「ラインアップ」の意味とは?「ラインナップ」との違いや類語・英語・使い方

ラインアップ
目次

「ラインアップ」の意味とは?

「ラインアップ」の意味とは?

カタカナ語の「ラインアップ」には、陣容や品揃え、組織や団体、作品などの顔ぶれの意味があります。また、テレビやラジオの内容や予定している番組、野球の打順のこともラインアップといいます。

「ラインアップ」と「ラインナップ」の違い

「ラインアップ」と「ラインナップ」の違い

「ラインアップ」と「ラインナップ」は表記だけの違いで、意味は同じです。語源は英語の「lineup」で、「ne(ン)」の後に母音の「u(ア)」が繋がるので「ナ」と発音します。そのため「ラインナップ」は英語のネイティブ発音寄りの表記であり、話し言葉で使われます。一方、書くときには「ラインアップ」の方が正式とされており、国語辞典もこちらで表記されています。

「ラインアップ」の由来・語源

「ラインアップ」の由来・語源

「ラインアップ」は英語の「lineup(line-up)」が語源で、基本的には「一列に並んだ様子」を意味しています。「line」は名詞だと「列、線」、動詞では「並べる、線をひく」の意味です。英語の「lineup」の日本語訳には、ほかにも陣容と顔ぶれ、野球の打順に加えて「並ぶ」があり、車や人などの行列を指すこともあります。

「ラインアップ」の類義語・言い換え表現

「ラインアップ」の類義語・言い換え表現

「ラインアップ」の類義語や言い換え表現は多くあります。ですがジャンルや状況、文章によって何に言い換えられるかは異なるので、それぞれの意味を知っておきましょう。

1.顔ぶれ

「顔ぶれ」とは、事業や会合などの集まりに参加するメンバーや人々のことです。また、社会のあるグループに属している、組合員や団体員個人を指すこともあります。敬意を示せる表現なので、目上の人に対して使っても。「名だたる顔ぶれ」や「そうそうたる顔ぶれ」は、優秀な人たちが集まっている様子をいいます。

2.構成

「構成」とは、複数ある要素を1つにまとめて組み立てることで、組み立てたものや組み立てる過程も指すことがあります。文学分野での「構成」は複数の要素やテーマを組み合わせて話を作ること、複数の言葉を組み合わせてある意味を持たせた言葉や文にすることなどの意味があります。「ラインアップ」の言い換えとするときは「組み立てたもの」を指していて、「この番組構成はオープニングとミニコーナーの合間にCMを挟み、最後にエンディングパートで締めくくる」と表現します。

3.陣容

「陣容」とは、軍隊の編成や配置の様子、陣立てのことをいいます。また、組織や団体などの構成員の顔ぶれのことも「陣容」と表現できます。たとえば「来るべき戦に備えて陣容を整える」や、「来期はチームの陣容を一新させて優勝を目指す」などと使います。

4.メニュー

「メニュー」とは、料理の品目一覧に主に使われる言葉です。食事の献立、または献立を一覧にまとめて示す献立表のことも「メニュー」といいます。また、「メニュー」には「あらかじめ用意した内容や項目」の意味もあります。コンピューターでユーザーが利用できるオプションリストのことや、作業手順を並べて提示したものも「メニュー」と表現します。

5.オーダー、序列

「オーダー」には発注や注文のほかに「序列」の意味もあり、「ラインアップ」と置き換えられます。たとえば野球の「ラインアップ」は、「バッティング・オーダー」を指していますが、両者には多少はニュアンスの違いも。「ラインアップ」は誰がメンバーになっているのか、「オーダー」は誰がどの順番(打順)なのかに重きを置いている点が異なります。

6.リスト

「リスト」には「名簿や目録、一覧表など、多数の品目を書き出したもの」の意味があり、「ラインアップ」の「一列に並んだ様子」ともっとも近い意味をもちます。「リスト」は抽象度の高い言葉で、メニューやオーダー、プログラムなど多くの意味をもち合わせています。英語の「list(リスト)」には、「同一種類の情報を列挙した一覧」の意味があり、IT用語の「ソースリスト」や「プログラムリスト」はこの意味で使われています。また、和製英語の「リストアップ」には多くのものを一覧表にまとめる、たくさんのものの中から条件に合ったものを選ぶという意味があります。

7.キャスト

カタカナ語の「キャスト」とは、演劇や映画、ドラマなどの配役のことをいいます。英語の「cast(キャスト)」には「割り当てる」の意味があり、それが転じて「配役」の意味ももつようになりました。役柄に合っていない、配役が間違っていることを「ミスキャスト」、花形のスターが揃っている様子を「オールキャスト」といいます。また、「キャスティング」とは配役を決めることです。

8.コンテンツ

「コンテンツ」は「中身、内容」を意味しています。最近ではインターネットやデジタル放送、DVDなどの電子媒体でやりとりできる音楽や映像、ゲームなどの情報や、サービスを指すことが一般的です。デジタルコンテンツには、ラジオ番組や音楽などの音声、テレビ番組やビデオなどの映像、文学作品やニュースなどのテキスト、データベースやゲームなどの情報またはサービスの4つがあります。1990年代の中頃からインターネットや携帯電話が広く普及し、1990年代後半から「コンテンツ」が一般的に使われるようになりました。

9.プログラム

「プログラム」には「目録や計画表、番組」の意味があり、「ラインアップ」の類語として使われています。また、「演劇や音楽発表会など催し物の進行計画、またはそれが書かれたもの」の意味ももち、この場合は「演目」とも言い換えられます。また、IT業界で使う「プログラム」は、「ある作業をコンピューターが実行するときの順番」を指しています。

10.チーム

「チーム」には、もともと「一緒に仕事をする集団」の意味があります。スポーツでよく耳にする言葉ですが、他の分野でも使えます。「チーム」に似た言葉に「グループ」がありますが、「グループ」は集まっている様だけをいうのに対し、「チーム」はある目標や目的を目指して行動する、理想をもって取り組む集団であるのが違います。

「ラインアップ」の英語の意味

「ラインアップ」の英語の意味

英語の動詞「line up」は、自動詞の「一列に並ぶ」と他動詞の「〇〇を一列に並べる」の2つの意味をもちます。たとえば「All the people line up for a photograph.」は「人々が写真撮影のために整列する」、「She lined every one up.」は「彼女は全員を一列に並べた」と訳します。名詞の「lineup(line-up)」には「ラインアップ」とほぼ同じ「全商品」と「顔ぶれや構成」「打順」「予定番組」などのほか、「容疑者の列」や「(連続して発生している)事件」の意味もあります。

「ラインアップ」の使い方

「ラインアップ」の使い方

「ラインアップ」の使い方を、「陣容」と「品揃え」「顔ぶれ」のそれぞれの意味ごとに紹介します。ビジネスシーンでも耳にすることが多い言葉なので、この機会に覚えておきましょう。

「陣容」を意味する「ラインアップ」の使い方

スポーツでは、「陣容」の意味で「ラインアップ」を多く使います。「スターティングラインアップ」は、団体競技の先発出場選手のことをいいます。

  • 明日の試合のスターティングラインアップを発表する
  • 今年の〇〇チームのラインアップは過去最高に思える
  • 相手チームのラインアップを見て、うちのチームの戦略を立てよう

「品揃え」を意味する「ラインアップ」の使い方

多くの取扱い商品やサービスがあるときに、「商品の品揃え」を意味する「ラインアップ」が使われます。たとえば「ラインアップが充実している」は品揃えが豊富で多くのものがあること、「カーラインアップ」は車の品揃えのことです。

  • 当社はA社よりも商品ラインアップは充実しているが、質に関しては今一歩足りない
  • Bメーカーのカーラインアップは、他メーカーと違って女性向けが多いようだ
  • 店舗で扱うサービスのラインアップを充実させれば、多くの顧客を集められる

「顔ぶれ」を意味する「ラインアップ」の使い方

「顔ぶれ」とは集まりに参加している人々のことで、さまざまなシーンで使われています。

  • 来年からの新プロジェクトチームはそうそうたるラインアップで、自分は緊張してしまった
  • 今度のコンサートの出演者のラインアップを確認したら大好きなアーティストがいたので、チケットを予約した
  • 行きつけの店へ行ったら、いつもと同じラインアップの人たちが揃っていた

まとめ

「ラインアップ」には陣容や品揃え、顔ぶれなどの意味があります。ビジネスの場面だけでなく、IT関連やエンタメ分野、スポーツなど日常的に触れる機会が多い単語なので、意味と使い方をしっかりと覚えておきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる