「プロフェッショナル」の意味と使い方とは?類語や英語表現も解説

プロフェッショナル

日常でよく聞く「プロフェッショナル」という言葉。いろいろな類義語があるのをご存じですか?改めて意味と使い方を確認し、別の言い方や対義語についても確認しましょう。また、ビジネスで役立つ「プロフェッショナル」としての心得にも言及しています。

目次

「プロフェッショナル」の意味とは?

「プロフェッショナル」の意味とは?

「プロサッカー選手」や「プロ野球選手」などスポーツ界でよく聞く「プロ」という言葉。これは、「プロフェッショナル」の短縮した言い方です。「プロフェッショナル」とは、人より秀でた能力や才能を活かして仕事をし、その仕事に確かさがある人や、物事を指す言葉です

「プロフェッショナル」の使い方と例文

「プロフェッショナル」の使い方と例文

「プロフェッショナル」は、さまざまな場面で使われる言葉です。ビジネスシーンでもよく使われるので、どのような会話の場面で出てくるのか例文を見てみましょう
・君の「プロフェッショナル」な仕事が評価されて、契約が取れたよ。
・転職して、IT業界の「プロフェッショナル」を目指します。
・会議に遅刻するなんて、「プロフェッショナル」としての自覚が足りないよ。
・いくらゴルフが上手と言われても、「プロフェッショナル」にはかないませんよ。
・彼の仕事は、「プロフェッショナル」だと評判だ。

「プロェッショナル」の類義語・言い換え

「プロェッショナル」の類義語・言い換え

「プロフェッショナル」には、さまざまな類義語や言い換え表現があります。ここでは、6つの類義語をお伝えします

1.プロ 専門家

「プロフェッショナル」を日本語に言い換えると、最もしっくりくるのが「専門家」です。専門家は少し長い言葉なので、「プロフェッショナル」を短縮した「プロ」を使うことのほうが多いです。

2.エキスパート

「エキスパート」も「プロフェッショナル」の類義語ですが、少しニュアンスが異なります。「プロフェッショナル」は、「プロフェッショナルな仕事」のように職業全体を指すこともあります。一方で「エキスパート」は、その分野で経験を積み、高度な技術や能力を持つ「人」に対してのみ使われます。「プロフェッショナル」は、人や物事に、「エキスパート」は、人にのみ使うと覚えておきましょう。

3.スペシャリスト

「プロフェッショナル」が広い分野で使われるのに対し、「スペシャリスト」は、特定の分野や作業に特化した人に対して使われます。例えば、「英語を教えるスペシャリスト」や、「絵画のスペシャリスト」などのように、「〇〇のスペシャリスト」と使うことが多いです。

4.玄人

「玄人」は、「スペシャリスト」と同じで、1つの職業や分野に熟練した人に対して使います。職業だけでなく、技芸などが優れた人に対しても使います。「プロフェッショナル」と言い換えが可能ですが、今日では「プロフェッショナル」を省略した「プロ」のほうがよく使われています

5.ベテラン

「ベテラン」とは、長年の経験を積み、ある分野において熟達した人を指す言葉です。「プロフェッショナル」が、実力を伴っているのに対し、「ベテラン」は、実力にかかわらずただ単に経験年数が多い人に対して使われることも多いです。「ベテラン俳優」「ベテランドライバー」などと、その使い方は職業にとどまらず芸能やスポーツの分野でも使われます。日常でもよく使われる言葉なので覚えておきましょう。

6.腕利き

「プロフェッショナル」の類義語として「腕利き」という表現も挙げられます。「腕利き」は、技能や能力がすぐれていることや匠の技能を持つ人物を指す言葉です。「腕利きの大工」や「そのシェフは腕利きらしい」などと使います。

「プロフェッショナル」の対義語

「プロフェッショナル」の対義語

「プロフェッショナル」の対義語を2つ紹介します。順番に見ていきましょう。

1.アマチュア

「プロフェッショナル」の対義語として「アマチュア」が挙げられます。プロと違って、職業としてではなく、趣味として物事を愛好している人を指す言葉です。特にスポーツの世界で使われることが多く、プロの反対で「アマ」と省略して使われることが多いです。

2.素人

プロフェッショナルの対義語として「素人」が挙げられます。ある物事に対して経験が少ない人や、職業としていない、専門としていない人を指す言葉です

「プロフェッショナル」の英語表現

「プロフェッショナル」の英語表現

英語の「プロフェッショナル」には、名詞と形容詞の2つの用法があります。順番に見ていきましょう。

1.名詞として使う場合

名詞として使う「professional」は、日本語と同じく「専門家」「プロ」という意味になります。「golf professional(プロゴルファー)」や「My mother is a cleaning professional.(私の母は、掃除のプロです。)」などと使います。

2.形容詞として使う場合

形容詞として使う「professional」には、2つの意味があります。1つは、「professional soccer player」のように、後ろに説明したい名詞を置いて「プロの~」という意味を表します。もう1つは、「職業上ふさわしい」、「ビジネスの場にふさわしい」という意味です。例えば、「in a proffesional manner(ビジネスの場にふさわしい形で)」などと表現します。また、「すばらしい」という意味で使われることも多く、「Your report is very professional.(君の報告書はとても素晴らしかった。)」などと表現できます。
名詞の「professional」と形容詞の「プロの」という意味の「professional」は、「pro」と省略されることが多いです。日本語と同じく長いので短縮して使われます。

「プロフェッショナル」な人の特徴

「プロフェッショナル」な人の特徴

「プロフェッショナル」な人に共通する特徴は以下の10点です。
・目標設定が高い
・常に成長しようとする姿勢がある
・時間を大切にしている
・プライドを持って粘り強く取り組める
・根拠のない自信がある
・自己保身に走らず現実を受け止められる
・小さなステップを着実に踏める
・常に成長する姿勢がある
・軸がぶれない
・自分の長所と短所がよくわかっている
ハードルは高いですが、少しずつ意識していくことで「プロフェッショナル」を目指せます。まずは、どの分野の「プロフェッショナル」になりたいのか決めて、小さな目標をコツコツと達成していくことが重要です

「プロフェッショナル」としての心構え

「プロフェッショナル」としての心構え

最後に、「プロフェッショナル」と呼ばれる人になるための心構えを2つ紹介します。社会人として、誰もが認める「プロフェッショナル」になるために明日から実践できる具体的なアクションプランをお伝えします

1.抜群の知識を持つ

その道の「プロフェッショナル」を目指すなら、優れた専門知識を持つ必要があります。まずは、他の誰にも負けない自信を付けることから始めましょう。また、難しい言葉をかみ砕いて、専門用語を使わず説明できる能力も必要です。

2.笑顔と前向きな姿勢

明日からでもすぐ実践できるのが、どんな時も笑顔を忘れず、前向きな姿勢でいることです。困難な時こそ、自分をコントロールできるのが「プロフェッショナル」です。明日から意識してみてください。

まとめ

「プロゴルファー」などスポーツ界でよく聞く「プロ」は「プロフェッショナル」を短縮したものです。「プロフェッショナル」とは、その道の専門家や、その仕事に確かさがある人に対して使われる言葉です。語源は英語の「professional」で、英語でも日本語でも「pro(プロ)」と短縮して使われることが多いです。社会人として活躍していきたいなら、何かの道の「プロフェッショナル」になりましょう。まずは、専門知識を身につけたり、技術を磨いたりしましょう。いつも前向きな姿勢でいることも「プロフェッショナル」に大事なマインドです。

プロフェッショナル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる