「エポックメイキング」とは?正しい意味や使い方、類語・英語訳も紹介

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「エポックメイキング」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。最近聞く機会が増えてきていませんか?ここでは「エポックメイキング」の詳しい意味や類義語、使うときの注意点などを解説します。ぜひ参考にしてみてください。

    目次

    「エポックメイキング」の意味とは?

    「エポックメイキング」の意味とは?

    耳にする機会がそれほど多くはない「エポックメイキング」という言葉。聞いたことがある方も、その意味をきちんと理解していますか?「エポックメイキング」は、革新的、画期的な事象を起こすことを表現するときに使う言葉で、「新時代を切り開く」という意味があります。

    「エポックメイキング」の語源・由来

    「エポックメイキング」の語源・由来

    「エポックメイキング」は、英語の「epoch-making」が語源の言葉で、「エポック」と「メイキング」という2つの単語が組み合わさってできた言葉です。「エポック」は英語とフランス語で「epoch」と表記され、もともとの意味は「時代」でした。その意味が徐々に変化し、今までとは違う革新的、画期的な時代そのもののことや、そのような新しい時代を切り開くほど意義がある事象のことを意味するようになりました。

    「メイキング」は英語で「making」と表記され、「作ること」を意味します。この2つの言葉が合わさって「エポックメイキング」は「革新的な新時代を切り開く」という意味になりました。

    「エポックメイキング」の類義語・言い換え

    「エポックメイキング」の類義語・言い換え

    「エポックメイキング」の類義語としては、どのような言葉が考えられるでしょうか。あまり馴染みのない「エポックメイキング」という言葉ですが、類義語を見ていくと、その意味がイメージしやすくなるかもしれません。

    新次元を開く

    「次元」は、数学的に使われる言葉でもありますが、一般的には「物事を考えたり行ったりするときの程度や水準」のことを意味します。その意味から「新次元を開く」は、「これまでになかった水準を生み出す」「画期的な変化をもたらす」ことを表します。
    例「自動運転技術の確立は、人々の暮らしの新次元を開くことになるだろう。」

    革命的

    「革命」がもともともつ意味は、権力をもっていた王朝が変わることです。天下が入れ替わることから、革命前後ではさまざまな変化が起こり、世の中に与える影響も大きなものでした。「エポックメイキング」も、時代を変えるほどの大きな変化を与えることを指す言葉なので、「革命的」は「エポックメイキング」の類義語として挙げられます。
    例「ワクチンが開発されたことは、革命的な出来事だった。」

    最先端

    「最先端」は、時代の最も先を行くものを指した言葉で、時代を変えてしまうほどの変化を生み出す「エポックメイキング」とは若干ニュアンスが違います。しかし、「今までにはなかった新しいもの」という意味をもつことから、「エポックメイキング」の類義語といえるでしょう。
    例「最先端のロボットは、人々の暮らしをより豊かにするだろう。」

    アバンギャルド

    「アバンギャルド」は、もともとは軍隊用語で少数精鋭部隊のことを指す言葉でしたが、政治用語で革命を起こす政党や、革命運動の指導部のことを指す言葉としても使われるようになりました。そこからさらに意味が変化し、芸術分野において、伝統に逆らい革新的な方法で表現することを目指す運動や、その傾向のことを指す言葉となりました。「エポックメイキング」が分野を問わない言葉であるのに対し、「アバンギャルド」は対象が芸術分野に絞られます。
    例「彼は、アバンギャルドなデザインで有名なファッションデザイナーだ。」

    イノベーション

    「イノベーション」は、既存の技術を新しいものに刷新し、大きな変化をもたらすことを意味する言葉で、「エポックメイキング」の類義語といえます。「イノベーション」は、日本語では「技術革新」と呼ばれるものです。「生産性が上がって、商品価格が下がる」など、プラス面で大きな変化があることを指します。一般的に、マイナス面での変化があった場合には「イノベーション」という言葉は使いません。
    例「イノベーションを起こすには、新しい考えを日々取り入れることが重要だ。」

    「エポックメイキング」の使い方と例文集

    「エポックメイキング」の使い方と例文集

    「エポックメイキング」の詳しい使い方を、例文とともに解説します。

    「エポックメイキング」の使い方

    「エポックメイキング」と呼ばれる事柄が起きた後、それ以前とは時代が変わったとはっきり認識できるほど、明確に違いがわかるときに使うのが適切です。

    「エポックメイキング」を使用するときの注意点

    「エポックメイキング」という言葉を使う際に注意すべき点はあるでしょうか。実際に使用するときに間違った使い方をしないよう、注意点を確認しておきましょう。

    「エポックメイキング」という表現が適切な条件とは?

    以下に挙げる「エポックメイキング」だと表現するための条件を確認すると、実際の使い方のイメージがつきやすいかもしれません。

    • 考え方や技術がこれまでより格段に進歩すること
    • 人々の暮らしがこれまでと大きく変化すること

    1つ目の条件で重要なことは、考え方や技術が徐々に発展していくのではなく、飛躍的な進歩があるという点です。段階を飛ばして進歩したときでなければ「エポックメイキング」という表現を使うには不適切です。2つ目は、飛躍的な進歩があっただけではなく、その進歩によって人々の暮らしが変わらなければならないという条件です。この2つを満たした場合は「エポックメイキング」と表現するのに適した状態だといえるでしょう。

    「エポックメイキング」の誤った使い方

    これまでにも述べてきたように、「エポックメイキング」は少しの技術的な改良などに使うには不適切です。例えば、「スマートフォンを早く充電するために電池の改良を加え、充電にかかる時間を短くした」とします。この事柄を「エポックメイキング」とは呼びません。なぜなら、充電にかかる時間を短くすることは、技術の飛躍的な進歩とは呼べず、人々の暮らしが激変するともいえないからです。このように、少しの改良程度では「エポックメイキング」とはいえないので注意しましょう。

    「エポックメイキング」の例文

    「エポックメイキング」は具体的にはどのように使えばよいか、例文を見ていきましょう。

    • エジソンが生み出した蓄音機や白熱電球は、人々の暮らしを激変させたエポックメイキングな発明だ。
    • コンピュータの登場は、これまでの世界を一変させるエポックメイキングな出来事だった。
    • 人工知能を利用した新しいサービスは、エポックメイキングなものとなる可能性がある。

    「エポックメイキング」の英語の意味と例文

    「エポックメイキング」の英語の意味と例文

    「エポックメイキング」は英語で「epoch-making」と書きます。画期的な時代を意味する「epoch」と作り出すという意味の「making」が合わさった言葉です。

    「epoch-making」の意味

    英語の「epoch-making」も、カタカナ語の「エポックメイキング」と同じく「新時代を切り開くこと」を意味します。使い方や細かなニュアンスも、カタカナ語の「エポックメイキング」と変わりありません。

    「epoch-making」の例文

    英語の「epoch-making」を使った例文を挙げます。

    • This is an epoch-making invention. これは革新的な発明だ。
    • Artificial intelligence can be epoch-making technology. 人工知能は画期的な技術となり得る。
    • He is a person who does epoch-making things. 彼は画期的なことをする人だ。

    まとめ

    「エポックメイキング」という言葉について詳しく解説しました。「エポックメイキング」は「画期的な新しい時代を切り開く」という強い意味をもつ言葉です。自分が開発したものに対しては「最先端の」「画期的な」などの表現を使った方が、謙虚な印象を与えられるでしょう。また、些細な改良や改善などに対して「エポックメイキング」を使うと、大げさな表現をする人だと思われる可能性もあります。あくまでも、これまでの世界を一変させるような、大きな進歩がみられる場合に使用するようにしましょう。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる