「拙い」の意味や使い方とは?読み方・類語・対義語・英語表現も例文解説

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「拙い」という言葉を聞いたことはありますか?比較的難しい漢字が使われているため、馴染みのない方もいるでしょう。今回は「拙い」という言葉の意味や使い方に加え、類語や英語表現について詳しく例文解説します!

    目次

    「拙い」の意味とは?

    「拙い」の意味とは?

    「拙い」という言葉の意味を紹介します。日常生活やビジネスシーンにおいても使われる言葉になるので、その意味をしっかり把握しておきましょう。

    「能力が劣っている」「下手である」という意味

    「拙い」という言葉には「能力が劣っている」や「下手くそである」という意味があります。こういった意味合いであることから、謙譲表現で使われる言葉多いです。例えば「拙い説明でしたがご理解いただけましたでしょうか?」というように、相手の理解を確認する際に用いられることがあります。 また、「不都合である」といった意味もあり「その点について突っ込んで話を聞かれると拙い。」というような使われ方をします。「拙い」という言葉はさまざまな意味を持つ言葉です。そのほかの意味についても詳しく見ていきましょう。

    「味がまずい」「見にくい」という意味もある

    「拙い」という言葉には「味がまずい」「醜い」という意味合いもあります。 味の状態が悪いことや見た目の状態が悪いことを表現するときにも「拙い」という言葉は使われます。 これら全体の意味合いを通して「拙い」という言葉が持っているニュアンスは「相対的に見て状態が悪いこと」であるといえるでしょう

    「拙い」の読み方

    「拙い」の読み方

    「拙い」という言葉には2つの読み方があります。1つ目は「つたない」2つ目は「まずい」です。1つ目の「つたない」という読み方をするときの意味として、 「能力が劣っている」「下手である」が挙げられます。また、2つ目の「まずい」という読み方をするときの意味として、「味がまずい」「見にくい」が挙げられます。これら2つの意味に対する読み分けは厳密なものではありませんが、拙いと書いて「まずい」と読めることも覚えておくとよいでしょう。

    「拙い」の類義語・言い替え

    「拙い」の類義語・言い替え

    ここでは「拙い」という言葉の類語や言い替え表現について紹介します。今回紹介するのは「不器用」と「稚拙」の2つの言葉です。似たような意味の言葉を理解することで、表現の幅が広がります。それぞれの言葉の意味について詳しく見ていきましょう。

    「不器用」

    不器用という言葉は「手先が器用でないこと」や「物事の処理がうまくないこと」を表しています。またくだけた表現として「ぶきっちょ」という言葉もあり、意味は「不器用」と変わりません。また一般的に知られている「手先が器用でないこと」という意味のほかにも、「道理にはずれていることや卑劣であること」という意味も「不器用」という言葉は持っています。ただ、現代的な使われ方としては「手先がおぼつかないこと」や「物事を進めるのに要領が悪い様子」などを表すときによく用いられています

    「稚拙」

    「稚拙」は「ちせつ」と読み「技術面や精神面において発達しきっておらず、物事を進めることが下手である様子」を表す言葉です。似た意味の言葉に「未熟」がありますが、この言葉は「技術面だけにおいて未発達であること」を表現する言葉であるのに対し、「稚拙」という表現は「技術面のみならず精神面においても発達していない様子」を表す言葉になります。この意味合いからもわかるようにマイナスのニュアンスを持つ言葉になるため、使う際は注意が必要です。

    「拙い」の対義語

    「拙い」の対義語

    「拙い」という言葉の対義語について紹介します。ここで紹介する言葉は「巧妙」と「堪能」です。反対の意味を持つ言葉を知っておくと、相対的にニュアンスを把握できるようになります。

    「巧妙」

    「巧妙」とは「こうみょう」と読み、「非常に巧みである様子」を表す言葉になります。技術面において熟達しており、レベルの高い成果物を生み出せる職人や技術に対して使われます。また犯罪の手口などにおいても「巧妙」は使われ、「一連の窃盗事件の巧妙な手口から、同一犯によるものと思われる。」というような使われ方をします。いずれにしてもハイレベルな技術を形容する際に使われる言葉になります。

    「堪能」

    「堪能」は「たんのう」と読み「芸や学問に深く通じているさま」を表す言葉になります。元々は「かんのう」と読まれていましたが、いつしか「たんのう」とも読まれるようになり、現代においては「たんのう」と読むのが正しい熟語となりました。技術レベルが非常に高い人を表すときに使われる言葉で「彼は英語が堪能である。」というような使われ方をします。

    「拙い」はネガティブ表現?

    「拙い」はネガティブ表現?

    「拙い」という言葉はネガティブ表現にあたるのかについて深掘りします。ネガティブな意味合い以外にも、「拙い」という言葉はさまざまなニュアンスを持っています。それらについて詳しく見ていきましょう。

    謙遜するために使われる事が多い

    「拙い」という言葉は主に謙遜するための表現として使われることが多いです。自分の説明や発表に対して、自己評価としてうまくいったと感じていたとしても「私の分かりやすい発表でご理解いただけたでしょうか。」のように上から目線で相手に尋ねるのは明らかに失礼にあたります。そこで自分の説明や発表に対して、「私の拙い発表でご理解いただけたでしょうか。」というように謙譲表現を挟むのがビジネスシーンにおいては正解だといえます。実際に拙いかどうかは問題ではなく、そういった定型表現があることを覚えておくとよいでしょう

    ポジティブ表現の前置きとしても使われる

    「拙い」という言葉には技術レベルが劣っているというニュアンスがあるため、基本的にはマイナスの意味合いを持ちます。しかし、相手を賞賛するための前置きとしても「拙い」という表現を用いられるときがあります。例えば「彼の説明は拙いものだったが、その熱意は非常に伝わってきた。」というように使われます。この場合説明の技術としてはまだ発展の余地があるものの、心の中に宿す伝えたいという気持ちだけは認めたという意味になります。ただ「彼の説明には熱意がこもっていた。」と表現するよりも「熱意」を強調できるため、技巧的な表現になります。

    「拙い」を英語でいうと?

    「拙い」を英語でいうと?

    「拙い」の英語表現について紹介します。英語表現を身につけておくと、海外に行った際に役に立つことが出てきます。英語表現についてももれなく理解しておきましょう。

    「unskillful」

    「unskillful」で「拙い」の英語表現になります。例えば「I am sorry for my unskillful Japanese. 」で「拙い日本部でごめんなさい。」という意味の文になります。「skillful」で「技術レベルが高い」という意味になるので、それに否定の接頭語である「un」をつけることで「拙い」という意味が表現されています。

    「clumsy」

    「clumsy」も「拙い」の英語表現になります。「He’s clumsy with tools.」で「彼は道具の扱いが拙い」という意味の文になります。

    「拙い」の使い方と例文集

    「拙い」の使い方と例文集

    「拙い」の使い方と例文について紹介します。正しい使い方を身につけておくことで、ビジネスシーンや日常的な会話においても自信を持ってコミュニケーションをとれるようになります。

    「拙い」の使い方

    「拙い」という言葉は、他者の技術レベルの低さを表現するときにも使われますが、自分の技術レベルに対して使うことで謙遜の色を表現するときにも用いられます。例えばビジネスシーンにおいては、メールの文面や上司に対して意見するときなどに、自分の意見に対して「拙い」という言葉を用いられます。「拙い」という前置きをすることで、柔らかい印象を与え、謙譲のニュアンスを含ませる事が可能になります。

    「拙い」を使用するときの注意点

    「拙い」という表現をうまく使いこなせるようになると、相手に慎ましい印象を与えられます。謙譲語としての役割も果たすため、ビジネスシーンにおいては非常に便利な言葉になります

    「拙い」の例文

    「拙い」という言葉を用いた英文を2つ紹介します

    ・彼女のスピーチはまだまだ拙いものだったが、この一カ月間死に物狂いで練習したことが伝わってきた。
    ・拙い意見になりますが、私は新規の案の方が現状の問題に対しての抜本的な対策になるかと思います。

    まとめ

    「拙い」という言葉は「能力が劣っていること」や「下手である」という意味を表す言葉です。その他にも「味がまずい」という意味なども持ち合わせています。またネガティブ表現でありながらも、自分に対して用いることで謙譲語としての役割も果たします。ビジネスシーンにおいては使い勝手がよい言葉になるため、正しい意味と使い方を理解し使いこなしていきましょう。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる