「ガバナンス」の意味や使い方とは?「コンプライアンス」との違いや類語も紹介

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「ガバナンス」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。ビジネス用語はなじみのないカタカナ語ばかりでわかりにくいですよね。今回は、「ガバナンス」の意味や類語に加え、「ガバナンスの重要性」や「コンプライアンス」との違いなどを徹底解説します!

    目次

    「ガバナンス」の意味とは?

    「ガバナンス」の意味とは?

    ここでは「ガバナンス」の意味を紹介します。 言葉の基本的な意味を押さえた上で、ガバナンスしっかりしている事で、どのようにステークホルダーとの信頼関係を築いていけるのかについて解説します。大企業などの大きな組織を統制する上で非常に重要な考え方になりますので理解しておきましょう。

    「統治・支配・管理」を指す

    ガバナンスという言葉を端的に表現すると、「統治・管理・支配」になります。主に企業における「統治・管理・支配」を表す言葉で、「健全な企業経営を目指す企業自体による管理体制」のことを表しています。日本においては、2000年代頃に有名企業において数々の不祥事が明るみに出ました。経営者による独善的な判断や情報漏洩といったリスクを未然に防止するために、正しく機能するガバナンスを整えることの重要性に大きな注目が集まりました。ガバナンスを整えることの具体的な内容は「内部統制リスクマネジメント向上させるための活動」や「指示系統を明確にすること」などが挙げられます。ガバナンス体制を構築し、強化していくことは日本の大企業においては必須の活動であるといえます。

    「ステークホルダー」との信頼関係を築く

    「ステークホルダー」とは「利害関係者」のことを表します。企業における利害関係者とは、主に取引先のことです。メーカーの場合、部品を購入している町工場であったり、出来た製品を納入している外国企業であったりします。その他にも株主や顧客、地域社会などもステークホルダーに含まれます。このような企業を取り巻くさまざまな集団に対して、信頼関係を築いていく上でガバナンス体制の構築は最重要の取り組みになります

    「ガバナンス」の類義語・言い替え

    「ガバナンス」の類義語・言い替え

    「ガバナンス」の言い換え表現を2つ紹介します。どちらの言葉もガバナンスを理解する上で重要な役割を果たすので、しっかり見ていきましょう。

    「統治力」

    「統治」とは、「主権者がその国の人民を支配し収めること」を指します。ガバナンスにおける主権者とは経営陣のことを指し、国は企業にとって変わります。つまり大企業において、経営陣が自分たちの企業の舵取りを適切に行っていることを指しています。「ガバナンス」の意味に「統治・支配・管理」とあったように、ガバナンスにおいて統治とは非常に重要な要素になります。

    「内部統制」

    「内部統制」とは「企業や行政機関などの組織において、業務が適正かつ効率的に進められるよう組織を統制するための仕組み」を指します。つまり「内部統制」とは、組織内で不正やミスなどを防止するとともに、組織の持つ力を有効にアウトプットできるよう仕組みを整えることを目指します。このように不正や違法行為を防ぐことに加えて、より効率的に業務が進められるようなプロセスを組み立てることも、内部統制において大切な考え方であるといえます。

    「ガバナンス」の重要性

    「ガバナンス」の重要性

    ここではガバナンスが機能していることの重要性について解説します。ガバナンスが効いている時のメリットとガバナンスが効いていない時のデメリットをそれぞれ2つずつ紹介し、現代社会において大企業がどのような力を求められているのかについて紹介していきます。

    「ガバナンス」が効いているときのメリット

    「ガバナンス」がしっかり機能していることで得られるメリットについて解説します。社内統制をしっかりすることの大切さに触れていきましょう。

    持続可能な成長力と競争力が得られる

    「ガバナンス」を強化することで、企業が持つ本来の力を発揮でき成長力や競争力を高める事につながります。企業経営が円滑に進むことで高い生産性を維持できるようになり、新規事業へ参入したり、より優秀な人材を確保したりするための余剰体力が生まれます。そうすることでより強固な組織体制の構築へとつながっていきます。このように企業経営が円滑に進むことの恩恵は、多岐にわたって広がってきます

    企業価値が向上する

    「ガバナンス」の強化によって、企業価値の向上という恩恵を得られます。「 ガバナンス」がしっかりとしている企業に対しては、対外的な信頼度を上げることにつながり、優良企業としての認知度が高まっていきます。それによりステークホルダーの利益が守られて、長期的な発展の礎が形成されていくでしょう。 最終的には企業価値向上によって株価が上昇したり、金融機関からの信頼が厚くなったりするなど、財務状態の安定につながっていきます。

    「ガバナンス」が効いていないときのデメリット

    逆に「ガバナンス」が効いていないことで被るデメリットについて紹介します。デメリットを理解することで、ガバナンスが必要不可欠であることがわかります。

    社会的信用の失墜

    ガバナンスがしっかり機能していないと、 不正や不祥事を防止できません。一度でも不祥事を発生させてしまうと、社会的信用を大きく損なうことにつながります。企業が使う製品によっては人の命に直結するものもあるため、その影響は甚大です。消費者や投資家から大きなバッシングを受けた時、財務状況が一気に悪くなることも考えられます。以上のことから、企業内の監視体制や業務プロセスの重要性がうかがい知れます。

    グローバル化についていけない

    現在の社会的情勢は、グローバル化に大きく傾いています。そのためガバナンスがしっかりしていないと、業務の効率性や経営の透明性などをを確保できず、世界の大企業と対等に渡り合えなくなってしまいます。日本の大企業は、海外での市場拡大や事業展開を行っているものも多いため、世界水準でのガバナンスの構築は必要最低限の企業努力であるといえます

    「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い

    「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い

    ここでは「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違いと、その他の「ガバナンス」と似た意味の言葉について解説します。ガバナンスやコンプライアンスのようなビジネス用語は、カタカナ語が多く初見で理解するのは難しいです。ここで紹介する言葉をきっかけに、意識して意味を調べてみても面白いかもしれません。

    「コンプライアンス」は「法令順守」

    「コンプライアンス」とは「法令順守」を表します。コンプライアンスが適用される範囲は、社会的な法律だけではありません。企業内のルールである「社内規範」や、社会常識などに基づく「社会規範」また企業理念や社会的責任などの「企業倫理」もコンプライアンスの適用範囲になります。この「コンプライアンス」を運用維持し、改善する役割を担うのが「ガバナンス」です。つまり、「ガバナンス」の中に「コンプライアンス」が含まれているのです。この包含関係をしっかり押さえておきましょう。

    そのほか「ガバナンス」と似た意味の言葉

    ビジネス用語には紛らわしいものが多いですよね。カタカナ語ばかりで混乱しがちです。ここでは、ガバナンスに関連するビジネス用語を2つ紹介します。整理しながら見ていきましょう

    「リスクマネジメント」

    「リスクマネジメント」とは、想定されるリスクを把握するための管理手法になります。企業経営は、多種多様な方面から想定外のリスクに見舞われる可能性があります。そのようなリスクに対して、被害を受ける前から事前に察知し対策できる仕組みを構築することが大切になります。その仕組みをリスクマネジメントと呼び、企業経営を行う上での機能として役割を果たしています。「コンプライアンス」と同様、「ガバナンス」の一部として「リスクマネジメント」が存在しています。

    「ガバメント」

    「ガバメント」とは、政治や政府を表します。つまり、国を統治・管理するのが「ガバメント」で企業を統治・管理するのが「ガバナンス」になります。発音がとても似ていますが、意味合いは全く異なるので使い分けに注意しましょう。

    「ガバナンス」の英語の意味

    「ガバナンス」の英語の意味

    「ガバナンス」はカタカナ語として日本に定着していますが、元々は英語由来の言葉です。綴りは「governance」となります。「 経営管理」といった意味の英語の同義語として「Business Management」という表現もあります。国内外において、このような企業統治の概念が広がったのは比較的最近のことです。世界各国においても企業統治の重要性に気がついている証拠であるといえます。

    「ガバナンス」の使い方と例文集

    「ガバナンス」の使い方と例文集

    最後に「ガバナンス」の使い方と例文について紹介します。典型的なビジネス用語であるため、ビジネスシーンで使われることが多いです。さっそく見ていきましょう。

    「ガバナンス」の使い方

    「ガバナンス」という言葉はビジネスシーンにおいて、「ガバナンスを強化する」「ガバナンスが効く」などといった使われ方をすることが多いです。こういった言葉を使う時は、管理体制や内部統制が企業の中できちんと機能しているかという点が一番の関心事です。意思決定層に関係する言葉であるため、トップダウン型の現代の大企業においては比較的使用頻度が高いでしょう。

    「ガバナンス」の例文

    「ガバナンス」を用いた例文を2つ紹介します

    ・「ガバナンス強化のための取り組みとして、定期的に監査が生産現場を見回りしている。」
    ・「去年不祥事が明るみに出たあの企業は、適切にガバナンスが効いていなかったと見える。」

    まとめ

    「ガバナンス」とは「統治・支配・管理」を指すことがわかりました。その他にも関連する用語として、「ステークホルダー」や「コンプライアンス」、「リスクマネジメント」など重要なビジネス用語をたくさん紹介しました。これら以外のビジネス用語についても積極的に調べてみると面白いかもしれません。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる