「オポチュニティ」の意味や使い方とは?「チャンス」との違いや例文・関連用語も解説

オポチュニティ
目次

「オポチュニティ」の意味とは

「オポチュニティ」の意味とは

「オポチュニティ」は、「機会」「好機」という意味があります。「オポチュニティ」の語源となった言葉やビジネスについての「オポチュニティ」の意味を見ていきましょう。

語源は英単語の「oppotunity」から

「オポチュニティ」は、英語の名詞である「opportunity」が語源です。「オポチュニティ」は「opportunity」をカタカナで表したもので、意味も変わらず「機会」や「好機」を指します。「オポチュニティ」だけでなく「オポチュニティー」と書かれる場合もあります。

ビジネスでの「オポチュニティ」の意味

ビジネスの場でも、「オポチュニティ」は変わらず「機会」や「好機」といった意味で使われます。しかしただ機会があるだけでなく「利益を得られる機会」など、ビジネスの好転に繋がる場合に使われることが多いです。ビジネスにおいて上司が「この営業はオポチュニティがある」などと発言した場合、将来的に発展する可能性を視野に入れていると捉えられるでしょう。

「オポチュニティ」と「チャンス」の違い

「オポチュニティ」と「チャンス」の違い

「オポチュニティ」の意味として「機会」「好機」を挙げた際、「チャンス」と同じ意味だと感じる方もいるのではないでしょうか。「オポチュニティ」も「チャンス」も同じく機会や好機を表わす単語です。しかし両者の決定的な違いは「運に左右されたものかどうか」です。例えば「オポチュニティ」は運は関係なく地道な営業などで得た商談の機会などを指し、「チャンス」は突然商談の機会が舞い込んできた場合など、日本のことわざでいう棚からぼた餅といった意味で使われます。

「オポチュニティ」の使い方と例文

「オポチュニティ」の使い方と例文

「オポチュニティ」はどういう場面で使われるのでしょうか。使い方と例文を挙げて見ていきましょう。

「オポチュニティ」の使い方

「オポチュニティ」は上記の「ある」のほか、「得る」「つかむ」「引き寄せる」といった使い方があります。
・オポチュニティを得る
・オポチュニティをつかむ
・オポチュニティを引き寄せる

単体で「オポチュニティ」と使うよりは、自分の力で得た機会などといったように上記の得る、つかむ、引き寄せるなどと一緒に使う場合が多いです。

「オポチュニティ」を使った例文

「オポチュニティ」を使った例文としては以下のものがあります。
・何度もアプローチを続け、やっと商談のオポチュニティを得た。
・電話だけでなく直接伺うことで僕はオポチュニティをつかんだのだ。
・彼は努力の結果、自分の力でオポチュニティを引き寄せた。

どれも使い方で紹介したとおり、偶然ではなく自分の行動や努力の結果、手にできた機会という意味で使われています。

「オポチュニティ」の類義語

「オポチュニティ」の類義語

「オポチュニティ」の類義語には潮時、トリガー、ターニングポイントがあります。
・潮時…物事を始めたり終えたりする頃合いである
・トリガー…本来の意味である引き金という意味が転じ、物事が変わるきっかけ
・ターニングポイント…悪い状態から良い状態への転換点、変わり目

潮時は終わりの意味として捉えている人も多いですが、本来は始まるのにちょうどいいときなどの使い方をします。トリガーも自分の力で引き金を引いて良い状態へのきっかけになるといった意味を持ち、ターニングポイントも悪い状態から良い状態になるという意味で明るい将来への可能性として使われます。

「オポチュニティ」の対義語

「オポチュニティ」の対義語

「オポチュニティ」の対義語にはピンチ、窮地、アクシデントがあります。
・ピンチ…追い詰められた苦しい状態
・窮地…追い詰められて逃げ場のない苦しい状態
・アクシデント…偶然または不慮の良くないできごと

どれも現在苦しい状態で、抜け出せない意味の言葉が挙げられます。

「オポチュニティ」のビジネス用語

「オポチュニティ」のビジネス用語

「オポチュニティ」は上記で紹介した会話の中での使い方だけでなく、ビジネス用語として「オポチュニティ」の付いた用語があります。それぞれの言葉の意味や使い方を見ていきましょう。

オポチュニティアセスメント

オポチュニティアセスメントは顧客のニーズや市場の規模を分析することを指します。例えばある地域に出店を計画する際に、需要があるかどうかを調査や分析することをいいます。

オポチュニティロス

オポチュニティロスは日本語で機会損失と訳し、行動しなかったことで発生する損失を指します。例えば、赤字の原因がわかっているのに対策を取らなかった場合に発生した損失のことをいいます。

オポチュニティコスト

オポチュニティコストは、他の行動をしていたために選択や実行できなかったことにより生じるコストを指します。例えば、高い能力のある人が低い能力の人でもできる仕事をしている場合に、本来の能力を活かし得るはずの高い収入ではなく、低い収入で働いた分損をしている収入のことをいいます。こういったコストは損益計算には表れてこないものの、高くつきます。

オポチュニティシーカー

オポチュニティシーカーとは、ビジネスチャンスがありそうな地域や市場を探して進出を狙う人を指す言葉で、一発逆転のビジネスを探している人というニュアンスがあります。また用語の意味も変化していき、そういったビジネスチャンスを常に探している人たちで形成されるグループや市場自体のことを指す場合もあります。

オポチュニティレポート

オポチュニティレポートとは、顧客との商談やその結果についてまとめた営業報告という意味の言葉です。顧客ごとにどういった話をしどういった状況かなど、現段階の商談の進み具合などを営業部内で共有することで他の商談の進め方の参考にしたり新たな商談機会を生み出したりと活用されます。

オポチュニティファンド

オポチュニティファンドは投資家から集めた資金を運用者が運用し、出た成果を投資家に還元する仕組みのことで、不動産用語として使われます。ファンドとは基本的に不特定多数の投資家から集めた資金で投資をおこない、出た成果を分配されるものですが、元本保証がないため運用結果によってはリスクもあります。オポチュニティファンドはその仕組みのひとつとして、市場価格より高い運用実績を目的にしています。

オポチュニティギャップ

オポチュニティギャップは、今現在の姿と将来目指している姿の差を指します。例えば今は指導を受けながら働いている新入社員が、経験や実績を積んでさまざまな仕事をこなすビジネスマンになりたいと目指している場合など、今はまだ達成が不可能である差のことをいいます。

キャリアオポチュニティ

キャリアオポチュニティは、仕事において経験を積む機会を指す言葉です。人事制度上の言葉で、人材育成や転職といった話題の中で耳にすることがあるかもしれません。ライフワークバランスや働き方の変化で、企業がキャリアオポチュニティを積極的に提案することが、人員の確保に繋がるといわれています。

グローバルオポチュニティ

グローバルオポチュニティは、国際的な市場機会という意味があります。例えば株式投資を例に出すと、今まで日本の株式市場で投資をしていた人が海外の株式投資を始める場合、グローバルオポチュニティを求めた投資というように表現します。

まとめ

「オポチュニティ」は主にビジネスの場で使われる言葉で、利益を得られる機会や好機といった意味があります。地道な営業を続けた結果回ってきた機会といった意味で使われるため、偶然機会を得たチャンスとの違いを理解しておきましょう。使い方としては「オポチュニティを得る、つかむ、引き寄せる」といった使い方をしますが、これだけでなくビジネスの場で「オポチュニティ」を含む用語はたくさんあります。オポチュニティアセスメント、オポチュニティロス、オポチュニティコストやオポチュニティレポート、キャリアオポチュニティなど仕事をしているなら知っておきたい言葉から、必要であれば不動産用語のオポチュニティファンド、人事制度上の言葉であるキャリアオポチュニティなどそれぞれの意味を確認することも大切です。

「オポチュニティ」は中々日常では使い慣れない言葉ではありますが、ビジネスでは耳にする言葉です。咄嗟に言われた時に意味を調べていたら会話についていけなくなるため、動揺なく返せるようにしておきましょう。

オポチュニティ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる