「チルアウト」の意味とは?使い方や類語・例文も日本語と英語でわかりやすく解説

チルアウト

「チルアウト」は英語圏のみならず、日本でも若者世代を中心に使われる機会が増えてきました。しかし、どんな意味があるかご存じですか?この記事では、「チルアウト」の意味や語源・類語をわかりやすく解説しています。英語と日本でそれぞれ例文も紹介します。

目次

「チルアウト」の意味とは?

「チルアウト」の意味とは?

「チルアウト」の意味は「落ち着く、のんびりする、くつろぐ」です。好きなことや楽しいことをしながら、まったりとした時間を過ごすときに「チルアウト」が当てはまります。一般的には、ポジティブな表現として認識されている言葉です。

「チルアウト」の由来・語源

「チルアウト」の由来・語源

「チルアウト」が日常で使われ始めるまでには、いくつかの経緯がありました。ここでは、語源と広まった理由を見ていきましょう。

「チルアウト」は英単語を組み合わせた言葉

そもそも「チルアウト」は「chill」と「out」の英単語2つを組み合わせた言葉です。「chill」は「冷え、寒気、ぞっとする気持ち」を意味しています。そのため、英単語の「チルアウト」には、物理的な表現に由来して「冷静になる、黙る」の意味もあるのです。

音楽のジャンルをきっかけに広まった

そして「チルアウト」は音楽のジャンルとしても知られています。

音楽の「チルアウト」は、声の入っていない「インストゥルメンタル楽曲」で、打ち込みによって作られたテクノ系の音楽を示すことが多いでしょう。ゆったりとした曲調で、日本では1990年代から認知されました。

また、「チルアウト」のはじまりは2つあるとされています。ひとつは、ダンスフロアで踊ったあとに音楽をかけて体を休ませる部屋として「chill」がクラブ内にできたことです。そしてもうひとつは、イギリスの音楽ユニットが1990年に発売したアルバム名が「チルアウト」であったことです。

近年では、SNSで「チルアウト」な音楽を「チルい(チるい)」や「チる(チル)系」と表現して親しむ若者も見られますね。

ドリンクの商品名にも使われた

また、「チルアウト」が広まった別のきっかけとして「リラクゼーションドリンク」が考えられます。リラクゼーションドリンクは、栄養ドリンクとは異なり、精神をリラックスさせる効果が期待できる栄養ドリンクです。

とある商品に「チルアウト」と命名されたことで、日本国内でも話題になりました。「チルアウト」の意味から派生して商品名に起用されるほどですので、やはり注目度の高い今どきの言葉なのでしょう。

「チルアウト」の類義語・言い換え

「チルアウト」の類義語・言い換え

「チルアウト」には、ほかにも類義語や言い換えがあります。よく取り上げられる5つの言葉を見ていきましょう。

リラックス

「リラックス」も「チルアウト」と同様に英単語です。意味は「力を抜く、らくにさせる、精神的な緊張をとく、力が緩む」が挙げられます。

「チルアウト」との違いは、物理的かどうかです。「リラックス」が「人や状況が落ち着いた状態」を表しているのに対し、「チルアウト」は「ゆっくりしている行動や気持ちそのもの」を示しています。

くつろぐ

「くつろぐ」には「自分が置かれている状況をいったん忘れて、のんびりと過ごす」「心身をゆったりと休ませる」「ゆとりを持たせる」などの意味があります。「チルアウト」の意味にも「くつろぐ」が含まれていますので、同義語と捉えてよいでしょう。

のんびりする

「のんびりする」は「急がず楽な状態で過ごす」ことです。心身ともにゆったりとした気持ちで過ごすと「のんびりしている」状態といえるでしょう。「チルアウト」と同じ意味で使えます。

羽をのばす

「羽をのばす(伸ばす)」は「何にもとらわれず自由な時間を過ごす」を意味します。日頃は忙しい人が、休息を取るときや、何かに束縛されて窮屈な思いをしている人が、嫌なことから開放されてのびのびとした時間を過ごす際によく使用されるでしょう。

「チルアウト」は誰でも、どんな状況でも当てはまる言葉ですが、「羽をのばす」は「心機一転したい」「リフレッシュしたい」などの気持ちがある場合に、特に当てはまります。

骨休め

「骨休め」は「体の疲れを取るために休むこと」です。「チルアウト」は心を落ち着かせる場合にも使用できますが、「骨休め」は体の休息を意味します。

「チルアウト」の使い方と例文

「チルアウト」の使い方と例文

では、「チルアウト」の使い方と例文をチェックしましょう。カタカナ語と英語にわけて、それぞれ紹介します。

カタカナ語の例文

まずは、カタカナ表現の「チルアウト」を使った例文です。

・気分を落ち着かせたいから「チルアウト」な音楽を聞く。
・「チルアウト」してきたら?顔が疲れているよ。
・そんなに怒らないでください。ひとまず「チルアウト」しましょう。

また、「チルアウト」を省略したり、文字を変化させたりして使う若者の表現もあります。

・この曲、めっちゃ「チルい」よね。癒やされる〜。
・今、おしゃれカフェで「チルってる」よ。
・「チル」したいんだけど、今日時間ある?
・ここから見る夜景、すごくきれい。「チルスポット」かもね。
・一緒にのんびりしてくれる「チル友」を募集中です。
・いつもは忙しいスケジュールを組んじゃうから、たまにはゆっくり「チル旅」でもしない?

「チルスポット」「チル友」「チル旅」など、ほかの単語と組み合わせてオリジナル表現にする若者も多いです。

英語の例文

次に、英単語「chill out」を使った例文です。

・I’m planning to chill out at home this weekend.
今週末は家で「チルアウト」する予定です。
・It’s not a bad idea to chill out once in a while.
たまには、「チルアウト」して過ごすのも悪くないな。
・After a business meeting, my routine is to chill out at a cafe.
商談のあとは、カフェで「チルアウト」するのが私のルーティンです。

ゆっくり過ごす意味の「チルアウト」だけでなく、冷静になる意味の「チルアウト」を使った例文もあります。

・Chill out !
落ち着いて!
・You might need to chill out.
冷静になって考えてみてください。

英語では「chill out」だけでもひとつの文が成り立つのです。

「チルアウト」はビジネスでも使える?

「チルアウト」はビジネスでも使える?

「チルアウト」はカタカナ語でも英語でも同じように使える表現です。しかし、ビジネスの場面で使用する際には注意が必要でしょう。

「チルアウト」はスラング表現

英単語の「chill」は、スラング表現であり若者言葉です。そのため、「チルアウト」もビジネス場面では使う場所を選んだほうがよいでしょう。

もちろん会社の同僚など仲のよい人同士では、特に問題はありません。しかし、目上の上司や取引先の人に使用すると不快に思われるケースもあるため注意しましょう。

「チルアウト」の代わりに使える表現

「チルアウト」をビジネス場面で使用したいときには、別の表現もあります。

「calm(カーム)」は「チルアウト」と同様に「落ち着く、(気を)静める、穏やかな、平静な」の意味を持つ単語です。「チルアウト」より幅広い場面で使用できる単語として知られています。

「チルアウト」を「カーム」で言い換えた英語の例文を紹介しますので、参考にしてみてください。

・Let’s calm down.
落ち着こう。
・He’s calm at all times.
彼はどんなときも冷静だ。
・It feels good to stay calm.
穏やかに過ごすのは気持ちがいいですね。
・It’s a calm day.
今日は穏やかな日です。
・I feel calm being with you.
あなたと一緒にいると心が落ち着きます。

「チルアウト」を音楽で楽しむ際に知っておきたいポイント

「チルアウト」を音楽で楽しむ際に知っておきたいポイント

「チルアウト」は音楽のジャンルで、人の声が入っておらず、リラクゼーション効果のあるダンスミュージックを示すとお伝えしました。「チルアウトミュージック」には、スローなリズムで明るい雰囲気の楽曲が多いです。カフェやゲームのBGMにもよく使われています。

そして、「チルアウト」と似ている音楽ジャンルとして「アンビエント」があります。「アンビエント」も人の声が入っていないインストゥルメンタル楽曲ですが、こちらは環境音楽に近いです。「チルアウト」ではしっかりとしたテンポやリズムを感じられる一方で、「アンビエント」は明確なリズムがなく、シンプルなメロディのものも多いでしょう。

「チルアウト」「アンビエント」ともにリラックス効果のある音楽ジャンルですが、生活スタイルや気分によって、どちらの音楽にするかを変えても楽しいかもしれません。たとえば、仕事に集中したいときには、適度にビートがある明るい「チルアウト」で気分を盛り上げて、就寝前やヨガ・瞑想(めいそう)時間には、「アンビエント」でゆっくりと心の開放感を味わうのがよいでしょう。

まとめ

「チルアウト」は若者言葉とはいえ、多くの日常場面で使用機会がある単語です。ビジネスでも「チルアウト」な時間や音楽を取り入れて、ストレスをためないようにステップアップしていけたらよいですね。

チルアウト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる