「天邪鬼」の意味とは?由来や使い方、類義語・英語表現も解説

天邪鬼
目次

「天邪鬼」の読み方と意味とは?

「天邪鬼」の読み方と意味とは?

「天邪鬼」は一般的な会話や、小説などの文章の中に出てくることも多い、日常的に使われる言葉です。だからこそ、その読み方や意味を正しく理解していないと恥ずかしい思いをすることになります。まずは「天邪鬼」の読み方と意味からチェックしていきましょう。

「天邪鬼」の読み方

「天邪鬼」は「あまのじゃく」と読みます。「天」を「あま」と読んだり「鬼」を「く」と読んだりする言葉は少なく、「てんのじゃき」などと読み間違えてしまう可能性もあるので注意が必要です。同じ読み方で「天の邪鬼」と表記される場合もありますが、どちらを使っても間違いではありません。

「天邪鬼」の意味

「天邪鬼」とは、わざと人と反対のことを言ったりやったりすること、またそのような人という意味です。大多数が「右」と言うような場面でわざと「左」と言うなど、その場の雰囲気を乱すような行動や、そういった行動をする人に対して使われます。

「天邪鬼」とはどんな性格?

「天邪鬼」とはどんな性格?

「天邪鬼」な性格とは、人の意見やアドバイスを素直に聞き入れなかったり、わざと人と違う行動をしたりする性格のことを言います。「天邪鬼」な性格の人は、褒められても素直に喜びを表現しなかったり、間違いを指摘されても意地になって間違いを正そうとしなかったりします。恋愛においては、好きな人にわざと冷たくあたってしまうなど、自分の気持ちと反対の行動をとってしまうことが多いです。

「天邪鬼」の由来・語源

「天邪鬼」の由来・語源

「天邪鬼」は古くから使われている言葉で、その語源は諸説あるといわれています。ここでは仏教における「天邪鬼」と日本古来の「天邪鬼」を取り上げて、詳しく解説していきます。

仏教における「天邪鬼」

仏教では、毘沙門天の腹部にある鬼の面のことを「海若」(かいじゃく・あまのじゃく)と呼んでいました。これが、同じ読みをする「天邪鬼」と一つになり、人間の煩悩の象徴として四天王に踏み付けられている足元の鬼を指すようになったといわれています。

日本古来の「天邪鬼」

日本古来の「天邪鬼」は、日本書紀や古事記に登場する神様の「天探女」(あめのさぐめ)が由来であるといわれています。この天探女は人の心を探ることのできる神様で、その力を使っていたずらをしていました。それが天照大神の怒りに触れ、「天の邪魔をする鬼」という意味で「天邪鬼」といわれるようになったとされています。

「天邪鬼」の類義語・言い換え

「天邪鬼」の類義語・言い換え

「天邪鬼」という言葉を使わずに同様の意味を表す、類義語や言い換えをまとめました。それぞれの言葉によってニュアンスが若干変わってくるので、類義語や言い換えを使うときにはニュアンスまで正しく伝わるか確認してから使うようにしましょう。

ひねくれ者

ひねくれ者とは、性格が素直でなく、歪んでいる人という意味です。人のアドバイスを受け入れなかったり、性格や考え方が歪んでいたりする様子を表すので、「天邪鬼」と似た意味をもつ言葉といえます。「天邪鬼」は本当は相手が正しいことをわかっていながら反対のことを言ったりやったりしますが、「ひねくれ者」は性格が歪んでいる自覚がなく、自分が正しいと思い込んでいることも多いです。

へそ曲がり

へそ曲がりとは、心がひねくれていて、素直でないこと。またそういった性格の人という意味です。へそが曲がっている、すなわち、まっすぐ前を向いていない=ひねくれている、素直でない、という言葉の由来があるとされています。へそを使った慣用句に「へそを曲げる」という慣用句があります。こちらは「気に入らないことがあってわざと意地悪する」という意味で、性格的な「へそ曲がり」とは少し違いますので、使うときには注意が必要です。

つむじ曲がり

つむじ曲がりとは、性格がひねくれていて、素直でないという意味です。へそ曲がりと同様に、頭を横向きにしている=つむじが曲がっている、というところからきています。似た言葉に、「つむじを曲げる」という慣用句がありますが、こちらも「へそを曲げる」と同様、「機嫌を損ねてわざと相手に逆らう」という意味があるので、先天的な性格を表す「つむじ曲がり」や「天邪鬼」とは意味が異なります。誤用しないように気をつけましょう。

「天邪鬼」の対義語・反対語

「天邪鬼」の対義語・反対語

「天邪鬼」と対になる言葉はありません。しかし、反対の意味をもつ言葉は複数あります。ここからは、「天邪鬼」の対義語・反対語をピックアップします。

素直

素直とは、考え方や態度がまっすぐな様子をいいます。他人の言動やアドバイスを逆らわずに受け入れる、という意味もあり、他人のアドバイスを聞き入れようとしない「天邪鬼」とはまさに反対の意味をもっているといえます。

率直

率直とは、自分の気持ちを隠さずありのままに言うことです。自分の心と反対のことを言ったりやったりしてしまう「天邪鬼」とは正反対ですね。

「天邪鬼」の英語表現

「天邪鬼」を英語でいうと?

「天邪鬼」という言葉を直接英語で表現する言葉はありませんが、「天邪鬼」の意味を英語で表現することは可能です。ここでは「天邪鬼」の意味と同じ意味をもつ英語表現をまとめました。

devious

deviousとは、曲がりくねった・ひねくれたという意味の英単語です。「devious person」で「ひねくれた(性格の)人」という表現になります。

perverse

perverseとは、ひねくれた・頑固なという意味の英単語です。「perverse person」で「devious person」と同様に「ひねくれた(性格)の人」という意味になります。

twisted

twistedとは、ねじれた・ひねくれたという意味の英単語です。「twisted person」で「ひねくれた性格の人」という意味になります。また、「He is twisted.」というように、twistedのみでも意味が伝わります。

「天邪鬼」の使い方と注意点

「天邪鬼」の使い方と注意点

「天邪鬼」の意味は理解していても、実際に会話で使ったことはない方も多いのではないでしょうか。ここからは、「天邪鬼」を実際の会話で使うときの使い方や注意点についてチェックしていきましょう。

「天邪鬼」の使い方

「天邪鬼」は主に人や性格を指す言葉です。「あなたは天邪鬼な人だ。」などというように使います。思っていることと反対のことを言ったりやったりする、という意味なので、ネガティブなイメージがあります。そのため、使い方には注意が必要です。

「天邪鬼」を使うときの注意点

「天邪鬼」は相手や相手の性格を非難する意味合いがある言葉です。褒め言葉の意味はなく、悪口と捉えられてしまうこともあるので、ビジネスシーンでは使わない方がよいでしょう。また、自己紹介などで自分のことを「天邪鬼」だと言うと、「付き合いにくい人」という印象を与えてしまう可能性があります。「天邪鬼」を使うときには注意しましょう。

「天邪鬼」を使用した例文集

「天邪鬼」を使用した例文集

「天邪鬼」を使用した例文は、以下のようなものがあります。

  • みんなが賛成しているからという理由でわざと反対するなんて、彼は本当に天邪鬼な人間だ。
  • 彼女は天邪鬼だから褒められても嬉しそうな顔をしない。
  • 彼の天邪鬼な性格に振り回されて疲れる。
  • あの人に会うとつい天邪鬼な態度をとってしまう。
  • 君も大人なのだから天邪鬼な性格は直したほうがいい。

まとめ

「天邪鬼」はわざと人と反対のことを言ったりやったりすることや、そういった性格の人のことをいいます。人の心を読んで、嫌がることやいたずらをする天探女や、四天王に踏み付けられている鬼が由来になっているといわれています。「天邪鬼」の類義語にはひねくれ者やへそ曲がり、対義語には素直や率直などがあります。「天邪鬼」はポジティブな意味の言葉ではないので、ビジネスシーンではあまり使わないほうがよいでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる