「ケーススタディ」の意味と使い方とは?実際のやり方について解説

ケーススタディ

「ケーススタディ」はビジネスの場で用いられる言葉ですが、正しい意味ややり方をご存知でしょうか?今回は、「ケーススタディ」の意味を解説し、実際のやり方まで解説します。ビジネスの場で重宝するワークの一つなので、ぜひ使いこなしてください。

目次

「ケーススタディ」の意味と定義

「ケーススタディ」の意味と定義

「ケーススタディ」はビジネスの場以外にも、教育や医療などさまざま現場で活用されている研究法です。ここでは、「ケーススタディ」がどういった研究方法なのか解説し、イメージを掴んでいただけると幸いです。

意味は事例研究

「ケーススタディ」の言葉としての意味は「事例研究」であり、実際に起きた出来事から課題を見出し、解決方法や効率的な手法を研究します。

「ケーススタディ」は問題解決のためにある

「ケーススタディ」は実際にあった出来事から学ぶことで、より具体的な問題解決に導くことを目指しています。また、「ケーススタディ」は成功例だけではなく、失敗例からも課題を見出すようにして、より精度の高い研究を目指しています。

「ケーススタディ」をやる主な目的

「ケーススタディ」をやる主な目的

「ケーススタディ」が事例研究であると説明しましたが、そもそもの目的は一体なんなのでしょうか?ここでは、「ケーススタディ」を実施する目的について、4つの視点から解説します。

擬似体験からリスクを検出する

「ケーススタディ」では過去の成功例だけでなく、失敗例も学ぶので、あらじめ想定できるリスクを洗い出す目的があります。例えば、SNSでの過去の炎上パターンを実例として、なぜ炎上してしまったのか、どうしたらリスクを回避できるかなど、リスクを原因から検出し、課題を考えていくことも「ケーススタディ」の目的の一つです。

大量のケースから新しい道を見出す

「ケーススタディ」では、本やセミナーなど、これまで自分が体験したたくさんの事例を研究することで、相乗的なアイデアを生み出すことを目的としています。人間ひとりの経験では視野が狭くなってしまいますが、複数人の「ケーススタディ」を組合わせることで、相乗的なアイデアが生まれることを期待しています。

既存業務の効率化を図る

「ケーススタディ」では、過去の偉人が生み出した効率的な法則などを学び、自分のビジネスツールにできます。効率的な法則を学ぶことで、既存の業務改善のヒントとなり、更なる生産性の向上を目指します。

擬似体験からビジネス自体を学ぶ

「ケーススタディ」は、過去の実例を学ぶことでいわゆる擬似体験ができます。ビジネスは知識も大事ですが、何より重宝されるのは経験です。なので、「ケーススタディ」では実体験とはいかなくても、擬似体験することで本番に近いビジネススキルを会得することが目的に置いています。

各業界で異なる「ケーススタディ」の意味と使い方

各業界で異なる「ケーススタディ」の意味と使い方

「ケーススタディ」扱う業界によって意味や使い方が異なります。ここでは「ケーススタディ」で有名な3業界を例にそれぞれ解説します。

医療業界の「ケーススタディ」

医療業界では、過去の症状や手術などの実体験を基に「ケーススタディ」を行い、医者や看護師たちの知識やスキルの習熟度向上をはかる意味があります。過去の例からリスクを排除し、患者を救うための方法を考えます。また、医者や看護師だけでなく、医療機器の開発にも「ケーススタディ」が用いられます。医療機器の進歩には、過去の経験を最大限に活かした背景があるようです。

教育現場の「ケーススタディ」

教育現場では、本や教科書の知識などではなく、実際の現場を擬似体験することで、実践で役に立つ能力を身につけることを目的としています。例えば、論理的思考や発想の転換など、ビジネスで重要とされるスキルを、擬似体験を通じて経験させます。

ビジネスの「ケーススタディ」

ビジネスでは「ケーススタディ」を通して体験させることで、実践力を身につける目的あります。冒頭でも伝えたようにビジネスの場では経験が重宝されるので、体験を通して成長できる「ケーススタディ」は重要なワークとなります。また、「ケーススタディ」をコンサル業の一環としてビジネスとしている会社も多いです。ここからも、「ケーススタディ」の重要性が読み取れます。

「ケーススタディ」のやり方

「ケーススタディ」のやり方

目的や背景を知ったところで、実際にどのように行っていくかについて解説します。細かく分かれていますが、ひとつひとつが大切な作業になるので、はじめの内は多少時間がかかっても丁寧に実践するこをおすすめします。

まずは情報収集から

まずは「ケーススタディ」で取り入れられそうな事例を集めます。集める方法は、本やセミナーなどが多いですが、おすすめはインタビューです。なぜなら、インタビューはその人が体験した事例を生で聞けるので、一次情報として取り入れられるからです。

事例種別ごとにまとめる

事例を収集したら、種別ごとにまとめます。まとめた事例集は、いつでも思い起こしができるように、常に整理する必要があります。整理の方法はさまざまなので、自分に合った方法を模索しましょう。

人前で披露してみる

まとめる作業が終わったら、早速アウトプットしましょう。「ケーススタディ」は擬似体験を通して経験を蓄積させることを目的にしているので、アウトプットの経験は何よりも大切です。人間は失敗することを恐れる生き物なので、ついインプットを多めにする傾向にあります。しかし、「ケーススタディ」を学ぶ手段にするのであれば、人前での披露など、アウトプットをすることは必須条件となります。なにごとも経験とよくいわれるように、失敗を恐れずに積極的にアウトプットしていきましょう。

目上の人にフィードバックをもらう

アウトプットは大切ですが、がむしゃらにやるだけではNGです。一度人前で披露したら、目上の人からこまめにフィードバックをしてもらいましょう。フィードバックをもらうことで、正しいやり方を学び、新しい課題を見出す可能性が高くなります。

サイクルを繰り返す

ここまで解説した流れを一連のサイクルとして、いろいろな「ケーススタディ」を実践していきましょう。いろいろな事例に触れることで、問題解決力、課題の設定、リスクの排除など重要な能力が身についてきます。また、学んだことは記録に留めておきましょう。「ケーススタディ」で学んだことを定期的に振り返って自分の中に落とし込むことが大切です。

「ケーススタディ」に関連する用語

「ケーススタディ」に関連する用語

ここでは「ケーススタディ」に関連する用語を解説します。「ケーススタディ」は用いられる場面によって、目的や意味が違ってきます。いくつか事例をあげて解説するので、どのような使い方をしているかの全体像をつかんでもらえると幸いです。

「ケースメゾット」

「ケースメゾット」は実際に起きた事例を教材にして、学習者が課題や解決策などを学ぶ手法です。「ケーススタディ」の違いは、「ケーススタディ」が講義形式で教えてもらう姿勢で臨むことが多いのに対し、「ケースメゾット」は事例に対して学習者同士が討論を繰り返して解決方法を導くなど、より能動的な姿勢で臨む点に違いがあります。

「ケーススタディ面接」

「ケーススタディ面接」は、企業が設定したお題に対して、面接を受ける就職希望者がどのように解決するかを見る、企業が取り入れる面接の一種です。面接を受ける就職希望者の能力測定に役立つため、外資系コンサルをはじめ最近では「ケーススタディ面接」を導入する企業が増えています。

「ケーススタディ試験」

「ケーススタディ試験」は、いわゆる社内の昇進試験の一種であり、受験者が役職、あるいは管理職に就くのにふさわしいかを試験を通して判断します。事例解決を試験科目としているので、課題解決や課題設定の力を「ケーススタディ試験」を通して測定できます。

「ケーススタディハウス」

「ケーススタディハウス」は、1940年代に提唱された実験的住宅プログラムです。「ケーススタディハウス」は、建築家に実験住宅を設計させ、モダン住宅の試作品を増やす試みがありました。ここでの「ケーススタディ」は、事例を多く作成して、より理想の近い建築物を作る意味で使われています。

まとめ

「ケーススタディ」で大切なのは、決められた手順をただこなすのではなく、実体験と同じ意識で取り組むことです。実体験と同じ意識で取り組むことで、リアリティが生まれ、経験として自分の中に蓄積されます。また、より多くの経験をすることも重要なので、失敗を恐れずに繰り返しチャレンジする志を持って取り組めればなお良しです。より質の高い「ケーススタディ」にし、自分の経験にするためにも、高い意識をもって取り組みましょう。

ケーススタディ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる