「掲題」の意味とは?類語「表題・標題」との違いと使い方

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「掲題の件」は文書やビジネスで使われて、社内のメールのやり取りでも目にする表現です。しかし、「掲題の件」の意味や使い方が合っているのか気になっている人もいるでしょう。「掲載の件」の意味や使い方について、項目ごとに解説していきます。

    目次

    「掲題」の読み方は?

    「掲題」の読み方は?

    ビジネスの場面で見る機会がある「掲題」ですが、読み方は「けいだい」です。掲は音読みと訓読みで読み方が異なるため、把握しておきましょう。掲の音読み「けい」、訓読み「かかげる」となっており、「高くあげる」の意味を持っています。

    一方、題は音読み「だい」で、書物や作品などタイトルや標題の意味があります。小学校の時に習う漢字であるため、多く人が「書く・見る」などしたことがあるでしょう。「掲」と「題」が2文字になった「掲題」を覚えておくことをおすすめします

    「掲題」の意味とは?

    「掲題」の意味とは?

    2つの意味がある「掲題」は双方とも共通している点があります。1つ目の意味は「題として掲げること」で、2つ目が「掲げられた題」です。「題」としては同じ意味を持っていますが、異なる部分があるため注意しましょう。

    「掲題」はビジネスの場面で使われることが多く、会話やメールなどのやり取りで出てくる言葉です。日常生活で使用する機会は多くありませんが、意味を覚えておくと損はないでしょう。「掲題」の言葉を使う機会がない人は、「読み方・意味・漢字」をしっかりと確認しておいてくださいね。

    「掲題」の類語は複数ある

    「掲題」には複数の類語が存在しており、「表題・標題・首題・首記」の4つです。日常生活やビジネスの場面で聞くことや見ることがある言葉もあるでしょう。4つの類語「表題・標題・首題・首記」は意味が似ている点もあり、実際に使用する場合に使い分ける必要があります。

    「掲題」の類語である「表題・標題・首題・首記」の使う場面や注意点について、正しく把握していきましょう。

    「表題・標題」とは使う場面に違いがある

    「掲題」は「表題・標題」と使う場面が違ってきます。「表題・標題」の読み方は、「ひょうだい」と同じです。2つの言葉の意味は、「書籍・重要書類・さまざまな作品の題名」となっています。2つの言葉は読み方や意味が同じですが、若干の違いがあります。

    例えば、「表題」の方は主題、「標題」が副題と分ける場合があるのです。複数のメールを送る時に「表題」、1つずつのメールには「表題」と使い分ける人もいます。「表題・表題」の意味は同じになっているため、どちらを使っても問題はありません。

    「首題・首記」も近い表現

    「掲題」の類語として、「首題(しゅだい)」と「首記(しゅき)」があります。それぞれの言葉の意味は首題が「文章などの初めてに書いている題」、首記には「文章の初めに書いてあること」となっています。

    「首題・首記」は「掲題」と同じようにビジネスの場面で使われるため、見る機会が多いでしょう。文書やメールで「首題・首記」を見ることがあった場合は、「掲題」の類語だと判断してください。

    「掲題」の類語「表題」「標題」の違い

    「掲題」の類語「表題」「標題」と使い分け方

    「掲題」の類義語である「表題」と「表題」の違いや使い分け方を把握しましょう。「表題」「標題」が「掲題」とどのような違いや使い方があるのか、知っておくことをおすすめしますよ。

    「掲題」と「表題」の意味の違いと使い分け

    ビジネスの場面で「掲題・表題」の両方を見る機会があるでしょう。取引先や社内でのメールのやり取りで使われる言葉ですが、意味は「題目」を指しています。しかし、2つの言葉は使い方が違い、公用文や厳密なビジネスのメールでは「表題」を使用します。

    「掲題」はビジネスの場面でよく使われる言葉ですが、公用文や厳密なビジネスメールではおすすめできません。なぜなら、「掲題」は辞書に記載されていない場合があり、人によって違和感を覚えるからです。

    「掲題」と「標題」の意味の違いと使い分け

    「標題」は「掲題・表題」と同じで、「題目」を意味しています。しかし、「表題」と同様に「標題」は公用文や厳密なビジネスメールで使用するようにしましょう。使い分ける理由は人によって違和感を覚えるため、「掲題」よりも「標題」の方をおすすめします。

    「掲題」の使い方と例文

    「掲題」の使い方と例文

    「掲題」の類語として「表題・標題・首題・首記」の4つがあり、状況に応じて使い分けを行います。ここでは4つの言葉を含めて、「掲題」の使い方と例文について、見ていきましょう。

    「掲題の件」を使う場面とは?

    「掲題の件」はビジネスの書類やメールの題目のことを指します。ビジネスの場面で取引先や上司・同僚とのやり取りの際に、「掲題の件」を使うことがあるでしょう。「掲題の件」を使用することで本文を短くできます。また、同じタイトルを繰り返すことで相手が不快に感じることも有り得ます。

    「掲題の件」はタイトルを省略できますが、状況に応じて使い分けましょう。同時に並行して複数の内容の案件を相談しているときには、「掲題の件」を使うことで相手が混乱してしまうこともあります。タイトルが長い場合は「掲題の件」にする方法もありますが、やり取りの内容次第で使い分けるようにしましょう。

    「掲題の件」のビジネスで控える

    ビジネスの場面では、「掲題・表題・標題」の言葉を使います。「掲題の件」は一般的なビジネスメールで使いますが、状況によっては「掲題の件」を控えることがあるのです。「掲題の件」は、厳密なビジネスの場面では使用を控えましょう。メールや書類を受け取る相手によって、「掲題」の言葉に違和感を覚える場合があるからです。

    ビジネスの場面では、「表題・標題」を使用することをおすすめします。特に社会人はメールや書類を扱う機会が多く、相手によって題目を指す言葉が違うでしょう。ビジネスの場面で適切な言葉を使えるように覚えてください。

    「掲題の件」以外でビジネスで使う表現

    「掲題の件」は一般的なビジネスで使えますが、他の表現をおすすめします。「表題の件」や「標題の件」をビジネスの場面で使うようにしましょう。ビジネスの場面ではさまざまな人とやり取りをするため、相手に不快な思いをさせていないように配慮する必要があります。そのため、さまざまなビジネスで使える「表題の件」や「標題の件」がおすすめです。

    「掲題の件」は誰でも使える

    「掲題の件」は同僚だけではなく、目上の人にも使える言葉です。一般的なビジネスの場面で使えるため、メールや書類の作成の際はタイトルに入れられます。しかし、目上の人に対して敬語の表現を入れるようにすると、不快な思いをさせることはありません。「掲題の件」を使う時は、メールや書類のやり取りを行う相手の立場を考えるようにしましょう。

    「掲題」の例文

    「掲題」をビジネスで使う場合にどのような使い方をするのか、例文を挙げてみました。

    例文
    • 掲題の件につきまして、ご検討のほどよろしくお願いいたします。
    • 掲題の件、よろしくお願いいたします。
    • 掲題の件について、ご不明点がございましたらご連絡ください。

    「掲題の件」はビジネスのメールで使う機会が多く、覚えておくと便利です。しかし、ビジネスの場面によって、他の類語「表題の件・標題の件」を使ってください。一般的なビジネスのやり取りでは「掲題の件」を使っても問題ありません。

    「掲題」の英語表現

    「掲題」の英語表現

    「掲題」を英語で表現すると、「title」となります。また、「Title of the matter」と表現できますが、「title」と表現する方が適しています。「title」の英単語は難しくないため、相手にも理解しやすいでしょう。英語で表現する際は、誤字がないように気を付けてください。

    まとめ

    「掲題の件」はビジネスの機会が使われるため、「表題・標題」も含めて覚えておきましょう。「表題・標題」もビジネスの機会で使うため、状況に応じて使えるようにしておくと便利です。厳密なビジネスの場合は、「掲題」以外の類語を使うようにしましょう。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる