」です。「クリエイティビティ」が名詞なのに対して、「クリエイティブ」は形容詞として使われます。しかし、「クリエイティブ」は広告業界においてのみ「広告に使われる素材」という名詞として使われるのです。

「クリエイティビティ」と「オリジナリティ」の違い

「クリエイティビティ」と「オリジナリティ」の違い

「クリエイティビティ」と「オリジナリティ」は「意味合い」が違います。具体的には「クリエイティビティ」は「独創的な考えとそれを形にする力」を指しているのに対して、「オリジナリティ」は「独創的な考え」のみを指しているのです。

「クリエイティビティ」の使い方と例文集

「クリエイティビティ」の使い方と例文集

「クリエイティビティ」の意味や類義語を知っていても、実際に使えなければ意味がありません。ここでは「クリエイティビティ」の使い方、注意点、例文を紹介します。「クリエイティビティ」が使う相手を間違えると、一気に空気がしらけてしまう言葉です。使い方をマスターして、ビジネスマンとしてレベルアップしましょう。

「クリエイティビティ」の使い方

「クリエイティビティ」は人を褒めたり、人と違うことを称賛したりするときに使います。「クリエイティビティ」は皮肉まじりに使われることはないのです。誰かの作品や考えが独創的で素晴らしいと感じたら「クリエイティビティ」を使って褒めてみましょう。

「クリエイティビティ」を使用するときの注意点

「クリエイティビティ」を使うときには「会話している相手」に注意しましょう。「クリエイティビティ」はよく使われる表現ではありますが、横文字だとのことで嫌うひとが一定数います。「クリエイティビティ」を使うときには「相手がどのようなひとなのか」に気をつけましょう。

「クリエイティビティ」の例文

「クリエイティビティ」を使った例文が以下のとおりです。

・彼は非常にクリエイティビティが高い。
・クリエイティビティ溢れる作品を作りたい!
・クリエイティビティは現代を生きるうえで非常に重要だ。

「クリエイティビティ」の英語表現

「クリエイティビティ」の英語表現

「クリエイティビティ」を英語で表現すると「creativity」です。「creativity」は日本語の「クリエイティビティ」でもあります。

例文:Writing requires creativity.(文章を書くには創造性が必要だ。)

「クリエイティビティ」が必要とされる仕事

「クリエイティビティ」が必要とされる仕事

世の中には「クリエイティビティ」が必要とされる仕事はたくさんあります。自分の「クリエイティビティ」を活かして就職や転職をしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは「クリエイティビティ」が必要とされる仕事を紹介します。自分の「クリエイティビティ」を信じてチャレンジしてみるのもいいですよ。

「クリエイティビティ」が必要な仕事1「アート関連」

「クリエイティビティ」が必要な仕事1つ目は「アート関連」です。アートにおいて「クリエイティビティ」は必須。たとえば、以下のような職種があてはまります。

・イラストレーター
・染色家
・美術

「クリエイティビティ」が必要な仕事2「ゲーム関連」

「クリエイティビティ」が必要な仕事2つ目は「ゲーム関連」です。今までにない世界観を作り出したり、仮装の空間を作ったりするためには「クリエイティビティ」が必要です。たとえば、以下のような職種があります。

・CGデザイナー
・キャラクターデザイナー
・サウンドクリエイター

「クリエイティビティ」が必要な仕事3「雑誌関連」

「クリエイティビティ」が必要な仕事3つ目は「雑誌関連」です。多くのひとの目に触れる雑誌を作るためには「クリエイティビティ」がなくてはいけません。以下のような職種があります。

・グラフィックデザイナー
・ブックデザイナー
・Webデザイナー

「クリエイティビティ」が必要な仕事4「グッズ関連」

「クリエイティビティ」が必要な仕事4つ目は「グッズ関連」です。喜んで手に取ってもらえるグッズを作るためには「クリエイティビティ」が必要です。以下のような職種があります。

・パッケージデザイナー
・バッグデザイナー
・雑貨デザイナー

「クリエイティビティ」を高める方法

「クリエイティビティ」を高める方法

「クリエイティビティがない」と困っていませんか?「クリエイター」という言葉をよく耳にする近頃、多くの人が「クリエイティビティ」を手にしたいと思っています。ここでは「クリエイティビティ」を高める方法を紹介します。紹介してあることを実践して、ぜひ自らの「クリエイティビティ」を高めてみてください。

「クリエイティビティ」を高める方法1「アイデアをたくさん出す」

「クリエイティビティ」を高める方法1つ目は「アイデアをたくさん出す」です。アイデアをたくさん出していると、思わぬ発見があったり、突拍子もなくいいアイデアが浮かんだりします。とにかく自分のアイデアを否定することなくどんどん出し続けるのがポイントです。

「クリエイティビティ」を高める方法2「いつもと違う視点をもつ」

「クリエイティビティ」を高める方法2つ目は「いつもと違う視点をもつ」です。ひとつのことを長く考えていると、どうしても視点が凝り固まりがち。いつもと反対のことを考えてみたり、いつもは考えないことを考えてみたりするといいアイデアが浮かぶかもしれません。

「クリエイティビティ」を高める方法3「人から見てもらう」

「クリエイティビティ」を高める方法3つ目は「人から見てもらう」です。自分のアイデアを誰かにみせることは怖いですが、新しい価値観に触れるために大事なこと。適切なフィードバックをくれる人にみせてみましょう。

まとめ

「クリエイティビティ」は「創造性」や「独創性」を表現する言葉。いままでにみたことがないものを目にしたときにそれを褒めて使うことがほとんど。また法律用語としては「著作権」を意味しています。「クリエイティビティ」を意識して生活してみると新しい世界が見えてくるかもしれません。

クリエイティビティ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる