「以って」の意味と使い方とは?「以て」との違いや類語・英語表現も紹介

以って
目次

「以って」の読み方

「以って」の読み方

「以って」は「もって」と読みます。漢字「以」の音読みは「イ」ですが、「以って」と表記すると読み方が変わります。現代の日本語では「~を以って」「~で以って」などの表現で助詞的に使われることが多くあります。「以っての外」(もってのほか)、「以ってして」(もってして)などの慣用表現もあります。

「以って」の由来・語源

「以って」の由来・語源

「以って」の漢字「以」は象形文字で、農機具のすきをかたどった形とされています。すきを用いて耕すという意味から、「(道具を)用いる」「(道具)によって」の意味を持つようになりました。以下で「以って」についての由来や語源を確認しましょう。

「以って」は「持ちて」から

「以って」は、動詞「持つ」に接続助詞「て」が付いた「持ちて」の形が変化したものだといわれています。

「以て」が本来の正しい表記

「以って」は「以て」と表記されることもあります。「以て」が本来の正しい表記でしたが、「以て」と表記すると「もって」「もて」「もちて」と幾通りか読み方が存在します。

「以って」と「以て」の違い

「以って」と「以て」の違い

「もって」は「以って」とも「以て」とも表記されます。意味に違いはありませんが、「以て」と表記すると「もって」「もて」「もちて」と幾通りか読み方が存在するため、混同が生じます。それを避けるために「もって」と読む場合には、「以って」と表記することが増えました。「以て」と表記しても間違いではありません。

「以って」の意味・使い方・例文

「以って」の意味・使い方・例文

「以って」はどのような使い方をするのでしょうか。助詞のように使う「~を以って」「~で以って」、副詞のように使う「全く以って」を解説します。

「~を以って」の意味・使い方・例文

「~を以って」には主に以下の4つの意味があります。これらは助詞的な用法で、「~で」などの助詞に置き換えられます。いずれも漢文での用法が現代の日本語に引き継がれたものです。例文と一緒に見ていきましょう。

「~を以って」の意味1「期限」~で

動作が行われるとき、すなわち期限を表す際に使います。「~で」という意味です。

・これを以って閉会とする。(これで閉会とする。)
・今月末を以って閉店する。(今月末で閉店する。)

「~を以って」の意味2「手段・方法」~で、~によって

手段や方法、道具を表す際に使います。「~で」「~によって」という意味です。

・文書を以って通達する。(文書で/によって通達する。)

「~を以って」の意味3「理由」~から、~によって

理由や原因を表す際に使います。「~から」「~によって」という意味です。

・一事を以って彼を判断するな。(一つの事柄から/によって彼を判断するな。)

「~を以って」の意味4「判断・認定の対象」~を

目的語や判断の対象となる内容を表す際に使います。「~を」という意味です。

・彼を以って任命する。(彼を任命する。)

「~で以って」の意味・使い方・例文

「~で以って…」には「~であり、なおかつ…。」「~で、さらに…。」という意味があり、助詞的に使います。「~で以って…」は、以下の例文のように二つの事柄を並べて提示したい際に使えます。

・あの人は、成績優秀で以って人柄も素敵だ。

「全く以って」の意味・使い方・例文

「全く以って」には「全く本当に」「実にまあ」という意味があり、副詞的に使います。「全く」を強めた言い方です。同じように強調の意味を持つ表現に「いよいよ以って」などもあります。

・全く以って困った人だ。
・全く以って仕事のよくできる人だ。

上記の例文では、「全く以って」を使うことで「困った」「仕事のよくできる人」を強調して表現しています。

漢文における「以って」

漢文における「以って」

漢文において「以」はよく使われる語です。主な用法に、助詞的に用いる「以って」、接続詞的に用いる「以って」、動詞として用いる「以ゐる(ひきいる)」「以ってす」があります。

漢文に由来する表現に「以心伝心」がありますが、これは「心を以って心に伝ふ」と読み、「以心」はことばや文字を使わずに心を伝えようとすることです。聖徳太子の十七条憲法第一条として有名な「和を以って貴(たっと)しと為す」という表現にも「以って」が使われており、「和(=他人との調和)を尊いものとする」という意味です。
漢文には複合語の用法もあり、「以為~」で「おもへらく」「もって~となす」と読み、「~だと思う」という意味を持つ場合もあります。

「以って」の慣用表現

「以って」の慣用表現

「以って」には、ほかの語と結びついて、ある決まった意味を持つ慣用表現もあります。以下にいくつか紹介します。

以っての外

「以っての外」は「もってのほか」と読み、「とんでもないこと」「思ってもみないこと」という意味です。以下のように使います。

・仕事中にスマホをいじるなど以っての外だ。

以ってする/以ってして/以ってしても

「以ってする」は「によってする」という意味です。「する」が活用し、助詞と接続することで「以ってして」や「以ってしても」という表現もなされます。「~を以ってして」は順接の意味で「~で」と置き換えられ、「~を以ってしても」は逆接の意味で「~でも」と置き換えられます。以下のように使います。

・彼を以ってしてやっと事態が収束した。
・グループ全社を以ってしても対応が困難だ。

以って瞑すべし

「以って瞑すべし」は「もってめいすべし」と読み、直訳すると「それによって心残りなく成仏できるだろう」の意味で、物事が非常にうまくいったから、もう死んでもかまわない気持ちを表現します。以下のように使います。

・その一言を以って瞑すべきだ。
上記の例文は、その一言で心残りなく成仏できるだろうという意味で、安心してあの世へお逝きくださいという表現です。

「以って」の誤用

「以って」の誤用

「以って」には以下のような誤用もあります。

×今月末をもちまして→〇今月末をもって
×おかげさまをもちまして→〇おかげさまで
上記のように「~をもちまして」と表現するのは間違いです。丁寧に表現したい場合に起こりがちですが、「~をもちまして」は固定化して助詞のように使う「~をもって」を「ます」を用いて過剰に丁寧した表現で、丁寧すぎる表現とされています。

「以って」の類義語・言い換え表現

「以って」の類義語・言い換え表現

「以って」にはさまざまな意味があります。そのため、「以って」の言い換え表現も文脈によってさまざまな表現が考えられます。助詞的に使われる「~を以って」は、助詞の「~で」「~を」と置き換えられます。文脈の意味に合わせて、「~を使って」「~を理由として」と意味を補う動詞を用いることもできます。同じく助詞的に使われる「~で以って…」は「~であり、なおかつ…」「~で、さらに…」と置き換えられます。「全く以って」は「全く」を強める表現ですので、「全く本当に」「実にまあ」を使うこともできます。

「以って」の英語表現

「以って」の英語表現

「以って」の英語表現は、文脈によって異なります。「以って」が持つ意味によって、以下のように表現を使い分けます。

「~で(時間・期限)」の意味を持つ場合は、「at」などの前置詞を用います。
I will close the meeting at seven o’clock.
(7時を以って閉会とします。)

「~を用いて」という意味を持つ場合は、「by」「with」などの前置詞を用います。
We will notify you by letter about whether or not you passed the employment examination.
(就職試験の合否は書面を以ってお知らせします。)

「~理由(原因)で」の意味を持つ場合は、「because of」「due to」「cause」などの表現を用います。
Carelessness caused the accident.
(不注意を以って事故になった。)

「その上」「さらに」の意味を持つ場合は、「and」などを用います。
These dresses don’t sell well, because they are expensive and moreover they’re out of fashinon.
(このドレスは高価で以って流行おくれだから売れない。)

慣用表現「以っての外」は、「outrageous」(「とんでもない」の意)や「be completely out of question」(「全くの論外だ」の意)などの表現を用います。
It’s outrageous that you miss work without permission.
(勝手に休みとは以っての外だ。)

まとめ

「以って」は動詞「持つ」に接続助詞「て」が付いた「持ちて」を語源とし、「もちて」が変化した語だとされています。助詞的に使う「~を以って」「~で以って」や、副詞的に使う「全く以って」など、さまざまな文脈で使えます。ビジネス場面では、相手にフォーマルな印象を与える効果があります。丁寧すぎる表現「~をもちまして」の誤用に注意して正しく使うことで、ビジネス場面でのコミュニケーションが円滑になるでしょう。

以って

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる