「バーター」の意味とは?シーンごとの使い分け方や類語、例文も紹介

バーター

「バーター」とは、もともと物々交換をさす言葉です。ビジネスシーンをはじめ、選挙時や芸能界などでも広く使われますが、その意味は使用シーンにより微妙に異なります。今回はシーン別の「バーター」の意味や類語や例文を紹介します。

目次

「バーター」の意味とは?

「バーター」の意味とは?

バーターは交換するという意味を持つ単語です。主にモノとモノなど金銭を介さない「物々交換」を指すことが多く、交換条件や交渉条件とした意味合いで使用されることもあります。また、一部の業界では、抱き合わせや束売りと意味で用いられることもあります。

「バーター」の由来・語源

「バーター」の由来・語源

バーターという言葉は、英語の「Barter」が語源とされています。「Barter」は物々交換や交換品を意味する英単語で、金銭が発生しない商品と商品の取引を表す言葉としてビジネスシーンで使われるようになりました。また、主に芸能界などで使われる「バーター」は束売りの「束(たば)」を逆さ読みしたことが語源とされています。

ビジネスでの「バーター」の使い方・例文

ビジネスでの「バーター」の使い方・例文

バーターはビジネスの現場でもよく使われる言葉です。取引先などとの間で使われるバーター取引、国家間で行われるバーター貿易などの意味から、広告業界、選挙などで使われるバーターまで詳しく解説します。バーターを使った例文も併せて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ビジネスシーンで使われる「バーター」

ビジネスシーンにおける「バーター」は、上述した通り、物々交換や交換条件といった意味で多く使われます。近年では、モノとモノだけに限らず、人と人、サービスとサービスなど幅広い意味で使われるようになってきました。物々交換というと、以下で紹介する「バーター取引」や「バーター貿易」など社外の人とのやりとりのイメージするからも多いでしょう。しかし、同じ職場の同僚と互いの仕事を取り替えて作業する、お互いの苦手分野をカバーしあうといった場合にも「バーター」が使用できます。
また、ギブ・アンド・テイク(Give and Take)と同じ意味合いで、何かをしてもらった見返りに何かを相手に与える、自分が請け負った仕事の見返りを相手から受け取るといったケースでもバーターが使用されます。

バーター取引

「バーター取引」とは、金銭を介さない、モノとモノとの取引を指します。バーター取引の対象となるものはモノ(商品)やサービス、人材など多岐に渡り、商品を購入する代わりに相手方が提供するサービスを受けるという取引も可能です。
手元に現金がなくても取引できるなどメリットも大きい取引手法です。しかし、一方でデメリットや注意点もあります。一般的にバーター取引を持ち掛けるのは、取引において有利な立場にいる側と言われています。そのため、相手からバーター取引を持ち掛けられた場合は、取引にメリットがあるか、自分たちの損失に繋がらないかをよく検討する必要があります。

バーター貿易

バーター貿易とは、物々交換の形で行う貿易方法です。 貿易を行う二国間の輸出輸入の全てを等価交換するものから、一定期間後に交換によって発生した差額を現金精算するものまでさまざまな手法があります。
金銭を介さないため、特に通貨単位が違う国同士のバーター貿易は外交問題を生みやすいとも言われています。しかし、発展途上国など外貨不足に悩む国にとっては、手元に現金がなくても取引ができたり、現金を得られたりする欠かせない手法となっています。

広告業界における「バーター」

広告業界でもバーターがよく行われています。一般的にテレビや雑誌、Webなどのメディアに広告を出すには、それ相応の広告掲載費用がかかります。広告業界におけるバーターは、広告費用を金銭で受け取る代わりに、企業から商品やサービスを受け取ることで、広告の枠を提供する手法を指します。

選挙でも行われる「バーター」

実は選挙のシーンでも「バーター」が行われることがあります。選挙におけるバーターとは、A党がとある選挙区でB党の候補者を応援する代わりに、別の選挙区でB党がA党び候補者を応援するといったケースが当てはまります。

ビジネスシーンで使われる「バーター」の例文

「バーター」はビジネスシーンでどのように使われているのでしょうか。「バーター」を使った例文を紹介します。

ビジネスシーンにおける「バーター」の例文
・A社からバーターを持ち掛けられたが、提示された条件では我が社のメリットが薄そうだ。
・先日のバーターの件、前向きに検討しますよ。
・私の仕事とあなたの仕事をバーターするのはどうかしら?
・バーターであの雑誌の広告枠を勝ち取った。
・選挙戦はバーターで勝ち抜きましょう。

芸能界で使われる「バーター」とは?

芸能界で使われる「バーター」とは?

バーターはビジネスシーンだけでなく、芸能界でも頻繁に使用されています。ただし、芸能界で使用されるバーターは、ビジネスで使用されるバーターとは全く異なった意味を持っています。

芸能界で使われる「バーター」の意味

芸能界では「束売り」、「抱き合わせ」といった意味でバーターが使われています。 主に「バーター出演」という言葉が業界用語として頻繁に使用されています。

バーター出演

バーター出演とは、芸能事務所が所属のタレントを売り出すために使われる手法です。抱き合わせ、束売りという言葉の通り、自社のタレントを出演させる際に、もう1人(グループ)別のタレントを一緒に出演させてもらうことを指します。

バーター出演はなぜ行われる?

芸能界ではバーター出演が日常的に行われています。これは、バーター出演により、芸能事務所と番組製作側の利害が一致するためです。タレントはテレビなどメディアに出なければ、人気も知名度も利益もあげられません。芸能事務所としては所属するタレントを少し多くメディアに出演させたいところ。一方番組製作側は、人気のタレントに番組出演してもらい視聴率をあげたいという思いを持っています。バーター出演は、このような両者の希望を叶えるのに最適な手法といえます。

芸能界で使われる「バーター」の例文

「バーター」は芸能界でどのように使われているのでしょうか。「バーター」を使った例文を紹介します。

芸能界における「バーター」の例文
・たとえバーター出演だとしても、テレビに出られるなんて夢のようだわ。
・タレントAのバーターとして、我が事務所の新人タレントも1人出演させてもらえませんか?
・Aさんのバーターで出演していたあの俳優、とても存在感があってよかったね。
・バーターでいいからあの番組にでたいです!なんとかしてもらえませんか?

バーター症候群は先天性の腎臓障害

バーター症候群は先天性の腎臓障害

バーター症候群は先天性尿細管機能障害で、低カリウム血症や代謝性アルカローシスを特徴とする症候群です。先天性障害のため、新生児期に腎臓障害を起こし、発熱、嘔吐、脱水、多飲多尿、成長障害などの症状が出る可能性があります。根本的な治療法は確立されておらず、カリウム製剤の使用など対症療法が中心とされています。

バーターの類義語・言い換え表現

バーターの類義語・言い換え表現

日本でもよく耳にする「バーター」ですが、馴染みのない方にはその意味が伝わりづらいかもしれません。ここからはビジネスで使用されるバーターと芸能界で使用されるバーター、それぞれの類義語、言い換え表現について紹介します。

ビジネスシーンで使われる「バーター」の言い換え・類義語

ビジネスシーンでの「バーター」は以下のような言葉で言い換えが可能です。
・交換条件
物事を引き受ける代わりに相手に求める条件。交渉条件とも。
・トレード
売買取引。プロスポーツなどチーム間で選手同士を移籍、交換を行うこと。
・代物替え
品物と品物を交換すること。物々交換と同義。

芸能界で使われる「バーター」の言い換え・類義語

芸能業界でのでの「バーター」は以下のような言葉で言い換えが可能です。どの言葉も売れているタレントと一緒に人気のないタレントや知名度の低い新人を合わせて売り出すという意味を持っています。
・抱き合わせ
・セット売り
・束売り
・便乗売り出し

まとめ

「バーター」は交換するという意味を持つ言葉です。交換の範囲はモノとモノだけでなく、サービスや人材、仕事内容など多岐にわたります。また、芸能界ではタレントを売り出したり、視聴率をあげるための手法としてバーターが行われています。ビジネスシーンにおけるバーターと芸能界でのバーターは意味が異なります。両者の違いや特徴を理解し、正しく使えるようにしておきましょう。

バーター

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる