「今後とも」の意味と使い方|類語「今後も」「引き続き」との違い、英語を例文解説

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「今後とも」の正しい使い方を知っていますか?社会人になるとメールの締めなどでよく使うようになる「今後とも」。ここでは「今後とも」の使い方や英語、「今後も」や「引き続き」との違いを解説します。しっかりと覚えて社会人の階段を駆け上がりましょう。

    目次

    「今後とも」の読み方

    「今後とも」の読み方

    「今後とも」は「こんごとも」と読みます。ビジネスシーンなどの大切な場においてもよく使われる表現ですので、読み方は正確に覚えて間違わないようにしましょう。

    「今後とも」の意味とは?

    「今後とも」の意味とは?

    「今後とも」は「これからも変わらず」「以後も変わらず」という意味です。「今後」とは「これから先」を意味しており、「とも」は名詞につくことによって「それらが同じである」という意味を表しています。よって、「今後とも」は「これからも変わらず」という意味になるのです。

    「今後とも」の類義語・言い換え

    「今後とも」の類義語・言い換え

    ここでは「今後とも」の類義語・言い換えを紹介します。「今後とも」の類義語・言い換えを覚えておくと、メールや文書などで知的な印象を与えられます。また、好印象を与えることで仕事につながるかも。「今後とも」はビジネスシーンではよく使う意味を持ち合わせているので、類義語・言い換えも覚えて、実際に使えるようにしましょう。

    「今後とも」の類義語1「これからも」

    「今後とも」の類義語1つ目は「これからも」です。「これからも」は文字通り「いまからあとも変わらず」という意味。「今後とも」に比べて軽い印象のある言葉ですので、ビジネスシーンなどではなく親しい仲で使うのがいいでしょう。

    例文:私たちはこれからも一緒にいれるといいね。

    「今後とも」の類義語2「以後」

    「今後とも」の類義語2つ目は「以後」です。「以後」は「いまからのち」を表す言葉。「以上」や「以下」と同じように「基準となるその時点」も意味に含まれているのがポイントです。

    例文:この寮では23時以後の外出は禁じられている。

    「今後とも」の類義語3「向後」

    「今後とも」の類義語3つ目は「向後」です。「向後」は「こうご」と読み、「いまからのち」を表す言葉。対義語として「向来(きょうらい)」があります。

    例文:この経験は確実に私の向後に役にたつ。

    「今後とも」は目上の人にも使える?

    「今後とも」は目上の人にも使える?

    「今後とも」は目上のひとにも使える表現です。なぜなら「今後とも」は「これからも長い間ずっと」というニュアンスをもっているから。長く関係を続けたいと思っているクライアントや、これからもお世話になる上司などには非常に使える表現です。「今後とも」は目上のひとにたいしても使えますので、積極的に使っていきましょう。

    「今後とも」と「今後も」の違い

    「今後とも」と「今後も」の違い

    「今後とも」と「今後も」の違いは「含まれている時間」です。「今後とも」は「現在も含んだうえでの今後」を指しているのにたいして、「今後も」は「現在を含んでいない」のです。よって、「今後とも」と「今後も」は「自分が表現したい内容」に合わせて使い分けるようにしましょう。

    例文1:今後ともよろしくお願いいたします。(現在を含む)
    例文2:今後もよろしくお願いいたします。(現在を含まない)

    「今後とも」と「引き続き」の違い

    「今後とも」と「引き続き」の違い

    「今後とも」と「引き続き」の違いは「継続性」です。「今後とも」は「一度終わったものをこれからも同じように」と意味しているのにたいして、「引き続き」は「終わることなく継続性をもって」と意味しています。よって、「これからも」の対象となるものが「一度終わるのか、それとも終わらずに続くのか」によって使い分けましょう。

    例文1:今後ともよろしくお願いいたします。(一度終わって、またこれからお願いします。)
    例文2:引き続きよろしくお願いいたします。(終わることなく継続的にお願いします。)

    「今後とも」とよく一緒に使われる言葉

    「今後とも」とよく一緒に使われる言葉

    「今後とも」にはよく一緒に使われる言葉があります。知っておくことによって「今後とも」を使うときにスムーズさが生まれます。ここでは「今後とも」とよく一緒に使われる言葉を紹介。逆に「今後とも」とよく一緒に使われる言葉を知らないままにしていると、曖昧な表現になってしまって悪印象を与えてしまうかも。確実に押さえておきましょう。

    「今後とも」とよく一緒に使われる言葉1「何卒」

    「今後とも」とよく一緒に使われる言葉1つ目は「何卒」です。「何卒」とは「どうか」「どうぞ」「是非とも」という強調を表す言葉。「今後とも何卒」の形でよく使われます。

    例文:今後とも何卒よろしくお願いいたします。

    「今後とも」とよく一緒に使われる言葉2「切に」

    「今後とも」とよく一緒に使われる言葉2つ目は「切に」です。「切」とは「心を込めているさま」「非常に大切に思っているさま」を表現する言葉。こちらも「何卒」と同じように「今後とも切に」という形で使用されます。「何卒」と「切に」は入れ替えても問題ありません。

    例文:今後とも切によろしくお願いいたします。

    「今後とも」の使い方と例文集

    「今後とも」の使い方と例文集

    「今後とも」の意味やよく使う言葉を覚えていたとしても、「今後とも」自体をどのように使うかを知らなくては意味がありません。ここでは「今後とも」の使い方、注意点、例文を紹介。「今後とも」の正しい使い方を知ることによって、ビジネスにおける重大なミスを未然に防ぎましょう。

    「今後とも」の使い方

    「今後とも」はビジネスシーンなどにおいて「締めの言葉」として使われることが多いです。なぜならメールなどの最後に「今後とも」といれることによって、「これからも末長い関係性を希望している」というニュアンスを伝えられるから。「今後とも」を最後に「締めの言葉」として入れることによって、とても印象のいい文章になるのです。

    「今後とも」を使用するときの注意点1「謝罪には使わない」

    「今後とも」を使用するときの注意点1つ目は「謝罪には使わない」こと。なぜなら過失やミスにたいしての反省の色が感じられないから。たとえば、謝罪の文章に「今後ともよろしくお願いいたします」を使ってしまうなど。「今後とも」は「これからも」という意味ですので、なんらかの謝罪などをする場合には代わりに「この度は大変申し訳ございませんでした」や「重ねてお詫び申し上げます」を締めの言葉として使いましょう。

    「今後とも」を使用するときの注意点2「関係の未来によっては使わない」

    「今後とも」を使用するときの注意点2つ目は「関係性に未来がないひとには使わない」こと。なぜなら「今後とも」は「これからも変わらず同じように」というニュアンスを含んでいるから。継続的ではない関係性にたいして「今後とも」を使ってしまうと相手に勘違いが生まれる可能性があります。1度きりの関係性の相手にたいしては「この度は誠にありがとうございました」を締めの言葉とするのが適切です。

    「今後とも」を使用するときの注意点3「身内にたいしては使わない」

    「今後とも」を使用するときの注意点3つ目は「身内や親しい仲では使わない」こと。なぜなら「今後とも」は改まった表現だからです。身内などに「今後とも」を使ってしまうと距離を感じ取られてしまうばかりか、どこか他人として捉えられているような気持ちにさせてしまいます。身内や親しい仲に「今後とも」と伝える場合は「これからもよろしく」などの表現を使うのがいいでしょう。

    「今後とも」の例文

    「今後とも」を使った例文は以下のとおりです。

    ・今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
    ・今度ともご指導いただけますと幸甚に存じます。
    ・今後とも昨年と同様によろしくお願いいたします。

    「今後とも」を含む表現を英語でいうと?

    「今後とも」を含む表現を英語でいうと?

    「今後とも」の英語でのいいかたを知っていますか?「今後とも」はビジネスにおいて非常に重要な役割を果たす言葉。ここでは「今後とも」の英語表現について解説します。「今後とも」の英語表現を覚えておくことによって、海外のクライアントなどにも対応できるようになります。一流のビジネスマンになるために、「今後とも」の英語表現はしっかり覚えておきましょう。

    「今後とも」の英語表現

    「今後とも」を英語でいうと「continue」となります。「continue」は「継続する」という動詞。「今後とも」を英語で使おうとすると不自然な文章になってしまうため、「continue」を使うのが一般的です。

    例文:We hope to receive your continued patronage in the future.(今後も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。)

    「今後ともよろしくお願いします」の英語表現

    「今後ともよろしくお願いします」を英語でいうと「Thank you for your continued support.」となります。決まった形として使われているため、確実に覚えておきましょう。

    「今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします」の英語表現

    「今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします」を英語でいうと「I look forward to your continued guidance.」となります。「look forward to」は「楽しみにしている」や「期待している」という意味。「continued guidance」は「継続的な指導」という意味です。

    まとめ

    「今後とも」は「今までと変わらず」という意味。ビジネスメールなどでは締めの言葉として「今後ともよろしくお願いいたします」の形をとって使われることが多いです。よって、「今後とも」の意味と使い方を覚えておくことは社会人として必須。正しく覚えて、ビジネスシーンで自然と使えるレベルまで定着させましょう。

    ビジネス動画チャンネル「先輩と後輩のまよちゃん」

    やたらと会社の先輩に「~してください」と命令してくる後輩

    やたらと先輩に「左様でございます」を使ってくる後輩

    やたらと先輩に「頑張ってください」を使ってくる後輩

    笑いながらビジネス用語やマナーを覚えられる!先輩と後輩のまよちゃんのYouTubeチャンネルはこちら

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる