「同じ轍を踏む」の意味と使い方|語源や類語・英訳・例文も紹介

同じ轍を踏む
目次

「同じ轍を踏む」の読み方

「同じ轍を踏む」の読み方

「同じ轍を踏む」の読み方、漢字「轍」について説明します。「同じ轍を踏む」は「おなじてつをふむ」と読みます。「轍」は音読みで「テツ」。「車轍(シャテツ)」や「途轍(トテツ)」などの言葉があります。「同じ」をつけず、単に「轍を踏む(てつをふむ)」という言い方もします。意味は「同じ轍を踏む」と同じです。

「轍」は訓読みで「わだち」

「轍」を訓読みすると「わだち」です。「わだち」は「前の車が通った跡」または「道」の意味です。

「同じ轍を踏む」の意味

「同じ轍を踏む」の意味

まず「轍」の意味やもとになった言葉を確認し、次に「同じ轍を踏む」の意味を解説します。

「轍」とは

「同じ轍を踏む」の「轍(テツ)」は、「わだち」の意味です。「わだち」は「輪立ち(わだち)」がもとになった言葉で、「輪」は車輪を指しています。舗装されていない場所についた、車輪の跡を「わだち」といいます。

「同じ失敗をする」

「同じ轍を踏む」の意味は「人と同じ失敗をする」や「同じ失敗を繰り返す」です。

「同じ轍を踏む」の語源・由来

「同じ轍を踏む」の語源・由来

前に通った車がつけた轍(わだち)に車輪を取られたり滑ったりして、ひっくり返る様子が「同じ轍を踏む」の由来です。

「同じ轍を踏む」の使い方・例文

「同じ轍を踏む」の使い方・例文

どんな場面で、だれの失敗に対して「同じ轍を踏む」というのが適しているのか、例文を挙げて使い方を解説します。

戒めや警告の意味で使う場合が多い

「同じ轍を踏む」は「失敗を繰り返すな」と戒めや警告の意味で使うことが多いことわざです。「同じ轍を踏むな」や「同じ轍を踏むまい」、または「同じ轍を踏んではいけない」などの言い回しで使います。

自分自身ではなく他人の失敗に対して使う

「同じ失敗を繰り返す」意味で使う「同じ轍を踏む」ですが、ここで指す「同じ失敗」とは自分ではなく他人がした失敗です。同じ人が同じ失敗を繰り返すのではなく、前の人がした失敗を繰り返す意味で使います。

ネガティブな場面で使う

「同じ轍を踏む」はポジティブな場面ではなく、ネガティブな場面で使うことわざです。すでに失敗したにもかかわらず、またしても失敗してしまうからです。先人のよいおこないや成功を踏襲するのではなく、ほかの人と同じ失敗を自分も繰り返すというネガティブな意味合いで「同じ轍を踏む」を使います。

例文

「同じ轍を踏む」を使った例文を挙げます。

・商談成立直前でご破算になった彼らと同じ轍を踏みたくなければ、最後まで油断せずに押し切ることだ。
・先輩たちの失敗を無駄にしないためにも、私たちは同じ轍を踏むまい。
・昨年の研究チームと同じ轍を踏む羽目になったのは、そのさいの報告書をきちんと読み込まなかったせいだ。
・またしても戦争をはじめるとは、同じ轍を踏むというものだ。私たちは歴史から学べるはずではないか。
・私は同じ轍を踏まないよう、先人の経験談に耳を傾けておこう。

「同じ轍を踏む」の類義語・言い換え表現

「同じ轍を踏む」の類義語・言い換え表現

「同じ轍を踏む」と同じ意味の四字熟語とことわざを紹介します。いずれも「失敗を繰り返す」の意味で使う言葉です。

四字熟語「前車之轍」

四字熟語「前車之轍」は「ぜんしゃのてつ」と読みます。「先に行く車の轍を見て、あとから行くものは戒めとするべき」の意味です。「前車之轍」自体に戒めの意味が含まれています。

「前車の轍を踏む」

「前車の轍を踏む」は「ぜんしゃのてつをふむ」と読み、四字熟語「前車之轍」と同じ意味です。「前車」であって「前者」ではない点に注意してください。「轍」が車輪の跡を指すため、「前車の轍を踏む」が正しい表記です。「前車の轍を踏む」を使った例文を挙げます。

・兄がお酒でひんしゅくをかっているのを見て、自分は前車の轍を踏むまいと適量の飲酒を心掛けている。
・前車の轍を踏むなというが、ついついだれもが陥ってしまう失敗のパターンというものがあるはずだ。
・あれだけ先輩方からミスしがちなポイントを教わっていたのに、前車の轍を踏んでしまったのは痛恨の極みだ。

「前車の覆るは後車の戒め」

「前車の覆るは後車の戒め」は「ぜんしゃのくつがえるはこうしゃのいましめ」と読みます。四字熟語「前車之轍」、ことわざ「前車の轍を踏む」と同じ意味です。出典は前漢の歴史をまとめた中国の史書『漢書』。「前車の覆(くつがえ)るは後車の戒め」の一文がもとになっています。こちらも「前車の轍を踏む」と同様に「前者」と「後者」ではなく「前車」と「後車」の表記が正しく、間違いに注意が必要です。「前車の覆るは後車の戒め」を使った例文を挙げます。

・前車の覆るは後車の戒めというべき事態になってしまった。とん挫したプロジェクトを挽回すべく引き継いだが、どうやら今回も日の目を見ないようだ。
・大失敗に終わった他社のイベントを前車の覆るは後車の戒めにすべく、徹底的に分析しよう。わが社のイベントはぜひ成功させなければならない。
・末っ子は要領がいいといわれるのは、兄姉たちのやることなすことを観察して前車の覆るは後車の戒めとしているからではないか。

「二の舞を演じる」

ことわざ「二の舞を演じる」は「にのまいをえんじる」と読み、「前の人と同じ失敗をする」の意味です。語源は舞楽の1つ「安摩(あま)」という舞。安摩には「一の舞」と「二の舞」があります。「二の舞」は「一の舞」を真似た滑稽な舞です。この様子から「人まねをする」が転じて「人の失敗を繰り返す」の意味で使われるようになりました。「二の舞」だけでも使います。例文で確認しましょう。

・あれだけ前任者の失敗談を聞かされていたのに、まんまと二の舞を演じてしまった。
・友人が酔って噴水に落ちるのを笑っていたら、自分も落ちてしまった。なんという二の舞だ。

「二度あることは三度ある」

ことわざ「二度あることは三度ある」は「にどあることはさんどある」と読みます。「2回起こったことは、もう1回起こるものだ」や、「ものごとは繰り返すものだ」の意味です。「繰り返す」意味は「同じ轍を踏む」と共通ですが、「二度あることは三度ある」で起こるのは「失敗」とは限りません。アクシデントや不運な出来事といった、自分の責任ではないことも含みます。また、「同じ轍を踏む」が先人の失敗を指すのに対し、「二度あることは三度ある」では自分失敗の場合もあります。「こういう悪いことや失敗は繰り返すものだから、気を付けるように」という戒めのニュアンスを含んだことわざです。悪いことではなく「よいこと、ラッキーも繰り返し起こるものだ」というニュアンスでも使います。それぞれの例文を挙げます。

・連続で突然の豪雨にあってしまった。二度あることは三度あるというし、今日はきちんと傘を持って出かけよう。
・先週は雑誌の懸賞が当たり、昨日はコンビニエンスストアのスピードくじが当たった。二度あることは三度あるかもしれないから、宝くじを買ってみよう。

「同じ轍を踏む」の英語表現

「同じ轍を踏む」の英語表現

言葉どおりに「轍」を「車輪の跡」として英訳するなら「tire trace」です。土手やぬかるみといった柔らかい土の上にできた車輪跡は「rut」といいます。ちなみに車の急ブレーキ痕のように犯罪捜査に役立つものは「skid mark」です。「同じ轍を踏む」の意味「同じ失敗を繰り返す」という英語表現は「make the same mistake」。さらに「前任者、先人」の英訳「predecessor」を使って「make the same mistake as one’s predecessors」または「make the same mistake as the predecessor」とすると、より「同じ轍を踏む」に近いニュアンスになります。

まとめ

「同じ轍を踏む」は「前の人と同じ失敗をする」意味のことわざです。繰り返すのは自分の失敗ではなく他人の失敗、ネガティブな場面で使うことが多いのがポイントです。ビジネスシーンで「同じ轍を踏む」のは避けたいもの。前例に学ぶのが大切ですね。

同じ轍を踏む

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる