「退廃的」の意味と使い方|「廃退的」との違い、類語・対義語も紹介

退廃的
目次

「退廃的」の意味は?

「退廃的」の意味は?

「退廃的」の意味は、「道徳的にすたれて不健全なこと」です。

「退廃」には、以下のような意味があります。

  • 衰えること
  • 道徳的な気風がすたれて健全でなくなること

そこから精神的な意味合いが強くなり、道徳的でないことを表すようになりました。

「退廃的」の本来の漢字

「退廃的」の本来の漢字

「退廃」は、もとは「頽廃」と表記していました。「頽」は「くずれる」と読み、以下のような意味をもっています。

  • こわれ落ちる
  • 衰える

しかし、「頽」は常用漢字ではなかったため、代用として「退」が使われるようになりました。

「退廃的」の使い方

「退廃的」の使い方

おもに精神面を表す「退廃的」ですが、人だけでなく芸術に対しても使用されます。「道徳的にすたれて不健全なこと」という意味をもつため、良くないイメージや暗い雰囲気を伝えたいときに使われることが多いです。しかし、「退廃的」が表現する独特な雰囲気や不気味さは、同時に美しさを感じさせることもあります。そのため、必ずしも悪い意味で使われるとは限りません。

「退廃的な人」

「退廃的な人」とは、「堕落した不道徳な生活を送っている人」のことを指します。たとえば暴飲暴食といった不摂生な生活を送っている人や、仕事をせずゲームばかりしている人。あるいは、お酒やギャンブルにはまっているような、だらしない人のことです。他にも、自分勝手でモラルのない人を表すこともあります。このように、真面目とはかけ離れている人に対して、良くない意味で使う言葉です。

「退廃的な時代」

「退廃的な時代」とは、「全盛期に比べ衰えている時代」のことです。たとえば昔は強かったのに戦いに勝てなくなった場合や、経済的に豊かだったのに困窮するようになってしまったなど、以前と比べて衰退しているときに使います。また、犯罪が横行したり、道徳心のない人が増えたりといった、「退廃的な人が多い時代」に対して使うこともあります。どちらにしても、他の時代と比べて劣っているときに使われる言葉です。

「退廃的な雰囲気」

「退廃的な雰囲気」とは、さびれてもの悲しい雰囲気を表現するときに使います。崩れかかっている廃墟や誰もいないシャッター街などは、なんともいえない寂しさを感じますよね。そのようなときに、「退廃的な雰囲気」と言い表すのです。

他にも、人に対して使うことがあります。たとえば「退廃的な雰囲気の女性」というと、「物悲しくミステリアスな女性」をイメージさせるでしょう。しかし、「退廃的」は不道徳という意味ももつため、「純粋でなく危なげな雰囲気」を表すときにも使えます。つまり、同じ「退廃的な雰囲気」という言葉でも、異なる様子を表現できてしまうのです。そのため、特に人に対して使われているときは、前後の文脈から正確な意味を判断する必要があります。

「退廃的な気分」

「退廃的な気分」とは、「すさんで荒れた気持ち」を表します。落ち込んでいる状態というより、「どうでもいい!」といった投げやりな気分に対して使われることが多いです。また、「自分さえよければ他はどうでもいい」など、道徳から外れた感情を表現するときにも使われます。

「退廃的なファッション」

「退廃的なファッション」とは、「ダークな雰囲気を感じさせるファッション」をいいます。具体的には、黒を基調とした服装や、チェーンを使った装飾などです。ゴスロリやモードといった系統が該当します。どこか危なげな雰囲気をまといますが、個性的でセンスあふれるファッションともいえます。

「退廃的な音楽」

「退廃的な音楽」とは、心の闇や言いようのない虚しさを表現した曲のことです。非道徳的な歌詞がつけられていたり、陰鬱なムードを感じさせたりするのが特徴です。まさに、「退廃的な気分」を表した音楽といえるでしょう。このように、芸術の世界観に対しても「退廃的」は使われます。

「退廃的な小説」

「退廃的な小説」とは、「文明の崩壊や人間の精神が壊れていくさまを題材にした小説」です。たとえば階級制度が崩落していく内容や、希望を感じられない状況を描いた作品をいいます。しかし、題材や世界観が退廃的なだけで、必ずしもバッドエンドとは限りません。

「退廃的」の類義語・言い換え

「退廃的」の類義語・言い換え

「退廃的」の類義語は複数ありますが、その多くはマイナスイメージをもつ言葉です。では、具体的にどのような言葉があるのか見ていきましょう。

不真面目

「不真面目」の意味は「まじめでないこと」です。「退廃的な人」が真面目とは正反対な人を表現するので、類義語といえるでしょう。

不健全

「退廃的」の意味に「不健全なこと」が含まれているので、「不健全」も類義語です。不健全」の意味は、「心身がすこやかでないこと。精神や思想がおだやかでなく、ゆがんでいること」です。不摂生な人や道徳から外れているさまも「退廃的」を使うので、似た意味をもっていることがわかりますね。

不道徳

「不道徳」の意味は「道徳に反していること」です。「退廃的」は非道徳的な考えや行いに対しても使うので、同じような意味をもつ言葉ですね。

堕落

「堕落」の意味は「生活がくずれ、品行がいやしくなること。節操を失うこと」です。「退廃的な人」の説明と共通するため、類義語であることがわかります。

廃退

「廃退」の意味は「道義がすたれて衰えること」です。「道義」は「人のふみ行うべき正しい道」をいいます。つまり、「道義がすたれて衰える」とは、「非道徳的、モラルがない」状態を表すので、こちらも似た言葉といえるでしょう。

「退廃的」の対義語・反対語

「退廃的」の対義語・反対語

「退廃的」の対義語・反対語には、「真面目」や「健全」「道徳的」などがあります。これらに「不」をつけると、そのまま類義語になりますね。「退廃的」は「道徳的にすたれて不健全なこと」という意味があり、不真面目でモラルのない人を指すときに使います。そのため、この3つの言葉が反対の意味をもつことがわかるでしょう。

ほかには、「質実剛健」もあります。意味は「飾り気がなく、まじめで、強くてたくましいこと」です。危なげですさんだ様子にも使う「退廃的」と比べると、まったく異なるイメージですよね。

また、「石部金吉」も反対の意味をもつ言葉です。意味は「非常に真面目で物堅い人。融通がきかない人。色事に惑わされない人」。石と金という硬いものを並べて作られた言葉で、内面の固さを表します。「退廃的な人」とは正反対な様子を想像させるので、こちらも反対語といえますね。このように、「退廃的」の対義語・反対語は、真面目さや常識的であることを表す言葉が多くあります。

「退廃的」と間違いやすい言葉

「退廃的」と間違いやすい言葉

「退廃的」と間違いやすい言葉に、「廃退的」があります。漢字や読み方が似ているため、混同されやすいのでしょう。先ほど紹介したように、「廃退」の意味は「道義がすたれて衰えること」であり、「退廃的」と類似しています。

しかし「廃退的」という言葉は実は存在しません。「退廃」と「廃退」が似ているので、同じように「的」をつけて使ってしまう人がいるのだろうと考えられます。つまり、「廃退的」は完全に間違った言葉なので注意してください。

「退廃的」を英語でいうと?

「退廃的」を英語でいうと?

「退廃的」を英語でいうと「decadent」です。もとはフランス語ですが、英語でもそのまま使われています。

ちなみに日本では、「decadent」のカタカナ読みである「デカダン」も、「退廃的」という意味で使えます。

まとめ

「退廃的」の意味は、「道徳的にすたれて不健全なこと」です。人に対しては良くないイメージで使われることが多いですが、芸術の場合は独特の世界観を表す言葉として用いられます。

「退廃的」の正しい意味と使い方を覚えて、表現の幅を広げてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる