「オーバーホール」の意味とは?車や時計にまつわる使い方や語源・類語・英語表現も解説

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「オーバーホール」を知っていますか?車や時計を始め、ビジネスシーンにおいても使われるようになった「オーバーホール」。この記事では「オーバーホール」の意味や英語表現、「レストア」との違いまで解説します。社会人として頭に入れておきましょう。

    目次

    「オーバーホール」の意味とは?

    「オーバーホール」の意味とは?

    「オーバーホール」の意味を知っていますか?実は「オーバーホール」は日常生活とビジネスで意味が変わってくる言葉。ここでは「オーバーホール」の意味について解説します。「オーバーホール」の2つ意味をしっかりと覚えることによって、間違った理解をしてしまわないようにしましょう。

    日常生活における「オーバーホール」の意味

    日常生活における「オーバーホール」の意味とは「機械などを分解して点検や修理を行うこと」です。主に自動車や時計、パソコンに対して使われることが多いです。

    ビジネスにおける「オーバーホール」の意味

    ビジネスにおける「オーバーホール」が「徹底的な見直し」のことを意味しています。これは「オーバーホール」が「最初の状態に戻して最初からやり直す」という意味を含んでいるから。たとえば、「予算案」「事業案」などの徹底的な見直しに対して使われます。

    「オーバーホール」の由来・語源

    「オーバーホール」の由来・語源

    「オーバーホール」の由来・語源は英語の「overhaul」にあります。さらに、その英語の「overhaul」は「over」と「haul」という2つの単語を語源として作られました。

    「オーバーホール」の類義語・言い換え

    「オーバーホール」の類義語・言い換え

    ここでは「オーバーホール」の類義語・言い換えを紹介します。「オーバーホール」は使う場面によっては、言い換えをしたほうがわかりやすい言葉。また、横文字なので意味を知らないひともいます。そのような場合において「オーバーホール」を言い換えられないと問題ありです。「オーバーホール」の類義語・言い換えは身につけておきましょう。

    「オーバーホール」の類義語1「メンテナンス」

    「オーバーホール」の類義語1つ目は「メンテナンス」です。「メンテナンス」は英語で「maintenance」と書き、「維持」「保持」などを意味します。「メンテ」と略して使われることも多く、日常生活でも広く使われています。

    例文:私が好きなスマホゲームは現在メンテナンス中でプレイできない。

    「オーバーホール」の類義語2「修理点検」

    「オーバーホール」の類義語2つ目は「修理点検」です。「修理」とは「壊れたり傷ついたりしている部分に手を加えて、また使えるようにすること」を指しており、「点検」は「異常がないか細かく見ること」を指しています。よって、「オーバーホール」とは類義語の関係にあるのです。

    例文:定期的に修理点検をすることによって、いつも安全で快適に運転できる。

    「オーバーホール」の類義語3「整備点検」

    「オーバーホール」の類義語3つ目は「整備点検」です。「整備」とは「すぐに役に立つように準備したり、整えたりすること」を指しています。さらに「点検」は「異常がないか細かく見ること」を指しています。これも「オーバーホール」の類義語として知られています。

    例文:整備点検をしたばかりなのに不具合が多くて困っている。

    「オーバーホール」の類義語4「検査と修理」

    「オーバーホール」の類義語4つ目は「検査と修理」です。「オーバーホール」はもともと「徹底的に検査をして修理すること」を指しています。よって、「オーバーホール」の意味をストレートに表現した「検査と修理」は類義語なのです。

    例文:時計が動かなくなってしまったので検査と修理に出そうと思っている。

    「オーバーホール」の類義語5「徹底改善」

    「オーバーホール」の類義語5つ目は「徹底改善」です。これはビジネスにおける「オーバーホール」の類義語として知られている言葉。「徹底」は「すみずみまで行き届くこと」を指しており、「改善」は「よりよい状態にもっていくこと」を指しています。ビジネスで「オーバーホール」を使うときには「徹底改善」と言い換えても問題ないでしょう。

    例文:この会社の社内教育は徹底改善しないといけないと思う。

    「オーバーホール」の対義語

    「オーバーホール」の対義語

    「オーバーホール」の対義語としては以下のような言葉が挙げられます。

    ・破損する
    ・壊れる
    ・ダメージを与える

    これは「オーバーホール」に「修理する」「元どおりにする」という意味があるからです。

    「オーバーホール」と「レストア」の違い

    「オーバーホール」と「レストア」の違い

    「オーバーホール」と似た言葉として「レストア」があります。「レストア」は日常生活における「オーバーホール」の意味と混同して使われがち。しかし、「オーバーホール」と「レストア」は「修理する対象」に違いがあります。具体的には「オーバーホール」は「機械類の修理」を指しているのに対して、「レストア」は「車両全般を新品の状態に復元すること」を指しているのです。間違って使ってしまうと、相手に誤解を招く可能性がありますので、「オーバーホール」と「レストア」の違いは確実に覚えておきましょう。

    「オーバーホール」の使い方と例文集

    「オーバーホール」の使い方と例文集

    「オーバーホール」の意味や類義語・対義語を覚えていたとしても、使い方がわからなくては意味がありません。ここでは「オーバーホール」の使い方、使うときに注意点、それぞれの意味における例文を紹介します。実際にどんな場面で「オーバーホール」を使うのかを学び、実生活で活用できるようになりましょう。

    「オーバーホール」の使い方1「車や時計などに使う」

    日常的に使う「オーバーホール」は「車や時計」に使います。車においてはエンジンやトランスミッション、ロータリーエンジンに対して「オーバーホール」を使います。時計においては全体に使うのです。車のパーツが摩耗していたり、時計の時間が大幅にズレていたりなどの大きな問題がある場合には、「オーバーホール」を頼んだほうがいいでしょう。

    「オーバーホール」の使い方2「ビジネスのピンチに使う」

    「オーバーホール」はビジネスのピンチにも使えます。ビジネスにおいて「このままではダメになる一方だ」と判断したら、「オーバーホール」をしましょう。ビジネスにおける「オーバーホール」は「最初から徹底的に見直すこと」です。時間もコストもある程度かかるでしょうが、「オーバーホール」によって格段によくなる場合もありますので、行うようにしましょう。

    「オーバーホール」を使用するときの注意点

    「オーバーホール」を使うときには「修理の度合い」に注意しましょう。なぜなら、それほど大きな問題を抱えていない場合には「オーバーホール」という言葉は使わないから。車や時計などにおいてなら、機能的に大きな問題があるかないか。ビジネスにおいてなら、どれほど大きな問題なのか。これらを考えてから「オーバーホール」は使うようにしましょう。容易に問題が解決するのであれば「オーバーホール」は使わないのです。

    日常生活における「オーバーホール」の例文

    日常生活における「オーバーホール」の例文は以下の通りです。

    ・時計のガラスが曇るのでオーバーホールしようか検討している。
    ・オーバーホールしたことによって、時計が正確に時間を指し示すようになった。
    ・エンジンのパワーダウンはオーバーホールによって改善された。

    ビジネスにおける「オーバーホール」の例文

    ビジネスにおける「オーバーホール」の例文は以下の通りです。

    ・部長は事業案のオーバーホールを視野に入れているようだ。
    ・オーバーホールして社員教育を見直さないとマズい。
    ・クライアントの要求によって予算案のオーバーホールを余儀なくされた。

    「オーバーホール」を英語でいうと?

    「オーバーホール」を英語でいうと?

    「オーバーホール」を英語で表現すると「overhaul」となります。また、ひとに対して「元の状態に戻す」といいたいときには「overhaul」ではなくて、「recuperate」を使いましょう。

    例文1:You need a lot of money to overhaul your car.(車のオーバーホールにはたくさんのお金が必要だ。)
    例文2:Sam is back in the game after recuperating from his injury.(サムは怪我から復帰して試合に戻ってきた。)

    まとめ

    「オーバーホール」は「徹底的に点検や修理をする」という意味をもっています。よって、それほど大きな問題でない場合には「オーバーホール」は使いません。「オーバーホール」は日常生活でもビジネスでも意味を変えて使われる言葉。ビジネスシーンで「オーバーホール」が登場したときに意味がわからないなんて恥ずかしいことです。しっかりと「オーバーホール」の意味を理解して、使えるようになりましょう。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる