「念のため」の意味と使い方とは?類語や英語表現、「一応」との違いも解説

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「念のため確認しておきます。」このような表現を一度は耳にしたことはありますよね。ビジネスシーンにおいてよく使われる「念のため」という言葉。今回は「念のため」の類語や対義語、英語表現に加えて「一応」との使い方の違いについても詳しく解説します!

    目次

    「念のため」の意味とは?

    「念のため」の意味とは?

    「念のため」という言葉を使ったことはあるでしょうか。比較的頻繁に使われる言葉ではありますが、その詳しい意味まで理解して使っている人は少ないのが実情です。ここでは「念のため」という言葉の意味や、どういったタイミングで使うべきなのかを紹介します。意味や使い方を把握することで、日本語を正しく操れるようになりましょう。

    「万が一に備えて」という意味

    「念のため」という言葉は「信頼はしているものの、何かあっては大変なので万が一に備えて」という意味を持つ言葉になります。日常生活においてもよく使われるこの言葉は、相手に対して再度確認をうながす時などに用いられます。相手に信頼していたことを伝えながらも、再度チェックすることを許してもらうための意味合いも強いです。またこれといった意味もなく、口について使っている人も多いのが実情です。

    ビジネスシーンにおいては曖昧表現

    ビジネスシーンにおいては曖昧表現として用いられることもあります。曖昧表現とは「一応」や「多分」といったような、言い切らずに要点をぼかす雰囲気を持つ言葉のことです。「一応」や「多分」のような言葉をそのまま使うとフランクすぎるため、相手に対し失礼にあたる可能性が出てきます。そこで、より丁寧な表現として「念のため」を使うのです。基本的には「念押し」をするために使われる言葉ですが、そういった意図もなく使われることがあることも押さえておくとよいでしょう。 また、「為念」という言葉も「念のため」と同じ言葉になりますが、若者言葉のような雰囲気を持っています。実際は戦前から使われている言葉でもある「為念」ですが、フランクな印象を与えてしまう可能性があるためビジネスシーンでは使わない方が無難であるといえるでしょう。

    「念のため」の類義語・言い替え

    「念のため」の類義語・言い替え

    「念のため」の類義語や言い替え表現について紹介します。ここで紹介するのは「釘をさす」「肝に銘じる」「石橋を叩いて渡る」の3つの言葉です。近い言葉の意味を理解することは、日本語の語彙力を強くすることにつながります。これら3つの言葉について詳しく見ていきましょう。

    「釘を刺す」

    「釘を刺す」という言葉は「約束違反や言い逃れができないように念を押すこと」という意味になります。「念のため」と共通するのは「念を押す」というニュアンスを持っているところです、しかし、「念のため」はただの曖昧表現であることがあるため、この言葉が使われる時に必ずしも「念を押している」」とは限りません。一方、「釘を刺す」という言葉は、相手に対してしっかり念を押していることを伝える言葉になります。そういった意味において「釘を刺す」は「念のため」よりも「念を押す」というニュアンスが強い言葉になります。

    「肝に銘じる」

    「肝に銘じる」は「強く心に留めて絶対に忘れないようにすること」という意味があります。自分に対して強く念を押している状態を表しているといえるでしょう。何か大切な訓示や教訓を授かった際に使われることが多い言葉です。例えば「恩師の教えを肝に銘じて実践の場に赴く」のような使われ方をします。また失敗した際に自分に対する戒めを自分の心に深く留めておくという意味合いで使われることもあります。

    「石橋を叩いて渡る」

    「石橋を叩いて渡る」は「用心の上にも用心を重ね物事を進めること」を指します。「頑丈に見える橋でも安全性を確かめながら用心して渡る様子」が由来になった言葉です。用心深い性格を形容するときに使われます。例えば「 プレゼン前に念のため発表資料確認するよ。」「君は石橋を叩いて渡るタイプだね」のような使われ方をします。ビジネスシーンにおいても石橋を叩いて渡るタイプは慎重派でミスが少ないため喜ばれる傾向があります。スピード感を保って仕事をすれば、できるビジネスマンといえるでしょう。

    「念のため」の対義語

    「念のため」の対義語

    「念のため」という言葉の対義語を紹介します。ここで紹介する対義語は「軽率」と「ちゃらんぽらん」になります。対義語を理解することでニュアンスを相対的に把握できるようになります。「念のため」の対義語を詳しく見ていきましょう。

    「軽率」

    「軽率」という言葉は「物事を深く考えずに軽々しく行うこと」を表現します。軽はずみなさまを表し、「石橋を叩いて渡る」とは真逆のタイプであるといえます。 例えば「彼は軽率にも、一度も発表資料確認しなかった。結果として発表は終始しどろもどろだった。」のような使われ方をします。軽率な行動はビジネスシーンにおいてはマイナスポイントです。仕事をスピーディーに進めることは大切ですが、物事をひとつひとつ確認しながら間違いなく進めることの方がビジネスマンとして求められる姿勢になります。

    「ちゃらんぽらん」

    「ちゃらんぽらん」とは「いい加減で無責任」なことを表す言葉です。軽率とニュアンスも近い言葉になります。例えば「彼はチャランポランな仕事の仕方をする。」のように行動や言動に対して使われることがあります。また、「彼はちゃらんぽらんな人だ」のように人の性格や特徴についても使われます。この言葉はマイナスの意味を持ち、誉め言葉ではありません。そのため使うタイミングには注意が必要です。

    「念のため」は「一応」言い換えた表現

    「念のため」は「一応」言い換えた表現

    「念のため」は曖昧表現である事は先程お伝えしました。ビジネスシーンにおいては「多分」や「一応」という言葉よりも「念のため」という表現を用いた方がよい状況が多々あります。なぜ「念のため」を用いた方がよいかといった理由と共に、その使い方を詳しく解説します

    ビジネスシーンにおいては「念のため」が適切

    「念のため」という言葉は「一応」や「多分」などの言葉をビジネスシーンに向け言い替えた言葉になります。上司に向けて仕事の進め方などを説明するときは「一応」という表現よりも「念のため」という表現を用いた方が無難です。「一応この資料確認しておきます。」と「念のため、この資料を確認しておきます。」とでは相手に与える印象がまったく変わってきます。つまり、上司や目上の人と会話するときは「念のため」という表現を用いるといいでしょう

    「念のため」という言葉自体が「一応」や「多分」などの言葉の敬語表現であるといえます。そのため文の雰囲気やイメージを統一するためにも、「念のため」という言葉は使ったらその前後は敬語表現にすることを忘れないようにしましょう

    「念のため」を英語でいうと?

    「念のため」を英語でいうと?

    ここでは「念のため」の英語表現を紹介します。今回紹介する英語表現は、「by way of precaution」と「to make sure」の2つです。比較的わかりやすい英単語をピックアップしたので、これを機に身につけるようにしましょう。

    「by way of precaution」

    「I warned him by way of precaution.」で「彼を念のため注意しておいた。」という意味の英文になります。「precaution」は「用心」という意味で「warn」は「注意を与える」という意味の言葉になります。ひとつの英文をフレーズとして覚えておくことで、派生的に英単語を理解することにつながります。

    「to make sure」

    「to make sure」は「念には念を入れて」という意味の英語表現になります。また「I would like to make sure.」で「確認したい」という意味の英文になります。「確かめる」といったニュアンスも含まれる点に注意が必要です

    「念のため」の使い方と例文集

    「念のため」の使い方と例文集

    最後に「念のため」の使い方や例文、注意点について解説します。言葉の意味を知っていても使い方を理解していないと、誤ったタイミングで使ってしまう可能性が出てきます。使い方や注意点も理解した上で正しく日本語を扱えるようになりましょう。

    「念のため」の使い方

    ビジネスシーンにおいては「一応」や「多分」は「念のため」に言い替えるべきであるといえます。上司や取引先に与える印象が全く異なるので、同じ意味を伝えるのであればよい印象を与える方を選ぶべきでしょう。

    「念のため」を使うときの注意点

    「念のため」は曖昧表現であるという説明を繰り返してきましたが、「念のため」という言葉が曖昧表現以上の意味合いを持っていることがあります。「念のため確認しておいてください。」と言われた時に、「一応確認しておいてください」ととらえるか、「万が一のために確認しておいてください」ととらえるかで、確認の精度が変わってくるのは言うまでもありません。「念のため」と言われたら曖昧表現であると軽視せず、「万が一のための確認」という意識でしっかり見直すことが重要になります

    「念のため」の例文

    「念のため」を使った例文をいくつか紹介します

    ・手続きは完了になりますが、念のためご確認ください。
    ・念のため、日中連絡が取れる電話番号を教えてください。

    「念のため」の使用上の注意点

    「念のため」の使用上の注意点

    「念のため」を使うときに3点注意点すべき点があります。1つ目は「念のため」という表現は基本的には話し言葉で使われます。つまり正式な文書などで使うのは適切ではありません。2つ目は、曖昧表現としての「念のため」なのか、念を押すための「念のため」なのか誤解が生じやすいという点です。積極的に仕事を取り組む姿勢を伝えたいときは、「念のため」は使わない方が無難です。最後に3つ目の注意点としては、多用すると相手の仕事を信用していないニュアンスが生じてしまう点です。あらぬ誤解を与えないよう、「念のため」は口癖にならないように注意が必要です

    まとめ

    「念のため」という言葉は「万が一に備えて」という意味を持つ言葉です。それに加えて「多分」や「一応」といった曖昧表現の敬語の役割も果たしています。ビジネスシーンにおいてよく使われる言葉であるため、その使い方を正確に理解し正しく日本語を使いこなしましょう。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる