「お願いします」の意味や敬語表現は?使い方や言い換え表現と英語なども例文で解説

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「お願いします」は日常生活やビジネスシーンで毎日使用するといっても過言ではないくらい頻繁に使用される言葉ではないでしょうか。今回は「お願いします」の詳しい意味や「お願いいたします」などの敬語表現の適切な使い方、そして英語や韓国語での表現方法をそれぞれ例文と一緒に解説していきます。

    目次

    「お願いします」の意味と例文

    「お願いします」の意味と例文

    「お願いします」の意味と例文を紹介します。さまざまな場所で頻繁に使用される言葉ですのでしっかりと確認しましょう。

    「お願いします」の意味

    ご存知かと思いますが、「お願いします」は何かの物事を相手に依頼する際に用いる表現です。つまり「~してください」と言うときに「~お願いします」と伝えることで相手に物事を依頼できます。「お願いします」はもともと「お願いする」に尊敬の意味を持つ補助動詞である「します」がついた言葉になります。そのため「お願いします」は敬語ではありますが、ビジネスシーンでは状況によって命令口調のように受け取られることもありますので使い方には注意しましょう。

    「お願いします」を使った例文

    「お願いします」を使った例文を紹介します

    ・もう一度お願いします。
    ・整列乗車にご協力お願いします。
    ・各自で配布物がし整っているかどうかの確認をお願いします。

    「お願いします」の敬語表現

    「お願いします」の敬語表現

    先ほど「お願いします」はビジネスシーンで命令口調になることもあるため注意が必要であるとお伝えしました。ここではビジネスシーンで使用できる「お願いします」のさまざまな敬語表現について紹介します

    「お願いいたします」の意味と使い方

    「お願いします」の丁寧な言い方として頻繁に使用される言葉が「お願いいたします」です。「お願い」は「願い」に謙譲語の接頭語である「お」がついた言葉です。「お願いいたします」は「お願い」に「する」の謙譲語である「いたす」と丁寧語である「ます」がついた言葉になります。そのため「お願いいたします」は謙譲語が2つ含まれる二重敬語になりますが、使用される頻度が非常に高く一般的に使用されているため、二重敬語であることを理由に使用を控えるようなことはほとんどありません。ここで「お願いいたします」を使った例文を紹介します。

    ・今月のシフトのご確認をお願いいたします。
    ・今回の内容についてご検討をお願いいたします。
    ・会計はお食事の最後にお願いいたします。

    「お願い致します」との違い

    では「お願いいたします」と「お願い致します」の違いについて解説していきます。基本的に「お願いいたします」の「いたします」はひらがなで書くのが正しいとされています。これは一般的に動詞につく補助動詞はひらがなで書かれるためです。この場合は「いたす」が「お願い」につく補助動詞のため「お願い致します」とは書かないことになります。また「致す」とは「そのことがもとで、ある結果、特によくない結果を引き起こす。ある状態に立ち至らせる。」という意味を持つ言葉でもあります。そのようなこともあり、「致す」の使用は避けるべきといわれています。しかしながら、実際には「お願い致します」を使用する方も多くいるため、絶対に「お願い致します」を使ってはいけないという決まりはありません。

    「お願い申し上げます」が丁寧な言い方

    「お願いします」の丁寧な表現方法として「お願い申し上げます」という言い方があります。「お願い申し上げます」は謙遜表現である「申し上げる」を付けくわえた形であり、「おねがいいたします」よりも丁寧な表現になります。ここで「お願い申し上げます」を使った例文を紹介します。

    ・完成次第私までご連絡をお願い申し上げます。
    ・お忙しいところ恐縮ですが、会議資料の送付をお願い申し上げます。
    ・明日の会議資料のご確認をお願い申し上げます。

    「よろしく」を付けることもある

    「お願いします」には「よろしく」を付け加えることもあります。「よろしく」は「ちょうどよいぐあいに」「承諾」という意味をもつ言葉であり、承諾を得るような場面で「よろしくお願いします」と使われます。また、先ほどまでの「お願いいたします」や「お願い申し上げます」と一緒に使われることもあり、「よろしくお願いいたします」、「よろしくお願い申し上げます」と使用されることも頻繁にあります。「よろしくお願いします」を使った例文を紹介します。

    ・今後ともご指導のほどよろしくお願いします。
    ・何卒よろしくお願いいたします。
    ・弊社のプロジェクトへのご協力をよろしくお願い申し上げます。

    「どうぞ」を付けることもある

    「お願いします」の前に「どうぞ」をつけることもあります。「どうぞ」をつけることによって「よろしくお願いします」よりも丁寧な言い方になり、心の底からお願いの気持ちを表す表現になります。また「どうぞよろしくお願いいたします」は上司や取引先の方へ向けても使用できるような丁寧な表現になります。「どうぞよろしくお願いします」を用いた例文を紹介します。

    ・お忙しいところ恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
    ・今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。

    「お願いします」の言い換え表現

    「お願いします」の言い換え表現

    ここでは「お願いします」の言い換え表現を紹介します。しっかりと確認して状況に合わせた使い方ができるようになりましょう。

    「ください」への言い換え

    「(動詞や名詞)ください」は「お願いします」と同様の意味を持つ敬語となります。「ください」を使用した例文を紹介します。

    ・作業が終了した方はご連絡ください。
    ・先ほどご連絡いたしました内容についてぜひご検討ください。
    ・氏名、住所、電話番号のすべてをご記入ください。

    「願います」への言い換え

    「願います」は「お願いします」の丁寧語での表現です。「願います」はビジネスシーンにおいては失礼だとの考えもあるようです。実際に尊敬語の「お願いになる」や謙譲語の「お願い申し上げます」のほうが丁寧な印象を与えますが、「願います」は敬語として正しい日本語であるため失礼な表現であるとはいえません。実際に「願います」を使った例文をいくつか紹介します。

    ・優先席付近ではお静かに願います。
    ・皆様、本日の配布資料に書かれている内容をご確認願います。
    ・お帰りの際のお忘れものはないように願います。

    「幸いです」への言い換え

    ビジネスシーンにて「幸いです」という言葉が使われることがあります。「幸い」は「さいわい」と読み、「幸いです」は「そうしてくれると嬉しいです」という意味をもつ言葉です。目上に方への依頼の際に「おねがいいたします」などの丁寧な言い方の言い換えとして使用できます。実際に「幸いです」を使用した例文を紹介します。

    ・お手すきの際にご確認いただけますと幸いです。
    ・大変申し訳ございませんが、変更いただけますと幸いです。
    ・何かございましたらいつでもご連絡いただければ幸いです。

    英語での「お願いします」の表現方法と例文

    英語での「お願いします」の表現方法と例文

    「お願いします」は英語では一般的に「please」で表現できます。「please」を使った例文を紹介します。

    ・Be quiet, please.(お静かに願います。)
    ・Please revise it.(修正をお願いします。)

    各国の「お願いします」の表現方法

    各国の「お願いします」の表現方法

    英語以外の「お願いします」の表現方法を紹介します。ここでは韓国語の表現とスペイン語の表現を確認しましょう

    「お願いします」の韓国語表現

    韓国語で「お願いします」は、「부탁합니다(ブタカンニダ)」と表現します。この「부탁합니다」は比較的丁寧な表現方法であるといえます。実際に「부탁합니다」が使われた例文を紹介します。

    ・앞으로도 잘 부탁합니다.(今後ともよろしくお願いいたします。)

    「お願いします」のスペイン語表現

    スペイン語で「お願いします」は「por favor(ポル ファーボル)」と表現します。こちらの表現は物事を頼む際に基本的にいつでも使用できる言葉になっています。実際に「por favor」を使った例文を紹介します。

    ・Ayudame por favor.(ご指導/ご支援のほどよろしくお願いします。)

    まとめ

    「お願いします」はたくさんの敬語表現があり、とても頻繁に使用される言葉です。きちんと敬語などの使い方をマスターして、それぞれに適した表現ができるようになりましょう

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる