「ソリューション」の意味と使い方とは?サービスとの違い、語源・類語・英語を例文解説

ソリューション
目次

「ソリューション」の意味とは?

「ソリューション」の意味とは?

「ソリューション」の意味を正しく理解できていますか?ビジネスシーンなどでよく使われる「ソリューション」ですが、意味を間違って覚えているひともいます。ここでは「ソリューション」の意味を解説。実は私たちが一般的に使っている「ソリューション」以外にも意味があるのです。勘違いしないように確実に覚えておきましょう。

「ソリューション」の意味1「解決策」

「ソリューション」の意味1つ目は「解決策」です。ビジネスシーンにおいてよく使われる言い方ですので、ビジネスマンとしては確実に押さえておきたい言葉のひとつです。

「ソリューション」の意味2「溶解」「溶剤」

「ソリューション」の意味2つ目は「溶解」「溶剤」です。「ソリューション」自体が「自分自身で解きほぐすもの」という意味があるため、日本語として「溶剤」「溶解」という意味でも使われます。

「ソリューション」の由来・語源

「ソリューション」の由来・語源

「ソリューション」の由来を知っていますか?ここでは「ソリューション」の由来・語源を解説します。「ソリューション」の語源を知ることで知識が深まるばかりではなく、豆知識として披露することも。社会人としては「ソリューション」の語源・由来は覚えておきたいです。しっかり頭に入れておきましょう。

「ソリューション」の語源はラテン語

「ソリューション」の語源はラテン語にあります。具体的にはラテン語の「se」「lut」「-ion」から構成されました。それぞれ「自分自身」「解く」「こと」という意味です。

「ソリューション」は英語をカタカナにしたもの

「ソリューション」は英語をカタカナにして直接日本語に取り入れたものです。つまり、ラテン語を英語が取り込み、その英語を日本語が取り入れたもの。このように英語をカタカナにすることで日本語に取り入れることはよくあります。具体的には「サッカー」「オフショア」「クリエイティビティ」などです。

「ソリューション」の類義語・言い換え

「ソリューション」の類義語・言い換え

ここでは「ソリューション」の類義語・言い換えを紹介します。「ソリューション」は英語から取り入れた言葉であるため、使うことを好まないひとや意味を知らないひともいます。「ソリューション」の類義語・言い換えを知っていれば、そんなときに言い換えることで会話ができるかも。ビジネスマンとしてぜひ押さえておきたいことです。

「ソリューション」の類義語1「解決手段」

「ソリューション」の類義語1つ目は「解決手段」です。「解決手段」とは「問題や疑問を納得のいくようにうまく処理する方法」という意味。「〇〇手段」という言葉はほかにも「移動手段」「生産手段」「強硬手段」などがあります。

例文:解決手段はもうひとつしかない。

「ソリューション」の類義語2「解法」

「ソリューション」の類義語2つ目は「解法」です。「解法」は「問題を解く方法」という意味。特に「数学の問題を解く方法」として使われています。

例文:この問題の解法がまったくわからない。

「ソリューション」の類義語3「答え」

「ソリューション」の類義語3つ目は「答え」です。「答え」とは「呼びかけへの返答」「問題などを解いて出される結果」のことを指します。転じて「決定的となる解決方法」も「答え」意味します。

例文:この閉塞状況を打破するための答えは彼しか知らない。

「ソリューション」と「システムインテグレーション」「サービス」の違い

「ソリューション」と「システムインテグレーション」「サービス」の違い

「ソリューション」と「システムインテグレーション」「ソリューションサービス」の違いは「意味」にあります。具体的には「ソリューション」が「解決策」を指しているのに対して、「システムインテグレーション」「ソリューションサービス」は「解決策を提示してくれるサービス」のことを指します。ちなみに「システムインテグレーション」を行う業者のことを「システムインテグレータ(Sler)」と呼びます。

「ソリューション」を含む言葉の意味

「ソリューション」を含む言葉の意味

「ソリューション」は非常に便利な言葉ですので、「ソリューション」を含む言葉は世界に溢れています。ここでは「ソリューション」を含む言葉の意味を紹介。ビジネスシーンで重要な役割を果たす言葉ばかりですので、一流のビジネスマンになるためには必須の知識です。いざというときのために確実に覚えておきましょう。

「ソリューションズ」とは

「ソリューションズ」とは会社名や組織名によく使われる言葉です。これは「お客様の問題や課題にたいしての解決策を提供する」という思いが込められているもの。「〇〇ソリューション」や「〇〇ソリューションズ」という会社名がIT業界ではよく使われています。

「ソリューションアーキテクト」とは

「ソリューションズアーキテクト」とは「セールス・コンサルディングにおいて優れた実績をもっている自発性の高い人材」のことを指します。非常に需要が伸びている人材であり、たくさん求人が出されています。

「ソリューション営業」とは

「ソリューション営業」とは営業手法のひとつを表す言葉です。従来は「受動的なソリューション営業」が主流でしたが、現在では「提案型のソリューション営業」が主流。「提案型のソリューション営業」は従来のように顧客にニーズに応えることはそのままに、自ら需要を生み出すような能動的なものです。

「ソリューションエンジニア」とは

「ソリューションエンジニア」とはエンジニアの種類のひとつです。黙々とパソコンに向かってプログラムを書くのではなく、「ソリューションエンジニア」は顧客の課題を実際にヒアリングします。そのうえで自社の技術を使って課題を解決するのです。最近求人が増えている職種のひとつで、コミュニケーションスキルが強く求められます。

「ソリューションビジネス」とは

「ソリューションビジネス」とは「お客様の課題解決を目的としたビジネス全般」のこと。似たような言葉に「プロダクトビジネス」がありますが、こちらは広く使える商品を製造・販売するビジネスですので、「ソリューションビジネス」とは一線を画しています。

「ソリューション」の使い方と例文集

「ソリューション」の使い方と例文集

「ソリューション」の意味や「ソリューション」を含む言葉の意味を理解していても、使えなければ水の泡です。ここでは「ソリューション」の使い方。注意点、例文を紹介します。間違って使っていると誰かのことを不快にさせてしまい、関係悪化を招くかも。「ソリューション」の正しい使い方を覚えておきましょう。

「ソリューション」の使い方

「ソリューション」は「解決策」を指してビジネスシーンにおいてよく使われます。これはビジネスの本質が「課題解決」にあるため。現在はインターネットの普及によって、たくさんの「ソリューション」を提供できるようになったため、余計に使われることが増えてきました。また、個人的な問題を解決するときには「ソリューション」を使わないことに気をつけましょう。

「ソリューション」を使用するときの注意点

「ソリューション」を使うときには「使う相手と状況」に注意しましょう。なぜなら「ソリューション」が英語からきている言葉であることで、一定数使うことを嫌うひとがいるからです。また、なかには「ソリューション」の意味を知らないひとも。「ソリューション」を使うときには使う相手と状況に気をつけましょう。

「ソリューション」の例文

「ソリューション」を使う例文は以下のとおりです。

・顧客の課題にたいするソリューションを見つけるためにはヒアリングが必要不可欠だ。
・ソリューション営業のためにはコミュニケーションスキルが大切だ。
・このシステムは多くのひとの課題を解決するソリューションになる。

「ソリューション」を英語でいうと?

「ソリューション」を英語でいうと?

「ソリューション」を英語でいうと「solution」となります。「solution」は日本語の「ソリューション」の語源ともなった英単語です。

例文:No solution to this problem has been found.(この問題のソリューションはまだ見つかっていない。)

まとめ

「ソリューション」は主にビジネスシーンにおいて「解決策」を意味して使われます。さらに「ソリューション営業」や「ソリューションビジネス」などの言葉はビジネスマンは正確に覚えておかなくてはいけないもの。ビジネスマンとして一人前になるためにも「ソリューション」の意味や使い方を覚えておきましょう。

ソリューション

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる