「担保する」の意味と使い方とは?英語・類語・言い換え・例文を解説

担保する
目次

「担保する」の読み方

「担保する」の読み方

「担保する」は「たんぽする」と読みます。文面やメールなどでもよく使われる言葉ですので、正しく読めるようにしておきましょう。

「担保する」の意味とは?

「担保する」の意味とは?

「担保する」という言葉を耳にしたことはありますか?最近では日常会話やビジネスシーンにおいても使われるようになった「担保する」ですが、意味を正しく理解していないひともいます。ここでは日常生活やビジネスシーンにおける「担保する」の意味を解説。「担保する」の意味を知っておくと、ビジネスシーンで契約をとる際などに活躍いたしますので、ぜひ覚えておきましょう。

「担保する」の意味1

「担保する」の1つ目の意味は「今後起こるかもしれない不利益へ、それを補うことを保証すること」「または保証するもの」です。日常会話やビジネスシーンにおける「担保する」ではほとんどこの意味で使われますので、覚えておきましょう。

「担保する」の意味2

「担保する」の2つ目の意味は「保証してくれる形のないもの」という意味。たとえば「法律」「規律」「ルール」などが形をもたずに「担保する」ものとして挙げられます。

「担保する」の由来・語源

「担保する」の由来・語源

「担保する」の由来・語源を知っていますか?実は「担保する」はもともと法律用語として使われていたものなのです。ここでは「担保する」の由来・語源を紹介します。あわせて法律用語としての「担保する」や「抵当」についても解説するので、ぜひ覚えていざというときに意味がわからないなんていうことがないようにしましょう。

「担保する」は法律用語

「担保する」の由来・語源は法律用語にあります。「担保する」は法律用語として使われていて、「債務者が債務を履行しない場合のために債権者に提供され、債権を履行して債権を消滅させるもの」という意味でした。この意味が転じて日常生活やビジネスシーンにおいて「今後に備えて保証する」という意味で使われるようになったのです。

「抵当」とは?

しばしば「抵当に入れる」という形で使われ、「担保」と言い換えられる「抵当」とはどのような意味でしょうか?「抵当」とは「権利や財産を、不利益の保証にあてること」「またはそのあてるもの」です。よって「抵当に入れる」で「それを保証としてあてる」という意味になります。

例文:家を抵当に入れる。

「人的担保」と「物的担保」とは?

「人的担保」と「物的担保」とは?

「担保」を使ったよくある言葉に「人的担保」と「物的担保」があります。よく聞く言葉ですが、意味を説明するとなるとできないひとがほとんど。ここでは「人的担保」と「物的担保」の意味を解説します。なにかと耳にする言葉ですので、その場になって意味がわからないなんて言っていられません。しっかりと「人的担保」と「物的担保」の意味を頭に入れて、いざというときに備えましょう。

「人的担保」とは?

「人的担保」とは「債権者の人間関係を使って債権の履行を担保する」といったもの。主に債権者に財産がなく、支払いが不可能な場合に使われます。具体的には「債権者以外の第三者が債務を履行する」という仕組みです。

「物的担保」とは?

「物的担保」とは「物や権利という財産によって債権の履行を担保する」といったもの。「土地」や「不動産」がよく「物的担保」として挙げれらます。「人的担保」よりも「物的担保」のほうが経済的意味があるとされ、重要だと認識されているのです。

「担保する」の類義語・言い換え

「担保する」の類義語・言い換え

ここでは「担保する」の類義語・言い換えを紹介します。「担保する」の類義語・言い換えを覚えると、さまざまなシチュエーションで「担保する」の意味を使うことが可能。また、なんらかの契約などで難しい言葉を使われた際にも理解できるようになります。「担保する」の類義語・言い換えは確実に押さえておきましょう。

「担保する」の類義語・言い換え1「保証する」

「担保する」の類義語・言い換え1つ目は「保証する」です。「保証」とは「間違いないものだと認めて責任を持つこと」を指します。具体的には「品質を保証する」「わたしが保証する」などの使い方をします。

例文:彼の今後のチームでの活躍は私が保証する。

「担保する」の類義語・言い換え2「保障する」

「担保する」の類義語・言い換え2つ目は「保障する」です。「保障」とは「ある状態が損なわれないように守ること」を指します。「保証」との違いは「行動が伴っているか」です。「保障」は「行動が伴っている」のにたいして、「保証」は「責任をもつ」だけで「行動は伴っていない」のです。

例文:この制度は国民の安全を保障するために作られた。

「担保する」の類義語・言い換え3「抵当を確保する」

「担保する」の類義語・言い換え3つ目は「抵当を確保する」です。「抵当」とは「権利や財産などを不利益の保証にあてること」「またはそのあてるもの」を指す言葉。よって、「抵当を確保する」は「保証となるものを確保する」という意味になります。

例文:抵当を確保しないことには彼に金を貸すことはできない。

「担保する」と「保証する」の違い

「担保する」と「保証する」の違い

「担保する」と「保証する」の違いを知っていますか?「保証する」は「担保する」の類義語ですが、若干の意味の違いがあります。それは「履行されなかったときの行動」です。「担保する」は「抵当に入れていたものを取り上げる」が履行されなかったときの行動ですが、「保証する」では「第三者などが代わりに履行したり、それに代わることを行ったりする」のです。大きな違いではありませんが、細かなニュアンスを伝える際には重要になってきますので、頭に入れておきましょう。

「担保する」の使い方と例文集

「担保する」の使い方と例文集

「担保する」の意味や類義語、「保証する」との違いを知っていても、実際にどのようにして「担保する」を使うのかを知らなければ意味がありません。ここでは「担保する」の使い方、注意点、例文を紹介します。間違った使い方をしてビジネスマンとして恥ずかしい姿を見せてしまう前に、「担保する」の使い方は身につけておきましょう。

「担保する」の使い方

「担保する」は日常生活やビジネスシーンにおいては「それが大丈夫なものである」と示すために使われることがほとんどです。「担保する」は「将来の不利益を補う保証をすること」「またはその保証をするもの」を指しています。よって、「これほどの保証をするのだから、それは不利益を出すものではない」という意味を伝えているのです。

「担保する」を使用するときの注意点

「担保する」を使うときには「その言葉の重さ」に注意すべきです。なぜなら「担保する」ことによって、もし不利益が発生した場合、どのような責任が降りかかるのかわからないから。日常会話やビジネスシーンで使う意味としても、もちろん法的な意味としても「担保する」ことは非常にリスクのある重大なことだと理解しておきましょう。

「担保する」の例文

「担保する」の例文は以下のとおりです。

・このサービスの安全性は担保されていない。
・公平性を担保していただかないと、私たちは参加できません。
・私たちは担保された安全のうえであぐらをかいていた。

「担保する」の英語表現

「担保する」の英語表現

「担保する」の英語表現を知っていますか?海外でビジネスを展開する場合や、クライアントが英語話者だった場合は「担保する」の英語表現を覚えておかないとお仕事がうまくいきません。ここでは「担保する」の英語表現について解説します。「担保する」はビジネスにおいて非常に重要になる言葉。英語でもいえるように練習しておくことは必須です。

「担保する」の英語表現1「secure」

「担保する」の英語表現1つ目「secure」です。「secure」とは「安全な」「危険性のない」「保証された」などの意味をもつ英単語。具体的には以下のように使います。

例文:His success is secure.(彼の成功は担保されている。)

「担保する」の英語表現2「security」

「担保する」の英語表現2つ目「security」です。「security」は「安全」「保証」「保障」などを意味する英単語。具体的な使い方は以下のとおりです。

例文:Security of fairness is important.(公平性の担保は重要だ。)

「担保する」の英語表現3「guarantee」

「担保する」の英語表現3つ目「guarantee」です。「guarantee」は「保証」「保証書」「保証となるもの」などの意味をもつ英単語。具体的には以下のように使います。

例文:Wealth is not a guarantee of happiness.(豊さは幸せを担保するものではない。)

まとめ

「担保する」は「将来の不利益のために保証による準備をする」といった意味です。よって、約束が大切なビジネスシーンなどにおいては非常に重要な役割をもつ言葉。しかしながら、安易に「担保する」をしてしまうと、約束を守れなかった場合の責任は計り知れません。「担保する」はタイミングと状況をみて使うようにしましょう。

担保する

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる