「ご査証」の正しい意味と使い方は?「ご査収」との違いや類語・英語表現も例文紹介

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「ご査証のほどお願いいたします。」という表現を見たことはありますか?堅い表現になるので詳しい意味までは知らないという方も多いでしょう。今回は「ご査証」という言葉の意味や使い方、類語や英語表現に加え、「ご査収」との違いについても徹底解説します。

    目次

    「ご査証」の意味とは?

    「ご査証」の意味とは?

    「ご査証」という言葉の意味をご存知でしょうか。ビジネスシーンにおいて時々耳にすることがあるこの言葉。その意味をしっかり理解して使えるようになることは大切なことです。ここでは「ご査証」の意味と、間違いやすい言葉である「ご査収」について詳しく解説します。違いを知ることで適切に使い分けができるようになります。

    「調査して証明すること」

    「ご査証」の意味は、「確認して証明すること」という意味になります。「確認してください。」よりもきついニュアンスを持つ言葉で、相手に対して証明と共に事実確認をお願いするタイミングに使われます。証明付きでの事実確認を求めているため相手に対して要求するものが重く、ビジネスシーンにおいても頻繁に使われる言葉ではありません。使い間違いには注意しましょう。

    間違えやすい言葉「ご査収」

    「ご査証」とよく似ている言葉に「ご査収」があります。これら2つの言葉はよく似ていますが全く意味が違うのです。ビジネスシーンにおいては「ご査収」の方がよく使われます。「ご査証」と「ご査収」の使い分けについては十分注意が必要です。これが2つの言葉については後ほど解説します。

    「ご査証」の読み方

    「ご査証」の読み方

    「ご査証」は「ごさしょう」と読まれます。「査」は「調べる」、「証」は「あかす」という意味になり、「調査して証明する」という意味を持ちます。ニュアンスとしては「根拠を持って事実を明らかにする」ことを指します。

    「ご査証」の類義語・言い替え

    「ご査証」の類義語・言い替え

    「ご査証」の類義語と言い換え表現について2つ紹介します。紹介する言葉は「ご精査」と「ご確認」です。これらの言葉はいずれも、「間違いがないか確かめる」というニュアンスが含まれています。近い言葉の意味を知ることで日本語の語彙を増やせます。知っている言葉数が増えるとコミュニケーションがより円滑に図れるようになるので、おさえておいて損をすることはありません。詳しく見ていきましょう。

    「ご精査」

    「ご精査」とは「詳しく調査すること」を指します。「よく調べて考えること」や「正しいかどうかを確認する」というニュアンスを持ちます。ビジネスシーンにおいては報告書などの書類の確認をお願いするときなどに使われます。目上の人に対しては接尾辞の「ご」をつける点にだけ注意が必要です。例えば「来月のプレゼンの発表資料です。ご精査よろしくお願いします。」のように使われます。

    「ご確認」

    「ご確認」という言葉は「はっきり確かめること」「認めること」という意味になります。「調査する」というニュアンスは含まれていない点に注意が必要です。ビジネスシーンにおいても非常によく使われる言葉で、「ご精査をお願いします」 よりも「ご確認お願いします」の方が柔らかい表現方法になります。「精査」を用いると「調査してください」というニュアンスも含まれることになります。

    「ご査証」と「ご査収」の違い

    「ご査証」と「ご査収」の違い

    ここでは「ご査証」と「ご査収」の違いについて紹介します。音が非常に似ているため、混同して使われがちなこの2つの言葉。しかしその意味は全く異なるので、誤って用いてしまうと受け取った側が混乱してしまう可能性があります。ご査証とご査収の言葉の意味の違いをしっかり理解し、正しく使い分けられるようになりましょう。

    「ご査収」の意味

    「ご査収」は「よく調べた上で受け取ること」という意味になります。「査」で「調べる」、「収」で「受け取る」というニュアンスになり、ビジネスシーンにおいてもよく使われる表現になります。書類は添付ファイルなどを送る時などで用いられることが多いです。相手の同意や納得を求めているというメッセージも含まれています。

    間違えやすいので注意

    「ご査証」と「ご査収」は音が似ているため非常に間違えやすい言葉になります。「ご査収」のつもりで「ご査証」と送ってしまった場合、受け取った側にとっては何を証明して確認したらよいのかわからないため混乱を招く原因になります。「ご査証」という言葉は不良品や書類上のミスなどが発生した時に、相手側に確認を求める際に使われる表現であるため、誤って用いてしまった場合は失礼にあたる可能性があります。非常にまぎらわしい言葉ではありますが、間違って使わないよう気をつけましょう。

    「ご査収」のビジネスシーンでの使い方

    「ご査収」のビジネスシーンでの使い方

    ここでは「ご査収」という言葉のビジネスシーンでの使い方を紹介します。 最初に使うべきタイミングを明示した後に、具体的な例文をいくつか紹介します。どのようなタイミングで、どういった表現方法で「ご査収」を使うべきなのかについて詳しく見ていきましょう。

    「ご査収」を使うべきタイミング

    「ご査収」という言葉はビジネスシーンにおいて非常によく使われます。使われるタイミングとして、添付ファイルや確認してほしいデータ、重要書類などを相手に送付するときになります。こういった提出物の内容を相手方にきちんと確認してから収めて欲しい時に、「ご査収」という言葉が使われます。注意すべきなのは、添付ファイルや重要書類などの提出物がない時に「ご査収お願いします。」と伝えるのは誤りであるという点です。受け取った側にとっては何を確認して収めていいのかわからなくなるため、混乱してしまう可能性があります。一緒に送付する提出物がない時は「ご査収」という表現は使わないようにしましょう。

    「ご査収」を使った例文

    「ご査収」を用いた例文について、いくつか紹介します

    ・履歴書を同封しましたので、ご査収ください。
    ・解析データがまとめられたファイルを添付いたしました。ご査収よろしくお願いいたします。
    ・同封の請求書をご査収ください。

    「ご査証」を英語でいうと?

    「ご査証」を英語でいうと?

    「ご査証」という言葉を英語で表現するとどのような表現になるのでしょうか。「ご査証」の英語表現を2つ紹介します。英語表現をおさえておくことで海外に行った時に役に立つことがあるかもしれません。これを機に押さえておくとよいでしょう。

    「visa」

    「visa」で「ご査証」という意味の英単語になります。また「入国審査証」は「an entry visa」となります。つまり、「査証」の意味に「ビザ」が含まれているという事です。入国することが許可されているのを証明することも、「査証」にあたるという意味になります

    「endrousing」

    「the act of endorsing」で「保証する行為」という意味になります。つまりこの英語表現は「保証」というニュアンスも持ち合わせていることになります。「裏書」という意味も持ち合わせています。比較的難しい言葉ではありますが、覚えておくと役に立つこともあるでしょう。

    「ご査証」の使い方と例文集

    「ご査証」の使い方と例文集

    最後に「ご査証」の使い方と注意点、例文を紹介します。「ご査証」の意味や、間違いやすい言葉である「ご査収」との違いも踏まえた上で、ビジネスシーンにおいて実際どのように使われているのかを詳しく知るのは大切なことです。具体的事例とともに紹介します。さっそく見ていきましょう。

    「ご査証」の使い方

    「ご査証」という言葉はメールや書類などの書き言葉においてよく用いられます。つまり話し言葉で用いられることはほぼありません。また基本的にクレームを述べる時に使われることが多いです。製品やサービスについて詳しく調べて証明してほしいという意味になるので、相手のミスを指摘するタイミングで使われます。高圧的な雰囲気を持つため、頻繁に使うのは避けた方がよいでしょう。そういった背景から、普段のビジネスシーンでは「ご査収」よりも使われるタイミングは少ない傾向にあります。

    「ご査証」を使用するときの注意点

    「ご査証」という言葉は目上の人に使わないようにしましょう。高圧的な言葉であり「よく調べてちゃんと証明してください!」と受け取られてしまいかねません。「そういった意味を持っているとは知りませんでした。」では通用しないので、「ご査収」のつもりで「ご査証」とメールを送っていないか確認することが大切です。社内メールにおいては使わない方が無難かもしれません。何か確認してほしいことがあった場合は「ご確認お願いします」や「ご精査ください」といったやわらかい表現で伝えるようにしましょう。

    「ご査証」の例文

    「ご査証」の例文について2つ紹介します

    ・返品いたしました製品の不具合についてご査証のほど宜しくお願いいたします。
    ・書類の不備をいくつか明示いたしました。ご査証のほど宜しくお願いいたします。

    まとめ

    「ご査証」は「調査して証明すること」、「ご査収」は「確認してから収めること」という意味になります。意味合いが全く異なるため、使い間違いには注意が必要です。また「ご査証」という言葉は目上の人には使わないようにしましょう。このように知らないまま言葉を使ってしまって、相手に対して失礼な態度をとってしまう可能性も出てきます。わからない言葉があったら積極的に調べるようにしましょう!

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる