「パースペクティブ」の意味とは?使い方や類語・英語表現を例文解説

パースペクティブ

「パースペクティブ」の意味を知っていますか?実は分野や業界によって意味が変わる言葉なのです。この記事では「パースペクティブ」の意味や英語・類語・使い方を解説します。ビジネスパーソンとしてしっかり覚えておきたい言葉です。

目次

「パースペクティブ」の意味とは?

「パースペクティブ」の意味とは?

「パースペクティブ」は「視点」「見通し」などの意味をもつ言葉。しかしながら、なんとなくニュアンスはわかるけれど正しい意味を理解していないひともいるでしょう。「パースペクティブ」を使うときには自分が意味を理解しているだけでなく、相手が意味を理解しているのかを考える必要があるのです。

さまざまな分野における「パースペクティブ」の意味

さまざまな分野における「パースペクティブ」の意味

ここではさまざまな分野における「パースペクティブ」の意味について解説します。「パースペクティブ」は「見通し」「視点」「展望」などの意味をもつ言葉ですが、それらは業界によって捉え方が変わります。本質的には同じ意味だとしても、業界によっては理解しにくいものもあるでしょう。ビジネスシーンで会話をスムーズに進めるためにも、「パースペクティブ」のそれぞれの業界における意味を正しく押さえておきましょう。

「パースペクティブ」のビジネスにおける意味

「パースペクティブ」はビジネスにおいては「展望」「考え方」という意味です。社内やクライアントとの連絡のなかで「パースペクティブ」が使われたときにはほとんどこの意味といっていいでしょう。「パースペクティブ」で最初に押さえておくべき意味です。

「パースペクティブ」のIT業界における意味

「パースペクティブ」がIT業界で使われたときには「画面構成」という意味で使われているかもしれないことに注意が必要です。具体的には「エンジニアが作業している環境の画面構成」のことを指します。

「パースペクティブ」の写真業界における意味

「パースペクティブ」が写真業界において使われた場合、「遠近法」のことを意味しています。「遠近法」の特徴としては、遠いものが小さくて近いものが大きいことや、距離によって色味に変化が出ることが挙げられます。

「パースペクティブ」の舞台業界における意味

「パースペクティブ」は舞台業界における用語として使われることがあります。その際の「パースペクティブ」は「舞台装置などの見取り図」の意味で使われていると理解しましょう。もともとは絵画における技術である「パースペクティブ」を舞台に応用したことから、用語として使われるようになりました。

「パースペクティブ」の美術業界における意味

「パースペクティブ」が絵画などの美術系業界において使われるときには「透視図法」のことを意味しています。「透視図法」とは「ある一点を視点として、物体を人間の目で見るのと同じように描く方法」のことを指した言葉です。

「パースペクティブ」の建築業界における意味

「パースペクティブ」が建築業界で使われたときには「完成予想図」だと理解すべきです。以前は手書きでしたが、現代においてはコンピューターを使って作られることがほとんど。完成したときの建物の内観や外観をある視点から立体的に書いたものです。ほとんどの場合、着色されます。

「パースペクティブ」の学術分野における意味

学術分野において「パースペクティブ」が使われたときには「ものごとの見方」「視点」のことを指しています。心理学・認知学・哲学などで使われる言葉で、「観点主義」という意味で「パースペクティズム」といわれることもあります。

「パースペクティブ」の教科書における意味

実は「パースペクティブ」はある英語の教科書の固有名詞でもあるのです。よって、学校などで「パースペクティブを持ってきてください」といわれたら、「教科書をもってきてください」という意味である可能性もあります。教科書のほかにも固有名詞が「パースペクティブ」のものもありますので、注意しておきましょう。

「パースペクティブ」の由来・語源

「パースペクティブ」の由来・語源

「パースペクティブ」の由来は英語にあります。「見方」「考え方」「透視図法」などを意味している英単語の「perspective」の発音を、そのままカタカナにして日本語に取り入れているのです。このように英語の発音をそのままカタカナにして取り入れることは、日本語においてよくあることです。具体的には「サッカー」「ビジネス」「マーケティング」などが同じようにカタカナ語として使用されています。

「パースペクティブ」の類義語・言い換え

「パースペクティブ」の類義語・言い換え

ここでは「パースペクティブ」の類義語・言い換えを紹介します。「パースペクティブ」は英語由来の言葉ですので、意味がわかっていないひとが多いのも事実でしょう。そのような人たちとコミュニケーションを取るためには、「パースペクティブ」の類義語・言い換えを覚えておく必要があります。相手に伝わりやすいように話すことは、コミュニケーションにおいて非常に大切なことです。ここで確実に覚えておきましょう。

「パースペクティブ」の類義語1「見通し」

「パースペクティブ」の類義語1つ目は「見通し」です。「見通し」にはさまざまな意味があります。「パースペクティブ」の類義語としては、「ものごとのなりゆきや将来を予測すること」を意味した言葉として使えます。

「パースペクティブ」の類義語2「見込み」

「パースペクティブ」の類義語2つ目は「見込み」です。「見込み」は「予測」や「予想」を意味している言葉。近い未来に関する、現実になる可能性が高いことに対して使われることが多いです。

「パースペクティブ」の類義語3「予測」

「パースペクティブ」の類義語3つ目は「予想」です。「予想」とは「ものごとのなりゆきや結果を前もって推測すること」を指しています。「予測」は類似している事実をあてはめることによって未来を前もって推測することです。

「パースペクティブ」の類義語4「アウトルック」

「パースペクティブ」の類義語4つ目は「アウトルック」です。「アウトルック」は英単語の「outlook」を由来としている言葉。もともとの意味は「眺望」「見晴らし」ですが、その意味から派生して「見通し」「展望」という意味をもつようになりました。

「パースペクティブ」の類義語5「プロスペクト」

「パースペクティブ」の類義語5つ目は「プロスペクト」です。「プロスペクト」も英語由来の言葉です。英単語の「prospect」の発音をそのままカタカナで日本語として使うようになったものです。

「パースペクティブ」を英語でいうと?

「パースペクティブ」を英語でいうと?

「パースペクティブ」を英語で表現すると「perspective」です。この英単語は前述のとおり、「パースペクティブ」の由来となった言葉です。よって発音も「パースペクティブ」そのままです。具体的な使い方は以下のとおり。

例文:I took a Socratic perspective on this issue.(私はソクラテス的な考え方で今回の問題を受け止めた。)

「パースペクティブ」の使い方と例文集

「パースペクティブ」の使い方と例文集

「パースペクティブ」の意味を知っていても、使い方がわからなくては意味がありません。ここでは「パースペクティブ」の使い方、使うときの注意点、例文について解説します。「パースペクティブ」はビジネスパーソンなら確実にマスターしておきたいもの。ここで身につけておきましょう。

「パースペクティブ」の使い方

「パースペクティブ」は「見通し」「展望」という意味で使われます。建築業界においては「完成予定図」のことを指し、舞台用語としては「舞台装置などの見取り図」のこと。このように業界によって具体的な意味は違いますが、本質的にはすべて「見通し」「展望」という意味で使われていることを意識しておきましょう。

「パースペクティブ」を使用するときの注意点

「パースペクティブ」を使うときには「相手が意味を理解できているのか」に注意しましょう。なぜなら、「パースペクティブ」は英語由来の言葉だから。単に意味を知らないひともいれば、英語由来だから意味を覚える気もないひともいます。「パースペクティブ」を使うときには、相手とその状況を確かめるようにしましょう。

「パースペクティブ」の例文

「パースペクティブ」を使った例文は以下のとおりです。

・もっとパースペクティブを意識してビジネスをしていくべきだ。
・パースペクティブな視点は現代においてよく求められている。
・パースペクティブを持つのが僕の今年の目標だ。

まとめ

「パースペクティブ」は「見通し」「展望」という意味をもつ言葉です。業界によって具体的な捉え方は違うにしても、本質的にはすべて同じ意味で使われているもの。ビジネスシーンでも多く使われている言葉ですので、正しく意味を理解し活用していきましょう。

パースペクティブ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる