「言葉遣い」の意味や使い方とは?「言葉使い」との違いや英語、マナーも紹介

言葉遣い

「言葉遣い」の意味を知っていますか?「言葉使い」との違いを気にしているひとも多いですよね。この記事では「言葉遣い」の意味・英語・マナーについて解説します。「言葉遣い」は社会人にとって非常に大事ですので、覚えておきましょう。

目次

「言葉遣い」の読み方

「言葉遣い」の読み方

「言葉遣い」は「ことばづかい」と読みます。話し言葉としてはよく使いますが、書き言葉となると漢字を見る機会が少ないので意外と読めないひとがいます。しかしながら、周りは読み方を知っていることが当たり前だと思っていますので、確実に読めるようにしておきましょう。

「言葉遣い」の意味とは?

「言葉遣い」の意味とは?

「言葉遣い」は「ものの言い方」「言葉の使いぶり」のことを指しています。「遣い」はほかの言葉と一緒になることによって「使うこと」の意味。よって、「言葉を使うこと」「言葉の使い方」という意味になるのです。よく「言葉遣いがいい」「言葉遣いが悪い」という形で使用されます。

「言葉遣い」の類義語・言い換え

「言葉遣い」の類義語・言い換え

ここでは「言葉遣い」の類義語・言い換えを紹介します。「言葉遣い」は日常的に使う言葉ですが、相手や状況によっては適切に言い換えたほうがわかりやすい言葉。社会人として、相手が伝わりやすいように話すことは必要なスキルです。ここで「言葉遣い」の類義語・言い換えを覚えることによって、そのスキルを手に入れましょう。

「言葉遣い」の類義語1「言いかた」

「言葉遣い」の類義語1つ目は「言いかた」です。「、言い方」は「話の仕方」という意味の言葉。日常会話でもよく使うものです。ほとんどの場合において「言葉遣い」と言い換えられます。

例文:もっとほかの言い方があったんじゃないか?

「言葉遣い」の類義語2「ものいい」

「言葉遣い」の類義語2つ目は「ものいい」です。「ものいい」は漢字で「物言い」と表記され、「ものの言い方」「ものをいうこと」を指しています。場合によっては、「口論」や「うわさ」のことを指す場合もあります。

例文:彼にはものいいに気をつけるように十分言っておいたはずなんだがな。

「言葉遣い」の類義語3「言いよう」

「言葉遣い」の類義語3つ目は「言いよう」です。「言いよう」とは「言い表し方」という意味をもつ言葉。「ものは言いよう」という表現を使って、「ものごとは言い方によってどうにでも聞こえる」という意味を表します。

例文:彼の言いようは非常に角が立つものだった。

「言葉遣い」の類義語4「言い回し」

「言葉遣い」の類義語4つ目は「言い回し」です。「言い回し」とは「言葉での表現」「言い表し方」という意味。「〇〇な言い回し」と表現することもあります。

例文:彼女の美しい言い回しは人々の心を穏やかにさせる。

「言葉遣い」の類義語5「ワーディング」

「言葉遣い」の類義語5つ目は「ワーディング」です。「ワーディング」は英語の「wording」を由来としている言葉。「言葉で表現すること」「言葉遣い」という意味をもっています。英語由来の言葉ですので、使うことを嫌ったり、意味がわからなかったりするひとがいますので、使うときには注意しましょう。

例文:彼のワーディングセンスは誰もが一目おいている。

「言葉遣い」と「言葉使い」の違い

「言葉遣い」と「言葉使い」の違い

「言葉遣い」と「言葉使い」の違いはどの品詞として使うかです。具体的には「言葉遣い」は名詞として使われているのに対して、「言葉使い」は「言葉」と「使い」にわかれていて動詞として使われていることが違います。しかしながら、実生活においては多くのひとがその違いを意識しておらず、区別をつけないで使用しているひとがほとんどです。あまり細かい区別に囚われなくてもいいですが、社会人としてなにが適切かは理解しておくようにしましょう。

「言葉遣い」の使い方と例文集

「言葉遣い」の使い方と例文集

「言葉遣い」の意味を知っていても、使い方を知らなくては会話のなかで「言葉遣い」の話はできません。ここでは「言葉遣い」の使い方と例文を紹介します。実際に「言葉遣い」をどのように使うのかをみていき、実生活で「言葉遣い」という言葉を使えるようになりましょう。

「言葉遣い」の使い方

「言葉遣い」は「言葉遣いが〇〇」「〇〇な言葉遣い」というように使われます。なぜなら「言葉遣い」が名詞としての機能をもっているから。たとえば「言葉遣いがいい」「丁寧な言葉遣い」のように言い表すのです。「言葉遣い」を使うときには「言葉遣い」が名詞であることを意識して使うといいでしょう。

「言葉遣い」の例文

「言葉遣い」を使った例文は以下のとおりです。

・彼は言葉遣いが丁寧なので、社会でも生きていけるだろう。
・言葉遣いが悪いままだと上司から嫌われてしまうかもしれない。
・留学生である私は日本語の正しい言葉遣いがなかなか理解できなかった。
・言葉遣いがいいひとに憧れているので、私も今日から意識することにした。
・言葉遣いとはコミュニケーションをするうえでのマナーである。

「言葉遣い」を英語でいうと?

「言葉遣い」を英語でいうと?

「言葉遣い」を英語でも表現できますか?英語圏のひとたちともビジネスをするようになった現代では、英語を使えることはビジネスパーソンとしてのひとつのランク付けに関わるとされています。ここでは「言葉遣い」の英語での言い方について解説。英語を使えるようになって、ワンランク上のビジネスパーソンになりましょう。

「言葉遣い」の英語表現

「言葉遣い」を英語で表現すると「manner of speaking」「choice of words」「wording」となります。「manner of speaking」は「話すうえでのマナー」を意味しており、「choice of words」「wording」は「言葉の選び方」という意味をもっています。「wording」は類義語として紹介して「ワーディング」の由来となっている言葉であることも意識しておきましょう。

例文1:His manner of speaking is very polite.(彼の言葉遣いは非常に丁寧だ。)
例文2:His choice of words is very polite.(彼の言葉遣いは非常に丁寧だ。)
例文3:His wording is very polite.(彼の言葉遣いは非常に丁寧だ。)

「言葉遣い」が丁寧な英語の使い方

英語には敬語がないため、目上のひとと話すときには文全体を丁寧にする必要があります。たとえば、以下のような言葉が文を丁寧にする言葉。

・would
・could
・please

以上のような単語を適切に使うことによって、英語を文全体で丁寧にすることが可能。使い方を頭に入れておきましょう。

「言葉遣いは心遣い」とは?

「言葉遣いは心遣い」とは?

「言葉遣いは心遣い」という言葉を知っていますか?「言葉遣い」はそのひとの人柄を表すとされていて、見ず知らずのひとが他人を理解するうえで、「言葉遣い」は非常に重く見る部分なのです。よって、「言葉遣い」が悪い場合には直さないと損してしまうかも。詳しく「言葉遣い」についてみていきましょう。

「言葉遣い」が悪い場合は直す

「言葉遣い」が悪い場合には確実に治しておきましょう。なぜなら、「言葉遣い」が悪いだけで「このひとは乱暴なひとだ」「このひとは仕事ができないひとだ」という印象を与えてしまう可能性があるから。自分が悪くないと思っていても、相手のひとからしてみると「言葉遣いが悪い」かもしれませんので、誰かに客観的に指摘してもらったり、テストを受けたりすることをおすすめします。

「言葉遣い」は社会のマナー

「言葉遣い」は社会のマナーとなっています。なぜなら、「言葉遣い」がそのひとの人柄などを表現するものだと思われているから。ビジネスシーンにおいては、たとえ親しい仲であっても敬語を使うのが一般的です。あなたの「言葉遣い」をどこの誰が見ているかわかりません。社会に出たらいつでも「言葉遣い」に気をつけておくようにしましょう。

丁寧な「言葉遣い」とは?

丁寧な「言葉遣い」とは、相手を思いやる心です。場合によっては敬語を使ったり、ビジネスシーンでなければ敬語を使ったりしないことで「あなたとは親密な関係です」という意味を示すことになるでしょう。このように丁寧な「言葉遣い」は状況によって変わりますが、基本的には「相手を思いやる心」だと思っておきましょう。

まとめ

「言葉遣い」とは「言葉の使い方」「ものの言い方」を表している言葉。社会に出れば、「言葉遣い」はマナーだとされます。ビジネスパーソンとしては一刻も早く正しい「言葉遣い」を身につけるべきです。自分が発する言葉で相手がどう感じるのか、周りのひとがどう感じるのかを常に意識しておきましょう。

言葉遣い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる