「プレゼンス」の意味・語源とは?使い方・例文や類語・英語と向上の方法も紹介

プレゼンス

「プレゼンス」の意味を知っていますか?「プレゼン」「プレゼンツ」などの似ている言葉があるので混同しがちです。この記事では「プレゼンス」の意味や英語、「プレゼンスを高める」について紹介します。社会人のひとりとして覚えておきましょう。

目次

「プレゼンス」の意味とは?

「プレゼンス」の意味とは?

「プレゼンス」の意味を知っていますか?実は「プレゼンス」は使う場面によって少し意味が変わる言葉。ここでは「プレゼンス」の一般的な意味とIT業界における意味を解説します。IT業界において「プレゼンス」といわれたときに、一般的な意味で捉えてしまうと認識のズレにつながります。それぞれの意味をしっかりと把握しておきましょう。

一般的な「プレゼンス」の意味

一般的な「プレゼンス」の意味は「存在」「存在感」です。特に軍事的・経済的な影響力をもつ存在であることを指していいます。

IT業界における「プレゼンス」の意味

IT業界における「プレゼンス」は「位置」や「座席」のことも指します。たとえば「プレゼンス情報」といったらGPS機能などによって把握されるような「位置情報」のことを指したり、「プレゼンス状況」といったらオンラインコミュニケーションツールにおける「座席状況」を指したりします。このように「プレゼンス」は一般的な使い方とIT業界での使い方が変わる言葉なのです。

「プレゼンス」の由来・語源

「プレゼンス」の由来・語源

「プレゼンス」の由来・語源は英語にあります。「存在」「出席」などを表す英単語である「presence」をそのままカタカナにしたものが「プレゼンス」なのです。同じようにして英語をそのままカタカナにすることで日本語として取り入れているケースは多くあり、具体的には「サッカー」「シャツ」「ペン」などが挙げられます。

「プレゼンス」の類義語・言い換え

「プレゼンス」の類義語・言い換え

ここでは「プレゼンス」の類義語・言い換えを紹介します。「プレゼンス」は英語由来の言葉ですので、なかには意味がわからなかったり、使用することを嫌ったりするひとがいます。そんななかで「プレゼンス」を使うのはいい選択といえません。「プレゼンス」の類義語・言い換えを覚えて、その状況や相手にマッチした「プレゼンス」を使うようにしましょう。

「プレゼンス」の類義語1「台頭する」

「プレゼンス」の類義語1つ目は「台頭する」です。「台頭」は「だいとう」ではなく「たいとう」と読む言葉。「目立ち始めること」「勢いが増してくること」を指しています。つまり「存在感が大きくなっていること」を「台頭する」というのです。

例文:最近ではクラウドサービスが台頭してきた。

「プレゼンス」の類義語2「頭角を現す」

「プレゼンス」の類義語2つ目は「頭角を現す」です。「頭角を現す」は「才能や技量などが周囲のものよりも一段と優れていること」を指しています。しかしながら、「頭角を出す」とは表現しないので注意しておきましょう。

例文:近頃T選手が頭角を現してきている。

「プレゼンス」の類義語3「存在感」

「プレゼンス」の類義語3つ目は「存在感」です。「存在感」はまさに「プレゼンス」の意味として辞書に載っている言葉です。「たしかな存在であると印象づけられる感じ」という意味を持っています。

例文:あのピッチャーは非常に存在感があって、打てそうもない。

「プレゼンス」の類義語4「雰囲気」

「プレゼンス」の類義語4つ目は「雰囲気」です。「雰囲気」は「ふいんき」ではなく「ふんいき」と読む言葉。「その場所やひとが自然に作り出している気分」や「あるひとが周囲に感じさせる特別な気分」のことを指しています。

例文:彼は周りのひとたちをなごやかな気分にさせる雰囲気をもっている。

「プレゼンス」の類義語5「オーラ」

「プレゼンス」の類義語5つ目は「オーラ」です。「オーラ」とは「人体から発散される霊的なエネルギー」のことを指す言葉。その意味が転じて「発されている独特な霊的な雰囲気」のことを指します。

例文:彼からは非常に強いオーラを感じる。

「プレゼンス」の使い方と例文集

「プレゼンス」の使い方と例文集

「プレゼンス」の意味や類義語を知っていても、実際の使い方がわからなくては知識をつけた意味がありません。ここでは「プレゼンス」の使い方、使うときの注意点、例文を紹介します。特に注意点に関しては「プレゼンス」を使うときには意識しておかないと、相手に間違った使い方をしていると思われるかも。社会人として「プレゼンス」の使い方は完璧に覚えておきましょう。

「プレゼンス」の使い方

「プレゼンス」は「プレゼンスを拡大する」「プレゼンスを示す」などの使い方をされます。なぜなら「プレゼンス」は名詞だから。さまざまな動詞を用いることによって「プレゼンス」の様子を表現できるのです。

「プレゼンス」を使用するときの注意点

「プレゼンス」を使用するときには「個人に対して使うことはあまりない」ことに注意しましょう。「プレゼンス」は基本的に軍事的・経済的な影響力がある存在のことを指します。よって、どれだけ影響力があっても個人に対して「プレゼンス」を使うのは大げさに聞こえてしまうのです。「プレゼンス」を使うときには国家や軍隊などの規模が大きいものに対してのみ使うようにしましょう。

「プレゼンス」の例文

「プレゼンス」を使った例文は以下のとおり。

・最近では情勢が変わってきて、先進国のプレゼンスが停滞している。
・私たちは軍事的プレゼンスをアピールすることが最大の防御であると確信している。
・すみませんが、プレゼンス状況を確認していただけますか?

「プレゼンス」を使った表現

「プレゼンス」を使った表現

「プレゼンス」を使うとなると、単体ではなくほかの言葉と一緒に使うことがほとんどでしょう。ここでは「プレゼンス」を使った表現について解説します。実際にビジネスシーンにおいて使われる言葉です。ビジネスマンとしてはぜひ覚えておきたい言葉ばかりですので、これを機に覚えてしまいましょう。

「プレゼンスを高める」の意味

「プレゼンスを高める」は「経済的・軍事的・政治的な存在感が高まっていること」を意味しています。非常に大きな規模の話において使われる言葉ですので、なかなか日常生活で使うものではありません。世界情勢の話をするときや、ニュースについて話しているときに使うかもしれません。

「プレゼンスを発揮する」の意味

「プレゼンスを発揮する」は「経済的・軍事的・政治的な存在感をアピールする」という意味で使われます。たとえば、どこかの国が軍事作戦を行ったり、軍的パレードを行ったりすれば、それが各国に報道され、自国の「プレゼンス」のアピールになるのです。

「プレゼンスマーケティング」の意味

「プレゼンスマーケティング」とは「存在感を高めて、それを確立するためのマーケティング」のことを意味しています。IT用語として使われている言葉であり、この場合における「プレゼンス」は「オンライン上での存在感」のことを指す場合がほとんどです。ビジネスマンとしては確実に押さえておきたい言葉のひとつです。

「プレゼンス」を向上させる方法を紹介

「プレゼンス」を向上させる方法を紹介

「プレゼンス」を向上させるためには、以下のような方法をとりましょう。

・応援してもらえる状況を作る:共感できるビジョンを掲げる
・競合と明確な違いをつける:競合との差別化を図る
・認知度を向上させる:顧客との接触回数を増やす

以上は「企業として業界におけるプレゼンスを向上させる方法」です。具体的な施策を行うことによって、業界内での「プレゼンス」を高めていきましょう。

「プレゼンス」を英語でいうと?

「プレゼンス」を英語でいうと?

「プレゼンス」を英語で表現すると「presence」となります。これは「プレゼンス」の由来となっている英単語でもありますので、発音もそのまま「プレゼンス」です。具体的な使い方は以下のとおり。

例文:Our company has recently been growing its presence in the IT industry.(私たちの会社は最近IT業界において存在感を大きくしている。)

まとめ

「プレゼンス」は「存在」「存在感」という意味をもつ言葉です。特に「軍事的・経済的・政治的な存在感」を指す言葉として使われています。IT業界における「プレゼンス」は「位置」「座席」などを意味したり、「プレゼンスマーケティング」という用語として使われたりしています。「プレゼンス」が使われている会話では、どの業界における話をしていて、何を指しているのかに気をつけておきましょう。

プレゼンス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる