「感謝の念に堪えません」の意味と使い方|類語・英語表現、例文も解説

感謝の念に堪えません

「感謝の念に堪えません」は、ビジネスシーンでよく使われる表現です。さまざまなシーンで使えるよう、「感謝の念に堪えません」の読み方や意味、使い方や例文を紹介します。また、類語や言い換え語、英語表現についても解説します。

目次

「感謝の念に堪えません」の読み方

「感謝の念に堪えません」の読み方

「感謝の念に堪えません」の読み方は、「かんしゃのねんにたえません」です。

「感謝の念に堪えません」の意味

「感謝の念に堪えません」の意味

「感謝の念に堪えません」の「感謝の念」とは、感謝の思い、感謝の気持ちという意味です。また「堪えません」とは、表に出さずにはいられないという意味です。「感謝します」よりも「感謝の念に堪えません」のほうが、深い感謝の気持ちを表現する言葉だといえます。

「感謝の念に堪えません」の使い方

「感謝の念に堪えません」の使い方

「感謝の念に堪えません」は次のような場面で、改まって深い感謝を伝える際に使います。
・退職・異動・転職
・長年の功績への感謝
退職や異動、転職という節目の際には、今までの年月一緒に仕事をしてきた上司や同僚、また会社へのあいさつの言葉として「感謝の念に堪えません」を使えます。また会社の側からも、退職する社員の長年の功績に対してお礼を述べる際に「感謝の念に堪えません」を使えます。

「感謝の念に堪えません」の例文

「感謝の念に堪えません」の例文

「感謝の念に堪えません」の例文を、退職、異動、転職のそれぞれの場合で紹介しましょう。
【退職の場合】
退職にあたり、ひと言ごあいさつ申し上げたいと存じます。
入社より43年、総務畑一筋で仕事してまいりましたが、その間多くの皆様にお世話になり「感謝の念に堪えません」。まことに、ありがとうございました。

【異動の場合】
このたび、千葉支店へ異動することになりました。新卒で入社してから3年にわたり、何もわからない私にご指導・ご鞭撻(べんたつ)を賜りまして、まことに「感謝の念に堪えません」。こちらの支店と千葉支店とは合同の研修などもございますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

【転職の場合】
このたび、私事ですが田舎の両親と同居するため転職させていだだくことになりました。入社したてのころは1件の契約も取れなかった私が、営業部でどうにかこうにか10年やってこられたのは皆様のおかげと思い「感謝の念に堪えません」。転職後も、陰ながら〇〇社と営業部のますますのご発展を祈念しております。

「感謝の念に堪えません」の誤字

「感謝の念に堪えません」の誤字

「感謝の念に堪えません」は、書き言葉としてあいさつ文に使うこともあります。その際に誤字があっては、せっかくの感謝の気持ちが台無しです。特にパソコンで変換する場合は、誤字に気づきにくいので注意しましょう。どのような誤字があるのか、見ていきます。

「感謝の念に堪えません」の誤字①「感謝の念に耐えません」

「感謝の念に堪えません」の意味の章で、「堪えません」とは表に出さずにはいられないという意味だと述べました。一方「耐える」は、苦しいことや辛いことをがまんするという意味ですから、「感謝の念」とはまったく相容れない言葉です。

「感謝の念に堪えません」の誤字②「感謝の念に絶えません」

「絶えない」は、とぎれない、尽きないという意味なので、「感謝の念」に続けて使ってもよさそうな気がしてしまいますが、これも間違いです。あやふやな覚え方のまま、うっかり「絶えません」を使わないようにしましょう。「感謝の念」をきちんと伝えるためには、「堪えません」という正しい字をしっかりと覚えることが肝心です。

「感謝の念に堪えません」をビジネスシーンで使う

「感謝の念に堪えません」をビジネスシーンで使う

「感謝の念に堪えません」は、ビジネスシーンでも使えます。ただし日常的に使うのではなく、少し改まって感謝する際に使います。ビジネスメールで使う場合と、ビジネスのあいさつで使う場合を見ていきます。

「感謝の念に堪えません」をビジネスメールで使う

「感謝の念に堪えません」をビジネスメールで使う場合、たとえば大口の取引先へのビジネスメール例文は以下のようになります。

【例文】
・平素は格別のご高配を賜りまして、「感謝の念に堪えません」。今後とも、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

このように、「感謝の念に堪えません」は、特別な存在の相手に感謝の気持ちを伝えるビジネスメールで使います。

「感謝の念に堪えません」をビジネスのあいさつで使う

「感謝の念に堪えません」をビジネスのあいさつで使う場合、たとえば長年勤めて定年退職する社員へのあいさつの例文は、以下のようになります。

【例文】
・長年にわたり当社の発展に寄与されましたこと、「感謝の念に堪えません」。

この場合は、定年退職という特別な節目のあいさつに長年の感謝の気持ちを表して「感謝の念に堪えません」を使っています。

「感謝の念に堪えません」の類語・言い換え語

「感謝の念に堪えません」の類語・言い換え語

「感謝の念に堪えません」は、特別な相手や節目に使う言葉ですので、普段はあまり使いません。そこで、ビジネスシーンで普段にも使えるような類語・言い換え語を紹介します。

「感謝の念に堪えません」の類語・言い換え語①

「感謝の念に堪えません」の類語・言い換え語の1つ目は、「感謝申し上げます」・「お礼申し上げます」です。「申し上げます」は謙譲語ですので、「感謝申し上げます」・「お礼申し上げます」は、非常に丁寧な言葉であるにもかかわらず普段にも使える便利な言葉です。

「感謝の念に堪えません」の類語・言い換え語②

「感謝の念に堪えません」の類語・言い換え語の2つ目は、「まことにありがとうございます」です。「まことに」は「本当に」という意味で、「まことにありがとうございます」は感謝の気持ちが本物であることを示す言葉です。

「感謝の念に堪えません」の類語・言い換え語③

「感謝の念に堪えません」の類語・言い換え語の3つ目は、「深謝いたします」です。「深謝いたします」は、「感謝の念に堪えません」ほど改まった言葉ではありませんが話し言葉ではあまり使いません。ビジネス文書などの書き言葉では使われています。

「感謝の念に堪えません」の英語表現・例文

「感謝の念に堪えません」の英語表現・例文

「感謝の念に堪えません」の英語表現は、3つあります。それぞれ紹介していきましょう。

「感謝の念に堪えません」の英語表現①「I can’t help but thank you.」

「感謝の念に堪えません」の英語表現の1つ目は、「I can’t help but thank you.」です。「感謝の念に堪えません」は、感謝の気持ちを表さずにはいられないという意味なので、「I can’t help but thank you.」がニュアンスとして一番近い英語表現になります。例文は、次のとおりです。

【例文】
・You helped my Korean improve. I can’t help but thank you.
(あなたは私の韓国語を上達させるのを手伝ってくれました。あなたに感謝せずにはいられません。)

「感謝の念に堪えません」の英語表現②「I can’t thank you enough.」

「感謝の念に堪えません」の英語表現の2つ目は、「I can’t thank you enough.」です。日本語訳すると「感謝し足りない」という意味になるので、「感謝の念に堪えません」とは少し違うニュアンスにはなります。例文は、次のとおりです。

【例文】
・You have helped me so much, I can’t thank you enough.
(あなたは私をとても助けてくれました。感謝してもし足りません。)

「感謝の念に堪えません」の英語表現③「I can’t find the words to thank you enough.」

「感謝の念に堪えません」の英語表現の3つ目は、「I can’t find the words to thank you enough.」です。「can’t find the words to ~」は、「~するための言葉が見つかりません」という意味なので、やはり「感謝の念に堪えません」とは少し違うニュアンスになります。例文は、次のとおりです。

【例文】
・You showed me the way. I can’t find the words to thank you enough.
(あなたは私を親切に案内してくれました。感謝の言葉が見つかりません。)

まとめ

「感謝の念に堪えません」は、特別に重要な取引先や特別な節目に使う感謝の言葉です。普段のビジネスメールや会話に使ってしまうと堅苦しい印象を与えてしまうので、使う場面を選びましょう。

感謝の念に堪えません

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる