「コンシューマー」の意味とは?「コンシューマー製品」や類語・対義語・英語を解説

コンシューマー

「コンシューマー」の意味を知っていますか?「コンシューマー製品」などの言葉があり、よく使われる言葉です。この記事では「コンシューマー」の意味・類義語・対義語について紹介します。ビジネスでもたくさん使う言葉ですので、覚えておきましょう。

目次

「コンシューマー」の意味とは?

「コンシューマー」の意味とは?

「コンシューマー」とは「消費者」という意味です。「消費者」とは「商品やサービスを消費するひと」のことを指しています。また、ビジネス業界においては「一般消費者向けの商品・サービス」を意味したり、ゲーム業界においては「家庭用ゲーム機」「家庭用ソフト」のことを指したりもします。

「コンシューマー」の由来・語源

「コンシューマー」の由来・語源

「コンシューマー」の由来・語源は英語にあります。「コンシューマー」は同じく「消費者」を意味としている英単語の「consumer」からきているのです。「consumer」は「コンシューマー」と読みます。よって、英語をカタカナにして日本語に取り入れたものが「コンシューマー」なのです。

「コンシューマー」の類義語・言い換え

「コンシューマー」の類義語・言い換え

ここでは「コンシューマー」の類義語・言い換えを紹介します。「コンシューマー」は英語由来の言葉であるため、意味がわからなかったり、使うことを嫌ったりするひとも。そのようなひとたちとも問題なくコミュニケーションを取るためにも、「コンシューマー」の類義語・言い換えは確実に押さえておきましょう。

「コンシューマー」の類義語1「固定客」

「コンシューマー」の類義語1つ目は「固定客」です。「固定客」とは「毎日のように、もしくは定期的に利用している客」のことを指した言葉。つまり、「商品やサービスを定期的に消費してくれる客」のことを「固定客」というのです。

例文:固定客を満足させることが私たちが得意にしていることです。

「コンシューマー」の類義語2「消費者」

「コンシューマー」の類義語2つ目は「消費者」です。「消費者」は「コンシューマー」とまったく同じで「商品やサービスを消費するひと」のことを指しています。「コンシューマー」が由来している英単語が「消費者」という意味ですので、意味はまったく同じものなのです。

例文:消費者の気持ちを考えて、私たちは新商品の開発に臨んだ。

「コンシューマー」の類義語3「使用者」

「コンシューマー」の類義語3つ目は「使用者」です。「使用者」は「ものやひとを使うひと」のことを指しています。「コンシューマー」は「商品やサービスを消費(使う)ひと」のことを指しているため、2つは類義語の関係にあるのです。

例文:商品の使用者たちは、この商品のさらなる進化を求めているようだった。

「コンシューマー」の類義語4「ユーザー」

「コンシューマー」の類義語4つ目は「ユーザー」です。「ユーザー」は「商品の使用者・利用者」を指し示す言葉。「user」という英単語を由来としています。

例文:ゲームのユーザーは高画質になってもカクつかないこと回線を欲していた。

「コンシューマー」の類義語5「リピーター」

「コンシューマー」の類義語5つ目は「リピーター」です。「リピーター」とは「繰り返すひと」という意味をもつ言葉。特に「海外旅行などで同じ場所に何度も行くひと」や「気に入って同じ商品を何度も買うひと」のことを指しています。

例文:リピーターを獲得することが、私たちにとっては非常に大切なことなのだ。

「コンシューマー」の対義語

「コンシューマー」の対義語

ここでは「コンシューマー」の対義語を紹介します。「コンシューマー」は「商品やサービスを消費するひと」のことを指している言葉。よって対義語は「商品やサービスを作るひと」のことを指しています。ビジネスにおいては「コンシューマー」に対して商品やサービスを作って販売するのが大事。ビジネスの基礎となる言葉ですので、しっかり覚えておきましょう。

「コンシューマー」の対義語1「生産者」

「コンシューマー」の対義語1つ目は「生産者」です。「生産者」とは「生活に必要なものを製造したり産出したりするひと」のことを指しています。「商品やサービスを消費する」という意味をもっている「コンシューマー」とはまったく反対の意味をもっている言葉です。

例文:生産者の気持ちになれば、ものを捨てることがどれだけ罪深いことかわかるはずだ。

「コンシューマー」の対義語2「製造者」

「コンシューマー」の対義語2つ目は「製造者」です。「製造者」とは「ある製品を作った個人または法人のこと」を指す言葉。「製造」に「加工」が含まれるのかどうかに関しては法律などによって異なるため、それぞれの状況に合わせて確認しましょう。

例文:製造者たちの意図が感じられる製品だった。

「コンシューマー」の対義語3「製作者」

「コンシューマー」の対義語3つ目は「製作者」です。「製作者」は「製品を作った個人または法人のこと」や「映画などの作品を作った個人または法人」のことを指す言葉。「製造者」とは意味の範囲が違うことに注意しておきましょう。

例文:製作者としては意図があってあのようなシーンを挿入した訳ではないらしい。

「コンシューマー」と「カスタマー」の違い

「コンシューマー」と「カスタマー」の違い

「コンシューマー」と「カスタマー」のは意味が違います。具体的には「コンシューマー」が純粋に「商品やサービスを消費するひと」という意味であるのに対して、「カスタマー」は消費にかかわらず「定期的にその場所を訪れている顧客・取引先」のことを指しているのです。「コンシューマー」と「カスタマー」は非常に混同しやすいので注意しておきましょう。

「コンシューマー」の使い方と例文集

「コンシューマー」の使い方と例文集

「コンシューマー」の意味や類義語を知っていても、使い方がわからなくては意味がありません。ここでは「コンシューマー」の使い方と例文について解説します。ここで「コンシューマー」がどのように使われているのかを理解することで、実生活でも「コンシューマー」が使えるようになりましょう。

「コンシューマー」の使い方

「コンシューマー」はビジネスにおいてよく使われます。企業などは「消費者」のことを考えて商品などを作って販売していますから、「コンシューマー」がビジネスにおいてよく使われる言葉であることも納得です。社会人としては確実に覚えておきたい言葉ですので、頭にしっかりと入れておきましょう。

「コンシューマー」の例文

「コンシューマー」を使った例文は以下のとおりです。

・コンシューマーのことを考えて新商品の構想を練る。
・ビジネスはコンシューマーありきだ。
・私たちの会社が続いているのはコンシューマーのおかげだ。

「コンシューマー」の英語表現

「コンシューマー」の英語表現

「コンシューマー」を英語で表すと「consumer」となります。これは「コンシューマー」の由来となっている英単語でもあります。具体的な使い方は以下のとおり。

例文:If you have any problems, please contact the Consumer Support Center.(問題があれば消費者サポートセンターにご連絡ください。)

「コンシューマー」を含む言葉の意味

「コンシューマー」を含む言葉の意味

ここでは「コンシューマー」を含む言葉の意味を紹介します。「コンシューマー」は「コンシューマー〇〇」という形で新しい意味をもつことがある言葉。それぞれにおいて少しずつ意味が異なってきますので、しっかりと理解できるようにしましょう。

「コンシューマーゲーム」の意味

「コンシューマーゲーム」とは「家庭用ゲーム機」のことを指しています。前述のとおり、ゲーム業界においては単に「コンシューマー」と表現されることも。「コンシューマーゲーム」の反対の意味をもつ言葉は「アーケードゲーム」です。

「コンシューマー機」の意味

「コンシューマー機」も「家庭用ゲーム機」のことを指しています。「コンシューマーゲーム」「コンシューマー」と同じ意味をもっていることに注意して覚えておきましょう。

「コンシューマーファイナンス」の意味

「コンシューマーファイナンス」とは「消費者金融」のことを指しています。「コンシューマー」が「消費者」を意味しており、「ファイナンス」が「金融」を指しています。つまり、「コンシューマーファイナンス」とは「個人に対してお金を貸してくれるところ」なのです。

「コンシューマーレポート」の意味

「コンシューマーレポート」とはアメリカで発行されている月刊誌『Consumer Reports』のことを指しています。これは非営利の消費者組織であるConsumers Union(コンシューマーズユニオン)が発行しているもので、1936年からのものです。

「コンシューマー製品」の意味

「コンシューマー製品」とは「一般消費者向けの製品」のことを意味。「コンシューマー製品」でないものとすれば、「中間生産者向けの製品」などが挙げられます。

まとめ

「コンシューマー」は「消費者」という意味をもつ言葉。分野によっては「一般消費者向けの商品・サービス」を指したり、「家庭用ゲーム機」のことを指したりもします。また「コンシューマー〇〇」という形でさまざまな意味をもちますので、それぞれ覚えられるだけ覚えておくといいでしょう。

コンシューマー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる