「アンバサダー」の意味や使い方とは?英語表現、類語「インフルエンサー」との違いも紹介

アンバサダー

TVなどで日々耳にする「アンバサダー」という言葉。芸能人が企業のイメージモデルとして活動することかな?と思いがちですが、正確な意味を知る方は少ないかもしれません。「アンバサダー」の正確な意味と特徴、「インフルエンサー」との違いを説明します。

目次

「アンバサダー」の意味と語源

「アンバサダー」の意味と語源

TVの広告などで「~アンバサダー」という言葉をよく耳にしますよね。「アンバサダー」の意味と、どこから来た言葉なのかをかんたんに説明します。

「アンバサダー」の意味

「アンバサダー」とは、企業や製品などの広告塔で、「親善大使」とも言います。主に有名人が企業のキャンペーンなどに参加することを「アンバサダー」と呼びます。一方、ビジネスシーンにおいて、ある製品・サービスなどの熱狂的なファンを「アンバサダー」と呼ぶこともあります。

「アンバサダー」の語源は「大使」を意味する英語「ambassador」から

「アンバサダー」は英語で大使を意味する「ambassador」から由来する言葉です。英語では主に国を代表して海外に在中する大使を意味するなど、日本語の「アンバサダー」より公的な立場の人を表す使い方をします。

「アンバサダー」の特徴

「アンバサダー」の特徴

では「アンバサダー」は実際どういった役割を担っているのでしょう。アンバサダーの特徴についてかんたんに説明します。

マーケティング手段の1つ

日本における「アンバサダー」はマーケティングの手段として使われることが多いです。「アンバサダー」を起用することで、ブランドや製品の宣伝効果・売上向上などを狙うのです。これを「アンバサダーマーケティング」とも言います。

芸能人だけじゃなく、SNSを使用する一般の人にもできる

「アンバサダー」といえば芸能人やスポーツ選手などをイメージしやすいですが、実はSNSなどで発信力を持っている一般の人も「アンバサダー」になれます。有名人ほどの波及効果はありませんが、等身大の人が商品やサービスについていい口コミ作成することで、その商品やサービスについてより親身に感じたり、関心を持たせたりする効果を発揮します。

「アンバサダー」を利用して、またアンバサダーを増やす効果も

「アンバサダー」が商品やサービスのファンとして口コミなどをSNSで拡散させると、その「アンバサダー」のファンや他の人もその口コミに興味を持ち、好感を持つようになります。そうやって「アンバサダー」のファンがまた新たな「アンバサダー」になっていきます。

分野別の「アンバサダー」の使い方

分野別の「アンバサダー」の使い方

「アンバサダー」が活用される代表的な分野を3つ紹介します。

商品の広告

みなさんが一番身近で「アンバサダー」を接している分野として、商品の広告があります。企業や商品のイメージにピッタリな有名人などを起用し、CMを制作したり、SNSで情報を拡散したりします。

オリンピックなどの国の行事

オリンピックなど、国の大きな行事が行われるときは複数の有名人がTVに出て、行事の趣旨を説明したり、日程などをPRしたりしますよね。それも「アンバサダー」の1つです。普段から大衆的なイメージを持つ有名人やその行事に関係する有名人が起用されることが多いです。

観光大使など地域の宣伝

主に地方における「〇〇観光大使」などもこの「アンバサダー」の1種です。その地域出身や地域にゆかりがある芸能人・有名人が起用されることが多いです。地域をPRする動画やポスターなどを作成し、よりその地域に足を運ぶ人を増やすことを目的とします。

「アンバサダー」の関連語

「アンバサダー」の関連語

「アンバサダー」が入る言葉として、他はどういったものがあるでしょうか。各関連語の意味をかんたんに説明します。

アンバサダーマーケティング

「アンバサダー」を利用したマーケティング活動全般を「アンバサダーマーケティング」と言います。有名人を「アンバサダー」に起用して商品を説明するイベントを開いたり、SNSを利用する一般の人に商品を提供し、実際利用した感想などをSNSに投稿してもらったりすることも「アンバサダーマーケティング」の一環です。

アンバサダーホテル

東京ディズニーリゾートの敷地内にある「アンバサダーホテル」はディズニーウェディングとしても有名です。国を代表する「大使」へ最上級のおもてなしをするように、ホテルに訪れるお客様にも最高のおもてなしをするという気持ちを込めて付けられた名前だそうです。

ブランドアンバサダー

「ブランドアンバサダー」は大きく2つに分かれます。企業のCMなどに有名人が起用される場合と、一般の人がブランドのファンになり、SNSにブランドについて肯定的な書き込みをしてくれる場合です。一般の人の場合、企業からの声掛けのケースもありますが、自発的な発信であるケースもあることが特徴です。

アンバサダー募集/アンバサダー契約

「アンバサダー募集」は主に一般の人向けに行うことが多いです。応募で集まったアンバサダーは「アンバサダー契約」を結び、一定期間SNSなどで活動します。契約にはブランドに対して否定的な発言をしない・他社と二重で契約しないなど、制約や注意点が書かれていることが多いです。

スチューデントアンバサダー

「スチューデントアンバサダー」は主に大学などにおける親善大使です。複数名選出される場合が多く、半年~1年程度の活動の中で、学校のイメージ向上やPRにつながるグループワークなどを行います。

ネスカフェアンバサダー

企業が一般の人に声をかけ「アンバサダーマーケティング」を展開している代表的な例として、ネスレの「ネスカフェアンバサダー」があります。登録するとコーヒーマシン無料貸し出し、コーヒーや軽食の定期配送サービスを受けられます。

ディズニーアンバサダー

世界中のディズニーパークで、ディズニーの魅力をゲストに伝える役割をするのが「ディズニーアンバサダー」です。「ディズニーアンバサダー」はスタッフである「キャスト」の中から選ばれます。

「アンバサダー」の類義語との違い

「アンバサダー」の類義語との違い

主に動画配信サービスなどのSNSで活躍する「インフルエンサー」は大衆に影響を与えるという点で「アンバサダー」ととても似ていますよね。「アンバサダー」の類似語とそれぞれの違いについてかんたんに解説します。

「アンバサダー」と「インフルエンサー」の違い

「インフルエンサー」は影響を与える人という意味で、主にSNS上で活躍する人を表す言葉です。ある分野の専門家であったり、知識が豊富だったりするケースが多く、それに魅了されたファンがコミュニティを形成していることが特徴です。

企業は「インフルエンサーマーケティング」を行うとき、ファンのコミュニティに呼びかける方法をよく使います。「インフルエンサー」がブランドのことを肯定することで、そのファンもブランドに好感を持てるのです。一方「アンバサダー」は、ブランディングに使われることが多く、有名人と長年アンバサダー契約を結ぶことによって有名人=ブランドというイメージを作り上げる方法が多いです。

「アンバサダー」と「エバンジェリスト」の違い

「エバンジェリスト」はIT業界における新しい仕事であり、難しいIT技術を一般のユーザーにわかりやすく伝える人です。セミナーなどで自社の技術をわかりやすく説明することで、ユーザーの商品選択を手伝います。

主に商品の肯定的な部分を伝える「アンバサダー」とは違い、「エバンジェリスト」は業界のイシューや自社製品の改善点なども伝える場合があります。

「アンバサダー」と「メッセンジャー」の違い

「メッセンジャー」は伝言を届ける人という意味です。「アンバサダー」が商品やサービスを広めることに比べて、「メッセンジャー」はただ伝達するという違いがあります。

「アンバサダー」の英語表現

「アンバサダー」の英語表現

「アンバサダー」の英語表現とその例文を紹介します。

ambassador

「大使」の意味として使う場合は「ambassador」と書きますが、ブランドの広告塔という意味で使う場合は「Brand ambassador」などの表現を使います。

「ambassador」を使った例文

では「ambassador」を使った例文を見てみましょう。
・He was appointed U.S. Ambassador to Tokyo.
彼は東京の米国大使として任命された。
・She has been active in the role of brand ambassador for many years.
彼女はブランドアンバサダーとして長年活躍している。

まとめ

「アンバサダー」はブランドの親善大使で、そのブランドを大衆に広め、ファンを増やす役割をしています。「アンバサダー」の意味とあわせ、「インフルエンサー」などとの違いも覚えてくださいね。

アンバサダー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる