「思いやり」の意味とは?使い方や類語・英語、「思いやりのない人」の特徴も解説

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「思いやり」という言葉は日常生活においてよく用いられる言葉です。よく知られている言葉こそ、意味を確実に理解して使う必要があります。今回は「思いやり」の意味や使い方、類語・対義語・英語表現に加え「思いやりのない人の特徴」についても紹介します。

    目次

    「思いやり」の意味とは?

    「思いやり」の意味とは?

    「思いやり」という言葉の意味を解説します。日常生活においてもよく使われる言葉ではありますが、その意味を正しく理解することでより正確に日本語を使いこなせるようになります。「思いやり」の意味とニュアンスについて詳しく見ていきましょう。

    「他人の身の上や心情に気を配ること」

    「思いやり」という言葉には「他人の身の上や心情に気を配って接すること」という意味があります。 小学校の道徳の時間においても思いやりの心は大切であるとされ、人とかかわり合って生きていく上で、非常に大切な性格特徴のひとつだといえます。思いやりという言葉は非常によい意味でありプラスのニュアンスを持つ言葉であるため、誉め言葉に分類されます。つまり、自分に対して「思いやりのある人間だ。」と表現するのは、不適切になります。自分以外の他者に対して、「あの人は思いやりがある人だ。」と表現する際に使われます。

    「思いやりのある人」は「利他的」な考え方をする

    「思いやり」がある人は、利他的な考え方をする特徴があります。「自分よりも周囲の人がより快適に過ごせるためには、今どういう風に振る舞うべきか。」というポイントに多くの価値が割かれています。つまり、思いやりがある人は相手のことをよく考えて行動できる人になります。また、周囲にも好意的な印象を与え、「徳が高い人」や「育ちがいい人」といった評価を受け、周りの人とも良好な人間関係を築いていけます。思いやりの精神を持つことは、重要な人間力の一つだといえるでしょう

    「思いやり」の類義語・言い替え

    「思いやり」の類義語・言い替え

    「思いやり」の類語・言い換え表現について紹介します。今回紹介するのは「配慮」と「気遣い」の2つの言葉です。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

    「配慮」

    「配慮」とは、「現状を認識して相手に対して気遣いのこもった振る舞いをすること」を指します。主に文面において、またはフォーマルな場での会話において使われることが多いです。配慮の「慮」は「おもんぱかる」と読みます。「慮る」とはさまざまな状況を勘案してよく考えることという意味があります。つまり、周囲の状況を正確に把握しよく考えた上で気を配っている様子を表す言葉です。近い意味の言葉には「考慮」や「高配」などがあります。

    「気遣い」

    「気遣い」とは「あれこれと心を配ること」を表します。周囲の人の態度や状況から、相手の気持ちを敏感に察知し、求められていることを適切に行っていく態度を表す言葉です。よく使われる表現としては「お気遣いなく」というものがあります。これは、自分が客として呼ばれたときに使うことが多く、「お構いなく」と同じ意味の表現になります。また「気遣い」のもう一つの意味として「よくないことが起こると懸念すること」という意味もあります。これは、気を配っている対象が周囲の人間ではなく、未来に起こる事柄に向いているときに「懸念する」というニュアンスを帯びます。ちなみに、未来のことについて心配しすぎることを「杞憂」と表現します。このように関連する言葉についても理解していくことは大切です。

    「思いやり」の対義語

    「思いやり」の対義語

    「思いやり」の対義語も紹介します。今回紹介するのは、「自分勝手」と「わがまま」の2つの言葉です。どちらも日常的によく使われる言葉になるので、その使い方について深堀しましょう。

    「自分勝手」

    「思いやり」と反対の意味を表す言葉として「自分勝手」という言葉があります。この言葉は、「他人の都合は考えることなく、自分の都合だけを考えて行動する様子」を表す言葉で、周囲との人間関係において問題を起こしやすい性格であるといえます。似たような意味の言葉に「身勝手」や「手前勝手」という言葉もあります。価値観において重きを置いているポイントが他者ではなく自分であることが、思いやりがある人と自分勝手な人の大きな違いを生んでいます。

    「わがまま」

    「わがまま」も自分勝手と反対の意味を持つ言葉になります。意味としては、「他人や周囲の都合を考えることなく、自分の都合のみを最優先して行動する様」を表します。同じような意味の言葉に「気まま」や「ほしいまま」などが挙げられます。先ほど紹介した「自分勝手」や「わがまま」は共に「利己的な人」と表現できます。そういう意味では、「思いやりがある人」は「利他的」であるといえるでしょう。

    「思いやりのない人」の特徴3選

    「思いやりのない人」の特徴3選

    ここでは「思いやりがない人の特徴」について、3パターンほど紹介します。「思いやりがない人」の性格特徴を知っておくことで、どのように接したらよいかが見えてきます。3パターンそれぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

    「自己愛が強すぎる」

    自己愛が強すぎる人は思いやりがない人に分類される可能性が高くなります。その理由としては、自己愛が強いがゆえに自己表現が人よりも強烈になってしまう傾向があるからです。人と話をしていても、周囲の人の話を聞くことはなく自分の話を率先しようとする特徴があります。自己愛が強すぎる場合、相手の話を聞くという態度は取りづらいといえるでしょう。一方、思いやりがある人は自己犠牲的であるともいえます。そのため自分を表現することは抑え、相手の話を聞き相手の気持ちに共感することに尽力する傾向があります。

    「周囲の状況に関心がない」

    思いやりのない人は周りの状況にあまり関心を示さないという傾向があります。思いやりがない人の一番の関心事項は自分自身であるため、周りが今どういう状況なのかという点に鈍感になりやすい傾向があります。そのため自分に直接関係がないことは視野に入っていないため周囲の人から、自分勝手であるという判断をされてしまいがちです。

    「責任転嫁する傾向が強い」

    思いやりのない人の特徴として、責任転嫁をする傾向があります。自分を守ることが第一優先事項であるため、自分の立場が危うくなったりすると責任は誰かに押し付けようとするモチベーションが高まります。普段からそのような行動する傾向がある人はマークしておき、いざ問題が起きた時に自分に責任転嫁されないよう、普段から警戒しておく必要があります。

    「思いやり」を英語でいうと?

    「思いやり」を英語でいうと?

    「思いやり」という言葉の英語表現を紹介します。今回紹介するのは、「consideration」と「caring」です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

    「consideration」

    「consideration」で「思いやり」を表す英語表現になります。例えば 「We are considerate to each other.」で「私たちはお互いを思いやる。」という意味になります。

    「caring」

    「caring」も「思いやり」の英語表現になります。「She is caring.」で「彼女は面倒見がよい。」という意味合いになり、カタカナ語にもなっている「セルフケア」の語源にもなっている言葉です。

    「思いやり」の使い方と例文集

    「思いやり」の使い方と例文集

    最後に「思いやり」という言葉の使い方と例文について紹介します。正しい使い方を理解することで、誤った使い方をするのを防げます。注意点も合わせて詳しく見ていきましょう。

    「思いやり」の使い方

    「思いやり」という言葉は褒め言葉になるため、自分に対して用いるのではなく他人に対して用いるのが一般的です。もちろん、思いやりがある人間を目指すことは非常に大切なことで、人間関係を円滑に進めていくためにも重要な人間力だといえます。周囲の人からも「思いやりが人だ」という評価を積み上げておくことで、信頼残高が高まり、いざという時に支えてもらえる可能性が高くなります。そのような観点からも困っている人を見かけたら、積極的に手を差し伸べる姿勢は非常に大切です

    「思いやり」を使用するときの注意点

    ビジネスシーンなどにおいて、目上の人から思いやりのある態度を取られた場合は、「お心遣いありがとうございます。」という表現を使うようにしましょう。またメールや手紙などの文面においてもお心遣いという表現の方が適切です。「思いやり」も「お心遣い」もほぼ同じ意味の言葉になりますが、フォーマルな場面においては「お心遣い」の方が適切であるといえます。日常生活においては「思いやり」というくだけた表現の方が、より自然に相手に伝わるでしょう。

    「思いやり」の例文

    「思いやり」という言葉を用いた例文をいくつか紹介します

    ・彼女はいつも思いやりの心を持って人と接している。
    ・自分の子供には思いやりのある人間に育ってほしい。
    ・思いやりの心がある人や優しい人は利他的な価値観を持っていることが多い。

    まとめ

    「思いやり」という言葉には「他人の身の上や心情に気を配ること」という意味があります。思いやりがある人には周囲からの信頼が集まりやすく、結果として得をすることが多くなります。ビジネスシーンにおいてもいつでも周りからの助けが得られる状況は非常にプラスにはたらくため、普段から思いやりがある言動を心がけましょう。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる