「不躾」の意味とは?使い方や類義語、対義語、英語表現を例文解説

不躾
目次

「不躾」の読み方と意味

「不躾」の読み方と意味

私たちは日常生活ではもちろんのこと、ビジネスの場面では特に相手に配慮した話し方を心掛けています。しかし、聞きづらい質問をする際や、失礼かもしれないが、何かお願いしたいときなどの場面に直面する機会もあるでしょう。今回紹介する「不躾」は、そのような場面で使われる表現の1つになります。では、「不躾」という言葉について、詳しくみていきましょう。

「不躾」の読み方

「不躾」は「ぶしつけ」と読みます。「不」は「~でない」という意味を持ち、「躾」は「正しい礼儀作法」という意味を持ちます。この「躾」という漢字は、「仕付け」が由来だといわれており、「しつけが厳しい」などの「しつけ」は「躾」もしくは「仕付け」と表されます。「ぶしつけ」に関しては、一般的に「不躾」と書くことが多いです。

「不躾」の意味は「無作法で礼儀を欠くさま」

「不躾」の意味は、「無作法で礼儀を欠くさま」です。「礼儀を十分にわきまえていないこと」を指す言葉で、遠慮のない振る舞いに対して使われます。また「不躾」は「唐突な」「露骨な」などの意味もあり、急なことで相手を驚かせ、失礼な態度にあたるような行いにも用いられる言葉です。

「不躾」の使い方

「不躾」の使い方

「不躾」の使い方で注意する点があります。それは「不躾」を「自分の言動に対して使う場合」と、「他人に対して使う場合」ではニュアンスが異なる点です。

たとえば「自分の言動に対して使う場合」だと「不躾ながら」は、「失礼だとわかっているのですが」という意味合いになります。「自分でも理解したうえで、あえて失礼な態度をとってしまうのですが」と前置きを置くことで、相手の不快感を軽減させるニュアンスがあるのです。この場合、自分の言動をへりくだって言っているため、目上の人に対して使われます。

一方、「他人に対して使う場合」には、相手の行動が失礼だとストレートに伝えるニュアンスがあります。「あの人は不躾な人だ」「彼の不躾な態度が気になる」などの意味は、「よほど礼儀を欠いている」と不快感をあらわにしています。

「不躾」を使用した例文

「不躾」を使用した例文

ここからは「不躾」を使用した例文を紹介します。「不躾なお願い」「不躾ながら」「不躾な質問ですが」「不躾な人」「不躾な態度」の5つの表現について解説します。

「不躾なお願い」

「不躾なお願い」は「失礼なお願い」「無茶なお願い」という意味合いです。相手にとって急だと感じられてしまうお願いや、手間になる頼み事だと捉えられてしまう可能性がある場合に、前置きとして使用します。「不躾なお願いですが」と前置きを置くことによって、「急なお願いで申し訳ありませんが」といった気持ちを表すのです。
・「不躾なお願いですが、明日までに資料を作成していただけないでしょうか。」
・「不躾なお願いで恐縮ですが、連絡先を教えていただけますか。」

「不躾ながら」

「不躾ながら」は文章や会話の冒頭に使用することで、相手へ敬意を払い、へりくだった印象を与えます。「失礼を詫びる挨拶」という意味合いがあり、目上の人に対して意見、お願い、質問をする際に使用される言葉です。
・「不躾ながら、連絡先を教えていただいてもよろしいでしょうか?」
・「不躾ながら、お尋ねします。」

なお、「不躾ながら」は以下のような言い回しで表現できます。
・「僭越ながら」
・「恐縮ですが」
・「恐れ入りますが」
・「差し支えなければ」
・「お手数をおかけしますが」

「不躾な質問ですが」

「不躾な質問ですが」は、「失礼な質問で申し訳ありませんが」「急な質問なのですが」といった意味合いです。相手に聞きにくい質問をする際に、「不躾な質問ですが」と前置きを置いて尋ねます。具体的には、年齢や結婚しているかどうか、などを聞く際に使われます。
・「不躾な質問ですが、年齢はおいくつでしょうか?」
・「不躾な質問ですが、ご容赦ください。」
・「記者からの不躾な質問には、答える義務はない。」

「不躾な人」「不躾な態度」

「不躾な人」は、「人に不快な思いをさせるほど、礼儀を欠いている人」という意味です。また、「不躾な態度」は、「無礼な態度」「失礼な態度」を意味しています。どちらも「失礼極まりない人・態度」として使われる言葉です。
・「プライベートな話を根掘り葉掘り聞いてきて、なんて不躾な人だ。」
・「不躾な人だと聞いていたが、ここまでとは思わなかった。」
・「後輩は、ある上司にだけ不躾な態度を取る。」
・「不躾な態度を、改めなさい。」

「不躾」の類義語・言い換え表現

「不躾」の類義語・言い換え表現

ここからは「不躾」の類義語・言い換え表現を紹介します。「失礼」「無礼」「非礼」「無作法」の4つの言葉について、例文付きで解説するので参考にしてください。なお、礼儀に欠ける度合いは、「失礼」「無礼」「非礼」の順で重くなります。

「失礼」

「失礼」は「しつれい」と読みます。「失礼」は「他人に接する際の心得をわきまえていないこと」「礼儀を欠くこと」という意味があります。「失礼」という漢字は「礼を失う」と書くように、「もともと礼儀を知っているが、うっかり礼儀を欠いてしまった」というニュアンスです。なお、「失礼しました」という表現は、「礼儀を欠いてしまった相手に対して、許しを求めること」を指します。この「失礼」は目上の人に対しても使用できます。また、「不躾ですが」と同じように、「失礼ですが」と表現することも多いです。
・「挨拶もしないなんて、失礼な人だ。」
・「失礼ですが、本日はどのようなご用件でしょうか?」
・「先日は会議に遅れて出席してしまい、大変失礼いたしました。」

「無礼」

「無礼」は「ぶれい」と読みます。「無礼」は「礼儀にはずれること」を意味します。「礼が無い」と書くように、「礼儀のない様子」です。相手や自分がひどく傷つき、怒る、悲しむなどの感情的になるほど礼儀をはずれた振る舞いで、それをお詫びする際に使用されることが多くなります。
・「どうかご無礼をお許しください。」
・「無礼を承知で申し上げますが、こちらの企画書は修正する必要があると思います。」

「非礼」

「非礼」は「ひれい」と読みます。「非礼」は「礼儀にそむくこと」を意味しており、「失礼」や「無礼」ではおさまらず、最も礼儀に外れた振る舞いや言動に対して使われる言葉です。ビジネスシーンにおいては、顧客からのクレームや、始末書を書かなければならない失態を起こした場合に「非礼」を使います。
・「度重なる非礼、誠に申し訳ございませんでした。」
・「先日は非礼をはたらいてしまい、心よりお詫び申し上げます。」

「無作法」

「無作法」は「ぶさほう」と読みます。「無作法」は「礼儀作法にはずれていること」という意味です。「作法」とは、「ルールやマナー、決まりごと」を意味する言葉で、「躾」と同じ意味合いを持っています。
・「無作法な振る舞いは、慎んでください。」
・「図書館で大きな声で話しているなんて、無作法な人たちだ。」

「不躾」の対義語

「不躾」の対義語

続いて、「不躾」の対義語を紹介します。「慇懃」「礼儀正しい」の2つの言葉について、例文付きで解説するので、確認してみてください。

「慇懃」

「慇懃」は「いんぎん」と読みます。「慇懃」の意味は「真心がこもっていて、礼儀正しいこと」です。「慇懃な挨拶」「慇懃な対応」などと使われます。なお、「慇懃」を使った「慇懃無礼」という四字熟語がありますが、その意味は「言葉や態度などが丁寧すぎて、かえって無礼であるさま」です。「慇懃」と「慇懃無礼」は意味が全く異なるので、間違えないように注意しましょう。
・「格式高いレストランのスタッフの慇懃な対応には、毎回とても感動します。」
・「度を越えた丁寧な対応は、慇懃無礼だと感じる人もいるだろう。」

「礼儀正しい」

「礼儀正しい」は「れいぎただしい」と読みます。「礼儀正しい」の意味は「礼儀をわきまえており、態度がきちんとしているさま」です。「礼儀正しい人」といえば、「マナーが守れて正しい作法ができる人」のことを指します。
・「先輩はとても礼儀正しい人で、憧れの存在だ。」
・「礼儀正しい態度を心掛けよう。」

「不躾」の英語表現

「不躾」の英語表現

「不躾」は英語で「rude」「impolite」と表現されます。2つの単語とも「無礼な」「失礼な」という意味を持ちます。
・「Sorry if this rude, but I know who you are.」(不躾ながら、あなたのことを知っています。)
・「That was impolite to me.」(それは私に対して失礼です。)

まとめ

ビジネスシーンで使われることが多い「不躾」という言葉。その言葉の意味や正しい使い方を理解できたでしょうか?「不躾ながら」「不躾なお願いですが」と前置きすることで、聞きにくい質問にも活用できます。ぜひ参考にしてください。

不躾

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる